傾斜地で差をつけるスイングのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.09.19
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

練習場で練習を重ねていざコースへ。

しかし練習場と比べ、
コースでは平らな所って
ほとんどありませんよね。

むしろ「傾斜が常にある」状態が続きます。

傾斜には大きく4つあります。

・つま先上がり
・つま先下がり
・左足上がり
・左足下がり

また、これらの傾斜が
組み合わさっている場合もあります。

というように、
練習場の平らなところからのショットに比べ、

コースに行った時には
複雑な傾斜が待ち受けています。

このように傾斜地からのショットは、
練習場とコースでのスイングの差に悩まされる
ひとつの要因ですよね。

練習場とコースの違い



ただこのような傾斜地からでも
しっかりとヒットしていくために
コツコツとスイングの基礎作りを行っていくことで、

傾斜地からのショットにも対応でき、
スコアを作っていくことができるようになります。

そこで本日は、傾斜地でボールを正しくヒットできない、
傾斜地に行くとミスショットが出てしまうという方へ
アドバイスをさせていただきたいと思います。

コースに行ったときに
なぜミスが出てしまうのか?

練習場のような平らなところでは
ある程度ちゃんと当たるのに、

コースに行くと傾斜地では
なかなか上手く当たらないというふうに
悩まれている方はとても多いですよね。

コースに行った際に傾斜があっても
平らな床と同じように正しく打つことができるのか?

具体的に何の動きを直していけば
傾斜地でのミート率を向上させることができるのか?

正しい腰の回転



まず、意識していやっていただきたい練習が
肩から肩の練習になります。

常に両方の足の裏がベタ足のスイングで、
肩から肩のスイング幅。

そしてバックスイングでは、
しっかりと背中をターゲット方向へ向け、
フォローでは胸がターゲットを向く。

まずは、これをしっかりと意識して
練習を行ってください。

そして、重要なのが腰の動きです。

コースの傾斜地からのショットで、

バックスイングをあげた際に
腰が右斜め上に切り上がるような、

リバースピボットと言われるスイングを
されている方をお見かけします。

このようなスイングになってしまいますと
地面に対しての回転軸が歪んでしまいますので、

コースでの傾斜地からのショットが非常に弱くなり

練習場では良いショットが打てるのに
コースに行くと、なかなか上手く打てない

というような悩みを抱えてしまいます。

腰のレベル回転が意識しやすい具体的なポイントとして、
おへそ、もしくはベルトのバックルが地面に対して
水平に回転することを心がけてください。

せっかくバックスイングで正しいレベル回転ができても、
フォローで左の腰が跳ね上がってしまっては
正しいバックスイングも台無しになってしまいます。

バックスイングでは
右腰を下げるようなイメージで、

また反対側のフォローでは
左腰を下げるようなイメージで、

腰の回転を意識できるといいですね。

質の高い練習にするために



ボールを打ったあとには、
自分はどのような動きはしていたのか
スイングを振り返ることがとても大切です。

ボールの行方だけを気にしてしまうのではなく
腰の動きはどうだったか?イメージした動きができたか?

練習で大事なことは
いい球が出たかどうかではなく、

正しい動きを意識して打つことができたかどうか
ということが練習の質を高める上で大事になります。

腰のレベル回転を心がけてスイングを行い、

ボールを見送った後、
腰がレベルに回転できたかなということを振り返ります。

意識したらすぐに体に身につくわけではないですが、
意識し続けること、そして練習を続けていくことで、
必ず理想の動きを習得することができます。

練習場で練習する際には、

腰を水平に回転することを意識してスイング。

そして打ったあとには振り返り。

これを繰り返していただくことで、
効率的な質の高い練習にすることができます。

練習場の平らなところでは上手く打てるのに
コースの傾斜地からのショットで失敗してしまう場合には
意識して練習に取り組んでいただけたらと思います。

傾斜に強くなって、
ベストスコア達成に役立ててくださいね。


〈本日のおすすめ〉

ゴルフライフを一変させる
世界最高峰と謳われる機能が数々と搭載された、

ゴルフ特化型スマートウォッチ
[GARMIN Approach S62]

・みちびき、GLONAS衛星を活用した
 高精度GPS距離表示

・今まで不可能だった
 風向・風速・高低差表示機能を搭載

・コースの罠、すべてのハザードを網羅

・ラウンドの統計データから最適クラブを提案する
 世界初のバーチャルキャディ機能搭載

さらに、生涯スポーツと言われるゴルフを
より長く健康に楽しむために、

ゴルファーの健康に寄り添った機能を搭載。

血中酸素トラッキング機能、心拍数測定、
睡眠ログ、歩数計測など…

日常生活からゴルフシーンまで、
最高のパフォーマンスを発揮してくれる

ゴルフ特化型スマートウォッチ
[GARMIN Approach S62]

このゴルフウォッチで
あなたのゴルフライフがどう変わるのか?

こちらから、お確かめください。

https://g-live.info/click/s62_hs2209/

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

傾斜地で差をつけるスイングのコツ」への1件のフィードバック

  1. 半ボケのクマゴロー

     小原プロ、お久しぶりです。 と云っても「はて」と思われると思いますが宮内です。小生も81歳になりました。 気力は少し残っていますが飛距離もスコアも落ちました。 90は叩きませんが常に85を切るように心がけています。 2~3回/年は80を切りますがこれが今の実力です。 その内100以上叩く時期が来るでしょう。 小原プロ軍団の考え方に自分の考えをプラスしてもう10年以上になりますが時々はエージシュートを打てるのは軍団のおかげです。 こんな自分にもいろいろ相談が来ます。 自分の回答は常に決まっています。 はっきり言えば小原軍団の受け売りです。
    1 スイングは如何したらよいか→飛距離は多少落ちても常にべた足がよい。→肩-肩がスイングの基礎でそれが出来るのは
      べた足しかなく、全ての傾斜、ライ、から打てて応用範囲が極端に広い。 これをやらない手はない。
    2 球が曲がって困る→その理由を自分で探す事→9ボールルールを理解してもらう。これが判らないと治しようがない。
    3 グリーに乗らない→自分のクラブの各番手のキャリーを把握する。→グリーンの大きさは約直径30ヤードだから番手が
      前後1番手違っても普通の当りと方向が極端に狂わないならグリーンにオンの可能性は大。
    4 ショートアプローチが寄らない→ビジネスゾーンの練習のみ→ボールをクリーンヒットする確率が極端に上がる。
      欲を云えば1本の得意クラブを練習しキャリーでグリーン上に落とすこと。 キャリーとランの比率をつかむ事。
      自分はPW のピッチ&ランが基本。 グリーン上に落とす事が第1でそれが出来ない場合のみロフトの大きいAPを使う。
    4 パットが入らない→3ヤードのパットに2打使う勇気と練習をすること→3ヤードがいかに難しいかを判っていない。
      もっと言えば15ヤードの距離を1.5ヤード以内に入れる練習と1.5ヤードの距離ををいやというほどやる事。 練習を
      していると3ヤード以内はどちらに曲がりそうかおぼろげながらわかるようになる。 「パットは経験」が私の結論。
      序に書くと10ヤード以上のパットは余程の傾斜がない限りカップ3ヤードまでは球足が強いので曲がりは少ない。
    5 書き出せば切りがないほどの相談がありますが上手くならない最大の原因は「継続練習ができない」事と思います。
      それと云わせてもらえば自分の実力を知らなすぎます。 例えばドライバーの飛距離 自称280ヤード飛ばすと云う人
      と回ったが2~3ホールで実力はキャリー200ヤード内外と判断した。よく話を聞いてみるとかなりの打ち下ろし、風    
      はフォロー、落ちた場所は下り坂、20ヤードさばを読んでいるとすればあり得る話。 キャリー230ヤードの球が
      どれだけ凄いのかを殆どの人は知らない。 キャリー250ヤードの球は落ちた地点が判らない球と私は理解している。
      小原プロの話を聞き自分の考えを云いたくてコメントしました。 我儘な事を勝手に長々と書きました、ご容赦の程。 
     

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。