ゴルフにおいて最強の武器とは?

2018.08.28
kondo

From:近藤雅彦
千葉の自宅より

おはようございます、近藤です。

先日のレッスンでのこと。

ある生徒さんがスライスが直らないと
ひどく落ち込んでいました。

ショットを見せてもらうと
何球打っても右へ曲がっていく。

「ね?ひどいもんでしょう?」
と皮肉を交えておっしゃりました。

私はこう言いました。

「おお、これは凄い武器になりますね!」

え!?と生徒さんが驚いた顔で
私を見上げました。

たとえ大きなスライスだとしても
いつも同じ球が打てるというのは
最強の武器になるのです。

(因みにこの方にあるアドバイスをした次の日
初の100切りを達成しました^ ^!)

実は上達できないと悩むアマチュアが
ある”勘違い”でスコアを損しています。

自分の持ち球を把握していますか?

フェード系、ドロー系と言ったりしますね。

アマチュアの多く(7割くらい)は
フェード(スライス)系でしょう。

右にも左にも曲がるという人もいますが
どちらかに偏りが強いはずです。
yoko

我々プロから見れば1球見るだけで
どっち系かわかりますが、、

ちなみにプロを含めても
ストレート系という人は少ないです。

多くのアマチュアの方は
スライスを直そうとしますが
持ち球と割り切れば攻め方も変わります。

真っ直ぐ打つことばかりを目指してませんか?

初心者の方に特に多いのですが

「とにかくまっすぐ飛ばしたい!」
「曲げないようにしたい!」

という思い込みが強いです。

これはとてもモッタイナイです。

なぜなら必ずボールをまっすぐ打つのは
プロでも不可能だからです。

必ず右か左に曲がります。

勘違いしやすい点ですが、
ゴルフはストレートに打つことが目的ではないのです。

ボールの曲がりをコントロールすることで
スコアはどんどん良くなりますし、
持ち球に合わせた攻め方をすることで
コースを攻めやすくなります。

f_d

ほとんどの方がまっすぐ飛ぶことを想定して
ショットを打ってしまうので、
少しでも曲がるとイメージとズレて、
「なぜ??」と頭を抱えてしまいます。

認識を変えてください

ボールが曲がる前提でコースを攻略すれば
ゴルフはすごく簡単になってきます。

例えばフェード系が持ち球の人は

右に曲がりやすいから初めから
左を狙って打っていく、、

右に曲がることを想定して
このくらいなら許容範囲、、

といった感じです。

真っ直ぐ打つことを目指すと
ちょっとでも曲がってしまうと
落ち込んでしまいますが、

初めから曲がることを想定して打つだけで
許容範囲が広がりますよね。

このストレスの差は相当に大きいです。

持ち球を武器にする3つのポイント

曲がることを想定して打つには
何が大事になるのか?

それは、自分の持ち球を認識することです。

・どっちに曲がる確率が高いか?
・その確率はどのくらいか?
・曲がり幅はどのくらいか?

この3つのポイントで考えてください。

具体的には練習場に行って
データを取っていきます。

10球打ったら何球右に曲がるか?
狙い通り曲がるのは何球か?
どういうスイングをするとどっちに曲がるか?
曲がることを想定して狙った場所に打てるか?

このような視点で練習します。

真っ直ぐ打つための練習ではなく
曲がりを想定した練習をやる。

ゴルフに関する考え方が
大きく変わってくると思います。

そしてスライスを直すという意識ではなく
曲がり幅をコントロールすることも
すごく大事です。

どう打てば大きく曲がるか?
どう打てば小さく曲がるか?など。

本当に大事です。

ぜひこの視点を練習に取り入れてください。

近藤雅彦

<本日のオススメ>

次のラウンドで早速
スコアを6打縮めることもできる
驚愕のクラブを紹介します。

緊急入荷キャンペーンは
50本のみで終了です

http://g-live.info/click/btp_1808/

The following two tabs change content below.
近藤 雅彦

近藤 雅彦

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。
カテゴリー: スライス, ボール, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
近藤 雅彦

近藤 雅彦 について

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。