梶川のちょっと恥ずかしい話…

2018.08.28
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

今日は僕のちょっと恥ずかしい話を。。。
(ゴルフとも関係ある話です)

僕はレッスン会が終わると
お客様に本日のチェックポイントシートに
ひとこと、ふたこと書いてお渡ししています。

そのシートについて
お客様から苦情が出るほどではないものの。。。

字が綺麗ではない…

自分でも自覚しているのですが、
僕の字があまり綺麗ではないのです。
 

そこで、少しでも字を綺麗になろうと
「ボールペン字練習帳」なるものを買ってきました。

今ではこうした練習帳がたくさん出ていますので
あなたもきっとどこかでご覧になったことがあると思います。

この手の練習帳は、
まずはマスの中にある薄い字をなぞります。

次に、何も書いていないマスの中に同じように書きます。

ひたすらこれを繰り返します。
 

そして、毎日繰り返していると。。。
 

実際に、字が綺麗になってきました!
 

とはいえあくまでも、
僕自身の感想ですけど。。。(^^;)
 

毎日10分ほど書いていたんですが、
「うまくなったなぁ」と思い、サボり始めたところ。。。

元通りの字に逆戻り…

しばらく何もしないでいたら、
元の字に戻ってしまいました。。。(^^;)
 

ここまで読んで、賢明なあなたなら
何が書きたいのか分かったと思いますが
 

 「まさに、シャドースウィングと同じだなぁ」
 

そのように思ったのです。
 

どうでしょうか?
 

ボールペン字練習帳は、ヘッドでいい軌道をなぞる
いわばシャドースウィングと同じですね。

シャドーとの違いといえば、マスがあることと、
なぞる見本があることでしょうか。
 

ドライバーレッスン会、アイアンレッスン会でも
僕はシャドースウィングを取り入れています。

自宅でもシャドースウィングをするといいですよと
おすすめしているのですが、来てくれたお客様の中には
 

 「(自分でやっていても)間違っていそうで
  そのうちやらなくなってしまう」

 

とおっしゃる方も少なくありません。
 

そう考えると「マス」と「なぞる見本」が
シャドースウィングにもあれば
続けるモチベーションのアップにも繋がりそうですね。
 

実は「マス」と「なぞる見本」は
比較的簡単に手に入ります。それは。。。

鏡に一工夫するだけ

あなたは鏡に黒い線が付けられているのを
見たことがあるでしょうか?

簡単には見つけられないかもしれませんが(^^;
たまに練習場で見かけますよね。

これはまさに、字を書く時の「マス」と同じですね。
 

スウィングプレーンは斜めの線があると
イメージしやすいのですが、
まずは線の無い鏡だけでも構いません。
 

ですが、さすがに斜めの線が入った鏡は
見たことがないかもしれません。

であれば、自分で線を作ってしまいましょう。

やり方は簡単、ビニールテープなどを斜めに張るだけです。

自分のスウィングプレーンに合わせると、
スウィングプレーンのいい見本になりますね。

自宅ではスペースが無いと出来ませんが
練習場巡りをしてこうした鏡を探してみるのも
面白いですね。(^-^)

そしてたとえ、自宅のスペースが狭かったとしても、
短いクラブであれば振れますよね。
(シャドーは子供用のクラブでも構いません)

練習場では自分のクラブで鏡の前で確認すると
効果が更に上がるとともに
モチベーションアップにつながります。
 

 ゴルフの上達は小さな一歩から
 

今日は久しぶりにシャドースウィングのお話でした。
 

シャドースウィングを始めることは小さな一歩ですが
シャドースウィングを続けることで。。。
 

あなたのゴルフは五歩も十歩も進みます。

梶川直伝のシャドースウィング。
是非、あなたも続けてみて下さい。(^-^)
 
 

それではまた、次回も楽しみにしていてください。

ーツアープロ 梶川武志
 

<本日のオススメ>

アメリカゴルフ界の威信をかけて
開発された「史上最高」のマレットパター…

少量ですが、今回ゴルフライブが特別に
手に入れることに成功しました。

ゴルファーにとって「パッティング」は永遠の課題…
ページを閉じる前にお早目にコチラをご確認ください。

http://g-live.info/click/btp_1808/

50本のみの緊急入荷です。お急ぎ下さい。

The following two tabs change content below.
梶川 武志

梶川 武志

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。