野球・テニスの経験がある方…集まれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.10.27
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「野球・テニスの経験がある方…集まれ!」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

野球やテニスの経験がある方は、
こんな経験はないでしょうか?

野球のバットやテニスのラケットで…

たとえば、野球のバットやテニスのラケットで
ボールを打った時。。。
 

芯に当たらなくて、手が痛くなるという経験を
したことはないでしょうか?
 

先週のお話で、ゴルフでも同じようなことがあると
お伝えしていましたが、
 

芯を喰うスウィングのコツ、教えます

https://g-live.info/click/201020_nikkan/

 

野球だろうがテニスだろうが、
そしてゴルフだろうが
 

 「芯に当たれば軽い」
 

この点は共通しているのです。

なのでその(芯に当たれば軽いという)経験を
重ねていこうという話なわけですが。。。

じゃあ、その経験を重ねるためには
どのようなことを行えばよいのでしょうか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

(せっかくなので、ちょっと考えてみて下さい)
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

はい、ここでぜひやっていただきたいのは。。。

クラブを短く持ってのハーフスイングから

まずはクラブを短く持ってハーフスウィング、
スリークォータースウィングから始めましょう。

クラブはできる限りソフトに持ち、
ボールはティアップして芯に当たった気持ちよさ、
軽さを感じていくようにしましょう。

小さいスウィングは
芯に当たりやすいですからね。
 

そして次に、スウィングプレーンを安定させて、
ミート率を上げていきましょう。

スウィングプレーンを安定させるには、
重い野球のバットや長い棒を振っての練習が有効です。
 

そしてもう一つ、別の練習方法をご紹介します。
 

 1.壁を背中にして立ちます。

 2.クラブにヘッドカバーを被せた状態で
   アドレスをします。

 3.バックスウィングをして、トップの形を作った所で、

 4.クラブヘッドが壁につくまで、後ろに下がりましょう。

 5.クラブヘッドがトンと壁についたら、
   ヘッドで壁をなぞりながら(←ここが重要)
   ダウンスウィングを開始します。

正しいスウィングプレーンを感じるために

ヘッドで壁をなぞりながらダウンスウィングすることで、
正しいスウィングプレーンを感じ取る事ができます。
 

 「え、クラブってこんな所を通って下りてくるんだ!」
 

そうしたことが、可視化できるわけです。
 

球が芯に当たらないと、
フェース向きが狂いシャフトがねじれます。

そうすると、フェース向きが狂うのを嫌って
クラブを強く握るようになります。

ですが、強く握るとスウィングプレーンが安定せず
打点が狂いますので、更にミート率が悪くなります。
 

まさに、悪循環です。
 

ですので、これをお読みのあなたには
芯に当たる感覚を、本当に大事にしてほしい。。。
 

心から、そのように思っています。
 

ぜひ、お試し下さい。

追伸:私の新教材が出ました

私が開発した教材が、
先日ご紹介スタートしました。

詳細はコチラをクリック
 

 「レガシー・スウィング」

今回の教材プログラムのテーマはズバリ、
「やることを絞りこむ」です。

まずは一点集中。
上手くいったらそこを中心に
手を広げていく。。。これがベストです。

でもじゃあ、何に絞ればいいの?

それについては、下記のページから
チェックしておいてください。

詳細はコチラをクリック
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: オンプレーン, スイング, スイング理論, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。