いいミスショット、悪いミスショット

2018.05.29
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。

さて、今日あなたにお話したいのは、
 

 「いいミスショット、悪いミスショット」
 

です。

ミスショット、あなたもしたくないですよね?

ですが、そのミスショットにも
いいミスショットと、悪いミスショットがあるんです。
どういうことか?

悪いミスショットとは?

たとえばあなたが
スライスに悩まされていたとしましょう。

そしてもしあなたが、
そのスライスを直そうとしているのに
スライスを打ってしまっていたとしたら。。。

そのミスショットは
「悪いミスショット」です。
 

スライスの原因はいろいろあるわけですが、

たとえばトップでフェースが開いていることが
スライスの原因となっているとしたら。。。

トップではフェースを空に向ける必要があります。
 

ちなみにトップでフェースが45~60度上を向いた状態が
スクエアになります。

もしあなたがこの「フェースが45~60度上を向いた状態」
のトップ普段からトップで作れていなくて
「トップの形を作ってみてください」と言われたら。。。

おそらく体勢としては
苦しい状態になることでしょう。
 

そして私がレッスンでやってもらうのは、
そのトップを作った状態から
ボールを打ってもらうことをお願いすることがあります。

それでもスライスが出てしまうのであれば、
もっとトップでフェースを空に向けるように伝えます。

いいミスショットとは?

そしてそのことによって、
今度はスライスと逆にフックが出たとしたら。。。
 

 「そう! 今のがいいミスショットです!」
 

私はそのように声をかけるでしょう。
 

先ほどもお伝えしたように、もしスライスを直そうと思ったら
スウィング中にフェースの向きを一度はクローズにする必要があります。

ですが、フェースをクローズにすれば
当然フックが出やすくなります。

そしてダフリも多くなるでしょう。
 

とはいえそれは自分の悪い動きを直そうとした結果
出ているミスなわけですから。。。
 

それは「いいミスショット」なんです。

違和感に負けるな

ところが多くのゴルファーは、悪い動きを直そうとしても
その違和感に負けて、元の動きで打とうとしてしまいます。

先ほどのトップでフェースをクローズにしても
体勢が苦しいので元の動きでスライスを打ってしまうんですね。

ですが、それではいつまでたっても
悪い動きは直りません。

だからそれは「悪いミスショット」なんです。
 

そして、たまたま打った球がスライスしなかったとしても
自分の目指すスウィングができていなかったら。。。

それも「悪いミスショット」です。

たとえフックになってしまったとしても
スライスを直すためにフェースの向きをクローズにして
打てたのであれば。。。

それは「いいミスショット」なんです。
 

悪い動きを直そうと思ったら
ミスショットを恐れてはいけません。
 

ミスショットの先に、グッドショットがあるんです。
 

あなたはいいミスショット、打っていますか?
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

この特別なウェブセミナーでは、
大森コーチが対面レッスンだけで伝えてきた
「内部情報」を期間限定で公開しています。

ぜひ、この特別なウェブセミナーで
あなたのゴルフを「再生」させて下さい。

ゴルフ再生への設計図を手にする

http://g-live.info/click/the_reborn_op1805/

※ウェブセミナー公開期限は明日5/30(水)まで

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
カテゴリー: オンプレーン, スイング, スイング理論, スライス, トップ, ドライバー, フック, メルマガ, 上達テクニック, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

いいミスショット、悪いミスショット」への1件のフィードバック

  1. harara

    アドレス…ありがとうございます。
    フッカーの私は、逆の試み…フェイスの開きで、スライスボールを練習し、転がり過多防止に努めます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。