なぜ我流スイングは「ダメ」なのか

2016.11.21
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「なぜ我流スイングは“ダメ”なのか」

について、お話ししたいと思います。

 「我流でも結果がよければいいじゃないか」

そんな言葉を聞くことがあります。
今日はそんな主張に対する、私の見解をお伝えします。

我流で結果を出すには?

もしかしたらあなたも
目にしたことがあるかもしれませんが、

 「スイングは我流だけれど、スコアが安定している」

そういう人が、ゴルファーの中にいらっしゃいます。

そういう方はたいてい、いわゆる
「癖のあるスイング」であることが多いと思います。

もちろん、そうした我流スイングが悪いとは言いません。

ですが、癖のあるスイングで安定して
満足するスコアを出すとしたら、
年間何ラウンドぐらい必要だと思いますか?

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

 (せっかくなので、ちょっと考えてみて下さい)

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

年間100ラウンド以上は必要

もちろんこれは人によって異なると思いますが、
年間100ラウンド以上は必要だと思います。

当たり前ですが、人一倍、時間とお金がかかります。

年間100ラウンド回れる環境がある方というのは、
かなり恵まれたほうの方ではないでしょうか?

さて、あなたはそうした環境にあるでしょうか?

このメールをお読みの方の中にはそういう方も
いらっしゃるでしょうが、おそらく多くの方は
そうしたことは難しいのではないかと思います。
 

しかも、我流スイング問題は
そうした環境うんぬんの話だけではないのです。
(これはこの後の話ともつながって来るのですが)

「我流スイングの方」というのは経験上、
ゴルフで何か秀でた点をお持ちでいらっしゃいます。

ですがその半面、

・ゴルフの理論的な背景を知らない

・自分の動きを言葉で表現できない

たいていの場合はこうした方が多いです。

そして実は、我流であることよりも、
こちらのほうが問題だと、個人的には思っています。

我流の人は、体系的な学習が苦手

我流の方というのは、何しろ球数を打って
いわゆるカンを養いながら上達してきたという経緯があります。

そのため、こちらが理論的にレッスンしても
なかなかそれを受け入れられない傾向があるのです。

もちろんこれは私の経験上でのことですので、
そうでない方もいらっしゃると思います。

ですがほとんどの場合は、
ワンポイント的なアドバイスを求めることが多く
体系的に学習することが苦手だという印象です。

私はこの場で何度も申し上げていますが、
プロ、アマ問わず「一流競技者」と呼ばれる
ゴルファーの条件一つとして

 「自分の動きを明確にイメージできること」

これが大切だと考えています。

そして、適切なイメージトレーニングを実行するには
下記の4つの条件が必要です。

1.自分の技能を漠然としたフィーリングに基づいて行うのではなく、
  その動きを言葉で表現できること。

2.自分の内面の言葉でイメージされた技能の調整を行えること。

 (背中をしっかり引ききるとか、
  腰を正しく切るためには太ももをどの様に捻ればよいか、
  などの運動のイメージを変化させ、調整することが出来ること)

3.技能のどのポイントが最も大切かがわかり、
  そこに意識を集中させることが出来ること。

4.その重要なポイントについて適切で明確なイメージが描けること。

以上の4点は、どこかで以前にお伝えしたかもしれませんが、
これらは全てゴルフの上達に必要な条件です。

本日、あなたにお伝えしたことをまとめると、

 「時間とお金に余裕がないと思うなら、
  クセの強い我流スイングはあきらめて、
  理論的にゴルフを学ぶことが、上達の早道」

というのが、私の今の見解です。

特に大人になってからゴルフを始めたゴルファーは
理論的に上達するほうが近道です。

追伸

ここで、あなたにご報告が2つあります。
 

1.新教材

私のゴルフ教材がゴルフライブさんから来月発売されます。
テーマは… 最近ビデオでも取り上げているあれです。
お楽しみに。
 

2.新レッスン企画

今度、ゴルフライブさんのほうで
私のレッスン企画を検討してくださっています。
開催は関西方面になりますが、期待していて下さい。
 

ゴルフライブのメールマガジンで案内があると思いますので、
どちらも楽しみにしていてください。
 
 

今日はこんなところにしておきます。

もし疑問については、コメントいただだいたものから
お答えできる範囲で順次お返事を書いています。

画像付きでないと説明が難しいものについては
お答えできないことがあることをご承知ください。

なおお読みになった方は、
そちらについても再度コメントをいただけると
「既読」かどうかが私から見てもわかるのでありがたいです。

それでは、今日はこのへんで。
 

<本日のオススメ>

現在公開中の小原大二郎プロ
「7日間シングルプログラム」…

・ゴルフがうまくなりたいけれど
 DVDを見ながらの練習なんて
 今までにしたことがない…

・でも、近くにきちんと教えてくれる
 プロの人なんていないし…

と感じて、二の足を踏んでいるのなら、
特別価格で手に入るのは本日までです。

http://g-live.info/click/7oba_new1611/

※本日11/21(月)で終了します。お早めに!

The following two tabs change content below.
古賀公治

古賀公治

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。
カテゴリー: スイング, スイング理論, メルマガ, 上達テクニック, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
古賀公治

古賀公治 について

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。

 

Facebookでコメントする

なぜ我流スイングは「ダメ」なのか」への1件のフィードバック

  1. 山口 定男

    新教材の発売楽しみにしています。いま、古賀先生のdvdで最初から勉強中です。
    今後ともよろしくお願いします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。