どんな素振りをすれば上達するの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.06.09
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「どんな素振りをすれば上達するの?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

前にもお話ししましたが、素振りというのは
ゴルフの上達に絶大な効果があります。

もちろん、お金もかかりません。
良いことずくめですね。

今日は、上達したいなら必ずやっておくべき
「4つの素振り」をご紹介したいと思います。

素振りの前にチェックすべきこと

ということで、
さっそく本題に入りたいのですが、
その前に。。。
 

あなたの手のひらを、チェックしてみて下さい。
 

手のひら、どんなふうになってますか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・

手のひらにマメが出来ていたら要注意

プロゴルファーも含めて、
ゴルフが上手い人の手というのは
マメひとつ無いものです。
 

 「え、あんなに長いことクラブを振っているのに!?」
 

このように言うと、アマチュアの方は驚かれます。

ですが、私が見ていたプロたちの手も
朝からずっと素振りを続けているにもかかわらず
その手のひらは、きれいなものです。
 

 ・無駄な力が一切入ることなく

 ・体とクラブが一体となっている
 

ことを教えてくれるのが、
まさにこの「手のひら」なのです。
 

あなたの手のひらは、どうでしょうか?
 

そもそも、手に豆ができるというのは
そこに無理な力が生まれたり、
緩みが出ている証拠です。

プロは何百球打っても、手に豆はできませんが
ボールを打てば、微妙な力みというものが
生まれてしまいます。

それが腰や肘、肩、首といった所の故障につながり、
選手生命を脅かす危険性にもなるのです。

このように、プロの場合はより繊細に
体とクラブが一体になる事が求められます。

そのため、高いレベルを目指す選手ほど
ボールを打たない素振りが必要になる、というわけです。

どんな素振りをするべきか?

ということで、冒頭でお話しした、
上達したいなら必ずやっておくべき
「4つの素振り」をご紹介します。
 

1.長いもの、重いものをゆっくり振る

この練習ではクラブに振られる感じを体感でき、
スウィングプレーンが良くなります。

2.クラブを逆さに握って、最大のスピードで振り切る

ゆっくりした素振りばかりしているとスピードが出なくなります。
ですので、目一杯のスピードでスウィングする事で
体のキレを良くしていきます。

3.逆利き手でスウィングする

右利きの人は左で、左利きの人は右でスウィングをすると
体のバランスが整い、ゆがみが治ります。

また、普段使っていない筋肉や感性を呼び起こします。

4.1回のスウィングに20秒かけてゆっくり素振り

これは鏡を使って体の動き、
クラブの位置をチェックしながら行います。

これはやったことがある人ならわかると思いますが
やってみると結構キツイです。
 

これら4つの素振りを、
毎日バランスよく行いましょう。

すると何も考えずに100球打つより
はるかに上達は早いはずです。
 

お金もかかりませんし、良いことずくめです。
ぜひ、お試しください。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

小原大二郎プロ直伝!

ご自宅1畳のスペースで
15mのロングパットの練習ができる
とっておきの自宅パター上達法…

期間限定の無料ビデオで公開中です。

今すぐチェックする

期間終了後は見られなくなります
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: シャドースイング, スイング, メルマガ, 新着メルマガ, 素振り, 練習 | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

どんな素振りをすれば上達するの?」への1件のフィードバック

  1. ユウさん

    今回初めてコメントします。ゴルフ歴は28歳から始め48年になります。コースに出ては毎回うちのめされて反省することばかりです。今回のテーマは忘れていたことを思い出させる4つの素振りでした。年齢とともに体、関節は固くなり飛距離は落ちてゆく
    くのは仕方のないことですが、どのようなストレッチ、トレーニングをすればよいのか何かあれば教えてください。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。