アフターコロナのゴルフ事情…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.06.08
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

蒸し暑い日が続いていますが
いかがお過ごしでしょうか?

今週は30度近くになる日も
あるようなので、

マスクで息苦しさも倍増なので
しっかり暑さ対策をしていきましょうね。

コロナウイルスの影響を受け
しばらく自粛生活をしてきましたが

今後はウィズコロナで
新しい生活スタイルを
送っていかなくてはいけないようです…

それに伴って
ゴルフの習慣も
変化しようとしていますね。

スループレーの増加

ようやく
海外のスポーツ業界は
コロナの影響から脱し、

韓国ではすでに
プロ野球やサッカーリーグが
開幕しているそうです。

そして、
ゴルフ界でも動きがみられ

3月に中断していた
アメリカのPGAツアーは
6月11日から再開とのニュース。

しばらくは無観客での実施なのでしょうが
こうして再開の目処が立つと

やっとこの事態が
落ち着いてきたのだと
実感しますね。

様々なスポーツで
無観客での試合が
行われているように

「ウィズコロナ」で
スポーツのあり方も
変化していきます。

ゴルフ界でいえば
スループレーの増加

コロナ禍で
クラブハウス内での
蜜を避けるために
推奨されてきましたね。

スループレーの
プランがなかったゴルフ場も

昨今の事情を鑑み
スループレーの需要の増加から

期間限定などで
プランの導入をしています。

プレー時間の短縮や
集中を切らさずにプレーに没頭できるなど
メリットもあるので

スループレーが
今後ウィズコロナの中では
定着するのかもしれませんね。

新しいプレースタイルにコロナルール

またアメリカのゴルフ協会は

感染対策のために
ルールを制定しました。

・カップから旗竿を抜かずにパッティング、
・レーキを使わずに足で砂を均す
・1グリップOK

なるべく
他の人が触るような
共用のものに触らずに

感染リスクを下げるための
新ルールが採用されています。

日本のゴルフ場でも
このようなコロナルールが
採用されています。

多くのゴルフ場では
基本的にクラブハウスの
レストランやお風呂の使用を禁止し、

さらに
クラブバスも蜜を避けるため
運休としていることろがあります。

屋外スポーツでかつ密接になりにくい

といわれているゴルフですが
コロナウイルスに対して
徹底した感染対策が行われていますよね。

いまがゴルフ上達のチャンス

今後は「ウィズコロナ」で
ゴルフライフに変化があると思いますが

オンラインでのスイング診断や
ウェブでのセミナーなど

コロナ禍で私も遠隔でゴルフ上達を
サポートするための
企画を始動してきました。

これからどんど
新たな上達の方法が
生まれてくると思います。

新たな生活様式になって
戸惑いや混乱が起こったり

感染への心配や不安が拭いきれませんが

新しい生活の中でも
どんな形でも

一緒にゴルフを楽しみましょうね。


〈本日のおすすめ〉

あなたのパッティングを
徹底解析し、

パッティングの悩みを払拭し
ロングパットを攻略。

10打、20打スコアアップも
夢じゃない…

そんな
世界で唯一の新感覚パターマットが
再入荷いたしました。
61セット限定入荷んのため
なくなり次第終了とさせていただきます。

気になる方はこちらからお早めにどうぞ…

https://g-live.info/click/inbirdie2006/

ーーーゴルフライブのマスクが再入荷ーーー

マスクが不足して困っていませんか?
ゴルフライブ提携工場で作った
不織布マスク。
元々ゴルフライブスタッフ用に
用意したこのマスクですが、
お困りの方にお届けするため再入荷しました。
ご注文はこちらから

https://g-live.info/click/mask2005/

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アイアン, スイング, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

アフターコロナのゴルフ事情…」への2件のフィードバック

  1. 小原 大二郎小原 大二郎 投稿作成者

    田中眞琴様
    この度は嬉しいコメントをありがとうございます。
    これからもゴルフを楽しみながら、シングル目指して頑張ってくださいね。

    返信
  2. 田中眞琴

    目から鱗。 普段、AMAZONで、買い物することが多いのですが、評価コメントすることは、時間の関係で、行ってません。 ゴルフの上達についても、何気なく興味を持って、購入したビデオなどもちゃんと最後まで見て練習することも無かった。今回、練習用のドライバーとアイアンを見つけた。 昔からあったと思うが、購入したことは、無かった。 ゴルフ歴は、約40年、
    まじめに取り組んだのは、10数年前。 ホームコースで、Aクラスに入る必要があった。 知り合いのレッスンプロに相談して、パターの打ち方を変えることで、ハーフ4打を縮める選択を取った。 HCは、12になった。 まあまあ、人並みのゴルフになったが、Aクラスの月例は、フルバック。 やはり同伴プレーヤーと比べて、ドライバーの飛距離が、30−40ヤード違う。 そううすると2打目のクラブが、全然違ってきて、なかなか戦いが厳しい。 このドライバー端正クラブを練習場で、10回くらい素振りした。 折れ曲がるとツイング軌道が、悪いということで、折れないように注意して振った。簡単なことだった。
    その後、自分のクラブで、実際にボールを打って目から鱗。 いつも届かないネットに当たって、ボールが、下に落ちた。
    目を疑ったが、友人も隣にいて、二人で、びっくりした。 芯であたって、ボールがつかまるようになり、初速、ボールの勢いが変わった。 コースへ出ても同伴者と変わらぬ跳び。嬉しすぎのラウンドだった。 しかし、ミドルホールは、全てが、グリーンオーバー、何故なら、全てのクラブの飛距離が変わってしまった。 スコアは、100を超えたが、今後の楽しみとなった。 レッスンプロには、申し訳ないが、プロいらずの端正クラブであると思う。 人のコメントは、あまり信じ無いが、そう思うので、実名で、記載しました。 天野山カントリークラブ・メンバー。 シングルを目指してみます。
    感謝、感謝!

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。