スリークォーターってどう打てばいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.12.17
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

今回は、
 

 「スリークォーターってどう打てばいいの?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

スリークォーターショットとは一般的に、
肩~肩までの高さで手の位置が収まるショットのこと言います。

では、スリークォーターショットは
実際にどうどう打てばいいのか?

前回の復習

前回のメールマガジンでは、
 

 ・コンスタントにスコア100~90を切ろうと思うなら
  コース攻略をレベルアップさせるために、
  フルショットだけのゴルフを卒業しましょう 

 ・「つま先上がり」「ラフからのショット」「傾斜地」
  などのバランスを崩しやすいライでは、
  フルショットは得策ではありません

 ・そういう場面では、1番手上げての
  スリークォーターショットで攻めるのが正解です

 

というお話をしました。

 (以下の記事は読まなくても読み進められますが、
  参考に上げておきます)
 

フルショットゴルフは卒業しましょう
2019.12.10

https://g-live.info/click/191210_nikkan/

 

前回このように、
スリークォーターショットをオススメしておきながら
実際の打ち方には触れていなかったので。。。
 

ここで一度、お伝えしておこうと思いました。が。。。
 

ズバリあなたは、スリークォーターを打つ時にのポイント
即座に答えることはできますか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 
 (せっかくなので、ちょっと考えてみましょう)
 
 ・
 

 ・
 

 ・
 

はい、では答えを。。。

スリークォーターショット 練習のポイント

以下のとおりです。
 

 ・クラブは3~5センチ短く持ちます

 ・基本的な球のポジションは変わりませんが
  クラブを短く持った分、少し球に近づいて立ちます

 ・リズム、テンポ、スピードはいつもと同じにします

 ・スイングアークだけ、
  いつもより小さめにスウィングします

 

こうするだけで、通常のショットに比べて
5~10ヤード、距離を落としたショットが打てます。

くれぐれも注意したいのは、
 

 「ゆっくり振って距離を落とそうとしないこと」
 

です。

これをやってしまうと、緩んでダフリやすくなります。
気をつけましょう。
 

前回もお知らせしたように
この練習をしっかり続けていくと。。。
 

 ・風が吹いた時や、

 ・傾斜地からのショットに強くなり、

 ・スコアもハンディもグンとアップ
 

してくるはずです。

上級者向け…「3番手チャレンジ」

このスリークォーターショットを9番アイアンから始めて、
8番、7番まで打てるようになれば。。。

シングルも狙えるようになるでしょう。
 

そして、距離のコントロールに慣れてきたら、
今度は。。。
 

 「同じ距離を3番手くらいで打てるように練習する」
 

これを、やってみてください。

つまり、普段9番アイアンで120ヤードの人なら、
8番アイアンでも7番アイアンでも
120ヤード打てるように練習するということです。
 

プロゴルファーは、8番アイアンの距離を
9番アイアンでも打てますし、

さらには7番アイアン、4番アイアン、
そして5番ウッドと。。。

違う番手でも、同じ距離で打ててしまいます。
 

もちろん、そこまで自在にとは言いませんが、
同じ距離を違う番手で打てるようになると
 

 ・アプローチも上手くなりますし

 ・ミート率もアップしますし

 ・ドライバーの飛距離が伸びる可能性もあります
 

ということで、ワンランク上のゴルファーを目指して、
スリークォーターショット、頑張ってみてください。

追伸:安定して90台を出したいなら…

 「無駄な力みのないスイングを身につけたい。。。」

あなたがそう思っているのであれば、
下記の私の人気プログラムは
ぜひ見ていただきたい内容です。

人気プログラムのため
このメルマガ読者限定でご案内している関係で、
「人数限定」でのご案内となっていますが。。。

ご興味のある方は、どうぞお早めに
コチラから申し込んでおいて下さい。

コチラをクリック

本数限定。先着順で特典あり
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: 100切り, 90切り, アイアン, スイング, メルマガ, 上達テクニック, 新着メルマガ, 距離感 | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。