コースに出ると練習の成果が出せない…(涙)

2018.04.21
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は
 

 「コースに出ると練習の成果が出せない…(涙)」
 

についてお話しようと思います。
 

これは、お客さまからいただくことの多い
まさに「鉄板質問」ですね~

はい、ホントそうですよねえ。
まさにモンゴも、そうだったので。。。

というわけで、こんな質問をいただきました。

繰り返しになりますが…

> 練習場ではそれなりに満足できたりするんですけど
> コースに出ると練習の成果が出ないことが多い

 

なあるほどお。。。

これはですね、まず
練習そのものからさかのぼって、考えてみましょうか。
 

はい、モンゴがいつも
口を酸っぱくして言っていることって。。。
なんでしたっけ?
 

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・
 

はい、答えは。。。
 

 「ワンスイング・ワンポイント!」
 

練習を始める時に、そもそもちゃんと
ワンスイング・ワンポイントでできているか。。。?
 

これをまず、確認しておきましょう!

そしてさらにその前に一つだけ、
最初に確認しておくとよいことがあります。
それは。。。
 

 ・練習する時の、ボールへの意識の向け方

 ・コースの時の、ボールへの意識の向け方
 

この二つを確認してみてください。

ちなみに。。。この二つの違いって
自分で把握したことはありますでしょうか?

意識の向け方とは?

「ボールへの意識の向け方」と言ってしまうと
なんか難しいことのように感じるかもしれません。

ですがまあ、簡単に言ってしまえば
 

 練習場でいいショットが出るのは、
 ある程度はマットが滑ってくれる

   ↓

 そのマットのおかげで、いいショットは出る

   ↓

 練習場で出たショットなら、コースでも出るはず!

   ↓

 でもいざコースに出ると
 マットの滑りがないので、厳しくなる。。。(泣)

 

こういった点です。

やはり、練習場とコースは全く別物だと
考えておく必要があるわけですね。

つまりそもそも。。。
 

 「練習場とコースで
  同じ結果が出ると思っちゃダメ!」

 

月並みですが、まずはココのところの考えを
改めたほうがいいかもしれません。

目標はどこ?

そしてもう一つ、
これも「ボールへの意識」とも関係あるのですが。。。
 

 目標物に向かって打つ
 

やっぱりコレも大事です!
練習場というのは
 

 ・ネットのポール

 ・ヤードの看板

 ・フィールドに作られたグリーン
 

などなど、目標物をいっぱい作ってくれています。

たとえば、練習場でドライバーを打つとして
 

 「奥に3本、ポールが並んでいるから
  真ん中と右のポールの間のネットに打とう」

 「50yの看板がある方向に打っていこう」
 

こうした明確な目標を設定して打つことが
いいトレーニングになります。
 

だって、実際にコースに出たら
「あの木に向かって打とう」とか目印に向けて打つわけですから。。。
 

これも月並みなアドバイスですが、
目標が明確になれば、弾道も明確になります。

練習場では(でも?)
 

 ・ワンスイングワンポイント!

 ・目標物をしっかり見定めて、そこに向けて打つ!
 

こうした繰り返しの訓練をしておきつつ
 

 ・練習場とコースでは、
  ボールの意識の向け方がそもそも違う!

 

ということを頭に置いておきましょう。
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: 100切り, 90切り, メルマガ, 上達テクニック, 新着メルマガ, 練習 | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

コースに出ると練習の成果が出せない…(涙)」への2件のフィードバック

  1. nakano tadakatu

    モンゴプロこんにちわ、そうですよねー若いときはいきよいと馬力でそれなりのスコアーでできましたが、何十年もゴルフしてきて若い人に教えられてやっと気付くとはなさけないと思います、これからも辛口のアドバイスよろしくお願いいたします。

    返信
    1. モンゴモンゴ 投稿作成者

      nakano tadakatuさん、ありがとうございます!生意気な言動で申し訳ございませんm(_ _)m
      ただ、ゴルフを大好きな皆様にもっともっと上達していただきたいので、辛口になってしまいました(^^;)
      私も若いプレーヤーに教えられることが多いです!
      一緒に楽しく上達しましょうね!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。