ゴルフ一発屋のパッティング逆襲術

2017.06.20
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

先日はドライバーショットのコツを教えましたが、
レッスンに来ていただいてる方から

「近藤さんのレッスン動画のおかげで
 ドライバーが良くなってきたよ!」

という声をいただきました!^^

とても嬉しいですね!

でもさらにその方は
パッティングのお悩みが有るようで、、、

この悩みは私も経験した事の有る
やっかいな「敵」なんです、、、

良いドライバーショットの後は、、、

「ドライバーが気持ちよく飛ぶと、
 このラウンドに期待しちゃって、
 パッティングでどうしても緊張しちゃって
 スコアを崩す、、、」

そうなんです!
この方のお悩みは、

良いドライバーショット後の
パッティングでスコアを崩してしまう。

ということでした。

わかります。。。

最初の一打が
とてもいいショットが打てた時、

「バーディーでちゃう!?」
「パープレイできちゃうかも!」
「今日は調子いい!とんでもないスコアが飛び出すかも(笑)」

なんて期待しちゃうことありますが、

もちろん現実にそうなることは、、、
多くありません(笑)

その後の調子は良くなく、
パッティングで3、4打、、、

出だしが良かっただけに、
とても辛いですよね。

私も大事な試合の予選で、
ドライバーの調子が良かったにも関わらず、
緊張や邪念でいつものストロークができず、
最後の80センチのパットを外して予選落ちしました。

「最初のドライバーだけ調子がよく、
 その後は上手くいかない、、」

こんな状況を、周りの人から

「ドライバーだけ調子良くてもね、、
 ゴルフ一発屋だな~」

なんて揶揄され
罵られたこともありました。

とても悔しかったです。

それを期に、わたしは、
練習グリーンや自宅の練習マットで
こんな練習を始めました、、、

本番を意識した練習

ここでもとても大切なことは、
「メンタル的に本番を体感できる練習」です!

【メンタル的に本番を体感できる練習】

・パターマットなどの練習で1メートルのパットが
 10回連続で入るまで終了しないと決める

・8回目、9回目と緊張感が増していき、
 10回目は手にじんわり汗をかくような、
 本番のプレッシャーを体感できる。

私はこの練習を、
練習の一番最後に行っています。

体力的に疲れた状況で
やることによって、

本番さながらの疲労感、
緊張感が生まれてきます。

はじめのうちは、
3回連続など少ない回数から
無理のないように始めてみて下さい。

それだけでも、
パッティングへの自信が
大幅に変わってきます!

是非、実践してみてください!

またメールしますね。

近藤

近藤からの宿題!!

・練習の最後に1メートルのパットを3連続で決めるまで続ける!


<本日のオススメ>
<振るだけで上手くなる秘密のアイアン。それも自宅で!>

・ミスヒットを大幅改善
・理想のビジネスゾーンを作る
・100を切るには最適

振るだけでスイング診断、
ミスを撲滅するアイアンの秘密とは、、、

その秘密を知る!

※6/21(水)までの限定公開

The following two tabs change content below.
近藤 雅彦

近藤 雅彦

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、神田店、新宿店の店長を兼任している。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。