私の師匠、ジム・マクリーンの口癖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.07.30
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

今回は、
 

 「私の師匠、ジム・マクリーンの口癖」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

私の師匠、ジム・マクリーンが
常々言っていた言葉があります。それは。。。

「左のスウィングをよくしなさい」

つまり「左打ちを練習しなさい」ということですね。
 

おそらくほとんどのゴルファーが右打ちだと思いますが、
あなたは、左打ちでボールが打てるでしょうか?
 

 「左打ち、やったことないなあ」

 「え、なんだか難しそう。。。クラブも持ってないし」

 「そもそも、そんな練習に何の意味があるの?」
 

そう思ってしまう気持ちは、わからないでもありません。
 

確かに、左は不器用です(右利きの場合)。

普段使わない筋肉を使いますので、
なかなか体が動いてくれません。

パワーもありませんし、リズムも取りにくいです。
 

でも、だからこそ自分の欠点もわかりますし、
右のスウィングに大きなヒントを与えてくれるんです。

それが「左のスウィングをよくしなさい」と
師匠のジム・マクリーンが言っていた真意だと、
私は思っています。

左スウィングをしてみよう

 「江連さん、確かに片山晋呉プロが
  左打ちをしているのは聞いたことがあります。
  でもそれって、アマチュアにも有効なんですか?」
 

はい、もちろんアマチュアにも有効です。

左打ちは、ゴルフ全般に行き詰っている人はもちろん
 

 ・腰痛や肩痛に悩まされている人や

 ・リズムの取れない人

 ・手打ちの人
 

こうした方々にも、左打ちは有効です。

なのでアマチュアの方にも積極的に
左打ちの練習を私はすすめています。
 

左打ちをすることによってどんな効果があるかというと。。。
 

1.左右のバランスが良くなります

ご承知の通り、ゴルフのスウィングは片側運動です。

ですのでベテランゴルファーや練習熱心な人は
筋肉や関節、神経が左右アンバランスになってしまいます。

それがケガ、腰痛、肩痛を引き起こすわけですが、
左右のバランスが整うと、トップとフィニッシュが
左右対称のバランスの良いスウィングに近づきます。
 

2.曲がりにくいスウィングになります

トップとフィニッシュが左右対称のスウィングに
近づくということは、それはすなわち
曲がりにくいスウィングになるということですね。
 

3.ミスの直し方を自分で考えるようになります

通常のスウィングでは、あれこれ考えてしまって
頭の中を空っぽにすることができません。

ですが、左打ちは不器用ですので考えながら打つことができず、
自然クラブの重さや重力を感じやすくなり、
欠点の面が右打ちよりも大きく現れます。

そうして分かりやすく表れるミスが出ることで
その直し方も自分で考えるようになるというわけです。
 

4.リフレッシュできる

やった人にしかわからないことですが、
左打ちという初めての感覚は
どんな球を打っても新鮮で楽しいです。

そのことによって、精神的にもリフレッシュできます。
心も体もニュートラルになれる、といったところでしょうか。

そうした心持ちになることは、
ゴルフに行き詰まった人にも効果があると考えています。

まずは楽しむこと、そして無理をしないこと

左打ち。
始めは「遊び感覚」でやるということで十分です。

真剣さというのも、楽しむことから生まれます。

もしあなたが左打ちのアイアンをお持ちでなければ、
7番アイアンを一本、どこかで手に入れて下さい。

その7番アイアンを使って
ゆっくり大きくスウィングをして、
まずは球を真っ直ぐ飛ばせる努力をしてみましょう。

これができたら、右のスウィングにも
良い影響が出るはずです。
 

実際にボールを打つのが難しければ、
最初はあなたが持っている右打ちのクラブで
左打ちの素振りをするだけでもいいですし、

あるいは野球のバットで左打ちの素振りスウィング、
あるいは左でボールを投げるという動作をするだけでも
いいかもしれませんね。

さらに、そうした左打ち、左素振りは
鏡に自分の姿を映してチェックするのも効果があります。

鏡の中の自分は右スウィングが映ります(当たり前ですが)。

それが最初はかなりぎこちなく感じるかもしれませんが、
その鏡を見ながら時間をかけてアドレス、バックスウィング、
トップ、ダウンスウィングと良い形を作っていくんです。

それだけで、ものすごくいい練習になります。

それでも左打ちをやりたくない人へ

確かに、左打ちは最初のうちは難しいです。

最初は空振りもしますし、
ダフったりスライスが出るのも当然です。

でも、左打ちを少しでも打てるように修正していくことは
今までのスウィングを捨てて新しいスウィングに挑むことより
ずっと簡単なことなんです。

それに左打ちであれば、大胆なチェンジも出来ますし
そのチャンレンジが球筋となって現れます。
  

空振りしていたのが当たるようになる。

ついさっきまでスライスしていた曲がりが小さくなる。
 

それはとっても楽しいことではないでしょうか?
 

つまり左打ちには、楽しく真剣になれる条件が
たくさんそろっているんです。
 

もしあなたが、なんとかして自分のスウィングを良くしたいと
本気で思っているのなら。。。
 

この「左打ち」というチャレンジが出来ないにもかかわらず
今までのスウィングを捨てて改造するなんて無理だということを、
最後に付け加えておきたいと思います。

私の師匠、ジム・マクリーンもオススメの左打ち、
ぜひ、お試しください。

追伸:私の新プログラムがリリースされました

事務局から連絡がありまして、
私の最新プログラムがご案内中とのことです。

 「永久不滅のスコアメイクシステム2.0」

今回の「左打ち」のようなドリルの他にも
たくさんのスコアアップドリルを紹介しています。

今だけのプレゼントもお付けしていますので、
ぜひチェックしてみて下さい。

コチラをクリック

明日7/31(水)までです
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: スイング, ドリル, メルマガ, 手打ち, 新着メルマガ, 素振り, 練習, 腰痛 | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。