シャンク多発後、アイアンが打てなくなった

2018.02.03
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は
 

 「シャンク多発後、アイアンが打てなくなった…」
 

についてお話しようと思います。

今日はたぶん短めです。ササッと読んでいただけます。
今回の質問はズバリ。。。
 

 「シャンクが多発後、アイアンがうまく打てなくなりました」
 

というものです。

はい、ありますあります。
コレ、ホントにありますね~(;´Д`)

出たことのない人間にしかわかりませんが、
怖いんですよ。シャンクがいっぱい出ると。。。

そもそもシャンクって。。。

アイアンでは一番恐ろしいミス

だと、モンゴは思っています。
 

で、これをお読みのあなたもご承知の通り、
 

 「脳は衝撃の強いものほど印象に残りやすい」
 

という性質があるもんですから、
シャンクのミスは、脳内に鮮烈な映像化をされてしまうんです!(T_T)
 

脳に、残っちゃうんですね。
 

ですが、問題はそれからなんです。
そういう時ってたいていの場合。。。

手で何とか直そうとしてしまう!

なんとかそのイヤな記憶をかき消そうとすると、
どうしても理性で、手で直そうとしてしまうんです。。。

そうすると、ご想像の通り
シャンクを直すどころか、ますますスイングは
悪い状態に。。。ィヤァァァ!!! ヽ(ι´Д`)ノ
 

じゃあ、そんな落とし穴にはまらないために、
あなただったら、どうしますか???
 

 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 (はーい、考える時間ですよ~)
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 

はい、こういう時には基本を思い出すのが一番ですので。。。

スロースイングをしてみましょう

シャンクを出してしまったとしたら
その後いったん気持ちを落ち着けて、
ちょっと「スロースイング」をしてみてください。

スロースイングというのは、
一回のスイングにゆっくり時間をかける、アレですね。(^-^)
 

一回のスイングで最低10秒以上かけて
振ってみてください。

で、その時に一番気をつけて見て欲しいのは
バックスイングの開始前です。
 

 「バックスイングが始まった瞬間、
  ボールと身体の距離は、どうなっているか?」

 

スローでゆっくり動き出しているはずですので、
これを特に確認してみてください!

もちろん、手で上げていないかも確認しつつ、です。
そうすることで
 

 「あれ、ボールと意外と近いな。。。」

 「ってか、めちゃくちゃ手から上げてるじゃん!」

 「それに、ぜんぜん肩が回ってない。。。」
 

そうしたことがわかってきます!
(シャンクが出ているのなら、ほぼそうなっているはず。。。)

繰り返しになりますが、こういう時に手で直そうとするのではなく
まずは基本に立ち戻ってみることです。

(これはなかなか理解していただけないのですが)
一見すると遠回りに見えますが、結局それが近道ですので。。。

シャンクを克服して、ぜひ楽しいゴルフを取り戻して下さい!

追伸:期間延長~! 小原プロのアプローチ本

先週ぐらいから販売開始した
小原プロの新刊本「アプローチ勝ち組宣言」。。。

「スタート特別価格+7つのプレゼント動画付き」が
ほんのちょっと期間延長になったようです!

完成記念キャンペーンの1,000円オフで手に入るので
ぜひ今のうちにチェックしておいてください~!

小原大二郎
「アプローチ勝ち組宣言」


http://g-live.info/click/apw_book/
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: シャンク, スイング, ドリル, メルマガ, 手打ち, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。