スウィングでどうしても頭が動いてしまう…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.09.08
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「スウィングでどうしても頭が動いてしまう…」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。

このお悩みは、多くのアマチュアの方からいただきます。

それを解決する、最良の方法は。。。

前回のおさらい

ちなみに、前回のお話では
 

 ・教えるには適切な順序がある

 ・教える順序を間違えてしまうと、なかなか上手くならない

 ・そもそも「悪い動きをするな」「頭を動かすな」と指導しても、
  そう簡単には直らないのがゴルフというスポーツ

 

というお話をさせていただきました。
 

スウィングの悪い動きが直らないと悩む方へ

https://g-live.info/click/200901_nikkan/

 

さて、頭の動き方や動きの大きさによっては
頭の動きそのものを抑えた方がよいケースもありますが、

前回もお伝えしたように、まずはアドレスでの前傾角度、
そして体重のかかり方を改善するのが「近道」ということです。
 

さて、頭が動いてしまうことについて、
もう一つ重要な原因があるんですが。。。

何だと思いますか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

(これはぜひ、答えを当てていただきたい)
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

はい、その答えは。。。

視界のズレ

頭が大きく動く最大の原因は
この「視界のズレ」であると考えられます。

これは、アドレス時に見えている景色が
スウィング中に大きく変わってしまう事に起因します。
 

なので、アドレス時に見えている景色を
なるべく変えないようにスウィングすること。

これができることで
頭が無駄な動きをするのは、自然と直ります。

もちろん、これは言葉にすれば簡単です。
 

 「江連さん、それができないから
  これだけ苦労してるんですよ。。。」

 「じゃあ、視界を変えないでスウィングするって、
  どうやればいいんですか?」

 

という声が聞こえてきそうですが。。。
 

では「視界を変えない」練習方法ということで、
以下のようなことを試してみて下さい。

視界を変えないスウィングドリル

 1.球を打つためのアイアンを一本、
   それから補助に使う別のクラブを
   さらにもう一本、用意してください。

 2.前傾姿勢を取ったら、補助に使うほうのクラブを
   杖のように立てて、左手一本で上から支えます。

 3.左手で支えているクラブと自分の間を通過するように、
   右手一本でスウィング(素振り)してみましょう。

 

左手でクラブを支えた状態でスウィングしますので、
 

 ・前傾姿勢が保たれて、

 ・かつ、視界を変えずにスウィングする感覚が
  体得できるはずです

 

このドリルは、しばらくは素振りで構いませんが、
慣れてきたらこの状態で球を打ってみると良いでしょう。
 

なお、頭の動きの大きい人は
素振りでもトップからダウンへの切り返しで、
もう一度球を両目で見つめ直すようにしてください。

この意識を持つようにするだけでも
無駄な頭の動きを抑えられますし、
切り返しでの力みも解消されるはずです。
 

ということで、前回の話に戻りますが、
このように、頭の動きの例一つとってみても
実は教え方には順序があります。

単に頭を動かさないようにするだけでは
改善をするのが難しいのでs.

気軽に練習して、気づかないうちに悪い癖が直り
スコアアップにつながったら、
ゴルフが更に楽しくなりますね。
 

ぜひ、お試し下さい。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

ビッグニュースです!

超有名パター老舗ブランド
「ヒロマツモト」とのコラボして
新しいパターを完成させました…

ヒロマツモトブランドといえば、
青木功プロや国内外の名プレイヤーに愛された
まさに「パターの名器」です。

その詳細はコチラをクリック!

コチラをクリック

本数限定ですのでお早めに
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: スイング, ドリル, メルマガ, 新着メルマガ, 素振り | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。