なぜ、ドリルをやると上達するのか?

2019.04.09
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

今回は、
 

 「なぜ、ドリルをやると上達するのか?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

私はレッスンをしているお客様から
よくこんなことを言われます。
 

 「江連プロは、その人の症状に合わせて
  色々なドリルをやらせますよね」

 「みんな同じ練習をしないで、違う練習をしてますね」
 

はい、確かにそうなんですが、それは一体なぜか?

ドリルをやると上達するのはなぜ?

他のティーチングプロがどのような指導を
しているのか、私は詳しくありません。

ですがおそらく、
 

 「トップを小さく!」

 「肩をもっと回して!」
 

など、形や動きを言葉で教える人は多いかもしれません。
 

それに比べると、確かに私のレッスンは
 

 「説明よりドリル」
 

という印象を持たれるかもしれません。
 

また、全員同じ順番にドリルを、というよりは
プレーヤーに合ったドリルをお勧めしています。
 

ではなぜ、ドリルなのか?

本来のドリルの目的とは
 

 「自然に正しい動きができるように仕向けて行く」
 

これが、本来のドリルの目的です。
 

そして、これは私の持論なのですが。。。
 

 「動きや形を言葉で理解しても
  身体が理解するとは限らない」

 

ですので、プレーヤーが正しい動きを体で理解するために
ドリルをやってもらう、というわけです。
 

ですがこんなことを言うと、
あなたはこう思うかもしれません。
 

 「そもそもドリルをやると
  どうして身体が理解できるようになるんですか?」

 

そう思った方も、そうでない方も、
突然ですが今ここで、目をつぶってみてください。
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

はい、目をつぶってみましたか?
 

どうでしょうか?
 

目をつぶってみると、それまで聞こえなかった音が
聞こえてきたりするのではないでしょうか?
 

実はドリルとは、これと同じメカニズムなんです。
 

人間というのは、何か一つ不自由な部分を作ると
他の部分がそれを補おうと敏感になります。

このメカニズムを使って自然に上達させるのが
本物のゴルフのドリルというわけです。

体が自然に理解するようになる

なんだかわけがわからなくなってしまった方に
もう少し具体的にお話ししてみましょう。
 

もしあなたが、アドレスの姿勢が悪い
上体に力が入りすぎて重力を感じられないスイングに
悩んでいるとしたら。。。
 

 「姿勢を良く!」

 「バランスを良くして!」
 

と言葉で言われたところで、簡単には直らないと思います。
 

そんな時に、一度目をつぶってスイングをしてみてください。
 

そうすると。。。
 

当然目の前が見えない分、スイングはしにくくなります。
 

初めは球には当たりませんし、
人によってはフィニッシュも取れないかもしれません。
 

ですが、視界に頼れないという
バランスの悪い状態で練習することによって、
 

 「正しい立ち方、バランスの良い状態とはどんなものか?」
 

といったことを、体が自然に理解するようになるのです。
 

普段は目から入る情報を頼りに、
無意識に球に当てに行ってしまうことで、

結果的に体のどこかが力んだり踏ん張ったり、
あるいは打ちにいこうとするという状況を生み出していた、
というわけです。
 

目を開けていなければ球に当たらないと思いがちですが、
それこそがバランスの悪いスイングをしている証拠であって。。。

目から入る情報に上達を妨げられていたと言えるでしょう。

ドリルの効果を100%発揮させるには?

 「江連プロ、わかりました。
  目を閉じての素振り、早速やってみます!」

 

はい、その熱意はとても素晴らしいですが、
ちょっと待ってください。

この目を閉じての素振りドリルを教えると、
多くの方が間違えてしまう点があります。
それは。。。
 

 いきなり普段と同じ素振りをしてしまう
 

この目を閉じて行う素振りスイングドリルは、
バランスをアップさせるのが目的です。

ですので、普段と同じスピードで振るのではなく
慎重にゆっくり振らなければ、効果は得られません。

ですので、普段よりもゆっくり慎重に
素振りをするようにしましょう。
 

このことからもわかるように
このドリルに限らず、ドリルを行う際に
必ず気をつけてほしいのは、
 

 ドリルを行うときは、
 そのドリルの意味・目的をきちんと理解する

 

これがとても大切だということです。

そうしなければ、ドリルの効果も半減してしまうからです。
 

ちなみにこの「目を閉じたゆっくり素振り」は、
日頃、コースや練習場で力が入りすぎてしまう方にお勧めです。

これを行うことで、無駄な力が入らず
ゆったりと振れる感覚が体感できるはずです。
 

ただやみくもにドリルをするだけでは、
ゴルフの上達はありません。

繰り返しになりますが、
常にドリルの意味・目的を考えて練習すること。

これこそが、上達の近道です。
 

 「全てのドリルには意味がある」

 「その意味をきちんと理解するのが上達の近道」
 

この点を信じて、頑張ってください。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

突然ですが、ラウンド中に起きる
あらゆる問題の「正しい解決法」を知りたいと
思ったことはありませんか?

もしそう思ったことがあるのなら…
このお手紙はとても重要です。

これまでレッスンをしてきた中で
100を切れないゴルファーが陥りやすい
「上達のワナ」を発見しました。

それは…

http://g-live.info/click/obr82_19ry04/

明日4/10(水)まで

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
カテゴリー: スイング, ドリル, メルマガ, 上達テクニック, 新着メルマガ, 素振り | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。