スタッフ山田流・バンカーショットの秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.06.09
yamada2

From:ゴルフライブスタッフ山田
テレワークの自宅より、、、

こんにちは。ゴルフライブスタッフの山田です。

今回は私が非常に“苦手だった”

 バンカーショット

について発見をシェアさせて頂きます。

私はかつてバンカーショットが
とてつもなく苦手でした。

バンカーに入るとまず一発では出ません。

 ・大ダフリして50センチしか飛ばない

 ・シャンクしてバンカーのアゴに当たり戻ってくる

 ・特大ホームランで奥にあるバンカーへ入る

こんなことをしていたら
ダブルボギーやトリプルボギーは当たり前。

ダブルパーや2桁であがることも
しばしばありました。。。

 こんなんじゃ、いつまで経っても上手くならない!

そう思って山田が取った行動は。。。

いつもお世話になっているコーチに懇願し
教えを受けることにしました。

 (あれ、やってることシンプル過ぎですか? 笑)

というのも、普段受けているレッスンは
レンジでのショットのみなのですが

バンカー練習場をお借りして
バンカーショットのレッスンをしてもらいました。

今日はその際に教わったこと、
バンカーショットの秘訣をご紹介いたします。

腰を落とすことが最重要

 「まず、普段通りに打ってみてください」

コーチにそう言われ、いつも通り打ってみると

案の定、大ダフリで脱出失敗…

「もう一発」と言われて打つと、
今度は大トップでアゴに当たり再び元の場所へ。

すると直後にコーチから一言

 「構えが悪いので、そこを直しましょう!」

そしてコーチにお手本を
見せていただいたのですが。。。

失礼ながら「ふざけてるのか?」と思うほど
腰を落として、アドレスしていたのです!

まるでベンチに腰をかけているかのように。

コーチ曰く、バンカーでのミスショットの多くは
“入射角が原因”とのこと。

「入射角」とは、インパクトでのボールに対する
ヘッドの進入角度のことです。

この角度が“鋭角”つまり
ヘッドが鋭く上から入ると、少しでもダフったら。。。

砂に突き刺さってしまい、
ボールがまったく飛ばないといったミスショットとなる。

そしてそれを嫌がると
手が浮いたり、左ひじを引いてしまい。。。

トップシャンクが出てしまう
とのことでした。

したがって、なるべく入射角を“鈍角”つまり
ヘッドが上からではなく横から入れるため。。。

まるで空気イスをするように、腰を落とすのだと。

 「おー、なるほど!」

そう思い、なるべく入射角が鈍角になるように
テークバックを低く遠く上げるイメージをして、
いざ打ってみたら。。。

なんと、一発でキレイに出るじゃありませんか!

 「おーし、これでもうバンカー克服だ!」(≧▽≦)

。。。と、とても感動したのも束の間、
もう一発打ってみると、

 「カツーン」。。。

。。。あれ、トップ。

 「なんでえぇぇ。。。!?」(T_T)

と思っているとコーチから、

 「あー、鈍角を意識しすぎて、しゃくり上げていますね」

とのことでした。

鈍角でも上から下へ

どういうことかというと。。。

鋭角に入らないように、
ほぼ水平を意識して打っていました。

ですが普段よりも低い位置からヘッドを入れていたせいか、
フォロースルーが高く上に持ち上げるように
スイングしていた
ようなのです。

つまり、ボールに当たる前に、ヘッドが浮いてしまい
ボールの上っ面にヘッドが当たったということです。

これについては、コーチから

 「日本刀で藁を切るように
  入射角を水平近くまで鈍角にするものの、
  ヘッドの進行方向はあくまで上から下へ振り抜いてください」

というアドバイスを受けました。

それを意識して打ってみると、
軽い音とともにボールがふわっと高く上がって。。。

キレイなバンカーショットを打つことができました!

このレッスンを受け、しばらく練習していたら
だんだんコツを掴んできて。。。

その後、コースでもほぼ一発で
脱出できるようになりました。

あれほど悩んでいたバンカーショットが、
今やとても気楽に打てるようになって。。。

それに伴って、セカンドショット時のプレッシャーが
とても少なくなりました。

さらに簡単にバンカー脱出したいなら…

当社ではバンカーショットを手助けする
ゴルフクラブを販売しております。

その名も…

 「バンカー名人」

2020-0609_1

こちらのクラブの特徴としては

 ・ロフトが70度もあるため
  いわゆるフェースを開く必要がない

 ・2段ソールという特殊構造により
  砂に潜り込んでダフることがない

 ・また、バウンス面が地面を跳ね返り
  トップすることもなくなる

 ・特殊なフェース面により
  フワッと上がりスピンがかかる球が打てる

というスグレモノのウェッジです。

詳細はコチラをクリック!

バンカーショットに少しずつ自信を持ち始めた頃、
私もこのウェッジを試してみました。

このクラブを使ってみて
とても良いと感じたことは。。。

ズバリ、フェースを開く必要がないので
シャンクの恐怖が一切ないことです。

一般的なウェッジだとフェースを開くため、
ネック部分がボールに近づき
シャンクが出やすいアドレスになってしまいます。

ですが、ロフトが70度あって
フェースを開く必要がない
この「バンカー名人」なら。。。

ボールに対してまっすぐ構えられるため、
とても安心感があります。

もちろん、これのおかげで
シャンクもまったく出なくなりました。

そして今では、以前受けたバンカーショットのレッスンと
この「バンカー名人」のおかげで、
ほぼミスすることがなくなりました!

愛用者の方々も続々と増えているようで
驚きの声をたくさんいただいております。

興味がある方は是非、
コチラからチェックしてみてください!

詳細はコチラをクリック!

バンカーショットが苦手なゴルファーは
多いと思います。

私が感激し、苦手克服を果たした
このバンカーショットのレッスン内容と。。。

当社販売商品「バンカー名人」が
あなたのスコアアップの助けになれば幸いです。

 「バンカーなんてもう怖くない!」

胸を張ってこう言える日が、
私も近い気がします。

最後までお読みいただき、
どうもありがとうございます。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。