ゴルフ版・宮本武蔵「巌流島の決闘」

2018.12.17
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、
 

 「ゴルフ版・宮本武蔵『巌流島の決闘』」
 

について、お話ししたいと思います。
 

とはいっても、当時の宮本武蔵が
ゴルフをしていたというわけでは
もちろんありません。

あの宮本武蔵が取った「戦術」が
ゴルフにも通じるところがある、ということです。

どういうことかというと…

今回もあのレジェンドが…

前回のメールマガジンにもご登場いただいた、メジャー大会「11勝」の
ウォルター・へーゲン(Walter Hagen, 1892 – 1969年)のお話です。
 

2018-1203_1
 

ちなみに前回のメールマガジンはこちら

ウォルター・へーゲン「ベストを尽くせ!」
2018.12.03
http://g-live.info/click/181203_yuukan/

 

ウォルター・へーゲンは、
ゴルフの勝負の心理作戦に巧みであったそうです。

マッチプレー戦では、ほとんどの試合で試合時間ぎりぎり、
非公式の場合はしばしば遅刻することさえあったのだとか。
 

相対する側はこれを
「へーゲンのじらし戦法」だと非難しました。

そのためゴルフ用語で「レイト・アライバル」
(late arrival=スタート時間に遅れること)を
 

 「ザ・レイト・ウォルター・へーゲン」
 

と呼ばれていたのだそうです。

花の香りをかぎたまえ

まさにゴルフ版「巌流島の決闘」といった感じですね。
 

2018-1217_1
 

(ですが、宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘で
 わざと遅れてくるというのは、
 どうも吉川英治さんの創作のようなのですが。)
 

それはさておき、ウォルター・へーゲンは
自分が遅れてくることなんて
平然とお構いなしだったとのこと。

自分のリズムでプレーに臨むことが、
自分の最高のゴルフをつくるのだと
身をもって知っていたのでしょう。

逆に、待たされてイライラする相手に対して
こう言い放ったそうです。
 

 「ほんのしばらくゴルフ場にいるだけだ。

  慌てることはないし、心配することもない。

  花の香りをかぎたまえ」
 

この「名(迷)セリフ」。。。

イライラしている相手は
さらにイライラせずにいられなかったことでしょう。

ゴルフにおける真の「ハザード」とは?

ヘーゲンの心理作戦は、
この「宮本武蔵戦法」だけではありませんでした。

ヘーゲンはマッチプレー戦では他にも、
 

 ・ティショットをわざと短く打って、
  第2打を先にピンそばに付けたり。。。

 ・セカンドショットのクラブ選択を
  あれこれ悩んでいるふりをして、
  相手の判断を撹乱(かくらん)したり。。。

 

本当にいろいろなことをやっていたそうです。
 

もちろん、こうした行為は
決して褒められたものではないでしょう。
 

その行動の是非はさておき、
こんなこともヘーゲンは言っています。
 

 「ゴルフが始められて以来
  今日まで変わらぬただ一つのハザード、
  それは相手の気質である。

  相手の気質を知るのは、
  ストロークプレーよりマッチプレーで特に重要である」

 

これはまさに、孫子の兵法にもある
 

 「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」
 

にも通じるところではないでしょうか。
 

私も、この話に改めて触れて、
今年相対したマッチプレー戦のことを
ちょっと思い出してしまいました。

サッカーワールドカップとゴルフの関係
2018.07.16
http://g-live.info/click/180716_yuukan/

 

ゴルフは勝敗の付くスポーツである以上、
まずは相手の性格を知ること。
 

そして何より、相手を観察できるだけの
余裕を持っておくということ。。。
 

ゴルフではこれらが何より大切だということを、
ウォルター・へーゲンは教えてくれているのかもしれません。
 

今日はこんなところにしておきます。

もし疑問については、コメントいただだいたものから
お答えできる範囲で順次お返事を書いています。

画像付きでないと説明が難しいものについては
お答えできないことがあることをご承知ください。

なおお読みになった方は、
そちらについても再度コメントをいただけると
「既読」かどうかが私から見てもわかるのでありがたいです。

それでは、今日はこのへんで。
 

<本日のオススメ>

公開は本日12/17(月)まで!

ゴルフコーチの「商売道具」でもある
スイング診断メソッドが
なんと書籍になっちゃいました…

15年以上の効果実証済み!
PGAティーチングプロであり
ミスショット矯正のスペシャリストが明かす…

上達の方程式を本日まで公開しています。

http://g-live.info/click/kon36_1812/

期間限定ですので、お早めに

The following two tabs change content below.
古賀公治

古賀公治

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。
カテゴリー: コースマネジメント, メルマガ, メンタル, モチベーション, 上達テクニック, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
古賀公治

古賀公治 について

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。

 

Facebookでコメントする

ゴルフ版・宮本武蔵「巌流島の決闘」」への4件のフィードバック

  1. くろ

    大変興味深く読ませていただきました。
    特に、
    「相手を観察できる余裕を持っておく」
    という言葉に、「ホントにそうだ!」と思いました。
    私は、いつも自分のプレーに精一杯で、なかなか余裕が持てないでいます。
    でも、相手を観察できる余裕を持つことは、相手を思いやることにもつながるでしょうし、ゴルフを共に楽しむ仲間を思いやったり、自分自身が今ゴルフができる幸せを感じることにもつながるだろうと思います。
    いい言葉をいただき、本当にありがとうございました。
    心に刻んでおきます。

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      くろさん
      どうもありがとうございます。「相手を観察できる余裕が持てる」と言うことは
      気配り上手な人ともいえますね!

      返信
  2. harara

    既読
    楽しみのゴルフであれば、同伴者の気質を理解し、スタート前から、『楽しい雰囲気作り』も大切と思いました。
    いずれにせよ、スタート前から、既に始まっているのですね。

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      hararaさん
      どうもありがとうございます。正に「逆も真なり」ですね!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。