作成者別アーカイブ: 小原 大二郎

小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

【ビデオ】絶対に上達する方法

2018.12.17
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

こんにちは、小原です。

私も昔は、
ゴルフが下手くそなアマチュアゴルファーの一人でした。

プロゴルファーを目指しているのに
なかなか上達しないことに腹を立てたこともありました。

自分なりに試行錯誤していたんですが
やっぱり、”何かが足りない”と思っていました。

そんなときに出会った方法が
私を変えました。

今日はそんな
あなたのゴルフライフを
一変させるような

上達に欠かせない技術についてご紹介します。

テクニックだけでは不十分?

あなたはこう考えたことはありませんか?

・今よりも素晴らしいゴルフ理論が手に入れば上達できる
・上手くなるためには、何かが1つ足りていない
・動画をたくさんみたり、実践もしているつもりだが結果がついてこない

そのために足りていないもの、
それを知る上で今日のお話はとても重要です。

例えば、
私もそんな一人でした。

それまでの私は
テクニックばかりを磨いて
とにかく上手になろう、ということばかりに必死でした。

また、目標や上手くなるための戦略も欠けていました。

だから、そのとき眼の前で
重要だと思うことがころころ変わり
練習メニューも決まっていませんでした。

つまりは、大事なことを
継続できていませんでした。

正直に言って
自己管理ができていなかったんです。

テクニックばかりに走っていて
ゴルファーとしてのマナーや
他人から見たときの自分

理想的なゴルファー像というものが
欠けていたように思います。

とにかく上達する
これだけに必死だったんです。

あなたもビジネスをされているとしたら
この感覚が分かるのではないでしょうか。

幸せなゴルファーになる方法

ぼんやりと考えてほしいのですが
あなたがもし、ゴルフ上達をしたい
ベストスコアを達成したいとしたら

なぜ、あなたはそのスコアが出したいのでしょうか。

・一流のゴルファーになりたい
・先輩から褒められたい
・オヤジのスコアに追いつきたい

などなど、
ぼんやりとした感情が出てくると思います。

あなたが目標を達成するためには
その感情がとても大事です。

ゴルフを上達するには
具体的な行動が必要です。

行動をするためには
あなたがどうなりたいか?
というイメージだったり、感情がなければ実践に繋がりません。

ぜひこの動画を見て、あなたが目標を達成するために
何が必要か考えてみてください。

今の私を大きく変えた
原田隆史先生と私の対談動画です。
(大谷翔平選手や、なでしこジャパンのサポート、ユニクロなどのマネジメントクラスの研修を行ったことでも有名な方です。))

ここで紹介されているノウハウですが
私自身も今、継続していますし
一人でやるよりもみんなでやったほうが楽しいと思います。

みんなで一緒にやってみませんか。

仲間と一緒にやって継続することが大切だと思います。

追伸:
今回ご紹介したメソッドをまとめた
新しいプログラムが明日の10時から公開されます。

10時を過ぎたらメールボックスを確認してくださいね!
楽しみにしていてください!

【ビデオ】お礼を言わせて下さい

2018.12.14
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

12月8日に関東、12日に関西で
ゴルフライブ主催の交流ラウンドが
開催されました。

最近稀に雨が降りますが、
両日とも天気に恵まれました。

今年最後のコンペということで、
皆さん良いスコアを出そうという
意気込みをひしひしと感じました。

改めて、お越しいただきありがとうございました。

続きを読む

怪我するゴルファーほど上達する?

2018.12.10
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

こんにちは、小原です。

実は、ここのところ
何年かぶりに体調を崩していて
治ってはぶり返してしまっています…

寒い日と、暖かい日が交互にきて辛いな~…という感じです。
いささか年齢も感じています(笑)

無理はよくないのもわかっていますが
生徒さんと事前に約束したコンペやイベントなので
年内はしっかり頑張りたいと思います!

さて、、、
真剣にゴルフをうまくなろうとしたときに避けられないのが
自分の体調との付き合い方だとおもいます。

「寒い日とか、暑い日は無理しないでね。
練習のしすぎは怪我をするから
怪我しないように練習しようね。」

これって、みんながみんなアドバイスすることです。
私も、まぁそれに同意見です。

でも、たまに怪我の報告をもらうときもあります。

「先生、練習しすぎて腱鞘炎になってしまいました!!」

「先生、なんだかスイングすると肘が痛いんです!」

怪我って悲しいことですよね
しばらくラウンドできなかったり
痛みが少し続いたり、、、

私は、怪我の報告をもらったときにはこう回答しています。

「あぁ~!
 それは大変だね!無理しちゃだめだよ~!」

でも実は、心の中では…

(…そんなに練習したんだね!
 それくらい練習するのはとてもいいと思う!!
 素晴らしい!!)

と確信しているんです。

どういう意味かわかりますか?

プロとしての本音

私は、天才肌のゴルファーではありませんでした。
だから、たくさんの挫折を経験してきました。

その観点から言えば、
上達しているプレーヤーや

他の人と圧倒的に異なる結果を出しているプレーヤーというのは
絶対に怪我を避けられないような練習量をこなしています。

逆に、怪我しないくらい練習していないとしたら
練習量が足りていないのではないか、くらい思います。

レッスンプロとしては
なるべく少ない時間で
怪我もなく、

質の高い練習とレッスンの提供で
あなたを最短で上達に導く

といいたいところですが、
コーチングに本人の努力は不可欠です。

私のレッスンや教材を
ただ流し見していたら
いつの間にか70台が出ました。

という人は流石にいないだろうと思います。

上達はそんなに簡単ではありません。

だから、怪我の報告をしてくれる方には
怪我しないように練習してほしい、とお伝えしていますが
それくらい、練習したんだね偉い!!という称賛の本音が隠れています。

質の高い練習を量こなすことは
もっとも上達に近い選択です。

ゴルフの怪我をしたことがある人や
現在怪我を患っている方、体調がすぐれない型は無理をしないでほしいのですが、

量をこなしていくことは
あなたのゴルフを変えるきっかけになるでしょう。

年末年始は練習のしがいがありますよ^^

これからお正月休みですよね
この冬の時期に正しいスイングづくりをするかが
来年のスコアをつくることになります。

1,2、3月でスイングをどれだけ見直せたかが、

来年春先のスコアを決めますので

本気でスコアづくりをするなら
怪我を恐れず、過去最高の練習量をしてみてはいかがですか。

もちろん、
質の部分を追求して伝えていくのですが
泥臭さや量や頻度をできるかというのも大事です。

効率よくものごとを進めよう
少ない練習で上達しようというのはありますが
この冬ぜひやってみてください。

追伸:
おっと、寒い冬の練習といえば
パター練習ですよね。

実は、アイアンやドライバーで
ボールが右に打ち出すひとというのは
パターも右に打ち出していることが多いんです。

パターのストロークとアドレスの見直しは
そのままショットにも役立つと言われています。

ぜひこちらを今のうちに手に入れて
冬の練習に活用してください。

http://g-live.info/click/omp_1812/

【ビデオ】シャンクに効く膝の角度

2018.12.07
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

火曜頃に少し暖かくなったと思ったら
昨日急にまた寒くなりました、、、

人間、こういう時が一番体調を崩しやすいです。

私も先日体調を崩してしまい、
普段健康でいることの大事さを痛感しました。

明後日の土曜日には
笠間CCでの交流ラウンドも開催されます。

続きを読む

クラブのボイスを聞く

2018.12.03
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

こんにちは、小原大二郎です。

「成功するためには、ボイスに耳を傾けなさい」

これは、つい最近私が読んだ本で見つけた言葉。

ゴルフ上達に悩んだ時
どうすればいいかわからなくなったとき
私はこの言葉を見て気持ちが軽くなったのを覚えています。

私がアドバイスしている
ビジネスゾーンの理論ですが、
その上達のヒントにもつながると思うのですが

あなたは周りの声に耳を傾けられていますか?

特に、あなたが意識して耳を傾けてほしいもの、
それは、クラブの声です。

クラブの声を聞いていますか

もちろん、クラブは何も言葉を口にしません。

きっとあなたも、ミスショットを打てば

「このクラブのせいでミスが出ている!
 ふざけるな!

 シャフトを折ってやろうか!?」

なんて激昂したいような気持ちになるかもしれません。

特に、ミスが続いたり
大事な局面でミスがでてしまったときは特に。

自分の言うことを聞かないクラブは
もうクビにしてやろうとか、

俺は努力しているのに、
お前はどりょくしていないな!

みたいな風に(笑)

もちろん、人は失敗をなにかのせいに
したくなる生き物ですから
そんな気持ちになるのも仕方がないでしょう。

しかし、あなたが
ゴルフで上達をしたいのであれば
クラブの声にしっかりと耳を傾けてほしいのです。

クラブの動きの意味

クラブの声を聞くということはつまり
クラブの動きを知ることです。

クラブのテークバックの動き
インパクトのときのフェースの向き
フォローのフェースの向き
トップでのクラブの位置、フェースの向き

などなど、、、

もしあなたが上達したければ
クラブの声をよく聞いて

その動きをしっかりと見て上げてほしいのです。

ミスを打つということは、
何かしらクラブの動きに問題があるということです。
なので、現状を良くしたければ
その改善点を見つければいい。

そんなクラブの声をよく聞き取れた人は
次の上達のステージに進むことができるのです。

クラブの声を聞かないと…

クラブの声を聞かないということは
無限にも感じられる
ギアのせいにする地獄が待ち構えています。

全てはクラブのせい
自分ではなくて、クラブが働かないんだ
と決めつけてしまっていました。

私も若い頃はそんな一人でした。

自分ではなく、相手が悪いと思っていたんです。

フックのミスがあまりに多かったときは
「このままいったらプロには絶対になれないな」

寝る前に天井を眺めてボーッと考えたりしていました。

出口の見えないトンネルをずっと歩いている。そんな気分でした。
本当に、このままゴルフをやっていて大丈夫なのかな。
中途半端な、少しゴルフが上手い人で終わってしまうんじゃないか。

ですが、改めてクラブの声に耳を傾けると、、、

変わるときは一瞬です。

徐々にフックを改善して、ストレートからフェード軌道に
戻していくことができました。

自信がないときほど思考が停止する

ミスショットが増えて
ティショットに自信が持てなくなった時、

私はそんな自分が信じられなくて
練習場で、ドライバーの球数ばかり増えていきました。

とにかく、パンパンと連続して
まっすぐ飛ばしたいという一心でのスイングです。

ですが、ほとんどそれは無意味でした。

解決したい気持ちはわかるのですが
体の動きはほとんど変わっていないのです。

だからこそ、クラブの声を聞いたビジネスゾーンの実践です。
それがなければ私は、ここまで結果を出すことはできなかったでしょう。

追伸:
あなたはクラブの声を聞けていますか?
もし、聞き方がわからなかったり、
実践方法がわからなければこちらも見てみてください。

http://g-live.info/click/goo8020_1811/

【ビデオ】ベストスコアを出したいなら

2018.11.30
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

皆さんは、自分のスイングが

・アウトサイドインによっているか

・インサイドアウトによっているか

把握していますか?

度合いに大小はありますが、
多少どちらかの傾向は出てしまうものです。

もちろんスイングはオンプレーンに近づけば近づくほど
ミスは起きにくくなります。

飛距離や方向性が良くなり、
マネジメントはしやすくなりますので
間違いなくスコアアップに繋がるでしょう。

今日はアウトサイドインを改善する方法を
動画で紹介します。
続きを読む

フルスイング禁止で80台

2018.11.26
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

今日はビジネスゾーンを真摯に実践してくださっている
とある生徒さんをご紹介します。

この生徒さんは、先日開かれた
ゴルフライブサミット2018の中で
『ゴルフパフォーマンス賞1位』を受賞された方です。

この賞は、ゴルフの上達がいかに
あなたの人生を豊かにしたか?
という観点で表彰を行ったんですが

彼の上達エピソードを私が聞いたときに思わず涙したくらい感動的だったんです。
そして、上達の道筋やゴルフ・ビジネスゾーンに対する姿勢も非常に真摯だと感じています。

zyusyo
一番左が住吉さんです。

彼のエピソードをご紹介します。

==================

今日はGPの店別対抗コンペに参加しました。結論から言うとゴルフ始めて約2年。生涯忘れる事の出来ない嬉しい日になりました。色々ありますので箇条書きにして書きます。

・ベストスコア88⇒87と1打更新。ベストスコア賞獲得

・パット数33⇒31に更新

・東3番でニアピン賞獲得

・順位15番に入り順位賞の炊飯器獲得。

・松戸店が2位タイに入賞
(大野店長の株を上げる事に成功しました)

・亡父が過去に会員だったコースであり、大叩きしそうになっても踏みとどまる粘りが出ました。『今、親父が助けてくれたよ。良いコースでゴルフしてたんだな。現役の時に一度でも一緒にラウンドしたかったな。』と感慨深いものがありました。
帰宅後両親の仏壇にスコア更新のウィニングボールを飾りました。また明日丁度墓参りに行く予定なのでボールを持って行って墓前に良い報告と感謝の気持ちを伝えに行きます。

これだけも良い事ずくめですが、更に価値ある出来事は、実は今日私は腰痛が発症し、フルスイングが出来ない状態でした。ここで取った策は『ティーショットからアプローチまで全て肩から肩のベタ足スイング』です。

普段レッスンでやっている肩から肩のベタ足スイングで80台のスコアは出せます。コントロールショットではありますが、決して『飛距離が出ないスイング』、『置きに行く』、『安牌なスイング』ではありません。

肩から肩のベタ足スイングは立派な『果敢に攻めるスイング』の一つである事を自信を持って伝えられます。
何故ならOBを2回出して更に、FWキープ率も38%でありながら、このスコアでまとめられるし、より精度を上げれば70台も可能だと心底思ったからです。

もう一つ付け加えると、スイングのリズムとテンポを一定になるように意識してスイングする事です。今日スタートの東コースの1組目、男性2人と女性2人のスタートのティーショットを後方から拝見させて頂きました。

私が着目したのは女性お二方のスイングが澱みなく、テイクバックからフォローまで一定のリズムとテンポをキープしてスムーズに振りぬいていた事です。
男性陣もパワフルに振りぬいていましたが、力みが災いし、スロー&クイックのリズムで曲がっていたのです。

女性の2人は肩から肩のベタ足をベースに、自分にとって丁度良いリズム感を意識しながら相当な期間練習をしているな。そうでなければあそこまで振れないな。と感じました。
フェースやシャフトの向きで曲がる事もありますが、リズムがちぐはぐして大きく曲がるケースもあると分かり、改めてゴルフの奥深さを感じました。

これが良いヒントになってスコア更新につながりましたのでヒントを与えて頂いた女性お二方も感謝したいと思います。

もう一つ小原プロとティーショット前にツーショット写真を撮りました。『またFaceBookに今日の結果UPするんでしょ?』とからかわれたので、『全てお見通しで、はいその通りです』と撮って頂きました。

こんなにドラマチックな一日を過ごす事が出来て本当に幸せです。今回コンペを企画して頂いたGPの皆様ありがとうございました。

==================

42302507_1810922615694392_6020518493621846016_n

私はこの話を聞いて涙しました。

肩から肩だけで87

住吉さんは、こんな結果も証明してくれました。

体調は万全でない。
フルスイングで飛距離も稼げない。
肩から肩で攻める。

そう宣言されてベストスコアを更新されたんです。

これは、まさに
私が、アマチュアゴルファーにまず実践してほしい
スコアを出してからゴルフを上手くなっていくという道のりにふさわしい順路だと。

もし、あなたが
スコアに伸び悩んでいるのでしたら
ぜひ、この謙虚なビジネスゾーンの小さな振り幅からスタートする
という気持ちをもう一度思い出してゴルフをしてほしいと思っています。

住吉さんは受賞後の書き込みでもこう書かれていました。
もし、あなたがまだ小さなスイングでゴルフをすることに
恐怖や疑念の気持ちがあるのなら、

住吉さんの書き込みは励みになるかもしれません。

それまではフルスイングで飛ばしてなんぼ・・という考えでしたが、あの日は何故か腰が痛くてフルスイングが出来ずに肩から肩のベタ足ショットしか出来なかったのです。よって半分ベスト更新は諦めていて、18ホール無事に完走する事しか殆ど考えていませんでした。

しかし結果はベスト更新の87。ティーショット、セカンド、アプローチに至るまで全部肩から肩のベタ足ショットです。
『このショットで80台出るんだ、これもっとミスを少なくして精度を上げたら80切れるかも・・』これが価値観の転換点だったのです。

また同じくこのFacebook仲間で、100切りを目指している方から『肩から肩のベタ足ショットのみで、フルスイングは殆ど教えてもらえず、本当に100切れるのか不安。』という方から悩みを聞いておりました。

ベスト達成の瞬間、『あの人にこの結果を真っ先に伝えねば。このショットは100どころか90も切れる、精度を上げれば80切りも夢じゃない』と使命感みたいなものが出て、すぐにお伝えしたのです

ご本人から『そこまで良い結果出たのですか。勇気づけられました。ベタ足ショット頑張ります』と返事を頂いた時は、私もモチベーションが上がり、今はビジネスゾーンの腰から腰と肩から肩のベタ足ショットを中心に練習をしています。

フルスイングも少ない割合ですが、少しずつ練習しています。これからもコツコツ練習を積み重ねて目標のシングルのスコアを目指して練習していきたいと思います。

最後に小原プロはじめ、ゴルフライブのスタッフの皆様ありがとうございました。』

この場を借りて、住吉さんに私もお礼を言いたいと思います。ありがとうございます!

追伸:
住吉さんの受賞もさせていただいたゴルフライブサミット2018。

ゴルフライブサミットは年に1回開催していて
今年はなんと、北田瑠衣プロをお呼びして
私とトークショーをさせていただきました。

(ちなみに、去年は古閑美保プロをおよびしました)

年に1回しかない催しですので
機会があれば、あなたの参加をまたお待ちしています!

kitadarui

45959546_342865476475884_1576968676622467072_n

45973468_323158288481254_8907344074017603584_n


追追伸:
ビジネスゾーンでアプローチを上達するための
私の書籍が現在キャンペーン中みたいです。

30yを確実に寄せるためのテクニック
ビジネスゾーンの基礎を身につけるのにうってつけの内容です。

http://g-live.info/click/obwin_1811/

【ビデオ】ダフリにはコレ

2018.11.23
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

すっかり気温も下がりましたね。

朝ゴルフ場で練習してから
仕事に向かうことが多い最近ですが、
この時期はとにかく気持ちが良いです。

クラブハウスから出ると
鮮やかな日差しに照らされたコース。

軽くウォーミングアップして息を吸い込めば、
気持ちのいい空気が全身を駆け巡ります。

中でも最高なのは、、、

続きを読む

あれ、今のホール何打打ったっけ?

2018.11.19
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

いきなり質問です。

あなたは、ラウンド中に
今のホールで何打打ったっけ?

とスコアを思い出せなくなった経験ありませんか。

ゴルフに夢中になりすぎて
スコアまで頭が回らない。

ミスショットで頭に血が上ってしまって
記憶が遠のいてしまう

あまりにもミスが多すぎて
数えられなくなってしまう

そんなときもありますよね。

実は、昔の私も
そういうことあったんです。

残り何ヤードあるかな?

グリーンのどこに落とそうか?

あそこにバンカーがあるから避けたいな

次のクラブはどれを使おうか。

色々と考えることが多すぎて
スコアまで
気が回らなくなったり
したものです。

スコアが覚えられない人を端的にいうと

   
経験不足とネガティブマインドが原因になっていることが多いです。

スコアカウンターは使うな!

ラウンド数が少ない方は
そもそも、スコアを数えるのが苦手かもしれません。

あまりに考えることが多すぎて
気が回らなかったり
スコアも140以上にもなると数えるのが大変ですよね。

ただ、ラウンド数を重ねて
経験値を積んでいけば
だいたいは解決できます。

ラウンドしたゴルフ場がどんな風景で
セッティングだったか

途中の名物ホールの景色も思い出せない
という方もいらっしゃいます。

それは、技術以上に
心の余裕がなくなっていることが原因なんですね。

周りの風景を意識して見るだけでも
心に余裕を持ってプレーすることができるでしょう。

すると、集中力を取り戻して
自分が何打打ったかなど、思い出せるようになるかもしれません。

今の季節でしたら
紅葉した木々を見ながらが最高ですよね。

「あぁ、気持ち良いな」

「良い景色だな」

こんなふうに思えるときは
逆にゴルフに集中して
プレーできます。

ちなみに、
スコアが悪すぎて覚えられないからと言って

スコアカウンターという
カチカチ回してスコアを数えるようなツールは
使わないでください。

カウンターは持ち歩かない方が上達します。
今のスコアを数えることに満足してしまって
上達が止まってしまうように思えます。

たくさん叩いてしまったスコアを数えることを目標にせず
数えられるスコアにまとめることを目標に頑張ってみてください。

今の現状のスコアに満足しないようにして
カウンターなしでも回れるように努力してほしいです。

ラウンド中に記憶喪失に…

あなたは、ラウンド中に
自分が何をしているのか、
今のホールで一体何が起きたのかわからないような

記憶喪失のような
ゴルフを経験したことはありませんか?

丸一日、足がガクガクしたり
頭から血の気が引いていくのがわかるような

そんなひどいゴルフは
まさに悲劇とも言えるでしょう。

普通、ゴルフを楽しむという観点から言えば

「今日は頑張るぞ!」
「ゴルフが出来て幸せだ!」
「あぁ、楽しいなぁ!」

そんなポジティブな気持ちで
ゴルフができることが理想なのですが

それとは逆に

「ミスしたらどうしよう…」
「人に迷惑をかけるかもしれない…」
「またスライスしたら、怖い…」
「どこに飛んでいくかわからない…」

と失敗のことが
怖くて怖くてたまらない方がいらっしゃいます。

これでは
上手くいくはずのプレーも
思うとおりにはいかなくなっていきます。

ネガティブな気持ちは
悪い結果を次々と生んでいきます。

ポジティブな気持ちでプレーできれば
自然とスコアも上がってくるでしょう。

これまでにも
ポジティブマインドの大切さはお教えしていますが

始める前から恐怖心が強いという方は
ぜひ、今一度自分がティグラウンドに立ったときのイメージを思い起こしてください。

ポジティブな気持ちより
ネガティブな気持ちが強く浮かんだ人は

そのネガティブな気持ちを
ポジティブな気持ちに変換できるようなトレーニングを積むといいでしょう。

良いイメージを無理矢理にでももつことです。

ちょっと失敗することも
あるかもしれません。

でも
ポジティブシンキングです。

「たいしたことないよ」

「まだまだ取り戻せるよ」

「今日、コースに出れて幸せだな」

ゴルフクラブを持って
良いイメージを持って
深呼吸でもして
打ちましょう。

あなたらしい
ナイスプレー
ができるはずです。

私たちゴルファーにとって
今、ゴルフができる幸せを感じて
ゴルフをする。

究極だと思いませんか。

そのうち、スコアも自然と覚えられるようになっています。

ポジティブな気持ちで
自分をコントロールしていれば
記憶がはっきりしているはずです。


追伸:
生徒さんとラウンドしたときに

グリーンでキュッキュッっとボールが戻ってくる
バックスピンを効かせる方法は
小原さんどうやっているんですか?

とよく聞かれます。

私がやっているのは、ボールと、クラブの工夫と
スイングはこれです

http://g-live.info/click/obadb_1811/

【ビデオ】スライスに効くアドレスの向き

2018.11.16
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

11月10日(土)に、ゴルフライブサミットが
開催されました。

様々な演目がある中、
特に注目が集まっていたのが
北田瑠衣プロとのトークショー。

その写真が一昨日届きました。
続きを読む

60歳からゴルフ始めました…

2018.11.12
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます
小原大二郎です。 

突然ですが、
練習場である生徒さんとお会いしました。

「小原さん、本を見たよ!」

ちょっと、びっくりしましたが
にこやかな笑顔で私に挨拶してくれ

レッスン中だった私は
あまり長話はできなかったのですが

お礼を手短に述べてレッスンに戻りながらも、
頭の中では先程の生徒さんが気になっていました。

たまにこのように練習場で声をかけてくださる生徒さんがいらっしゃって
特別ではないのですが、
その時は、彼の練習が気になっていました。

ちょっと遠くから見ていると
どうもゴルフを始めたばかりのようで
あまり、ゴルフについても詳しくないようでした。

そのため、レッスン終了後に
もう一度声を掛けてみると

「実は、1ヶ月前にゴルフを始めたばかりなんです。
 仕事が定年をキッカケに時間ができたので。」

とのこと。

少し羨ましくも思いました(笑)

今日は、そんな生徒さんにしたアドバイスをあなたにも紹介させてもらおうと思います。

60歳からゴルフにもう一度チャレンジしようという
素晴らしい気力をお持ちの方に向けて、

そして、あなたの励みにもなれば嬉しい限りです。

ゴルフの型に勝るものなし

ゴルフを始めたばかりの人には
スイングをどうすればいいのか、
クラブとはどう振るのか?

全くわからないと思います。

当然です。

ゴルフスイングは、他のスポーツの振り方とは全く違います。

なので、スポーツ経験者だから、と言って
その経験が生かされる、とも限りません。

逆に、前のスポーツの経験から脱せずに
ずっと野球打ちによる身体の開きが治らない人もいます。

ですから、
型をつくる、コレがゴルフスイングなんだ
ということを身体に染み込ませることが大事です。

できれば、なるべく早い時期にやるとより効率がいいです。

だから、ゴルフを始めるのには
年齢は関係ありません。

身体の柔軟性や、筋力がないと
ゴルフスイングが身につかない、
ということはありません。

始めた当初の練習は特に肝心です。

せっかくでしたらレッスンに通って
フォームをつくる方が最も上達が早いです。

ミスはつきものです

ゴルフは難しいスポーツで、ミスのスポーツです。

だから、
楽しさがわからないという人もいます。

ですが、ミスをする、難しいからこそ
攻略する難しさもあり、
それを楽しめるような心持ちで続けてほしいと思います。

いつまでもしかめっ面で
練習場に通っていては自分も辛いです。

生徒さんに最近口酸っぱく伝えていますが
”ポジティブは技術”です。

ポジティブでいることを
意図的に実践してみてください。

最初からは、誰もうまく出来ませんし、
プロでさえ失敗しますから
気負いすぎずにゴルフを楽しんでほしいです。

失敗に落ち込み始めると
たくさん言い訳を人間は考えます。

「この年だから仕方ない…」
「クラブはまだ、適当なものを使っているから…」
「はじめてのゴルフ場だから…」

ただ、私は言い訳をつくるのはいいと思います。
でも、すぐに忘れてほしいんです。

そこを限界にしてほしくないから。

どんな年齢からゴルフを始めようと
若い頃からゴルフを始めていなくとも
あなたの努力に見合った成果を

ゴルフで手に入れることは可能です。

もし、辛くなっても
年齢を理由にせず頑張って欲しいと思っています。

練習の始め方

ゴルフを始めたてだと
特に何を、どれくらいやればいいのか、ということはわからないと思います。

そんな方はぜひ、私の過去のメルマガもよく読んでほしいのですが

始めたてのときは、まずはやはり
3ヶ月程度練習場でビジネスゾーンの練習、
腰から腰でうまく打てるように実践してみてください。

まずは、15y、30y、45y
というふうに腰から腰でも少しずつ振り幅を上げて練習をしていく。

力任せにフルスイングの練習から始めると挫折してしまいます。
当たらない自分が情けなくなってくるのです。

徐々に振り幅を大きくして
ベタ足で100yほど飛ぶようになってきたら
コースデビューも近いでしょう。

クラブもドライバー、7I、PW、パターを練習して扱えるようになればやっとコースデビューです。

道のりは遠いかもしれませんが、
私は何歳からでもゴルフを始められると思います。

また、このメールは決して
ゴルフを始めたばかりの人だけでなく
ゴルフを出直したいという方にも有効です。

是非試してみてください。


<本日のオススメ>
10分の1の努力で成果は2倍…

ただ振るだけで
スイングのミスが分かり
ツアープロも愛用…

なぜ、そんな効果が出るのか?

http://g-live.info/click/medi_1811/

【ビデオ】手首と曲がりの関係

2018.11.09
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

今日はフックが出てしまう方へ向けて
ビデオを撮りました。

フックが出てしまう原因には
様々なものがあります。

・フェースが左に開いてしまったり…
・切り返しを右手で行ってしまったり…
・ハンドダウンで構えてしまったり…

このメルマガでも、何度か触れてきました。

さて、今日見ていく内容ですが、、、

続きを読む

100y何打で上がれますか?

2018.11.05
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます
小原大二郎です。 

突然ですが、質問です。

あなたには得意距離ってありますか?

得意距離ですよ。
どのくらい飛ばすかではありません。

私は
残り〇ヤードなら
まずぴったり打てるんだよ。

という距離のことです。

この得意な距離を
持っているということは
とても大事です。

私の得意距離は
58度 70y
PW  120y
9I  150y
です。

例えば、120yの距離は
実は、52度でフルショットすれば届きますが
PWを使って軽くコントロールショットで打つほうが精度が高いです。

9Iもフルショットすれば155y飛びますが
別にフルショットすることよりも
距離を打つイメージで150yを打っています。

戦略がないゴルフは目標を決めずにする営業みたいなもの

もしかしたら、私の得意距離とそのクラブ
ぴったりの距離を打つというイメージだけでも
あなたのゴルフが変わるかもしれません。

常にフルスイング
何でもかんでも一番とばそうと思って打っていたら・・・

ゴルフはそんなに甘くないですよね。

闇雲に
ドライバーを打って
かなり遠くまでボールが飛んだ。

でもセカンドショットが
中途半端な距離になり

苦手な距離が残ってしまって
結局、上手くアプローチできなかった。

よく見かける場面です。

プレーするときに、
どこにボールを落として

ピンまでの距離
残り何ヤードにして
ショットを打つのか?

そこまでのゴルフの戦略を立てて
プレーしてほしいと思います。
 

中には、
戦略は不要だなどと
いう人もいます。

ゴルフなんて気持ちよくやれればいいんだ!
ティショットの飛距離が重要だ!と。

これを言い換えると
戦略どおりになんていかないのだから
戦略は立てたくない。
 

頭を使いたくない。

という意味のように感じています。

もし、これが自分の仕事やプロジェクトの話だとしたらありえないですよね。

会社だったら、
ただ売上を上げれば良いんだ。
目標も戦略もいらない。
とにかく足で稼いでこい。

と言われているようなイメージかもしれませんね。

あなたにもゴルフの戦略の重要性をご理解いただきたいと思います。

必勝パターンが戦略になる

ゴルフをはじめた頃
私はある先輩ゴルファーから

「必勝パターン」を作ることが大事
と教わりました。

どんな時に上手くいったか

どんな時に失敗したか

これらを分析していくだけでも
自分に何ができて
何ができないのかが
見えてくると。

スコアアップするためには

自分のゴルフを知って
自分自身の「必勝パターン」
を作ることです。

また、それと同様に
自分の「必敗パターン」
も知っておく必要があります。

私は残り〇ヤードだと
いつもピンそばに寄らないんだよ。

とか

ドライバーで飛ばしたときに限って
パーオンしていないんだよ。

必勝パターンも
必敗パターンも
人それぞれ違います。

でも、それらを分析することが
自分の必勝パターンを
作ることにつながってくるのです。

これって
得意距離を残して
ピンを狙っていくと
同じですよね。

あなたは、100ヤードを何打で上がれますか?

まずは
自分の得意距離を見つけてください。

そこから1オン1パットを目指しましょう。

得意距離を活かすためにも
ティショットから戦略を立ててください。

これが必勝パターンです。


追伸:
あるゴルフリサーチ会社が調査したところ、
OBの原因の7割がスライスだったそうです。

あなたスライスを解消するなら
これが手っ取り早いかもしれません。

http://g-live.info/click/ob_draw1811/

【ビデオ】トップを減らすいい方法は…

2018.11.02
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

先日生徒さんから、
こんな相談を受けました。

「アドレスが正しく出来ているか
自分で確認出来る方法が知りたい」

実際レッスンで正しい姿勢を覚えても
少し時間が立つとわからなくなってしまう、、、

そう思ったことがある方も、
多いのではないでしょうか?

思い出そうとして、
毎回毎回同じことをするのも
あまり気持ちがいいものではありませんね。

今日はそんな方向けに「アドレスの作り方」を
ご紹介したいと思います。

続きを読む

引っ越ししました

2018.10.29
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

私事ですが
この間、引越ししました。

これまでは長い間千葉県八千代市という
ところに住んでいたのですが

自宅から東京のスタジオまで
1時間以上かかっていたこともあって
ついに引っ越しを決めました。

家族とも話し合って
引っ越しの条件を決めたんですが
3つ条件が決まりました。

1つ目は、千葉のゴルフ場にも車で出やすいこと
2つ目は、都内にも電車で出やすいこと
3つ目は、娘の習い事の教室に通える場所

そして、結果的に松戸市に決めました^^

今までは、駅まで遠かったところから
東京に近く、駅前の物件なので
生活が一変していてちょっとびっくりしています。

住む場所が変わるというだけで
私の行動自体が一変したんですね。

毎日の生活がゴルフに通ずる

その変化の一つが買い物です。

家からスーパーがとても近くなって
買い物がとても便利になりました。

気軽にスーパーに行けるようになったので
勝手に足がスーパーに伸びています。

毎日、特売のお肉がないか
お肉コーナーを探したり
飲み物を買いによってしまいます。

タンパク質が豊富な肉厚で美味しそうなお肉を見つけては
特売シールを狙い撃ちしています。

買った直後には
焼いてさっぱりとした味付けでシンプルに食らいついています(笑)

おかげさまで
私のトレーニング生活も
より充実しました。

他にも、電車に乗る時間が増えたので
車に乗りながらではできない読書がはかどったり

電車に乗りながらトレーニングもしています。

・つり革に捕まりながら、足の内側で体重を受け止めてみたり
・つま先立ちをして、ふくらはぎ鍛えたり
・つり革を指の付け根で握って、グリップの感覚を養ったり

など、一人で
傍から見たら笑ってしまいそうなことばかりしています。

ですが、、、
これも引っ越す前は出来ていなかったことです。

住む場所が変わったために、自然と足が伸びたり
行動に移せるようになったり。
ガラッと生活スタイルが変わったんです。

意識せずに上達する環境

別に私は
意識してスーパーに行く回数を増やしたわけでも
意識して、電車でトレーニングをしているわけではありません。

自然と、やろうと思える環境がそこにあるのだと思います。

本当にあなたがゴルフを上達したかったら
そんな”自然と取り組んでしまう環境”に身をおくのはとても大切です。

それさえ作ってしまえば
あとは身体が自然と上達に向かっていきます。

例えば、

・ラウンド頻度を増やす
・自宅に練習設備を作る
・ふと練習したいと思った時に練習できるクラブの準備
・パターマットを常に敷いておく
・ゴルフが楽しくなるようなボードを作って飾る
・ゴルフのたのしい瞬間を撮った写真を飾る

などなど・・・

これらは
ほんの一部にしか過ぎませんが
試してみてください。

いつでもどこでも
自分の生活にゴルフが根付いていればいるほど
ゴルフの上達につながります。

まずは
私が紹介したことから
はじめてみてください。

きっと
あなたの生活にゴルフが馴染んで
今よりもっと上達するはずです。

追伸:
ちなみに近藤プロも引っ越しをしたそうなのですが

彼が、引越し先の物件を決めた理由の一番が
『練習場からの近さ』
だったそうです。

あなたも参考にしてみてはどうでしょう(笑)


<本日のオススメ>
プロゴルファーを目指していたある男がいました。

彼は、ゴルフ黎明期の日本で単身アメリカに渡りました。

そして、彼は日本のゴルフレッスンの礎となったのです。

プロを教えるプロとなり
片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子と言った
著名なプロを育てたプロとして、名を馳せています。

http://g-live.info/click/edsw_1810/