作成者別アーカイブ: 小原 大二郎

小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

【ビデオ】行きたい場所へ飛ぶかはメンタル次第

2019.04.19
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

この一週間でずいぶん暖かくなりましたね。

タイガーもマスターズ優勝を果たしましたし、
皆様のゴルフ熱もメラメラと
燃え上がっているのではないでしょうか。

43歳でのマスターズ優勝は、
46歳で優勝したジャック・ニクラスにつぐ
快挙となりました。

実際に試合で勝つというためには
スイング以外にも様々なテクニックが必要
です。

フィジカル…
メンタル…
運…

これらを全て兼ね備え、
43歳で優勝というのはとてつもなく凄いことです。

いつもスイングについてお伝えすることが多いので
今日は、メンタルの視点で皆さんに
動画をお届けします。

続きを読む

「7番で球が上がらない」を解決する3ステップ

2019.04.15
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

先日、スタジオのレッスンプロや
スタッフ達とコースに行ってきました。

基本的には親交を深める目的で
定期的に開催しているのですが、
プロ達に関しては

「忙しさにかまけて自分のゴルフを
 おろそかにしてないよな…」

というのも密かにチェックしています(笑)

一方、レッスンプロ以外のスタッフに関しては、
100%親交の目的で参加してもらいまして、スコアも
じつに様々なのですが、ちょうどベスト105くらいのスタッフが

「小原さん、球が全然上がらないんですけど
どうすればいいんですか?」

と質問をくれました。

私自身がレッスンしていて実感しますが、
結構、球が上がらないという悩みを
持つゴルファーはいらっしゃいます。

そこで、今日はこういった悩みを
解決するにはどうすれば良いのか。

3ステップ形式で解決したいと思います。

続きを読む

【ビデオ】背骨の意識でテンプラは直せる

2019.04.12
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

前回、前々回と2周に渡り
スライスとフックを一発で直す方法を
お伝えしました。

(スライス改善)
【ビデオ】スライスは、フェースの向きで直す

(フック改善)
【ビデオ】ティーショットの『曲がり』克服法

予想していたよりも多くの生徒さんから、

「やってみたら本当に直った、凄い!」

「確かに違和感はあるけど、まっすぐ飛ばせた!」

という喜びの声が届きました。

ラウンド中に同じようなミスが続くと
非常に苦しいですよね。

なので今日もミスを【一発で直す】
そんな方法をお伝えします。

続きを読む

上手い人と回るのは気が引けます…なぜ?

2019.04.08
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

ゴルフライブにはたくさんの
上達に関するお悩みが
寄せられます。

その中にこんな一文がありました。

「周りの友達は自分よりかなり上手なので、
一緒に回っていると自分の下手さが目立ち、
ゴルフが面白くないと思ってしまってきていることも悩みです。」

私が思ったこととしては

「もったいない!」

この一言です。

なぜなら、、、

続きを読む

【ビデオ】ティーショットの『曲がり』克服法

2019.04.05
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

2週続けてティーショットについての
動画をお送りしていますが、
ご覧いただけたでしょうか?

素振りで飛距離アップ!

スライスは、フェースの向きで直す

今週はティーショットシリーズの第三弾
「フックを直す方法」をお届けします。

多くの方が悩むスライスやフック、、、

一度出始めるとなかなか直らず、
僕もたくさん苦い思いをしてきました。

前回お伝えしたスライスの直し方を応用して
フックを【一発】で直す方法をお伝えします。
続きを読む

何が違う?NG素振りとOK素振り

2019.04.01
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは、小原大二郎です。

ティーショット、セカンドショット、
アプローチ、パッティング…

誰もが打つ前には必ず

「素振り」

をすると思います。

私もレッスンする時に
生徒さんの素振りを見かけるのですが、
この何気ない素振りは意外と重要です。

なぜなら、素振りは今からする
スイングのリハーサル。

素振りで出来ないことは
本番のショットでは出来ません。

そこで、今日はいくつか
NGな素振りの事例をご紹介したいと思います。

まず1つ目は…
続きを読む

【ビデオ】スライスは、フェースの向きで直す

2019.03.29
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

先週は久しぶりに、飛ばしについて
動画で解説させていただきました。

(先週の記事はこちら)

ドライバーを使った内容は
あまりお伝えして来ませんでした。

せっかくなので、今週も引き続き
ドライバーを使った内容をお伝えします。

皆さんには、
どんなティーショットの悩みがあるでしょうか?

トップ、、、

ダフリ、、、

飛距離が出ない、、、

これらは多くの人が抱えている悩みですが、本日は
「どうしてもスライスしてしまう」という悩みを
解決していきたいと思います。

この方法を使えばスライスを
【一発】で直す
ことができます。

続きを読む

3月18日(月)ゴルフパフォーマンス×ゴルフライブ合同コンペ

2019.03.25
0801-1024x683

Top_Image

ゴルフパフォーマンス×ゴルフライブ合同コンペ
3月18日(月)

3月18日(月)
ゴルフパフォーマンスとゴルフライブでの合同コンペが行われました。

ニュー南総ゴルフ倶楽部で、参加者は約200名。これだけの規模でコンペが開催されたのは初めてのことです。

みなさんこの日が来るのを非常に楽しみにされていらしゃったようで、この日のために準備や練習を重ねていらしたようでした。

朝の練習場が混雑しないように誘導させていただきましたが、他の参加者がいないこともあり、いつもよりスムーズに練習をすることができていたようです。

そして今回のコンペは、日頃のみなさんへの感謝の気持ちをこめて、イベントアトラクションや特設ブースなども目白押しでした。

0604

たとえばドラコンホールでは「プロのドラコンデモンストレーション」で、プロならではの飛距離を体感していただきました。
また「トラックマン&スカイトラックを使った参加者間でのドラコン勝負」イベントも用意。

スピン量や飛距離などの弾道計測は、さながら「即席ドライバーフィッティング会」となり好評でした。

ニアピンホールも同様に2ホールほど用意。こちらはプロとの「ガチ勝負」と、競技者間で戦うものの2種類が用意されていましたが、プロに勝っても負けてもみなさん本当に楽しそうにアトラクションを楽しんでいました。

0511
そして今回は「プレイファーストホール」と言って、ティーグラウンドからホールアウトまでをいかに早くあがれるかをタイムトライアルするホールも…

プロに勝利した人は豪華な景品をご用意していましたし、普段習っているプロたちの「技」に触れて、それと争えるというアトラクション。
そして他のお客様のいないゴルフ場貸し切りコンペだからこそできるイベントが目白押しでした。まさに貸し切りの醍醐味を味わっていただいたと思います。

0839

もちろん賞品の方も規格外。各社にご協賛いただくことで、他のところでは絶対に手に入れられない豪華、レアな賞品ばかりとなりました。

またラウンド後は、ゴルフパフォーマンスとゴルフライブでもご紹介している痛み解消メソッド、あのジャック・ニクラウスもやっている「エゴスキュー」をご紹介するブースを用意したり、スポーツパフォーマンス向上のためのボディケア「FBT」の体験もしていただいたりしました。
と、今回は楽しく盛大に盛り上がったコンペでした。時間が予定よりもかなり押してしまいましたが、今後の運営課題としたいと思います。

今回参加できなかった方も、こうしたイベントを開催したいと考えておりますので、次回のご参加を心よりお待ち申し上げております。

新しいことの始め方

2019.03.25
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは、小原大二郎です。

お彼岸も過ぎ、本格的な
春を感じるようになりました。

暖かくなってくると、
何か新しいことでも始めてみようかなと
気分になりませんか?

例えば、私はここ数年で本格的に
筋力トレーニングを始めたのですが
最初は続けることが難しい時期もありました。

始めのうちは、未体験のことをやると
なんだか新しい世界が広がって、

まるで自分が生まれ変わったかのような
感覚が得られましたが、その感覚も
長くは続かず、苦しい時期もありました。

しかし、、、
続きを読む

【ビデオ】素振りで飛距離アップ!(実演あり)

2019.03.22
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

3月18日(月)、
ニュー南総ゴルフ倶楽部を貸し切っての
コンペが開催されました。

今回は貸切+200人規模のコンペということで、
私たちにも初めての試みとなりました。

当日はゴルフ場を使った
ドラコン・寄せワンなどのイベントも開催され
とても賑やかなイベントになりました。

私はドラコンホールで、志賀プロ・小野プロと
ティーショットのデモンストレーションを
させて頂いていました。

ドラコンとなると誰でも

「いつもより少しでも遠くに飛ばした、、、」
「確実にミートさせたい、、、」

そう思いますよね?

今日はそんな時のために「ここ一番で飛ばす方法」を
私のデモンストレーションを交えて動画でお伝えします。

続きを読む

スイング動画を募集

2019.03.18
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

先週木曜の夜、私のLINE@で
スイング診断(スイングコンサル)
の先着1名様の募集をさせていただいたところ

多くの方に
スイング動画を送っていただきました。

ありがとうございます。

想像以上に多くの方から動画を送っていただいたこと
さらには、みなさんのスイングがキレイで驚きました!

全ての方の動画にアドバイスはできないのですが
まずは、お一人この場で回答をさせていただきます。

ただし、、、

これは、あなたのためにもなるので目を凝らしてほしいのですが

他の人のスイングの問題点を見つける

ということは非常に重要です。

あなたが自分のスイングの問題点をみつけたり
あなたのスイングを良くしていくためには

誰かのスイングを
よく観察することはとても大事です。

問題に気づくチカラができれば
ゴルフも改善する方向に向かっていくでしょう。

なので、そういう気持ちでスイングをあなたも見てください。

小原からのアドバイスは…

非常にパワフルで
飛距離も出ていそうなスイングですね。

このように
スイング診断に応募いただいて嬉しく思います。

さて、今回ご応募頂いたこの方のスイングを
分析させていただくと、、、

”この方の一番の課題は
バックスイングで上体が起き上がることです”

ドライバーなので
まだ状態の上下のブレが
あまり問題になっていないかもしれませんが

アドレスの上下動は
アイアンショットのときに
ダフリトップを引き起こす原因になるでしょう。

まだまだ、お若いようですので
飛距離も伸びるでしょう。

あなたはどう見ましたか??

解決ポイント:

”解決するには、
アドレスで体を起こして構える”こと。

これがポイントになります。

そうする事で
スイング中の前傾角度を
キープすることができるようになります。

結果として
ミート率を上げることができ
飛距離もさらにのびるかもしれません。

ぜひポイントを意識して
スイングしてみてください。

きっとナイスショットが飛び出します。

「気づき」から生まれるナイスショット

皆さんから送ってくださった動画を見ていたら

スイング中に体が起き上がる人が
多いことに気づきました。

スイング中に体が起き上がってしまうと
あらゆるミスの原因になってしまうのは
もうご存知ですよね。

では、なぜ体が起き上がってしまうのか?

その原因は様々で、人それぞれ違います。

だからこそ
全部の動画にお答えして
悩みを少しでも解決する手助けができれば良いのですが
なかなか そういうわけにはいきません。

自分で分かっている人は
まだ対処もできるのですが

無意識のうちに
体が起き上がってしまっている人もいるでしょう。

これは、何も体の起き上がりに限ったことではありません。

そこで
体の起き上がりだけでなく
自分のスイングの改善に役立つ

「気づき」

人のスイングを見ることが、とても大事です

他人のスイングを見て気づくことがあれば
自分のスイングも直せます。

もし、他人のスイングをみて何も思わないとしたら
自分のスイングの変化にも気づかないでしょう。

なので、あなたもこの動画のスイングを見てみて、
自分のスイング改善に役立ててみてください。

好評でしたら、またこの企画はやらせていただきたいと思います。
スイングを提供頂いた方ありがとうございました。

小原大二郎


<本日のオススメ>
小原大二郎・徳嵩力一推薦のウェッジ

なぜ、このウェッジが
ボーケイよりも優れているのか?

それを証明させてください

http://g-live.info/click/toku_wd1903/

【ビデオ】ティーグラウンドにある2つの罠

2019.03.15
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

皆さんは、「朝イチのティーショット」と聞くと
どんなことを思い浮かべるでしょうか?

意気込んでドライバーを握りしめ、軽く素振り。

いざと意気込んで打ってみれば、
見事にスライスorフック、、、

こんな経験、皆さんも一度はしたことが
あるのではないでしょうか?

せっかくの出だしですから、
誰だっていいスタートが切りたいですよね。

そんな皆さんの悩みが解決出来ないかと思い、
今日の動画を用意しました。

そのミスの原因、
じつはあなたのせいではないかもしれません。

続きを読む

ゴルフとお寿司の関係

2019.03.11
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

私がゴルフを始めてからというもの
20年以上が経ちました。

最初にゴルフを始めたときには…

・100切りもままならず…

・上達しようにもインターネットはなくて…

・誰に教わればいいかもわからなくて…

・仲間もいなくて…

・ゴルフクラブも訳も分からず選んで…

・ゴルフに行くお金もなく…

なんていう
何十もの壁がありました。

当時は、ゴルフでお金を稼ぐことなんて
到底夢のまた夢
でした…。

今ではこうやってたくさんの生徒さんに囲まれて
レッスンに日々明け暮れています。

ゴルフ緑化の寄付活動を行ったり
被災地支援のラウンドレッスンをしたり
今ではジュニアゴルファーの育成のお手伝いもさせてもらい

これからのゴルフ界を
盛り上げるお手伝いをさせてもらいたいとおもっています。

「小原プロ。
 なんで、そんなに小原プロは
 有名なゴルファーになれたんですか?」

とある新人コーチに聞かれました。

その1つがビジネスゾーンです。

ビジネスゾーンで
自分の腕を磨くことができてプロになれたから。

そして、たくさんの生徒さんの
上達を実現できたからだと思います。

しかし、
しかしそれ以外にも重要な成功するための法則があったと思います、、

それは…

イマジネーションの力

この一言に尽きます!!

私、小原大二郎のイマジネーションも
昔から中々強力だったんです。

特にゴルフというスポーツでは
イマジネーションが大切です。

練習環境からして
本番とは違うので
練習しながら頭の中にゴルフ場を描くんですね。

まるで、目を開けていても
本番のゴルフ場の様子が見えるくらいに。

さらに、イマジネーションが大事なのは
ゴルフ中の自分をコントロールするためです。

ゴルフは、プレー中に
他のことから受ける影響が大きいです。

たとえば、、、

・バンカーやハザード等の罠
・ゴルフクラブの状態、フェースの状態
・ボールの状態、素材・クオリティー
・その日の自分の体調
・メンタリティー精神状態
・その日の同じ組のメンバー

といったふうに
たくさんの物事に自分のショットが影響されるので

何から手を付けたらいいかわからなくなってしまうんでsね。

なので自分で自分をコントロールすると言うことを
多くの人は忘れてしまうんです。

「あー!アドレスに入っているのに、
 後ろでブンブン素振りしてうるさい!!」

みたいな風に、
プレー中に怒りちらしてしまう人がいますが

自分のコントロールを忘れてしまっているので
次のショットで崩れてしまうかもしれませんね。

ゴルフは、周りへの対応もさることながら
自分のコントロールにしっかりと目を向けるだけで
うまく行っていきます。

あそこに打ってはいけませんよ

たまに、キャディさんで

「あっちに打ったら、OBです。
 あっちは危険です。」

と強調するキャディさんがいます。

あれは、罠です。
気をつけてください。

何が罠か?

そう言われると
そっちに打ちたくなるからです。

ゴルフで使ってはいけない言葉に

「○○に気をつけて
 ○○してはいけない」

という言葉があります。

たとえば、キャディさんのように

「右OBに気をつけて」

と言われると
なぜか、右OBに関心が行くようになります。

頭の中で
「OBはダメだ… OBはダメだ… OBはダメだ…」

取り憑かれたように
繰り返しつぶやきながら、
OBを打ちます(笑)

吸い寄せられるように
OBを打ってしまうんです。

不思議ですねぇ…
そっちに打ってはいけないって言ったのに…

わかりやすい例を紹介すると

これから、ちょっとゴルフとは関係ない写真が出ますが
絶対にそのことを考えないでください。

640x640_rect_76102931
これは、お寿司の写真ですが、お寿司のことは絶対に考えないでください。

とても油が乗った美味しそうなマグロですが
マグロのことは考えないでください。

絶対に考えないでくださいよ!

さあ、どうですか。

お寿司食べたくなりませんか。

たぶん、よだれが出た人だっていると思います。

今日のランチはお寿司で決まりですよね。

…ゴクリ。

つまりは、
言葉や景色で見ただけで
かなり引き寄せられて意識が行くんです。

それを否定の言葉で打ち消しても無駄です。

なので、
OBを打ってはいけないと考えても無駄ということ。

どうすればいいかというと

OBを打たないために
”こうしよう”ということを意識するんです。

左のラフとフェアウェイの際を狙う。
絶対に左に打つぞ。

と意識すればいいわけです。

もし、あなたがラウンド中に
どこに意識を持っていけばいいかわからない
ということであれば、

今日のことをイメージしてラウンドしてみてください。

プラス表現を使うことを意識する。

それだけで、ショットの集中力、
目標実現力が変わります。


<本日のオススメ>
2019年ゴルフ新ルール対応の
裏・秘密兵器

これを手に入れたら友人には貸さないでください。
借りパクが横行しています…

https://g-live.info/product/btpin2/cs/

【ビデオ】アドレスでは背筋を伸ばす?

2019.03.08
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

最近よく生徒さんから
「アドレスでの姿勢」について
多く質問を頂きます。

その中でも、「背筋は伸ばすのと曲げるの
どっちが良いの?」
という内容がほとんどです。

というのも、最近のメルマガで骨盤から下の
下半身の動きを集中的にお伝えしていることが
影響しているようです。

下半身を確認した結果、上半身も気になって
質問をするという方が多いようです。

アプローチ・ティーショットなど
状況の違いについても触れていますので、
是非ご覧になってみて下さい。

続きを読む

自分のゴルフにYES!

2019.03.04
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

先日、生徒さんからこんな言葉をもらいました。

「小原プロはいつもハイテンションで
 目標に向かってパワフルですよね。
 どうやってその状態を保ってんですか。

 何か1つあるなら教えてください。」

と言う質問をもらいました。

はい、あります!
今まで隠していてすみません。

それは、大きく分けて2つあるんですが

まず1つ目は、
自分で自分のゴルフを認める習慣を作ることなんです。

自分のゴルフにYES!

自己承認の習慣を持つと言う事なんですね。
これはゴルフにとってもとても大切なことなんです。

生徒さんと定期的にラウンドレッスンを行っていますが、
とても素敵な生徒さん達に囲まれています。

なので本当にありがたいと思っています。

ですがうまくいかないことや
昔はゴルフがへたくそだった時もたくさんありました。

そんな時はどうなっていたかというと、
自分がなぜこんなにへたくそなのか落ち込んだり
自分のクラブを壊そうとしたり

たまにプロツアー中継で見かける
湖に向かってクラブを投げようとしたことさえあります(笑

もちろんツイいていないゴルフだったり
プッシュアウトのミスが連続してしまったり
起きて欲しくないことが起きることだってあります。

だからこそ私は
たまに自分のことを自分で褒める習慣というの作っているんです。

ゴルフはミスが多い、だからこそ。

あなたはゴルフで誰かに褒められたことってありますか?
最近、褒められましたか?

もし、「はい」と気持ちよく言える人は
いい先輩や、お友達をお持ちだとおもいます。

ゴルフで誰かに褒められたことがある人、というのは
ゴルフというスポーツのせいか、あまりないのではないかと思います。

なので、なるべく自分で自分を
高いモチベーションでゴルフを続けるためにも
自分で自分を高いモチベーションにする習慣が大事になってきます。

そこで1番簡単で続けやすい方法を1つ紹介します。

自宅練習をするだけ。

それは自宅でただパター練習を行うことです。

そしてそれをなるべく簡単な物を使います。

例えばツアーコースと同じような
グリーンを再現した何メートルもあるようなものではなくてOKでs。

なるべく短い距離でなるべく簡単にカップに入れる。
絶対に100%外さないような距離から打つだけです。

それだけ。

なぜこのことが重要なのかと言うと

自分のゴルフがうまくいっているんだ
と言うことの証明に役立つんです。

もちろんドライバーショットで
今日イチのショットを毎日何発も打つことができたら
どれだけ自信が高まるでしょうか。

しかし、そうとも行きません。

なので、パターから自信を高めていきましょう。

なるべく短い距離でカップにしっかりと入れる。

そして、入った瞬間に

「よっしゃー!」
「ナイス俺!」
「素晴らしい!」

と口に出して言います。

自分で自分を褒めると言うこと。
自分でよくできてるじゃんと褒めること。
それを声に出して言ってください。

そうすることで
自分のゴルフの自己肯定感が上がっていきます。

私はよくゴルフに行った時に反省点よりも
まずはポジティブな言葉を使うように
と言うのを一緒にラウンドレッスンに行く生徒さんにお伝えしています。

ただし、ゴルフに行ってない時はどうかと言うと
悲観的になってしまう生徒さんもおおいです。

なのでそんなゴルフに対して今
悲観的になっている方こそ
この練習をまず試してみて欲しいんですね。

これ重要なのは口に出すと言う事と確実に達成できる目標を決めておくと言うことなんです。

僕のゴルファーと言うのは自己モチベーションが達成したい目標というのが
高いが難しいことをより難しいレベルで達成していこうと思います。

しかし、そうすると達成できないことが積み重なって
だんだん自分のレベルというのが目標により遠いんじゃないか、
まだまだ自分の頃分たいしたことないんじゃないかと言うふうに思ってしまう方もいるんです。

なのでまず大事なのは簡単に達成できる目標立てること
そして継続することです。

自宅でまた練習確実に入れられる距離から
パターでカップに入れる。

そして、よく入れたね!入るじゃないか!って言う声をかけてほしいです。

ぜひあなたも家で実践してみてください。

ご家族の人に何してるのと声かけられないように1人でやっていて下さいね。

ー小原

追伸:
お持ちの方は、度々ご紹介しているインバーディでの練習は
自分で口に出さなくても

「Nice!」

なんていうふうに褒めてくれるのがいいですね。
なんだか、テンションが上ります。


追伸:
3/16(土)に千葉で実施する
親子ゴルフ体験会、お孫さんとでも歓迎です。

モチベーションを高く保って
スポーツや学業に打ち込めるジュニアを育てるという目的で実施します。

まだ、スポーツをやったことがないジュニアの方でも参加可能です。

http://g-live.info/click/junior1902/

<本日のオススメ>
なぜ、この短いドライバー1本で
飛距離が15yも伸びたのでしょうか?

もしあなたが
飛距離アップの方法がわからない、

どの方法も効果が出なかった
思うようなドライバーショットが打てない、

と思ったことがあるのならば
これを試してみてください

http://g-live.info/click/edu1w_1903/