作成者別アーカイブ: 小原 大二郎

小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

【ビデオ】手打ちと同調スイングの違いとは?

2018.02.23
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは小原大二郎です。

手打ちは悪いスイングの
代表例として扱われることが多いです。

私も、手だけでスイングするのは
根本的に良くないと思っていますが、
忘れてほしくないのは、

手や腕をまったく使わないで
スイングは出来るわけがないということ。

アームローテーションという言葉が
あるように、スイング中にも手や腕は
動いているわけですから、当然のように使う必要があります。

問題なのは、体の動きと手の動きが
マッチしてないこと。

ちなみに、体の動きが止まり、手や腕でクラブを
振っている手打ちが指摘されがちですが、
経験者に多いのは圧倒的に

「手と体が同調してるように見える手打ち」

です。

例えば、ゴルフ仲間に
「手首こねたね」と言われた経験のある方も
いらっしゃると思いますが、それがまさにです。

これは、開いたフェースを意図的に
スクエアに戻そうとする時に起きる現象です。

やはり、それでは安定したボールを
打つことが難しいので、体の動きで
フェースを戻せることが理想です。

今日は、手と体の同調についての
レッスンをあなたにお届けしますので、
是非、ご自身のスイングを見直してみてくださいね。

続きを読む

ゴルフに回り道なし

2018.02.19
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは、小原大二郎です。

過ぎてしまいましたが、
誕生日をアピールするわけではないのですが
昨日2月18日は私の誕生日でした。

何か特別なことがあったわけではないのですが
昨年の誕生日には、スタジオのメンバーからサプライズで
会社のロゴ入りのキャディバッグをプレゼントしてもらいました^^

今も大切に使わせてもらっています。
IMG_0517

IMG_0515

IMG_0514

今では、ある意味ゴルフ中のお守り代わりです。

ゴルフを続ければ続けるほど
どんどんお気に入りのアイテムや
ギアが身の回りに増えていっています。

ゴルフを始めたてのときや
自分の実力はまだまだ、という時期には
回れる最低限のものがあればいいでしょ?

と思っていた思いだったのに
徐々に、あれは必要、これも必要と言った具合に

好きなクラブや
好きなグローブ
好きなボール
好きなアイテムが出てきます。

まだ、ゴルフでお気に入りのものが無いという方も
全く焦る必要もなくて、
あなたにとって必要な時が、いつか来ると思いますよ^^

あなたのゴルフのステージが上がったときに
適切なギアやアイテムが必要になったと自分でわかるときが来るでしょう。

特にギアについては非常に難しいのですが
それは、フィッターの徳嵩さんなど専門家に気軽にご相談くださいね。
(ゴルフパフォーマンスのフィッティングは、
 最近、暖かくなってきてほとんど予約が取れない状態が続いているみたいです)

ゴルフに回り道なし

今、ゴルフが中々上手くならなかったり
今持っているギアが不満だったり
特に不満がある方に聞いてほしいのですが

私は、ゴルフにも人生にも回り道なんてないと思います。

そんなの結果論だよ、と言われてしまったらそれまでですが

過去の努力なくして、今のスコアはない。
過去の努力の結果、今の自分が存在している。
とゴルフでも、仕事でも思っています。

それは、私の座右の銘で

『今ある自分は、過去の決断の積み重ね』

そして、それは努力の結果だと信じているからです。

思い起こせば、昔、良い高校に入りたくて
本気で勉強して、仲間に勉強していることを
バカにされながらも

いい点数を出して、自分の志望高校に入学できたこと、
そこから、ゴルフに興味を持って練習に打ち込んだことと、
コーチになれたこと、
スタジオを作れたこと

すべてが、その時
自分が必要だと思ったことを実践した結果が今につながっていると思います。

当時、ああしていればよかった、とか。
あの時、あんなことしなければという反省はないわけではありませんが、
それは終わったこととして、仕方がないと思っています。

だからこそ、
今を悔いたり、

今までしてきた練習の成果や
ラウンドの結果を振り返って
あなたが、それに頭を悩ませる必要はありません。

今結果が出ていない人も、
過去の努力は今につながっていますし
今年中には花を咲かせるかもしれません。

ゴルフを出直すためには?

ただ、もしあなたが
何十年も前のスコアや、飛距離と今の結果を比較してしまっているなら
その経験は一度捨て去っても良いかもしれません。

なぜなら、
頭のイメージと、体の動きが
当時とは全く変わっており

そのイメージを使ってスイングを続けても
かえって、上達スピードが遅くなってしまうからです。

ゴルフ歴として5年以上空いてしまっているなら
1からゴルフを出直すくらいの気持ちが必要です。

そんなときこそ、私のビジネスゾーン理論は
かなり役立つのではないでしょうか。

まずは、小さなスイングで
インパクトゾーンから正しくしていけば
出玉方向の安定から、すぐにコースでも使えるスイングを作れるからです。

まずは、ゴルフスイングを型にはめ直し
スイングを作っていくほうが今後の上達にも早いでしょう。

ですが、今までのゴルフのセンスやお気に入りのボール
コースマネジメント、アプローチ、パターの感覚など

勘を取り戻した後の上達ぶりには
あなたの今までの経験が生きてくるため
すべてが無駄ではありません。

過去の経験はすべて無駄ではありません。
一歩ずつ頑張っていきましょう。


<本日のオススメ>
「本当にビジネスゾーンを使って飛距離が伸びるのか?
 伸びるならためしてみたいんだけれど、、、」

それなら、すぐに使えるこれを試してみては?
小原大二郎の新商品 ビジネスゾーンで飛距離が伸びる秘訣とは

http://g-live.info/click/o-bzdp180215/
※モニター募集中

【ビデオ】フェアウェイウッドを使いこなすには?

2018.02.16
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは小原大二郎です。

フェアウェイウッドを苦手とする方、
やはり多いと思います。

ただ、その苦手な理由は様々で

・長いから使いにくい
・使いこなせるほど練習をしていないから
・そもそもウッド系のクラブが苦手。アイアンの方が良い

など、じつに多種多様です。

しかし、裏を返せば

・ロングホールでパーオン率がグッと高まる。(飛距離が稼げる)
・ドライバーが荒れた時のサブドライバーに出来る。
・ボールが上がりやすい

といったメリットも存在します。

なので、使えた方が有利なのですが、
もし今現在フェアウェイウッドに
苦手意識があるなら、まずは7Wから始めて下さい。

3W、5Wは一旦封印します。
5Wはまだしも、3Wはシングルプレイヤーでも
苦手意識を持つゴルファーがいるほど難しいからです。

フェアウェイウッドは
使えるようになると、ゴルフが楽になる上に、
本当に頼れる武器となります。

ということで、今日は
フェアウェイウッドを使いこなす練習法について
アドバイスさせていただきますので、是非ご覧ください。


続きを読む

ゴルフと家族

2018.02.12
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは、小原大二郎です。

実は最近、全く早く家に帰れていません。

ゴルフスタジオの仕事、新書籍の執筆、
会社での懇親会などが重なっていて

食事をともにすることもできていないんです。
(元々、私は筋トレのための食事メニューを
 自分用に作っているのですが笑)

いくら仕事で毎日遅いとはいえ、
奥さんにすべてを任せているのももちろん悪いので
何か手伝ってあげたいのですが、なかなかそうはいきません。

仕方なく、スタジオのスタッフに頭を下げて
早く帰ろうと思ってみますが、中々仕事はそう簡単に減っていきません。

仕事と家族のバランスを取るのも中々難しい中
さらに、ゴルフを趣味にしていると
ゴルフと家族とのバランスも難しくなってきますよね。

私の生徒さんからも
「ゴルフをするときに、どうしたら家族を納得させられますか?」

と聞かれたことがあります。

あなたも、家族に悪いなあと思いながらゴルフに行った経験が一度はあると思います。

続きを読む

【ビデオ】最近、違和感を感じていますか?

2018.02.09
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは小原大二郎です。

ゴルフにおいて、違和感を感じることは
見逃してはいけないことです。

一般的に、違和感というと
どちらかと言えばネガティブな時に
使用されることが多いですよね。

ゴルフに置き換えると

「なんかグリップが違う。。。」
「なんか始動が違う。。。」

こんなところだと思いますが、
この思いが芽生えた時は上達のチャンスです。

なぜか?

ゴルフはどうしても日常では
起こり得ない動きの連続です。

なので、最初ゴルフを始めた時、
違和感だらけだったと思います。

しかし、慣れてくると違和感を嫌がって
無意識に心地良いスイングにしたり、
アレンジを加えたりしてしまうわけです。

私も例外ではありません。

それを防ぐためにも、
ビジネスゾーンで日頃からチェックしています。

あなたも、違和感を感じると
スイングに気持ち悪さを感じると思いますが、
そんな時こそ、自分が今どんな動きをしているのか

チェックしてくださいね。

さて、今日はダフリにお悩みの方に向けた
ウィークリーレッスンとなります。

是非、ご覧ください。

続きを読む

飛んでよし、叩いてよし

2018.02.05
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは、小原大二郎です。

いつの間にか2月になり、
寒い季節もようやく底をついた感じがしてきましたね。

3月まであともう少し
ゴルフツアーももう少しで始まります。

まだまだ寒いですが
体調に気をつけて頑張っていきましょうね^ ^

さて、今日は最近とある生徒さんに頂いた
ゴルフでも役立つ、ある言葉をシェアしたいと思います。

その言葉をくれたのは
先月一緒にラウンドをした
大手銀行員さんの生徒さんです。

続きを読む

【ビデオ】これが出来れば上位20%のゴルファー?

2018.02.02
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは小原大二郎です。

突然ですが、あなたはラウンド中の
スイングを録画したことはありますか?

練習場でのスイングを撮影することは
あなたも実践していると思いますが、

ラウンド中の動画も進行が遅れない範囲内なら
録画してみると、非常に効果的です。

なぜなら、練習場とコースで
まるで別人のようにスイングが違う方って、
意外と多いからです。

私も生徒さんに見せてもらうことが
あるのですが、特にスイングに欠かせない
「アレ」が途端に出来なくなってしまう方、多く見かけます。

私なりの統計ですが、コースでも
実践出来ている方は20%くらいです。

今日は、練習場では出来ているのに
コースになると途端に出来なくなってしまう
スイングのズレについて話したいと思います。

(撮影ミスで、音声が聞き取りにくくなっています。
お手数ですが字幕も併用してご覧頂ければと思います。)

続きを読む

ゴルフスキルの超回復

2018.01.29
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは、小原大二郎です。

この文章を書いている今、
これからジムでトレーニングの予定なんですが

朝食のプロテインを飲みながら
自宅でちょっとしたアップをしていたところです。

昨年から、すごく興味が高まっているもの
それが、「健康管理」です。

健康管理なんて、基本中の基本と
年齢を重ねるにつれてその大事さに気がついてきますよね。

ゴルフを続けるためにも
上達するためにも

「健康ほど、ありがたいものはない」といえるくらい
大切だなと40歳を過ぎてから実感しています。

病気をしたり、怪我をしてときには
初めて気づく大切なものでもありますよね。

失って初めて
その大切さに気づいたりもします。

今、あなたが痛いところがなくて
健康的にゴルフができているとしたら
それ自体がとても大きな宝物です。

私の研修生時代にも
何回か、大きな怪我をして
それで苦しい思いをしたことがあります。
続きを読む

【ビデオ】逆算こそゴルフ上達の近道

2018.01.26
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは小原大二郎です。

スイングの形成は逆算が重要です。

先にゴールを設定することで、
そこに至るまでのガイドラインを設定しやすくなります。

例えば、スイングにおけるゴールはフィニッシュですよね。

なので、理想のフィニッシュの形をまず決めてから、
フォロー~インパクト~ダウンスイング…
といった流れで逆から考えていくと効率的です。

今日の動画レッスンでは
コースでトップが出てしまう方は
絶対見て欲しいのですが、

このスイングを逆算で作り上げるという
視点から見ていただくと、よりスムーズに
練習ドリルを実践することができます。

もちろんどの練習にも有効な
万能薬ですので、是非この機会に
ご自身にクセ付けてみてください。


続きを読む

練習場で聞こえるイヤな音

2018.01.22
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは、小原大二郎です。

先日、とあるコンペで
あるゴルフ場を訪れたときのこと。

練習場を使わせてもらって
簡単に生徒さんとアップと
ちょっとしたアドバイスを送っていたんです。

そんなとき、背後から聞こえてくる音が気になりました。

「チッ」

最初は気のせいかと思いましたが、たしかに聞こえます。
あの音が。

「チッ」

続きを読む

【ビデオ】スコアが良くなる冬ゴルフの裏ワザ

2018.01.19
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは小原大二郎です。

先日去年スマホで撮影した
写真を見ていたのですが、
その中に夏のラウンドの写真がありました。

夏は暑くてゴルフをするのは
辛い時がありますが、
早朝から回れば快適ですし、

他にも、
青々とした芝生、雲一つない空など、
まさにゴルフシーズンといった感じですよね。

反面、冬はウェアを着込んだり、
飛距離が落ちたりといった特徴がありますが、
芝の影響が減るのは最大のメリットです。

今日は、そんな冬ゴルフならではの
スコアメイク法をお伝えします。

ポイントとなるのは、、、

続きを読む

ゴルフのモチベーションについて…

2018.01.15
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは、小原大二郎です。

きっとあなたが、これを読むのは
年末年始の休みボケを超えて
ちょっと仕事の雰囲気を取り戻してきたくらいでしょう。

今日は、小難しいスイング理論の話をしてもアレなので、、、
たまには違った話をしたいと思います…

それは、
ゴルフライブのメルマガ読者さんから頂いた
モチベーションについての質問について。

「思い返せば、2017年
 自分の成長がないように感じられた。

 今年は絶対に結果を出したいけれど
 限界を感じて、モチベーションがなくなってしまいそうです。

 どうしたらいいでしょうか?」というような内容…

続きを読む

【ビデオ】ショートパットは3つの「固定」で攻略

2018.01.12
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは小原大二郎です。

2018年も一週間近くが過ぎようと
していますが、お体は変わりありませんか?

ゴルフパフォーマンスでは、チラホラ
風邪を引いたなどの話を聞きますが、、、

そういう時こそ、食事・睡眠・運動(もちろんゴルフ!)
のバランスをしっかり整えて、健康に楽しくゴルフを
楽しめるよう、体調管理も頑張っていきましょう。

さて、、、

突然ですが、あなたは
パターで確実にカップイン出来ると
言える距離はどのくらいですか?

30cm?

60cm?

1m?

ゴルファーそれぞれ答えがあると思いますが、
1メートル以内は確実に決めていきたいと
考えるゴルファーは多いでしょう。

ショートパットの精度は、
そのままロングパットの精度にも直結しますので、
今回のショートパット攻略法は是非お見逃しなく。

ポイントは3つの「固定」です。

続きを読む

ロストボールは拾わないで

2018.01.08
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは、小原大二郎です。

あなたはラウンド中にロストボールを拾って使いますか?
それとも、使いませんか?

アマチュアゴルファーに統計を取った所
100以上のスコアで回るプレーヤーの8割が
ロストボールを普段使用しているそうです。

例えば、林に打ち込んだり
OBボールを探すついでに
ロストボールを見つけたら

「ラッキー!」

という感じで
次のホールでNEWボールとして
使用している方もいらっしゃると思います。

実は私もゴルフを始めたての頃はやっていました。
1ラウンドで10球なくしたりするような状況では
安いロストボールや、ゴルフ場に落ちていたボールを知人からもらうのはありがたいことだと思っていたのです。

しかし、、、
なぜ、ゴルフ諸先輩方はこのボールをくれたんだろう
自分で使えばいいのに、、、

今考えるとそう思ってしまいます。

いきなり結論ですが、
ロストボールをプレーで使うのは
さらなる上達を目指すなら、どこかでやめたほうがいいです。。。

続きを読む

【ビデオ】小原より、ゴルフ初めでやってほしいこと

2018.01.05
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは小原大二郎です。

改めまして、明けましておめでとうございます。
本日からお仕事始めの方も多いことかと思います。

今年も1年
ゴルフを楽しみながら
スコアアップを目指して頑張りましょう。

2018年第一回目の動画レッスンでは
昨年お伝えした、『合理的な100切りの方法』に習って

ミート率を上げる
肩から肩のベタ足スイングについて解説します。

フルショットに比べて、
一気に複数のミスが減り
飛距離のロスもほとんどありません。

私も、ゴルフを始めてたときは
振れば振るほど飛ぶと思っていました。

カッコよくフィニッシュを決めてみたり
左サイドで音が鳴るように素振りをしたり。

それも重要です。

しかし、スコアが現時点で安定していないとしたら
このミート率向上に注力をするのが

もっとも、スコアのばらつき無く打てる
スイングを身につける方法でしょう。

(注意:この練習は振り方の問題ではありません
    スイングの在り方の問題です。)


続きを読む