作成者別アーカイブ: 小原 大二郎

小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

やめてください

2019.06.17
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

どうやら今度のG20サミットで
大阪神戸付近で交通規制が行われるそうです。

6/27~6/30まで規制されるそうなので、
この時期にゴルフ場に向かわれる方は
早めにルート確認してくださいね。

さて、、、

私のメルマガを見てくれているあなたは
普通のゴルファーよりも勉強熱心で
エネルギーがあるゴルファーでしょうから、、、

今から、是非あることを
やめて欲しいと思っています。

それは、、、

「難しい」という言葉を使うことです

ゴルフはやることが多くて大変、、、
ドライバーの次はアイアン。その次は、、、
ナイスショットなのにバンカーか、、、

などなど。

確かにゴルフはやることが多く、
過程が良くても結果が保証される
わけでもありません。

私も長年ゴルフをしていますが、
ため息をつきたくなる瞬間もあります。

ですから、もしあなたが
現状維持が目的でゴルフをしているなら
どんな言葉を使っても構いません。

ですが、、、

現状を変えたい。
もっともっと上達したい。
ゴルフをもっと楽しみたい。

そして、自分に打ち勝ちたい…
そう思っていますよね?
(じゃないと私のメルマガなんて読んでないはず(笑))

であれば、、、

難しい、って言葉を使ってほしくありません

なぜなら「難しい」という言葉を発した瞬間に、
思考停止に陥ってしまうからです。

ゴルフというスポーツは
思考と決断と実行の繰り返しです。

その内の思考が停止するということは、
工場のラインを停止するのと同じで、
何も生み出すことがなくなってしまうのです。

「私もそれやりたいんだけど、
夜中にヘトヘトで帰ってきてから
やろうとしても難しいです。」

もし、何かしら有力な情報を手にした時、
こんなことを考えてしまっていたとしたら
それが思考停止という状態です。

難しいという言葉を使った瞬間に終わってしまうんです。
工場の生産ラインがストップしてしまうんです…

だから、、、
難しい、って言葉を使うのをやめましょう。

その代わりに、
「どうすればできるか?」
って言葉を使いましょう。

言葉が変われば思考が変わる。
思考が変われば行動が変わる。
行動が変われば結果が変わる。

「むずかしい」

その5文字の言葉には恐ろしい負のパワーがあるのです。
だから、使用禁止。

追伸

私は難しいなと感じる物事に
直面した時はとにかく

「ピンチはチャンス」

と心の中で呪文のように唱えています笑

追追伸

そんな中で、
実際にピンチをチャンスに変えて、
飛距離アップに成功したゴルファーがいます。

彼らは肉体的にも年齢的にも
決して恵まれているわけではなかったのに、
なぜ、飛距離アップすることが出来たのか…

今日までこちらで解説しています。

http://g-live.info/click/fdm1906/

【ビデオ】あなたのダフリ、腰から?足から?

2019.06.14
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

2週続けて状況別のアプローチについて
動画をお送りしました。

どちらの動画も多くの反響をいただきましたが、
やはり皆さんアプローチについて
とても意識をしていらっしゃるのがひしひしと伝わってきます。

3週続けて状況別アプローチ攻略法をお伝えする予定でしたが、
ここに来てふと、、、

「待てよ、いきなり攻略法ではなくて、
まずはスイングの基本について
お伝えするのが先じゃないか、、」

そんな考えが浮かんで来ました。

なので、ここからは何週か続けて
「ミスショットの改善」をテーマに、
皆さんのスイング基礎力を高めてもらえる動画を用意しました。

それでは早速いきたいと思います。

続きを読む

コースの「罠」にご注意を…

2019.06.10
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

じつは私、いくつかこのメルマガを
見てくださっている方達と
交流出来る場を設けています。

皆様のリアルな意見が聞けるので、
私もとても楽しく、時に勉強させていただいています。

さて、そこの投稿の中に
あなたのゴルフにも是非役立てて欲しい
お話がありました。

これに気をつければ、
いきなりスコアが良くなる
可能性も十分にありえます。

というのも、、、

ゴルフは準備が8割

まず、その時の投稿がこちら。

「昨日、ヤマハレディースオープン開催コースの
葛城ゴルフ倶楽部山名コースを、
初めてラウンドして来ました。

ヤーデージブックに載っている
2・5・12番ではOBと池ぽちゃで、
井上誠一氏の思惑通りに罠にはまりました

何とも精神的な弱さを痛感しました。

またトーナメントコースはどこもグリーンが難しく、
下りのパットを打たなければならない場所に
乗せてはいけませんね。」

この方はゴルフ歴も長い上に
実力もあるのですが、そういった方でも
コース設計を見誤ると騙されます。

なぜなら、ゴルフコースというのは
あなたを惑わそうとしているからです。

例えば、ティーグラウンドには
ティーマークが刺さっていますよね。

あのティーマーク、必ずしも
コースに対してまっすぐ刺さっている
というわけではありません。

むしろ、大体左右どちらかに
向いているので、うっかりすると
OB方向にアドレスしたりしてしまいます。

他にも、グリーンまでの残りヤード数を
教えてくれる杭はどのコースにもありますが、
あれが指し示す距離が、

・グリーン中央なのか
・グリーン端までなのか

これもゴルフ場によって
自由に決められるので、
むやみに信じてはいけません。

設計者の意図をくみ取る

ちなみに井上氏はゴルフコース設計者として、
多大な功績を残した人物ですが、じつは時代によって
コース設計自体のコンセプトが違います。

というのも、キャリア初期に手がけたコースは
木々をふんだんに使った伝統的なコースが特徴で、

「良いゴルフ場のコースってこんな感じだよね」

といったザ・ゴルフ場みたいな設計になっています。

そして、どんどん時代が進むに連れて
伝統の中にトリッキーな趣が入り始めて、
今回お話しているような葛城ゴルフ倶楽部は、

キャリア後期の設計になるので、
錯覚を駆使したクセのある設計になっています。

普段であれば、ここまで深く考える必要は
無いかもしれませんが、コースというのは
各ホール毎にきちんとした意味があります。

バンカー1つとっても、なんとなくで
配置されているわけではありません。

そういったコースとの対話を
していくのも、私はゴルフの
醍醐味であると思います。

是非、次にコースに行く時は
事前にコースレイアウトを確認して、
自分なりの戦略を立てて臨んでくださいね。

追伸

そんなコース戦略ですが、
目測で距離を測るのは
たとえ私であっても無理。

大体140yとは予測できても、
1の位までは不可能です。

だからこそ、
私はスコープに頼ります。

http://g-live.info/click/btpin1906_cs/

奇しくも今年からスコープの
使用制限が大幅に緩和され、
ゴルファーの使用率も右肩上がり。

皆さん使っていてとても便利とのことなので、
是非あなたもこの機会に手に入れてみませんか?

http://g-live.info/click/btpin1906_cs/

【ビデオ】4つのアゴ高バンカー攻略法

2019.06.07
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

先週に引き続き、
今週も状況別のアプローチ攻略法
お伝えしていきます。

先週はバンカー越えのアプローチショットについて、
「ロブショット攻略における3つのポイント」を
お伝えしました。

難しい状況での対処についてみましたが、
今回も非常に厳しい状況について見ていきます。

皆さんもきっとこの状況に陥り
「今日はもうダメだ、、、」
なんて思いをしたことがあるのではないでしょうか…

今回は
「アゴの高いバンカーショット」について
見ていきます。

この動画を見ていただければ、こんな過酷な状況も
難なく対処することが出来るようになるでしょう。
続きを読む

ゴルフが上達しない人の共通点5か条

2019.06.06
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

こんにちは、
小原大二郎です。

練習量はたくさんある。
ゴルフ歴は長い。
ゴルフへの投資は惜しまない。

なのに、なかなかうまくならない
という人っています。

そんな話をお聞きすると
私は
「ゴルフの練習って、楽しいですか?」と決まって質問します。

そうすると「いやー、とっても楽しいですよ。」
と答えが返ってきます。

小原「それはなんでですか?」
生徒さん「やっぱりドライバーや、アイアンで飛ばすのは面白いですから」

そう、ボールを打つのは楽しい。
飛ばすのも楽しい。

ですが、、、
「ゴルフの練習が楽しい」という時期って
実はあまり上達しないかもしれません。。。

なぜなら、ボールを打ったり
飛ばしたりする練習が楽しい
という自分の喜び重視の練習になってしまっている可能性があるからです。

最近ゴルフのスコアが全く変わらない。
練習だけはするけれども、
自分の上達が感じられないという方は、
今一度、読み直してみてください。

「鳥かごは上達しない」って思いますか?

あなたは鳥かごの練習場って行ったことありますか?

だいたい、打席のサイズが3mくらいの大きさの
練習打席のことです。

ボールはネットに向かって打ちます。

だから、ドライバーの球筋も
アイアンの飛距離も、ボールの転がりもわかりません。

こんな鳥かごの練習って上手くなると思いますか?

実は、上手くなるんですよねぇ…

特に東京は、こんな鳥かごの打席がたくさん増えてきています。

そして、私たちのゴルフスタジオも漏れなく
「鳥かご」の設計になっています。

広い練習場が立地上作れないということもありますが
「鳥かご」はゴルフ上達にとってとても理にかなった作りなので
特に、これを変えようとは思っていません。

普通のアマチュアゴルファーは、というと
この鳥かごを見て、こんな風に考えます。

「あまり上達しなさそう」
「球筋が見えないと練習にならない」
「そんな短い距離を打つことはない」
「面白くなさそう」

と、、、

いやいや、非常に言いづらいのですが…
私はゴルフの練習を楽しいものだと実は思ってません(笑)

楽しくなるように
ゲーム性をもたせたりすることはいいと思いますが

つまらない練習こそ、上手くなるんでしょ

と心の中で思っています。

・ただクラブを振るだけの素振りって楽しいですか?
・150yの練習場で30y、ボールの行方も見ずに打つビジネスゾーンって楽しいですか?
・練習場で、ティの連続打ちをして、ボールを飛ばさないの楽しいですか?

多分、楽しくないですよね、、、汗

だから、本当に上手くなる練習というのは
楽しくないのかなぁとおもいます。

「ボールを打って球筋を確認してどうだろう」
とチェックするのは、仕上げであって、応用の練習ですね。

大会に向けて練習している選手からしたら
一番最後にやることです。

ゴルフが上達しづらい人の共通点

・練習場は、距離が長ければ長いほど良いと思っている
・練習場では、曲がりを矯正して真っ直ぐ打って帰ることがゴールだ
・練習の5割以上がフルショットだ
・練習場では、ドライバーの練習が多い
・練習場で行うメニューが決まっていない

この共通点に該当する人で
今95~80台が出せていない人は
今の練習をみなおした方が良いと思います。

なぜなら、この共通点に沿って練習をしていればいるほど
ボールをより真っ直ぐ飛ばせなくなるからです。

それは、練習ごとに
スイングを見直してしまって
いつまでたってもスイングが固まらないからです。

では、どうしたらいいのでしょうか。

ゴルフライブ読者に、こっそり教えるゴルフ練習法

を秘密裏にシェアします(笑)

とにかく気合でボールを打て!
トラック1杯分のボールを打て!

なんていうのは冗談。

たくさん球をただ打てばいいというものではありません。
ずっと一緒に見てくれているコーチがいるならまだしも
練習場でたくさん球を打っても、ほとんど意味がない。

多少、今のクラブ・スイングでの距離感がつくくらい。

大切なのは逆で、無駄なことをせず、
自分がやるべきことを徹底的に絞って
それを徹底的にやること。それだけです。

大抵の人は今、練習場で起こっている自分のミスに敏感で
それをその場でどう解決するか、ということしか考えていません。

しかし、そのミスを1日で修正できたら苦労はしません。
それでは、普通うまくいきません。
中途半端なスイングを固めておしまい。

グリップも、スイングも、アドレスも、ボールの位置も
中途半端にいじって、ボールをなんとか真っ直ぐ飛ばそうとする。

練習場に行くと、毎回そんな練習になってしまうので
なかなかゴルフが上達しない。

ポイント:練習場で何をやるべきか?

それは、簡単なことで
スイングフォームを固める練習をしてほしいということです。

”ビジネスゾーン”です。

ゴルフってボールを前にするといきなり難しくなりますよね。
でも、それって綺麗にボールを打とうとするから。

自分が書いた、汚い字を目にするとちょっと嫌な気持ちになる。
ゴルフでもそんな心理を避けられないから
ボールを曲げられないし、ミスショットは打てないのです。

先程のアマチュアゴルファーの勘違い、

「練習場で、距離が長い練習場で練習する」
「ドライバーばかり練習する」
「フルショットばかり練習する」

というのはまさにコレ。

「キレイに、かっこよくショットを打つことが練習の目的になってしまっています」

そうではなくて、

「スイングを固める練習をする」

ということをゴールにしてみてください。
ゴルフをうまくなるために、こつこつ積み上げるのが練習。

そのためにも、
・短い距離の練習場、または鳥かご、自宅の庭、自分の部屋で練習する
・ボールを打たない練習量を増やす
・ビジネスゾーンの練習に取り組む
・自分のペースで練習する
・周りと自分のショットを比較しない
・ボールを打っても、出玉は気にしない

こちらがゴルフが上手になる人の共通点ではないかと思います。

最近、ゴルフパフォーマンスで
急速に上達している生徒さんの声があったので紹介をさせてもらいます。

たった5ラウンドで100切り、96のスコアを達成しています。

この生徒さんが偉いのは、練習がつまらないということを認めていて
認めながらもしっかりやっているところだと思います。


追伸:
まずは地道にショートゲームで
パターの練習から、、、と考えたあなた。

非常にセンスがいいと思います。

パターから練習を始める
パターがまっすぐ打てないのであれば
アプローチでも、ドライバーでも難しいからです。

そこで、私が出版した
パター書籍は、見ておく価値がありますよ。

http://g-live.info/click/opt_bk1809_r/

ちょっとプレゼント用にたくさん送ってと事務局にお願いしたら
そもそも、倉庫にもうあまり数がないみたいで、

インターネットの注文順ですよ、と言われてしまいました…(笑)
在庫が減ってきているそうなので、みなさんも気をつけてください。

[即実践OK]ベスト更新No1のプロに聞く上達の極意

2019.06.03
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

先日、お休みをいただいて
私が代表を務めますレッスンスタジオの
全員研修を実施しました。

この写真はベストスコア達成率No1を
達成した新宿四谷店店長の森崎プロと私。

DSC_0314

個人的にはもはや、自分の写真映りというより
筋肉がどんな感じになっているかの方が
気になっているここ数年間です。

さて、今日の本題は

「ベスト更新No1のプロに聞く上達の極意」

ということで、森崎プロと
以前話していた際に上達するゴルファーには
共通点があると言っていたのでシェアします。

このメルマガを見た瞬間から
使えるワザを中心にご紹介したいと思います。

そっくりそのままマネしてほしい
上達するポイント

まず、一番最初に上達する、
スコアという数字を減らすのに必要なのは

「意味のあるスイングをする」
ということです。

ゴルフはシチュエーション毎に
クラブを持ち替え、ボールを
打つ距離も違いますよね。

もちろん、慣れてくれば
反射的に使うべきクラブを
握ることはよくあります。

ただ、

・OBが多かったり

・予想飛距離から大幅に
 ショートもしくはオーバー

することが多いのなら、
今からなぜそのクラブを握って
そのスイングをするのか自問自答してください。

森崎プロと話していても

「どんな球を打つか決めているゴルファーは
 やはりアドレスの段階でわかりますね。
 そして、そういうゴルファーほど上達します。」

とのことです。
次に、

「ミスを恐がらない」こと

ゴルフにおいては

・ナイススイングでナイスショット
・ナイススイングでバッドショット

と、

・バッドスイングでナイスショット
・バッドスイングでバッドショット

の4パターンしか存在しません。

たとえ2打目でトップしたとしても
ものすごい勢いで転がって花道の
絶好ポジション…って経験ございませんか?

森崎プロがいる新宿四谷店に
印象に残る方がいらっしゃいましたが、
その方は普通なら心折れそうな大叩きをしても

「大丈夫。僕もう少ししたら100切るんで」

と笑いながら言い続け、最終的には
90前半までスコアを伸ばした方がいます。

ミスは誰でもしますが、何よりも
恐いのはミスの上塗りをしてしまうことです。

すぐに気持ちを切り替えるのが
上手な人は本当に上達します。

最後に。ゴルフは難しい

ゴルフをやったことのない方は
「簡単なんじゃないの?」とか言いますが、
簡単であれば私達は今苦しんでないですよね…

ゴルフは他のスポーツと比較した場合、
やはり自分の満足するレベルに
到達する道のりは長いと思います。

私はゴルフ以外に野球とテニスの
経験がありますが、これほどまでに
難しいと感じたことはありません。

ただ、難しいかわりに一つだけ
良いことがあります。

それは「どうすれば上達するか
どうすれば上達しないかが結構
データとして出ている」ということ。

トライ&エラーの数が多いぶん、
統計的に上達出来る方法、出来ない方法が
既に判明しています。

そして、私を含めレッスンをさせてもらっている
プロ達は、ミスした量なら負けません笑

ゴルフという難しいスポーツを
簡単かつ面白く、楽しくして
上達のお手伝いをするのが私達です。

シーズンもまだまだ始まったばかりですから、
今一度わからないことは私達に聴いてくださいね。

それでは、また。

追伸

そして現在、私が監修しました
3パット撲滅プログラム、

「マグネティックパッティング」

がキャンペーン中です。

というのも、私が愛用する上達器具
「ザ・レール」が生産中止になってしまいまして、
今ある分しか手に入れることは出来ません。

個数限定なので、お早めに
チェックしてくださいね。

http://g-live.info/click/mgp_1905/

【ビデオ】3つのポイントでアプローチが決まる

2019.05.31
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

先週まで、4週続けて
アイアンのミスを”一発で”
直す方法をお伝えしてきました。

この記事の最下部にまとめておきますので、
是非いざというときのために
目を通してみてください。

さて、ティーショット・アイアンと見てきましたので、
次に来るのはもちろん…

そう、アプローチです。

アプローチで重要なのは、
いかにその状況でのショットイメージができるか、
これに尽きると思います。

グリーン周りだと緊張して身体に力が入りやすいですから、
スイングイメージが明確になればなるほど
プレッシャーに強くなります。

ですので、3週続けて
状況別のアプローチ攻略法をお伝えしていきます。

続きを読む

[プレゼント付]新宿に新店舗をオープンします!

2019.05.27
obara小原

※メルマガの最後にささやかなプレゼントを
 ご用意していますので、是非ゲットしてください。

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

6月1日より、待望の新店舗が
オープン致します。

場所は西新宿のど真ん中といったところで、
高層ビル群もそばにあるような、
中々立地が良いところです。

スタジオの名前は「スマイラック」新宿店。

と言うのですが、、、
この名前にピンとくる方はスゴいです笑

実を言うと、個人的にはスマイラックという
屋号はとても思い入れのあるものなんです。

なぜなら、、、

続きを読む

【ビデオ】シャンクをコースで一瞬で直す方法

2019.05.24
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

前々回ぐらいのまでの動画で、
トップがダフリがラウンド中に連発してしまうときの
対処方法をお伝えしていました。

そして、ラウンド中に出ると
本当にイヤなもう一つが…

 シャンク

ですよね?
続きを読む

申込、締め切ります!

2019.05.20
obara小原

小原です。

例のコンテンツ、
プロジェクトトライブは
本日申し込みの最終日です。

※プロジェクトトライブの詳細はこちら

詳細はコチラ

このプロジェクトトライブは、

簡単に言えば、
コーチと生徒さんで1つのゴルフグループを
立ち上げて、楽しく皆とわいわいしながら、

スコアがどんどん良くなっていくという方法です

『自分で掲げたスコア目標を周りの力を借りながら自力で達成する』

というコンセプトを元に、
みんなで互いを高めあっていければと思います。

申込いただけないと詳細を
お伝えすることも出来ないので、
今日中にこちらに申込をしてください。

それでは、お待ちしています。

今すぐ申し込む

今から先着100名だけ募集します

2019.05.19
obara小原

小原です。

時間になりましたので、
「小原大二郎のプロジェクトトライブ」

例のコンテンツをシェアします。

まあ既に何度か言ってるので分かると思いますが、
今回の『プロジェクトトライブ』は

コーチと生徒さんでゴルフグループつくって、
みんなで協力して結果を出して、自分と仲間の
ゴルフライフを充実させていくプロジェクトです。

『自分で掲げたスコア目標を周りの力を借りながら自力で達成する』

という大前提の元に進行していきますので、今年こそゴルフの目標を達成したいと考えている方には、現状、かなり最高の話ではないかと思います。

と言っても、なにかすごい難しいことをするとか
そういうことではありません。

もちろん、いつもどおりプロジェクトに
参加される方にはプログラムをお届けします。

他にも、、、

・スイング診断をしたり

・ウェビナーをしたり

・お届けするプログラムを元に
 質問を受け付けたり

・私が普段どんなことを考えて
 スイングの再現性、向上を励んでいるか公開したり 

・今後開催されるコンペの優先案内をしたり

等々、

必要なコンテンツはおおよそ用意しました。

細かい話をすると・・

■ビジネスゾーンスイング・パーソナル・レビュー(月1回)

こういったサービスは、たくさんのレビューのご依頼をいただいても、チームの人数が限られているため対応することができないため、あまりご提供できていませんでした。ですが、限られたゴルファーの方には、ご提供させていただくことになりました。

レビューは1ヶ月に一度までとなりますが、動画をお送りいただいた日から2週間以内に、ご提出いただいたあなたのスイングにレビューして、お返しさせていただます。

また、レビュー内容は公開させていただくこともあります。ですので、伏せておきたい内容があるときには、その部分を隠した状態でレビュー依頼を出していただくようお願いします。

■プレミアムQ&Aサポート(無制限)

プレミアムQ&Aサポートでは、あなたの疑問や質問に直接お答えします。講座やセミナーを学んでいて、少し疑問が出てきたときはもちろん、なんでも気軽にプレミアムQ&Aサポートにご連絡ください。回数の制限はありません。ご質問をいただいた内容に合わせて適切な担当者から回答をさせていただきます。

こちらも毎月10日もしくは25日の締め日にさせていただきます。ご連絡いただいた後の最初の締め日から2週間以内にご回答させていただきます。

こちらのプレミアムQ&Aサポートご利用いただくことで、ちょっとしたことでつまずいてしまったりすることなく、より大きな成果をスムーズに手に入れていただくことをサポートさせていただきます。あとこれは予定ですが、同じような質問が多く重なった場合には動画で対応したいと思います。

また、こちらの問い合わせ内容につきましても、内容を公開させていただくこともあります。ですので、伏せておきたい内容があるときには、その部分を隠した状態でお問い合わせをいただきますようよろしくお願いします。

■ビジネスゾーン上級コース
 プロジェクト・トライブプログラム

ゴルフはミスのスポーツ。あなたも今自分の悩みに対して、どうすれば解決出来るのかと頭を悩ませていることでしょう。

ただ、そんなミスを直そうと思ったら、スライスはこの人の理論、ダフリはこの人の理論、、とかやってると、正直遠回りです。

であれば、統一された理論を使うことで圧倒的に
早く上達できると思い作成したのがこの
「プロジェクトトライブプログラム」です。

プログラムとしてはそれぞれ

・トップ100切り編

・スライス改善&飛距離アップ編

・シャンク編

・バンカー一発脱出編

の4つで構成されています。

なぜこの4つかというと、、、

■トップ100切り編

100切りが出来ないゴルファーの天敵は、
スライスでもなく、ダフリでもなく、じつは

「トップ」

なんですね。そこでビジネスゾーンでどうやってトップを改善出来るのか解説しました。

■スライス改善&飛距離アップ編

耳にタコが出来るくらい聞いてるかもしれませんが、
それくらい重要なのでもう一度言います。

スライスは直した方が絶対に良いです。

スライスが改善されると、飛距離もアップして
安定して90台に到達します。

それに90台から80台に到達する時には
必ずと言って良いほど「球の曲がり」に
悩まされる時が来ます。

ドライバーにせよ、アイアンにせよ
ゴルフはボールコントロールのスキルが求められるので、
この際に全部お伝えしたいと思います。

■シャンク編

シャンクを経験されたことのある方にはもうご存知だと思いますが、何度も出るあの忌まわしいシャンクの屈辱を、もう二度と味わいたくないと思います。それにシングルゴルファーになってもシャンク持ちって意外といるので、ゴルフをする上ではシャンクを避けて通れないでしょう。

シャンクの恐ろしさというのは、もちろん打ったボールがとんでもない方向にいくことでスコアをロスすることにありますが、私としてはシャンクの治療というよりは

「再発」の防止をメインテーマにプログラムを製作しました。

なぜなら、たまたま治った、自然と治ったと言うようなシャンクは必ず再発するからです。成り行きに任せるのではなく、きちんと対策をした上で二度とシャンク持ちにならないためにはどうするか、そんな話をお伝えしたいと思います。

■バンカー一発脱出編

「100切れそうだったんですが、バンカーで大叩きして無理でした…」

こういった話をよく聞きます。

特に攻めるゴルフをしていくと、グリーン周りのバンカーに
捕まる可能性もどんどん高まっていきますから、

平均して100を切ることが出来ないゴルファーにとっても、
バンカーの一発脱出というのは、大きなテーマと言えます。

そこで、私が普段使っている方法、
ケース別のショットなど
事例を豊富に撮影しました。

大叩きする可能性の高いバンカーを
これを機に攻略していただきたいと思います。

・・・ざっと、こんな感じです。

これでも、まだ6割くらいなので
もっとコンテンツがあります。

先着100名に当選された方にはより詳しくコンテンツ内容を記載したページをお送りするので、そちらを参照してくださいね。

価格について

さて、

ここまで読んでいてお気づきでしょうが、
当然ながら無料ではありません。

無料で案内しても、そもそも意識が低い人って
検証もしなければお伝えする内容も
まともに実践しないので教えても無駄です。

これは私がレッスン活動をしてきた頃から20年以上
同じ事の繰り返しを見てきましたので、
語る時間すら勿体ないのですが、事実です。

また、私自身がゴルフの勉強や
最新の手法には投資をしまくるタイプなので、

そもそもゴルフのやる気が皆無の人で、

練習しないで上達したい!って人は、
私と意見が合わないと思うんですよね。

そもそも論として、今回教える内容は、
私がかなりの時間をかけて、テストしている
検証結果発表でもありますので、

無料で教えてくれと言ってる人は、
価値を見出せてない意識の低い層でしょう。

そんなゴルファーに教える事は、
私はやりたくないですね・・・

他を当たっていただければと思います。

ただ、上達に熱心な人や意識が高い人から見ると、
今回の内容は、かなり価値が高いのが分かってるでしょうから、

絶対に参加したいという連絡も何件も頂いていますし、
決済ページはどこですかという人も何人もおりました(笑)

価値が正しく分かる人であれば、
こういう話になるのは当たり前です。

なので、改めて『無料で教える気はない』とはっきり言っておきます。
また、プロジェクトの期間としては8/30までを予定しています。

12ヶ月にしようかとも考えたのですが、それだけ長期間になると中だるみしてしまうので、自分の中で頑張る期間をきっちり決めたほうが上達します。

その上で料金をお伝えしますが、
49,800円でプロジェクトトライブに参加することができます。

先に言っておきますがこれ以上お支払いいただくことは一切ありません。

この料金についてどう思われたかは分かりませんが
ゴルフの悩み別に解説したDVDだけではなく、

現役レッスンプロによるスイング診断や
チャットワークによるゴルフコンサルティングが付いてこの価格です。

これが高いと思うなら今すぐこのページを閉じてください。
あなたの時間がもったいないです。

■誰でも参加できる訳ではありません

さて、ここまでざっくり値段も出しましたが、

それと同時に、勘違いをされないようにお伝えしておきます。

こちらのプロジェクトは、
『お金を払えば誰でも入れる』分けではありません。

前にも書きましたが、今さらノウハウを切り売りして
小銭を稼ぐ・・って感じでもないですし、
無理して稼ぐ必要もないんですよね。

そのため、今回の方法は本当に使ってほしいと
思ったゴルファーにだけシェアしたいと思いますし、

基準は、ゴルフに真摯に向き合って、
上達しつつゴルフライフを満喫したいい、
ある程度意識が高い人達にだけシェアしたいと考えております。

そのため、参加は完全に申告制で行います。

今回は5月20日までの募集です!

もっと内容を詳しく知りたいという方は
下のフォームにメールアドレスを入れてください。

申込された方にのみ、5月21日に【プロジェクトトライブ】についてのお知らせ
というメールで届きますので、ご確認ください。

ちなみに申込自体は無料で行う事ができますが、
申込者が先着100名になった段階で一旦締め切ります。

申込フォームはこちらから。
では、また。

今すぐ申し込む

先着100名だけに例のノウハウを公開します

2019.05.18
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんばんは、小原大二郎です。
昨日こんなアンケートをとってみました。

「凄い方法を見つけたんだけど興味ありますか?」

https://g-live.info/?p=37270

ざっと説明すると、

コーチと生徒さんでゴルフグループつくって、
みんなで協力して結果を出して、自分と仲間の
ゴルフライフを充実させていくプロジェクトです。

今つくってるどのグループも、
ざっくり平均3打はスコアがよくなっていますね。

このコミュニティを私は
「プロジェクトトライブ」と呼んでいるのですが
詳しくは上のリンクをクリックして読んでください。

ただ、昨日もお伝えしましたが、プロジェクトトライブでは、

『自分で掲げたスコア目標を周りの力を借りながら自力で達成する』

というのが大前提です。

なので、みんなでシングルになろう!
ってスタンスでもなく、お互いの意思を尊重して
ごく自然に、ふわ~と上げていきます。

それで、昨日アンケートで興味があるかどうかを聞いて、
どれくらいの方が興味あるの確認してみたところ

結果として『52件』
※昨晩20時時点

結構、みなさん興味を持ってくださったみたいです。

それ以外にも私に直接聞いてくださってくれる方とかが
いらしたので、気にしてくれているのかなと嬉しく思います。

なので、約束通り今回の手法は一般公開することにしますね!

今回は普段ではビジネスゾーンゴルファー同士が
交流を図れる場を作るだけではなく、
私が実際にスコアを良くする過程で使っている方法から、

ビジネスゾーンのより詳しい活用法や
いただいた悩みを解決していくウェビナー等、
色んなコンテンツを作っています。

ただ、私がこうしてくださいねと
一方的にお伝えするのではなくて、
学んだ「その後」を大事にしていく。

そんな内容に興味を持ってる人も多かったので、約束通り公開します。

・・・が、

ここまで書いてふと思ったのが、
感度の低い人達に教えたくないって
気持ちも同時にあるんです。

要は知りたいだけ!とか
タダで情報だけちょうだい!みたいな
レベルの低い話をしたくないんですよ。

実際、私が今連絡を日々取り合っている
グループはみんなで上達していくぞー
みたいな感じでやってますし、

もちろんスコアがここ数ヶ月で着実に減ったりと凄いですが、
そうじゃなくて、自分と同じ上達に悩むメンバーの事を
ちゃんと考えてる志が高い人に共有したいと思ってます。

要は、紳士のスポーツであるゴルフを嗜む
ゴルファーらしく、ちゃんと自分の周りの人達も
幸せにして、その結果としてスコアも手に入れましょう。

という、普通のゴルファーなら当たり前のような、
しごく真っ当な感覚の人にだけシェアしたいんですよね。

ゴルフってそうじゃないですかね・・。

至極真っ当な感覚の人にシェアすると、
ちゃんと結果出すし、関わってる人もどんどん良くなるし、
教えたかいもあったなって思いますが、

そうじゃない人に教えると、
全然違ったやり方をするし、
見当違いのことをし始めるんですよね。

ちなみに、先に一部教えた人達からは、
公開しないで~~というメッセージも多くいただきました(笑)

まあ、最近私も自分のやってる事を
無理してまで教えるって感覚ではないです。
(スタジオのコーチ達がとにかく優秀なので…)

それで頑張ってノウハウを切り売りして、
小銭を稼ごうみたいな感覚もありません。
(それでは私もあなたも幸せになりません)

そこで、今回のプロジェクトに関しては、
申込制にして、連絡をくれた人にだけシェアします。

申込自体は簡単なもので、フォームに
連絡先を入力してくれるだけでOKです。

ただ、プロジェクトの詳細は申込者にしか送りませんし、
誰にでもノウハウをシェアするつもりはありません。

申込受付は明日16時よりメルマガで公開します。

尚、こちらは先着100名で閉じます。

当たり前ですが、だらだら募集をして
後から参加しますみたいな人に、メソッドを教えるのは
待っていてくれた方に申し訳が立ちません。

さらに、再募集もする予定は、今回まったくありませんので、
間に合わなかった~という話もスルーします。

明日16時、しっかり待って内容をご確認ください。

それではまた!

[初公開]スゴい上達手法みつけました

2019.05.17
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

今日は動画レッスンの日なのですが、
急遽予定を変更してあなたにお伝えしたいことがあります。

というのも、ここ数ヵ月、上達に関することで
ずっとある事をテストしていたのですが、
結構上手くいってるんですね。

簡単に言えば、
コーチと生徒さんで1つのゴルフグループを
立ち上げて、楽しく皆とわいわいしながら、

スコアがどんどん良くなっていくという方法です。

数個グループを立ち上げてみて
小規模な数人くらいのグループや
100人くらいの大規模なグループでも、

今のところ同じくらいスコアアップしています。

私はこれを「プロジェクトトライブ」
と名付けて、今運営しています。

ちなみに、プロジェクトというのはそのままですが、
トライブとは「部族」という意味でして、

コーチと生徒さん、生徒さんと生徒さんといった
ゴルファーとしての繋がりや交流を介して
スコアアップを目指す。といったことをやっています。

ただ、まだ初めて数ヵ月程度ですし、
全てが分かったわけでもありませんが、
やってよかったな。と思う点がいくつかあります。

続きを読む

最高のゴルフ上達環境を手に入れる方法

2019.05.13
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

「今すぐ鼻を触ってみてもらえますか?」

こう言われて触れない人って
果たしているのでしょうか?

あなたも今思った通り、
最低でも99%の方は確実に
難なく達成出来ると思います。

なぜか?

あまりにも簡単過ぎるからです。

そして、今鼻を触ることが出来た
あなたはおめでとうございます。

上達への道は確約されたも同然です。

今日はなぜ私がこんなことを
言い始めたのか、もちろんゴルフと
絡めてお話したいと思います。

続きを読む

【ビデオ】スイングの安定性

2019.05.10
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

2週に続けて、トップ・ダフリが
ラウンド中に連発してしまうときの
対処方法をお伝えしました。

ご覧になっていただけたでしょうか?

状況に分けてお伝えしていますが、
コースでなにか特定のミスが出るというよりも
様々なミスが出てしまうこと
もあると思います。

時にはシャンクしたり、時にはダフったり…

そういうときはスコアも大きく崩れてしまいますし、
気持ち的にもとても苦しいですよね。

どうすればいいか
わからなくなってしまうこともあると思います。

こんな状況を少しでも良くするためには
どうしたら良いのか?

実は、あるポイントを意識するだけで
これらのミスを減らすことが出来ます。

その、意識すべきポイントが
こちらです。

字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックし、[日本語]を選択すると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[なし] を選択します。

ベタ足スイング

ベタ足スイングの一番のメリットは
「スイングが安定すること」です。

身体の動きにばらつきがなくなり、
スイングの再現性も上がります。
結果的にミート率が上がり

ミスに強くなります。

ベタ足スイングをする際に
特に注意していただきたいのが、右足です。

飛距離を出そうとして力が入ると、
インパクト時に右足が上がってしまいやすくなります。

しかし、右足が上がると

・左肩が開き
・スウェーしやすくなり
・体が伸び上がりやすくなる

こんな問題がおきてきます。

これらがミスに繋がる場合がとても多いです。

足が上がらないように、狭い振り幅から
徐々に振り幅を広げて素振りをしてみるのが良いでしょう。

是非、ミスが続く際には
試して見てください。

小原大二郎
 

<本日のオススメ>
もしあなたが、ドローボールを打ちたいなら…
それも飛距離が30~40yも伸びてしまう
圧倒的なドローボールが打ちたいなら・・・

このプログラムは
あなたのためのものです。

詳しくはこちら