最近のブログ

「飛距離とスコアは無関係」はウソ!

2019.10.19
服部hattori

From:服部コースケ
都内のゴルフスタジオより、、、

おはようございます、
服部コースケです。

「スコア重視なら飛距離アップより
 パターやアプローチの精度ですか?」

今週飛距離アップレッスンをさせていただいた
ある生徒さんからの質問です。

彼はゴルフ歴20年のベテランゴルファーで
最近飛距離が落ちてきたことを気にして
私の飛距離アップレッスンを受講してくれました。

しかし、
飛距離アップレッスンを受けていることを
ゴルフ仲間に話したら

「この歳でスコアを縮めるには
 パターとアプローチの練習しかないだろ」

「シニアで200y飛ばないのに
 シングルでまわる人もいっぱいいる」

と言われ、何も言い返せない
なんてことがあったらしいです。

私はそれを聞いて
「そんなことはない!」と
少し食い気味に返してしまいました。

誰であれ、飛距離が伸びれば
必ずスコアも縮まります。

確かにスコアアップ重視なら
ドライバーの練習より、
パターやアプローチの練習のほうが効果的

こんなイメージをお持ちのゴルファーが
とても多いと思います。

今日はそんなイメージを壊すような
お話をしていきますね。

20y伸びれば何打縮まる?

ドライバー平均200yのゴルファーが
20y飛距離をのばしたとしたら
スコアは何打縮まると思いますか?

答えは、、、

1ラウンド平均5~6打です。

1ラウンド平均ですよ、
かなり縮まりますよね。

20y伸ばすことは簡単ではありませんが、
飛距離がスコアに関係することは事実です。

ティーショットでできるだけ遠くに飛ばせれば
セカンドショット、アプローチの選択肢が増え
難易度も下がってくるでしょう。

また意外と忘れられがちなことが、
ドライバーの飛距離アップ練習をすると
ドライバー以外の飛距離も伸びること。

短いクラブの飛距離が伸びれば
精度が良いクラブでボールを遠くまで運べます。

今まで考えることもできなかった
コース戦略が可能になるのです。

これはとても大きいメリットですね。

そんなことから飛距離アップは
スコアにとても有利であると言えます。

スコア重視の練習をしたいと考えるなら
なおさらドライバーの練習も欠かせません。

飛距離を諦めたらそこで終わり

しかし残念なことに、、、

なにも対策をしていないと
年齢とともに飛距離は落ちます。

それを受け入れたり諦めたりするのではなく
コーチのアドバイスを聞いて、
これ以上落ちないようにするのが得策です。

今回私のレッスンを受講してくれた生徒さんも
とても賢明な判断をされたと思います。

どんな年齢のゴルファーでも、
遠くに飛ばせればそれだけ有利です。

例えば定年退職後にシングルを目指すとしても
アプローチやパターの練習だけでなく
ドライバーの練習も必須でしょう。

飛距離が落ちればそれだけ
シングルまでの道も難しくなりますから…

飛距離というのは
諦めてしまったら下がる一方です。

特に練習をせずに
維持できるものではありません。

飛距離がジリジリと落ちてきてしまっては
スコアもだんだん落ちてしまうでしょう。

でもそこで諦めたら終わりです。

どんな状況からも
飛距離を伸ばす方法は必ずあります。

ぜひ諦めることなく、
いつまでも上を目指してくださいね。


服部コースケ




<本日のオススメ>

今日のメルマガ内容とたまたま被ったのですが、
私の飛距離アッププログラム
「マスタードライブプログラム」が

ゴルフライブ決算キャンペーンとして
ぴったり半額で販売中でした。

このプログラムは3ヶ月以内に
70代以上の飛距離に悩むゴルファーへ
250yのビッグドライブを手に入れていただく
とても人気なプログラムです。

同世代が憧れるような
ドライバーショットを手にする覚悟ができたら
こちらのページをご覧ください。

https://g-live.info/click/md1910/

※明日までのキャンペーンのようです。お急ぎ下さい。

【ビデオ】上達が早い人の特徴

2019.10.18
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

2週続けて、ゴルフを上達させる為の
心構えについてお伝えしました。

そんな中で頂いたメッセージの中に、

「今までスイングを良くしたいと願うばかりで、
なんとなく練習場に通ってなんとなく打ち続けていた気がします。

具体的なイメージが出来ていなかったことに気づきました。」

というご意見がありました。

まさにこれが私のお伝えしたかったことです。

上手くなりたい!
ひたすら練習だ!

と思うのもわかります。

しかしそれが、

〇〇が上手くなりたい!
そのために〇〇の練習だ!

という思考に切り替わるだけで
上達のスピードが格段に上がります

今週の動画では、そんな上達に必要な考え方を
簡潔にわかりやすくまとめてあります。

復習にもなりますので、
是非ご覧ください。

以前お話しましたが、
上達しない、成果が出ない方というのは、
どこかやり方を間違えてしまっていることが多いです。

言い換えれば、その「間違い」さえ見つけてしまえば、
変化し、上達することが可能になるのです

まずは「どうなりたいか」を思い浮かべ、
そのために「何をしなければいけないのか」
考えて見て下さい。

そうすることが、
あなたの目標へ向かう近道となるでしょう。

何をすればいいかわからない、、、
そんな方へ

ゴルフは奥が深いスポーツです。

いろいろな雑誌を見て、、、

いろいろなノウハウを試して、、、

しかしどれも上手く行かず、
ゴルフが楽しめなくなってしまう方が多くいます

そんな悩みを解決してもらいたいからこそ、
「ビジネスゾーン」という確立した理論を元に
メルマガを書いたり、状況に合わせた教材を作っています。

是非、有効活用して下さい。

追伸

月曜からキャンペーンをしているプログラムが
とても好評だと聞いています。

もしあなたが、グリーン周りで

・アプローチが苦手だ

・いい位置につけたのに、
 ミスショットでショートorオーバーが連発…

・アプローチの精度が悪くて、
 3パット・4パットを連発してしまう…

そんな悩みを持っているのなら…

このプログラムを試してみて下さい。

アプローチの技術を飛躍的に向上させ、
スコアアップに直結するでしょう。

今なら私のメルマガ購読
サンキューキャンペーンとして
39%OFFの特別価格で販売しています。

是非、この機会に手に入れて下さいね。

詳細はこちら

小原大二郎

【LINE】これからの季節のアプローチ

2019.10.17
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、



こんばんは、小原です。

ここ最近急に冷え込んできましたね、
お昼時ですらセーターを着て
丁度いい感じです。

季節の変わり目といいますか、
気温がガラッと変わってきたので
体調に気をつけて過ごしてくださいね。

さて、今週のLINE友だち限定、
Weekly動画レッスンですが、
これからの時期にぴったりな
動画を見つけてきました。

「冬場のアプローチを成功させる方法」

あなたは季節による様々な変化を
気にしてゴルフしていますか?

夏と冬のアプローチ、
気をつけるポイントがガラッと違うのを
ご存知でしたか?

動画の結論からいいますと、
打ち方を改善することはもちろんですが
クラブ選択を変えるだけでも

冬場のアプローチをより安全に
確実に寄せることが可能になります。

このような、単純なスイングスキルだけでなく
ゴルフの時期的な知識を身につけることで
賢くスコアアップしていくことも可能です。

少し古い動画ですが、
ぜひ参考にしてみてくださいね。




冬場になると芝が薄くなり
インパクトでのバンスの当たり方が
全くかわりますから

クラブ選択というのは
夏場に比べても非常に重要になります。

特にアプローチがあまり得意でない方は
この冬場の硬い地面を上手く、
利用しなくてはいけませんね。

ビデオで紹介したように
ウェッジのバンスを上手く使って

硬い地面でも巻けずに
ピンへ寄せられるよう
試してみてくださいね!


そして、重大発表!

クラブ選択はもちろんのこと、
アプローチの基本のチェックは
あなたのスコアアップに欠かせません。

もしあなたがザックリやトップに
常日頃から悩まされているなら
オススメの練習法があります。

https://g-live.info/click/lstep_app1910/

このプログラムを実践することで、
あなたのアプローチ技術は大幅に向上し
今日紹介した季節的な面も気をつけることで

今年の秋から冬のゴルフシーズンにかけて、
あなたのベストスコアを
更新できるかもしれません…

今日から私のメルマガ購読
サンキューキャンペーンとして
39%OFFの特別価格で販売することにしました!

3大特典安心の90日返金保証
お付けしているので、
お試し感覚で実践してみて下さい。

プログラムに納得頂けなければ
すぐに返金させていただきます。

でも逆に言い換えると、
それだけこのプログラムには
自信があります。

アプローチに苦手意識がある方は
今すぐこのプログラムを試して下さい。

https://g-live.info/click/lstep_app1910/



小原大二郎

フィッティング、敷居が高いと感じる人へ

2019.10.17
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日は、
 

 「フィッティング、敷居が高いと感じる人へ」
 

ということで、お話ししたいと思います。 
 

以前にも似たことは再三お伝えしているんですが。。。

お客様との接客の中で、やはり何度でも
お伝えする必要がある話だなと思いましたので、
今回も取り上げます。

まず、これをお読みのあなたに質問です。

フィッティング、敷居が高いですか?

お客様から、下記のような質問をいただきました。
 

> フィッティングには今まで行ったことがありません。
>
> ですので自分でクラブを選んでいますが、
> クラブを選ぶときにはファクターが多すぎて
> 結局見た目やフィーリングで選んでいます。
>
> 一番の優先順位は
> 自分のお財布に合うかどうかでもありますが…
>
> けれど、ゴルフを始めたいという知人には、
> まずは良い道具を揃えなきゃと言っています。

 

うーん。。。なるほど。
 

知人の方には道具は良いものを揃えてと言うくらいですから、
このお客様の場合は「道具が大事」ということは
わかってくださっているんだと思います。
 

ですが実際、自分で選ぶときは
見た目やフィーリングで選んでいるので。。。

きちんと合うものを選べているのかあまり自信がない、
といったところでしょうか?
 

正直、フィッティングは
あなたに合うクラブを「フィッター」が選ぶから
フィッティングなのであって。。。

プロのフィッターでないかぎり
自分で選ぶことはフィッティングとは言いません。
 

このお客様の場合、ファクター(要素)が多すぎて
クラブが選べないとおっしゃっていますが、

普通はフィッターでもない限り、自分の必要なものを
そこまで深く理解している必要はありません。
 

ですが。。。だからこそ、

フィッティングを受ける必要があるんです!

まずそこを、ご理解いただきたいのです。
 

そして。。。冒頭の質問に戻りますが、
今回質問されたお客様みたいな方というのは
 

 「フィッティングって敷居が高いから行きたくないな」
 

と、思っているのではないでしょうか?
 

そしてそもそも。。。
 

フィッティングを受けたことがない方にとって
このフィッティングは、どんなイメージなんでしょうか?
 

もしかしたら、ゴルフ雑誌でよくやっている
「試打レポート」みたいな感じなんでしょうか?
 

あるいは。。。
 

自分もフィッティングの中身をしっかり理解していないと
フィッティングに行っても意味がないと思っているのでしょうか?
 

ハッキリ言って、その必要は全くありません。
 

 「あれ? フィッターさんに見てもらったらなんか当たる!」

 「お、なんかコレ、打ちやすい気がする?」

 「え、なんでなんで???」
 

その「なんで?」は、フィッターの説明を聞いて
理解していただければよいだけで。。。
 

まずは気軽にフィッティングを
受けていただければ良いと思っています。

あなたに損は、させません

もう一度言いますが、フィッティングを受ける側が
自分の必要な要素をわかっていなくても問題はありません。

そのファクターをきちんとあぶりだして、
一番お客様に合うクラブをご提案するのが
私たちフィッターの仕事ですので。。。
 

ですが最近は「フィッティング」という言葉が
なんだか独り歩きをしていて、
 

 真のフィッティングとは、どういうことか?
 

ということが理解されていない気がします。
 

 「え、持っているクラブを調整してくれるのが
  フィッティングなんじゃないの?」

 「次に買うべきメーカーのクラブを
  教えてくれるんだろう」

 

と思われてる方も、多いのではないでしょうか?
 

あるいは、よくあるメーカー量販店の試打会を
フィッティングと呼んでいることも、あると思います。
 

「フィッティング」という言葉はよく聞くけど
実際のところはよく知らない。。。
 

そんな気がしてしまいます。
 

もちろん、自分たちもフィッティングにいらした方には
ゴルフクラブのご提案をさせていただいていますし、

自分たちが提供しているフィッティングは
基本的にそれ自体が、有料でのサービスです。

ご提案させて頂いたクラブを購入していただいた場合
さらにお金もかかります。
 

ですが、自分たちのフィッティングは
ゴルフスタジオに併設されていることもあり、

ゴルフクラブを売ること自体が目的ではなく
あくまで最大の目的はお客様のゴルフ上達です。
(そのため「押し売り」はしません。繰り返しになりますが)
 

ですのでもし、自分の使っているクラブに
少しでも不安を感じているのであれば。。。
 

まずは一度、気軽にフィッティングにいらしてください。

絶対に後悔しない、損もしない
必ず価値のあるチャンスとなるでしょうし。。。

あなたのゴルフの「世界観」が
変わってしまうまたとない機会となることでしょう。

「チーム徳嵩」フィッティング

ということで、
 

 「あなたのゴルフの世界観を一変する」
 

あなたに最適のクラブをご提案させていただく
「ゴルフパフォーマンスのフィッティング」は。。。
 

 ・あなたのクラブに対する疑問、悩みをお聞きして

 ・あなたの現状を診断・分析して

 ・その解消する適切な方法、そしてクラブをご提案
 

させていただいています。
 

枠数が少ないのですが、
今なら少しだけご用意することが可能です。

詳細はコチラをクリック!
 

東京千葉大阪
各3店舗でお申込みいただけます(東京の残枠は少なくなっています)。

日程の決定につきましては、
こちらのお申込みだけで予約確定ではありません。
後日、担当者から連絡が行きます。

そこでのやり取りの上での日程確定となりますので、
その点、あらかじめご了承ください。
(必ずご連絡は行きますので、ご安心ください)
 

繰り返しになりますが、
ゴルフパフォーマンスのフィッティングは有料で、
かつ、ゴルフクラブのご提案もさせていただきますが。。。

必ず購入していただく必要は全くありませんので
どうぞご安心してご来場ください。

この機会にぜひ、下記よりお申込み下さい。

詳細はコチラをクリック!

追伸:ビジネスゾーンって知ってますか?

そして、この場でも再三申し上げているように
フィッティングと同時に身につけてほしいのが

 「ビジネスゾーンスイング!」

これが、フィッティングとの車の両輪です。

もしあなたが、ビジネスゾーンスイングについて
よくご存知でないのであれば。。。

コチラでは「メールマガジン読者特別価格」で
ご案内していますのでぜひ、チェックしておいて下さい。

詳細はコチラをクリック!
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

【ビデオ】私が平均30パットを切るためにしたこと

2019.10.16
kondo

From:近藤雅彦
神田のドトールより

おはようございます、近藤です。

突然ですが、あなたのパット数は
平均どれくらいですか?

もしあなたが100切りを目指しているなら
平均パット数2以下、1ラウンド平均パット数37以下を
1つの目安としてラウンドしてみてください。

というのも、
パット数はスコアに
大きく影響してきます。

特に100切りを目指している
ゴルファーにありがちなパターンで

ラインを読むのにあまり時間をかけたくない
という気持ちの現われか、
こんな感じかなと適当に打ってしまう
なんてことがよくあります。

ファーストパットが寄らず、
さらにショートパットを外して3パット
なんて経験もあるのではないでしょうか?

これをどうにかしないと
平均パット数2は切れません。

100切りを目指しているゴルファーは
ドライバーの飛距離も方向性も
ある程度は安定してきて

たとえフェアウェイキープできなかったとしても
正しい手順でボギーかダボのペースで
グリーンオン出来ると思います。

そこで大事になってくるのが
パッティングの正確性

今日のメルマガでは、
先週同様に9月のコンペ時の
パッティンググリーンでのレッスンと

パッティングの正確性を上げる
とっておきの練習方法について
コンペ参加者との会話を交えてお伝えします。



スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



いかがでしたか?

この動画の内容は、
コンペ参加者に対してのアドバイスですが

他人のスイング、他人の練習風景を見て
そこから学べることも沢山あります。

本音を言ってしまうと
テレビなどに写っているプロのスイングを見ても
真似できる部分って、実は少ないんです。

100切りを目指してゴルファーにとって
プロのスイングは異次元ですからね。

それとは反対に、
同じスコア帯のゴルファーの
スイングや練習風景は
とても勉強になります。

きっとあなたも
普段ラウンドしている仲間に対して
指摘することがあるのではないでしょうか。

そうやって気づくことはとても大事です。

でも、それだけで終わりにしないで下さい。
あなたが指摘したい部分、
あなた自身はしっかりと出来ていますか?

そこまで確認することが、
「他人のスイングから学ぶ」
ということなのです。

そういう観点を大事にしながら、
この動画を見てくださいね。



そしてこの動画の中で3人目の方と
「ザ・レール」について
お話させていただきました。

「ザ・レール」は
パターの練習器具の中で
最もオススメの練習器具で、

この練習器具のおかげで私もパット数を
1ラウンド平均30前後まで
減らすことが出来ました。

ぜひお持ちの方は毎日継続して、
そして動画内で紹介している
私の練習方法を真似してみて下さい。

まだお持ちでない方は本当にオススメなので
ぜひ手に入れて下さい。

といっても今ゴルフライブでは
ザ・レールのキャンペーンを
行っていませんでした…

しかし、この記事を書くにあたり
小原プロに無理を言って
お願いしてみたところ

ザ・レールが特典で付く
小原プロのパッティグ練習プログラム
『マグネティックパッティング』を

私のメルマガ読者限定で
17個だけ販売していい
と回答をいただきました!

https://g-live.info/click/therail1910/

在庫の関係でこれ以上は出せないらしいので、
まだ手に入れていない方は
今すぐ手に入れてくださいね。

これ本当におすすめです。

1 / 75112345...102030...最後 »