作成者別アーカイブ: 服部 公翼

服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

【ビデオ】この下半身の使い方で20yアップ

2017.09.24
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

少し前に飛距離アップで
一番大事なのは下半身だ
というお話をしましたが

下半身を効率的に使って
ヘッドスピードを上げて
飛距離を伸ばす方法を紹介します。

・ジャスティン・トーマス
・ローリー・マキロイ

最近のゴルフ界で飛ばし屋
と呼ばれるプロ達にはある共通点があり
この打ち方をしている選手がとても多いです。

この打ち方では
インパクト時に身体が
起き上がらないようにすること。

前傾角度をキープすることを
常に意識してみてください。

この身体の使い方をマスターできれば
下半身を有効に使えるので必ず飛距離は伸びてきます。

まずは素振りで練習し
慣れてきたらボールを使って
実際にスイングしてみてください。

理想の飛距離アップを実現させ
楽しくらうんどしていきましょう。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

<本日のオススメ>

片山晋呉、諸見里しのぶ、上田桃子  
らトッププロを一流ゴルファーに導いてきた

伝説のゴルフコーチ
“江連忠”氏

江連コーチが語る
ゴルフで大切な「たった2つのもの」

その2つを知ることで
あなたのゴルフの成長速度は急上昇していきます。

ゴルフ界の最前線を
24年間見続けてきた江連コーチ。

そこで身につけた上達の真髄を
期間限定で初公開しています。

http://g-live.info/click/ezrestart170921/

↓こんな時あなたならどうする?

2017.09.17
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

突然ですが実は私
かなりの負けず嫌いです。

最近でこそなくなったものの
昔は自分が思うようなショットを打てなくて
他人が少しでも良いショットを打とうものなら
目を真っ赤にして悔しさを露わにしていましたから、、、

そんな私ですがあるときを境に
人のプレーを全く気にしなくなりました。

人の結果は自分ではコントロールできない
自分にできるのは今できる最高のゴルフをすること。

そう思えるようになったのです。

憧れていたタイガー・ウッズの影響です。

ここで一つ質問です。

“相手がパターを外せば自分の優勝が決まる場面”

あなただったらどんな気持ちで
このパッティングを見守りますか?

              

タイガー・ウッズ

2005年のアメリカンエクスプレス選手権
での出来事なのですが最終日のプレーオフ
相手がパターを外せば自分の優勝が決まる場面。

タイガー・ウッズはこの時本気で「入れ」
と相手のパターが入ることを祈ったそうです。

私はこの話を聞いて
「なんで?」と思いました。

相手がこのパッティングを外せば
その瞬間自分の優勝が決まるんですよ。

その理由を私には
理解することはできませんでした。

ではなぜウッズはこの時
「入れ」と祈ったんだと思いますか?

それには2つの理由があったんです。

           

2つの理由

もしもこの時ウッズが「はずせ」と
強く祈って相手がそのパターを決めてしまったら

ウッズは強く落胆することになります。

その落胆が次のコースで
与える精神ダメージはとても大きい。

だったらはじめから「入る」
と思っていた方が精神的に楽だ。

仮に入ったとしても、
自分の希望がかなった。

人の成功を喜び人の不幸を喜ばない
フェアプレーの主として次も落胆することなく
結果として落ち込むこともなく正々堂々と戦えるのです。

この話を聞いて私は
イライラしたり悔やんだり
精神を安定させることができないことは

ダフリよりトップよりスライスより
遥かに大きなミスショットだなと感じました。

ゴルフにおいては精神を一定に保つことも
スイングやパッティングと同じ技術だということです。

          

セルフイメージを強く持つ

実はウッズが「入れ」
と祈ったのはもう一つ理由があるそうで

そのことについてウッズはこう語っています。

「私は常に世界最高峰の
プレーをする自分をイメージしている。

だからこそ自分のライバルにふさわしい相手
ならこんなパターは決めて当たり前なんだ。」

この力強い言葉から
ウッズの強いセルフイメージが感じられます。

セルフイメージとは自分自身が
思い描いている自分のイメージのことです。

自分は飛ばし屋であって
飛ばしに関してはだれにも負けない。

これが私のセルフイメージです。

実はセルフイメージを持つことは
ゴルフをしていく上で大きな武器になります。

毎日イメージしていることが
潜在意識に刷り込まれて現実になりやすくなる。

分かりやすく言うと
こんな話があるくらいです

“病気とは何の関係性もないビタミン剤を飲んで
治ると強く思い込んだことで癌が完治しました。”

俺は飛ばし屋だ
僕は寄せの達人だ
私はパターの名人です。

あなたがなりたい自分の
セルフイメージを強く持ちましょう。

そうすることで
理想のゴルファー像に近づくことが出来ます。

あなただけの良さを伸ばし
どんどんスコアアップさせていってください。


<本日のオススメ>

年齢とともに
飛距離が落ちてきたあなたへ…

ほとんどのゴルファーが
意識をしていない「あるモノ」
を使うことであなたの飛距離は戻ります。

どれほど飛距離が戻るのか
実際に体験してみてください。

「あるモノ」とは一体何か?
期間限定で公開しています。

http://g-live.info/click/okstab170914/

飛距離アップに一番重要な筋肉は?

2017.09.10
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

「服部さん飛距離を伸ばしたいです、、、」

本当に多くの生徒さんから相談されることですが
「そのためにどうしたら良いと思いますか?」
と聞くと大抵の方は下のどちらかを答えます。

・練習してとにかく技術を磨く

・最新のドライバーを買う

確かに2つとも飛距離アップには重要ですし
必要なことですが優先順位は1位ではありません。

飛距離がほしいと思って今すぐに
あなたが取り組まなければいけないこと

それは、、、

「筋力トレーンングです。」

飛距離は掛け算です。


技術✕筋力✕道具=飛距離
 

これが飛距離になります。

つまり筋力トレーニングを行ったほうが
はるかに早く目標飛距離にたどり着けるのです。

「筋力トレーニングっていっても
どんなことをしたらいいかわからない、、、」

そんな方も大勢いらっしゃると思います。

今回飛距離アップだけに特化した
筋力トレーニングを紹介していきます。

では質問です。
飛距離を伸ばしたいという時に
どこ鍛えたら一番近道になると思いますか?

    

 飛距離に必要な筋肉は、、、

正解は、、、

「スクワット」
下半身なんです。

筋力トレーニングというと
多くの方は腕立て伏せをやったり
胸や腕を鍛えるイメージをすると思います。

ですが実は人間の筋肉の70%は
下半身に集まっているのです。

数ある飛距離アップの
ためのトレーニングの中で
トレーニングの王様スクワットが一番効率よく
筋肉を鍛えられ飛距離アップへの最短ルートです。

本日覚えていただきたいのはスクワット。
ご存知の通り足を鍛えるトレーニングです。

この4箇所を同時に鍛えることができるのでオススメです。

・大臀筋(お尻)
・大腿四頭筋(太もも前)
・ハムストリングス(太もも裏)
・内転筋(太もも内側)

下半身は鍛えることによってバネが手に入ります。
   

正しいフォームを身につける

オススメするのは道具を使わない
家でもできる自重のみで行うスクワットです。

写真の女性を見てください。

hattori

画像の引用元  
https://dorishofer.com/en/the-truth-about-squats/


まず脚を肩幅程度に開き、
つま先を軽く外側に向ける。足は逆ハの字の状態です。

手は頭の上か、胸の前にクロスしておく

後ろの椅子に腰掛けるイメージで体を下げる

膝が床と平行になるまで沈めたら、元の位置まで戻る

この動きを大体10回から15回繰り返して下さい。
それを3セット、動きはできるならゆっくり行ってください。

この時以下の3点に注意してください。

※背中を丸めない
※つま先が膝より出ないようにする
※膝は伸ばし切る手前で止める

         

あなたの伸びしろは?

実際にスクワットを毎日やるだけで
10yの飛距離アップは簡単にできます。

それほどゴルファーにとって下半身が大事だからです。

今までトレーニングをしてこなかった
という方はとくに伸びしろが大きいので

やればやるだけ筋肉はつくので
是非一度取り組んでみてください。

筋力トレーニングは
あなたの飛距離の土台を底上げするので

飛距離の平均値自体を
上げてしまうとても強烈な方法です。

今後は他の部位の
トレーニングなども紹介していきます。

継続的に取り組んでいただいてて
技術面、ギア面と組み合わせていただくことで

圧倒的な飛距離アップを実現させましょう。


<本日のオススメ>
ゴルフが上手くないたいけど
具体的な方法がわからない、、、

練習する時間はないが
とにかく良いスコアを出したい、、、

一度でもこんなことを思ったことがあるなら
ぜひこのプログラムを試して下さい。

あなたはすぐに100切りを
達成することができます。

その秘密をコチラからご覧ください。

http://g-live.info/click/obmp170903/

【ビデオ】コレを意識するだけで飛距離アップ?

2017.09.03
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

初めてレッスンに来た方に
「スイングを見せてください」
とお伝えすると大抵の生徒さんは
きれいなスイングを見せてくれます。

ですが
「全力で飛距離を出すイメージで」
とお伝えすると大抵の方は同じ失敗をします。

確かに飛距離を出すには
とても重要に思えるのですが

実は飛距離を出すには
あまり必要ではない要素なのです。

それはなにかと言うと、、、

「力み」です。

多くの方は飛ばしたいという気持ちから
力いっぱいクラブを振ってしまうのです。

力いっぱい振ったその力が
インパクト時にクラブに伝わればいいのですが
どうしても力むと伝わりづらくなってしまいます。

身体が硬直してスムーズに
クラブを振ることができなくなり
可動域も狭くなってしまうからです。

結果、ヘッドスピードがでないので
飛距離が出なくなってしまうということなんです。

飛距離を出すのに一番大事なのは

「柔らかさ」

コレにつきます。

ぜひ取り組んでみてください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

<本日のオススメ>

・サンドウェッジに苦手意識がある
・グリーン周りの50y以内が苦手
・アプローチでダフリやトップがでる

こんな悩みを感じているなら
モンゴプロのプログラムを実践してみてください。

「サンドウェッジは扱いが難しい」
という世の中の間違った常識を
モンゴプロが変えていきます。

http://g-live.info/click/mongo_sw_170831/

↓ゴルフが上手くいかない時に読んで下さい

2017.08.27
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

突然ですがゴルフをしていて
思ったようなプレイができずに
イライラしてしまった経験はありませんか?

私は若い頃、飛距離が出ない、スライスを打った
何か少しでもうまくいかないとイライラが止まらなくなり
それをそのラウンド中ずっと引きずっていました。

もちろんそんな状況で
いいスコアが出るはずもなく
決まってつまらないミスを連発していた。

とても情けないゴルフを繰り返していたんです。

そんな私を変えてくれたのは
偶然耳にしたとあるゴルファーの話、、、

1996年兵庫県で行われた男子ゴルフツアー
「フィリップ・モリス・チャンピオンシップ」の最終日。

福澤義光プロが
ティショットを打ち終えて
セカンドの位置までたどり着くと

自分のボールの下に一匹の赤とんぼが
下敷きとなっていることに気が付きました。

shutterstock_187704818 (1)

そこで福澤プロがとった行動は、、、

なんとボールに挟まれた
赤とんぼを救うためペナルティになるのを承知で
インプレーのボールをピックアップしたのです。

そして赤とんぼが飛び立つのを確認した後
ボールをリプレイスし、自分のストロークに1打罰を足してプレーを続けました。

結局福澤選手は最下位でラウンドを終えました。

最終位になるくらいだから
そのホールでスコアを出すことを
諦めていたできたんじゃないか?

そんな風に思う方もいるかもしれません。

ですが私は知っています。

ゴルフにおいて
結果が出なかった時の精神の乱れを

自分に腹がたちイライラが止まらず
感情のコントロールが難しくなる感覚を

そうなることなく福澤プロは
いつもの通り冷静な判断をした

ここにアスリートとして
人としての本当の強さを感じました。

ゴルファーってかっこいい
そう強く思える瞬間でした。

この話を聞いて私のゴルフは変わりました。

一つのプレーにイライラしたり
凹んだりするのを一切やめました。

ワンプレイの結果に
動じることのない心を持つこと。

ゴルフで結果を出すには
心の余裕を持つことがとても大事だ。
そう強く再認識できました。

私がゴルフを始めたのは
たまたまゴルフ場へ行って見た。
プレイしていた大人の方がとても紳士に見えたから。

大人な男の嗜みだなと若いながらに感じていたからです。

その気持ちは今も変わっていません。

ゴルファーをしている大人は
今でも私の憧れです。

<本日のオススメ>

小原プロが今までひた隠しにしていた
ラウンド当日の朝に始めるだけで
ベストスコアを出してしまう秘密の方法、、、

今までゴルフに迷っていたあなたへ

ゴルフってこんな簡単なのか
この感覚を体感してください。

50個の完全限定ですのでお急ぎください。

http://g-live.info/click/obr_170822/

 
※残りが少なくなって来ています。

_

堅実なゴルファーAさんに起きた悲劇、、、

2017.08.20
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

長年私のレッスンに
通って下さっているAさんというゴルファーがいます。

70代の方なのですが
Aさんはゴルフがとても上手い。
今でも90台、調子次第では80台で回れるほどです。

ですが先日
「服部さん、こないだ100叩いちゃったよー、、、」

「え~Aさんがですか?」

Aさんを知っている私は驚きました。

「よっぽどコンディションが悪かったんですね?」

「いえ、コンディションはすごい良かったんだけど、、、」

Aさんの技術を考えたら信じることができません。

一体この日Aさんに何があったのでしょうか?

飛ばしたい

Aさんは飛ばし屋というタイプではなく
安定したショットを打ち続けるゴルファーで
年齢を重ねてもスコアを伸ばしているゴルフをします。

私はそんなAさんのゴルフをとても尊敬していて
理想的なゴルフをする方だなと思っていました。

順風満帆に見えたゴルフライフですが

Aさんは一つだけ大きな悩みを抱えていたのです。

それはもっと飛ばしたいという強い思い。

実はAさん。若い頃は飛ばし屋で
300y近いティショットを打っていたそうです。

「あの時の感触が忘れられない。」

Aさんはそう言っていました。

プライド

この日Aさんは
コンペで若いゴルファーと
一緒にラウンドをしました。

若いゴルファーたちは
年齢によるゴルフの違いもあり
技術よりも力任せなやや強引なスイング。

もちろん精度は高くはないですが
その日に限っては安定して飛んだのです。

当初Aさんは自分の
安定したゴルフを徹底していたのですが

あまりにも若者達が飛ばすので
それに感化され飛ばし合戦に参加してしまったのです。

その結果力みに力んで
普段のAさんのスイングのバランスを崩してしまい。
100を叩いてしまったそうです。

力みは天敵

ゴルフでは大概の場合

力むと飛ばなくなります。
力むと腕に力が入るからです。

骨盤の回転が疎かになり手首の返りが早くなり
その結果、クラブヘッドがインパクトの前に返るので
体の回転が不十分でフックボールになってしまう、、、

しかも力みはそのホールだけのとどまらず
その日1日のバランスを崩してしまう危険があります。

・腕や手の力を抜く
・両足の踏みしめを意識する

など力みを無くす方法はありますが

ココは飛ばしたい
ココは決めたい

そんな大事な場面、力みそうな場面が来たら
一度目を閉じて深く「深呼吸」してみてください。

そして軽く素振りをしてから打席に入る。

自分が一番リラックスできるパターンを持つことが
力みをなくす一番の近道かもしれません。

あなたの自分だけのリラックス法をぜひ見つけてみてください。


PS

このAさんのように
70代、もうすぐ70歳になる方で

もう一度若い頃の飛距離を
取り戻したいと思っている方に
私のマスタードライブをご紹介します。

ぜひわたしに90日ください
一緒に250yのビックドライブを取り戻しましょう。

http://g-live.info/click/md20170817/

 

_

【ビデオ】これをやるだけでベスト飛距離を更新?

2017.08.13
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

お盆の時期ですね。
夏真っ盛り、毎日がうだるような暑さとの戦い。

この時期に行うゴルフは
気持ちいい反面、かなり過酷ですよね。

ですが夏ゴルフには
とても大きなメリットがあるんです。

それは、、、

「ボールが飛ぶ」

ということです。

同じスイングをするだけで
冬と比べて断然飛びます。

もちろん
人によって個人差はありますが
10y15yは平気で変わってきますし
人によっては30yくらい違いが出ます。

ぜひこの夏、
あなたに自己ベストの
飛距離にチャレンジしていただきたい。

今回はすぐに飛距離アップに
効果がある2つポイントを紹介していきます。

飛距離を伸ばしたいという時
ヘッドスピードや筋力ばかりに目がいってしまいがちですが

他にも飛距離アップに有効なことがあるんです。

それは、、、


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

<本日のオススメ>

夏ゴルフなんてイヤだ
絶対に暑い時期は家にいる。

そのような方のために
特別な室内練習プログラムを用意しました。

たった2分でダフリ、トップを解消し
あらゆるスイングの悩みを解決できます。

コチラからご覧ください

http://g-live.info/click/osrp170815/

【ビデオ】必見! スライス強制修正法

2017.08.06
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

ここのところ
私がレッスンをしている生徒さん達
見事なまでにみんな調子がいいんです。

「服部さんついにドロー軌道になりました」
「自己最長飛距離20y更新しましたよ」
「こないだ100きれましたよ」

などなど
本当に最高の瞬間ですね。

これを味わう度に
レッスンプロになってよかった
つくづくそう思います。

ですがゴルフデビューして
間もない生徒さんはやっぱり苦しんでますね。

特にスライスに苦しんでます。
私もそうだったので気持ちはわかりますけど、、、

飛距離は出ないは
ショットは安定しないは
本当にいいとこなしですからね。

ゴルフを辞める人の多くは
スライスが直せないからやめてしまう

そう言われているほどです。

先日のメールでも書いた通り
スライス修正にドローボールを薦めましたが

じつは他にもスライスを修正する方法
があるので紹介していきますね。

ゴルフを始めてまだ日も浅い方でも
できる方法なのでぜひやってみてください。

その方法は、、、


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

<本日のオススメ>

[クイズ]

この中で最速でスコアアップするのに
もっとも重要な要素はどれでしょう?

1 ドライバー&アイアン
2 アプローチショット
3 パター

正解は、、、

コチラ

http://g-live.info/click/obad_170801/

コレを知って
もう無駄なお金や時間を
使うのはやめてください。

※今なら5つの特典もついてきます。

ドロップする場所そこでいいんですか?

2017.07.30
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

======
7月23日
メジャー全英オープン第3戦
雨が降る中迎えた13番パー4

今まさにティショットを
打とうとしているジョーダン・スピース

小雨の中放ったショットは大きく右に曲がり
深いブッシュに一直線に飛び込んでいった。

アップヒルでグリーン方向へは
スタンスもまともにとれない状態。

何しろ打った直後のスピース自身が
スイング直後に頭を抱えるほどのミスショット。 

そこでスピースが出した決断はアンプレヤブル。

ココで質問です。
この後スピースはどこからの
ショットを選択したでしょうか?

ちなみにアンプレヤブルで与えられる選択肢は3つ


・最期にプレーした所のできるだけ近く

・ホールと球があった箇所を結んだ線上でその箇所よりも後方

・球の箇所から2クラブレングス以内でしかもホールに近づかないところ


        

大事な一戦だった。

2位に3打差を付けて出た最終日。
スピースは序盤4ホールで3ボギーとし、
マット・クーチャーに並ばれてしまう。

そしてむかえるは13番パー4

スピースにとっては絶対に落とせない
勝負のホールだったのです。

ここでのミスは命取り。

だからこそスピースは
決して妥協をしませんでした。
勝負の1打になることを分かっていたから。

アンプレアブルを選択した後
スピースは頭をフル回転させました。

もちろん次の一打を
どこにドロップするかについて。

球をドロップするのに適した場所はないものか?

小高いマウンドの上、はるか遠くにグリーンを見て
思案に暮れていると、スピースはふとあることに気が付きました。
    

20分

20分にもおける中断
競技委員と相談の末に選んだのは

隣接する「練習場の中」という異例の場所でした。

この場所を選んだ理由はただひとつ

「ティの方向からは遠ざかってしまうが傾斜もなくライもいい。
ここより打ちやすい場所はない。」

スピースがそう判断したからです。

ab

つまり固定概念に縛られること無く
“自分のスイングが最もしやすい場所”
ソレだけを基準に選んだのです。

一番驚いたのは23歳という若さで
勝負場面でのミス直後にそんな冷静な
状況判断ができるということ。

絶体絶命に追い込まれても
ドロップのポイントを20分以上もかけて探し
自分にとっての最高の選択肢を見つけたのです。

     

レジェンドの過去

そういえばあの伝説のゴルファー
セベ・バレステロスも過去に
同じようなショットを打ったことがあります。

セベ・バレステロスの場合は
駐車場からのショットでしたが。

二人に共通しているのはそのリカバリーの凄さ。

技術ももちろんそうですが、
常に冷静に今の状況を見る眼と
揺るぐことのない決断力です。

調子がいい時をどれだけ伸ばせるかということも
ゴルフではもちろん大事な事なのですが

思いもよらぬ自体に陥った時
どういう選択をし、どうやってリカバリーするか

ゴルフでは後者の方が
大事なような気がしますね。

スコアメイクに直結していますから。
同じ1打でもまったく重みが違います。

型にはまらずにその状況で常に最善の選択をすること。

これぞ自然の中で戦うゴルフの醍醐味
いや~ゴルフって本当にいいものですね。
こんな楽しいスポーツは他にありません。

生涯現役を再確認した瞬間でした。


<本日のオススメ>

あなたもゴルフクラブマスターになれる
『ビジネスゾーンフィッティング』マスター講座が
8月28日(月),8月29日(火)の2日間で行われます。

小原大二郎プロの専属フィッター
徳嵩力一プロが初めてクラブ選びの極意を紐解きます。

5つの特典つきで
4名様のみの募集になります。

この講座を受講しクラブマスターになると
あなたのゴルフは180°変わります。

中にはこんなに凄いことも、、、
↓↓
http://g-live.info/click/tokugear1707/
このプログラムを受けるにあたり
あなたにリスクは一切ありません。

_

ドローボールを難しく考えていませんか?

2017.07.23
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

ゴルフを始めた頃、
私にはひとつの大きな悩みがありました。

今でこそ
“飛距離専門レッスンプロ”
なんて呼んでいただいていますが、

今振り返ると
目も当てられないくらい
とにかくボールを遠くに飛ばせなかった。

もともと身体が小さかったわたしは
ある動画の中の人物のスイングに憧れを抱き
録画したテープが擦り切れるまで巻き戻しをして見ていた。

いつかこんなふうになれたらなあ、、、

※私の記憶ではこんな感じの動画でした
      

ドローボールとの出会い

当時の私からすると
ドローボールは単なる憧れにすぎず
自分には縁がないモノだと思い込んでいた。

テレビで見るトッププロやゴルフ場で見かける上級者
一部の選ばれたゴルファーのためだけのステータスだと思っていた。

でも実は違ったんです。
ドローボールはあくまで球筋の一つ
やり方さえ身につければ誰にだって打てるのです。

私はゴルフ留学で訪れたオーストラリアで
ドローボールの打ち方を習得しました。

それはとても意外性に溢れていて
日本にいたら決して出会えなかった方法です。

    

3つの大きなメリット

ドローボールを打てるようになることで
あなたが得られることは1つや2つではありません。

・とにかく飛距離が出る
クラブのフェースが閉じながらボールをつかまえることで
インパクトの初速度が上がり打ち出し角が低くなります。

その軌道は力強く、ランも大きいため
ゴルフで最も距離が出る球筋と言われています。

・スライス癖が一切なくなる
実に70%以上の方が抱えているスライスの悩み。
その理由はゴルフクラブの形状にあるのです。

ドローボールを打つために必要な
インサイドアウトの軌道のスイングは
強制的にスライス癖をなおすことができます。

・コースの形状に囚われず攻めのゴルフができる
例えば目の前に気がっている場合、
持ち玉がストレートしかなかったら
一打目でどちらかにだしてからグリーンを狙うしかありません。

こんな時にドローを使えれば
気を右反れていき、木に巻き付くように
左に曲がって落ちてくる軌道のショットを打てるので
たった1打でグリーンを狙うことができるのです。

他にもドローのメリットは数え切れないほどあります。

一つ言えるのは、ドローを身につけることで
あなたが手にするのは圧倒的な飛距離やだけでなく
劇的なスコアアップや周囲に対する優越感など
数えきれないほどあるのです。

        

ドローボール

「服部さんどうしてもスライスが直りません、、、」
「こないだ女子に飛距離で負けました、、、」
「いいかげんセカンドオナー恥ずかしいです、、、」

本当に多くの方からこのような悩みを聞きます。
飛距離やスライスに関する悩みを抱えている方は本当に多く
体感でゴルファーの70%くらいはいるのではないかと思います。

そんな多くのゴルファーの悩みを解決するために
この度、服部コースケ新プログラムをリリースしました。

「ロングドライブプログラム~ドローボール編~」



http://g-live.info/click/db20170721/

※詳しくはコチラをご覧ください

あなたが今100切りを目指していても、
シングルを目指していても、どんなことに悩んでいても

必ずあなたにドローボールを身に着けてもらい
過去最高の飛距離を出してもらいます。

飛距離やショット軌道、あらゆる面での劇的な変化
どんどんなくなっていくスイングの悩みを体感して下さい。

ほとんどのゴルファーが一生知ることのない
プロたちの間では当たり前のように行われている
ドローボールの秘密を全てあなたにお話していきます。

あなたのゴルフ、私に変えさせて下さい。

http://g-live.info/click/db20170721/

※7月24日(月)までの限定公開です

_

【ビデオ】続・大人のゴルフ

2017.07.17
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

若い頃好きだったものが
大人になって変わってくる。

得意だったものが
大人になって苦手になってくる。

実生活の中でもよくあることですよね。

例えば私だったら最近
脂っこいものを少し避けるようになりました。

以前は寝る前の暴食や
天ぷらやかつ、焼肉、ラーメン
など毎日のように食べていましたが
最近はうどんやそばを好んで食べています。

嫌いになったわけではないですが
なんとなく食べなくなったという感覚です。

詳しくはわかりませんが恐らく
体内が少し変わってきたのかなと思います。

同じことをやるにしても昔のように
最初から最後まで全力疾走はしないと思います。

あの頃はただがむしゃらに取り組んでいただけですが、
大人になるといかに効率よく最小限の労力で結果が出せるか
そこに重きをおくため効率のいい方法を探しますからね。

ゴルフにおいてももちろん同じことが言えます。
若い頃と同じ練習、同じスイング、同じ力の入れ方
これを繰り返していては飛距離を伸ばし続けることはできません。

勢いだけじゃない頭を使った大人のゴルフ
そえさえ身に付けてしまえば生涯に渡って
ゴルフはあなたの最高のパートナーになるはずです。

歩みを止めないことが最高のモチベーションになるはずです。
↓↓↓


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

PS

3連休明けの7月18日(火)
私から重大発表があります。

これからもゴルフを通し
一人でも多くの人を笑顔にしていければと思っています。

7月18日(火)のメールを
絶対に見逃さないでください。

【ビデオ】大人のゴルフ

2017.07.12
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

先日、一人の生徒さんから
こんな相談をされました。

「服部さん、最近飛距離落ちてきて、、、
歳のせいだと思うけどなんとかならない?」

正直よくある悩みの一つです。
今までのレッスンで多くのゴルファーを見て
分析した結果、、ある一つの答えにたどり着きました。

それは、、、

若い頃と全く同じスイングをしているということです。

筋力や柔軟性、可動域など
体の仕組みや動きが変わったのに
若い頃と同じスイングをしようとしているんです。

これが多くのゴルファーが陥りやすい罠。
飛距離が落ちていく一番の原因なんです。

大人には大人のゴルフがあるということです。

その時その時の自分の年齢や体の状態に合ったスイングをすることが
いちばん大事なんです。

以前一度送らせていただいたのですが
コレだけは是非もう一度見ていただきたい。

その時その時の自分の身体の状態を把握し
それに合ったスイングをすることで

ゴルフはいつまでの成長することができますし、
効率的に上達していくことができます。

大人のゴルフをマスターし
生涯現役&スコアアップし続けていきましょう。
本日はコチラのドリルをご覧ください。
↓↓↓


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。


PS

ぶっとび系のFWの中でも一番の飛距離を誇る
FWの常識を変えた「トライメタル」

実際、私も打ってみたのですが
すごいことになりました…

というのも、
私が持っているFWよりも確実に
飛距離が10y以上出ていたんです!

このFW、人によっては300y飛ばせます。
そこらのドライバーよりもはるかに飛びますから。

本当に凄いクラブなので
ぜひ一度見てみてください。

あなたの飛距離アップの大きな手助けになるはずです。

http://g-live.info/click/tm20170623/

久しぶりに胸を揺さぶられました…

2017.07.09
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

私は小さい頃、背があまり
大きい方ではありませんでした。

体育の時間、背の順では前から数えた方が早く
しょっちゅう小さいことを友達からいじられていました。

「男だけど服部はかわいい」
女子たちにはそんな扱いを受け
誰からも愛される系のキャラでした。

みんなとも仲が良く
学校生活はとても楽しかったです。

いつも笑っていた私でしたが
心のそこではずっと嫌でした。

背が低いということは私にとって
一番触れられたくないことだったのです。

自分だけにしかわからない悩み。
私にとってのコンプレックスは身長だったんです。

ゴルフを初めてから
誰よりも飛距離にこだわってきたのは
身長が大きいやつに絶対に負けたくない。

それが関係しているかもしれません。

先日目にしたあるニュースが
そんな記憶を思い出させてくれました。

           

コンプレックス

         
それはマレーシア出身のある女の子のお話。

エヴィータ・デルマンドさんは生まれつき
顔や身体に無数のホクロがある女の子でした。

デルマンドさんはその容姿のせいで
小さい頃から壮絶ないじめをうけてきました。

成長するにつれホクロは大きくなり
その数もどんどん増えていきました。

ついには体中の皮膚の半分を
覆うほどになってしまいました。

そんな彼女がミス・ユニバースの
マレーシア代表選考へ挑戦を発表したのです。

「昔から私の夢だった
私の個性と新しく発見した自信を見せたい。」

その行動が多くの人々に
勇気を与えているという話でした。

        

乗り越えて

   
ミス・ユニバースに応募した際
登録カウンターの女性にこう言われたそうです。

「勇敢ですね。幸運を祈ります。」

蔑む声もデルマンドさんは動じること無い。
彼女にとってそんなことには慣れっこだったから。

小学校時代
「モンスター」
「チョコチップクッキー」
と呼ばれバカにされてきた。

ずっと自分に自信を持てずにいた。

ほくろの除去も考えたが
健康上の理由から断念せざるを得なかった。

そんな彼女を救ったのが
中学校で出会った友人たちだった。

そこで出会った友人たちに
彼女のことをそんな風に言う者はいなかった。

特別扱いすること無く
一人の大切な友人として接した。

ありのままの自分でいること。
その素晴らしさを彼女に伝えたのです。

そしてミス・ユニバースに応募するほど
彼女は自信を取り戻していったのです。        

       

最期に彼女はこう言っていた

「私はただジロジロ見たり
余計なことを言ってくる人を
無視して自分らしく行きているだけ。

私は後ろ向きな考えと
戦うべきではないと思う。
そんな人達、気にするに値しない。」

ゴルフでも周りの目は気になりますよね。

絶対に負けたくないライバルや
後からラウンドしてくる後発組

あいつが見ているから、、、
みんなが見ているから、、、

意識すればするほど気になって
気にすればするほど自分のスイングができなくなる。

ですが実はそんなことは
気にするべきではないのです。

笑われたらどうしよう
ばかにされたらどうしよう

そんな人には好きにさせて
自分は好きなゴルフを目一杯楽しむ。

その大切さを再確認できる素敵な内容でした。

このような美しい心を持った人を
知ることができたことに心から感謝します。

「自分の価値を決めるのは自分だ」
今一度、自分に言い聞かせました。


<本日のオススメ>

ツアープロ梶川武志が
20年間ひた隠しにしてきた

ドライバースイングの
全てを今暴露します、、、

この方法を知るだけであなたは
20y飛距離アップをすることができるんです。

その秘密をコチラからご覧ください

http://g-live.info/click/kajidora170706/

【ビデオ】下半身で最短飛距離アップ…

2017.07.02
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

ドライバーで飛距離を出したい時

飛距離に一番直結しているのは
身体のどの部位だと思いますか?

正解は、、、

もうおわかりだと思いますが下半身です。

飛距離を伸ばしたい時一番簡単な方法は
下半身の力を上手くボールに伝えることです。

なぜなら全身の筋肉の約70%が下半身にあるからです。

多くのゴルファーを見てきて飛距離に悩んでいる方は
力がきちんとボールに伝わっていないという印象を受けました。

コレは一番飛距離を
損しているパターンですよね。

逆に言えば、自分が持っている飛ばしの能力
存分に活かしきれていないということです。

つまりもっともっと飛距離は伸ばせるんです。
ぜひこの動画を見て取り組んで見てください。

続きを読む

父の背中

2017.06.18
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

今日は父の日ですね。

私は上京してきて
一人暮らしをしているので
父に会うことはできませんが、、、

夜にでも電話をかけようと思っています。

私がゴルフを始めたきっかけは
何を隠そう父の影響です。

ゴルフを仕事にすると決めた時も
将来に迷っていた時も
オーストラリアに行くと伝えた時も

「コースケの思うようにしたらいい」
父のこの一言大きな勇気をもらいました。

父は私の人生においても
ゴルフライフにおいても
とてつもなく大きな存在です。

ゴルフを始めたばかりの私が
いつも背中を見て感じていたのは
「決断力」のある父の姿でした。

          

迷い

ゴルフというスポーツは本当に迷いの連続です。
自分のスイング、使うクラブ、
どうコースマネージメントしていくか、、、

初めにぶつかる大きな迷いは
ほとんどが「技術」に関する悩み。

このスイングは正しいのか?
どうしたら上手くなれるのか?
今の練習を続けるべきなのか?

雑誌や本、DVDやyou tube、探せば
様々な情報を得ることができます。

それが逆に私たちを苦しめます。

そこで大事なのは本当に
今の自分にあった情報を見極めること。

やはりこの人だけは信頼できる。
この雑誌、この本だけは信頼できる。

自分の判断の軸となるものを決めてください。

         

第2の悩み

上手くなってくると
自分の技術に疑いがないので
不調時にはまず道具を疑います。

それでも上手くいかなくて初めて技術を疑うんです。

もともとスイングに問題があっても
すでにクラブを変えて修正してしまっているので
不調の原因はもうごちゃごちゃになっていて
その原因を探し出すのはもはや非常に困難です。

ではどうしたらいいか
そこで判断力と決断力が大事なんです。

ここを修正したらいいのではないか
自分なりの判断で決断するんです。

例えその選択が間違っていたとしても
それを自分で決断し、それを信じていければ、
少なくとも迷いが深くなることはありません。

迷いをそれ以上深くせずに
目をそらさずに向き合って行くことが
一番いい解決策だと思っています。

これこそがゴルフを始めたばかりの私に
父が教えてくれた私のゴルフの礎です。

この考え方はいまでも
とても大切にしています。

            

感謝

若い頃は何も気が付かなかったですが、
この歳まで私を育ててくれた父はとても偉大です。

世の中のお父さん方への
尊敬の気持ちが改めて強くなりました。

何が起きても動じない男になる。
改めて、今日また強い覚悟持ちました。

私はまだ結婚もしていないし子供もいないけれど
男としていつか立派な父になりたいと思います。

父さんいつもありがとうね。
これからもよろしく。


<本日のオススメ>

振るだけで理想の
ビジネスゾーンが身につく
「メディカス」を緊急入荷しました。

あなたのスイングの悪いとことを
いつでもどこでもクラブが教えてくれます。

ビジネスゾーンを習得していただくために
あなただけの専属コーチになってあなたの家に伺います。

今だけ7000円引き&
小原プロの動画がついてきます。

このメディカスが手に入るのは4日間限りです。

http://g-live.info/click/mdc20170618/

_