最近のブログ

クラブの新モデルは本当に「いい」のか?

2017.03.02
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「クラブの新モデルは本当に“いい”のか?」

という話をしたいと思います。

2017年のシーズンを前にして、
メーカーからは新商品が多数出ている時期ですね。

でも、果たして新商品が自分にとって本当にいいのかという
疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

先日、こんな質問をいただきました。

新商品、何らかのメリットはあるの?


> クラブメーカーから次々に新しいモデルが発売されていますが、
> それぞれに何らかの進歩、改良がなされているものと思います。
>
> それは不特定多数のゴルファーにとって平均値的に必ず
> 幾ばくかのメリットがあるものなのでしょうか?
> それともケースバイケース、
> うまくフィットすればの話なのでしょうか?
 
 

ご質問、どうもありがとうございます。

まず、これは全てのクラブについて言えることなのですが、
 

 「その人にフィットしなければ、最先端がいいとは限らない」
 

結局はここに行き着きます。

もちろん当たり前ですが、新しいクラブのほうが
最先端のテクノロジーが乗っている可能性があります。

ですが、全ての人がその最先端の恩恵に浴することが
果たしてできるのかというと。。。それは全くの別問題です。
 

たとえば、球が上がらないで悩んでいる人にとっては、
球の上がりにフォーカスを当てた新商品があれば、
その人にとってはハッピーなわけです。

しかしながら「球の上がりを押さえたいんだよね」という希望を
持っている人には、球が上がるのはいいクラブじゃない、
ということになります。
 

結局のところ、どの点にフォーカスを当てて作っていて、
それが質問者様の悩みと一致した新商品が
おそらく「いい商品」ということになるでしょうか。

ゴルフクラブ新商品制作の裏側

ここでちょっと話はそれますが。。。

メーカーがクラブの新商品を作る時に、
どんな作業を行っていると思いますか?

もちろん、そうした作業はメーカーによって違いますし、
自分もかつて所属した会社の例でしか言えないのですが。。。

たとえば、何らかの悩みに対処するクラブを作る時は、
必ず、その悩みを持っている人を現場に呼びます。
 

 ・飛距離だったら「飛ばないと悩んでいる人」

 ・アプローチだったら「アプローチで悩んでいる人」
 

そのようなことで悩んでいる人を、
どこからか呼んできます。

とはいえ、呼んでくると言っても、
もちろん社外からお客様をお呼びすることもありますが、
社内スタッフを呼ぶことも少なくありませんでした。

それで、試作品を打ってもらいながら
「これだったらいいスコアにつながるな」
という判断ができた時点で商品化、という流れでした。
 

 「お客様像が明確になっているかどうか?」
 

製品を作る上で、このへんが明確にすることが、
自分の所属する会社のクラブづくりの原点だったと思います。

いくら良いと言われる最先端のテクノロジーがあっても、
お客様のニーズに合致していなければ意味がないと
分かっていたからなんですね。

どうしても顧客のターゲットからずれていると、
販売を続けることが難しくなります。

最後は結局ヒューマンテスト

とはいえ、自分が開発に携わっていたのは十何年も前の話です。
所属先の会社が今のように大きくなる前、
 

 「フォーティーンって、何?」

 「竹林って、誰?」
 

という「地クラブメーカー」の時代です。
現在どのような開発がされているのかはわかりません。

※注1:自分は株式会社フォーティーンの系列会社に所属していました

※注2:「竹林」とは、フォーティーンの創業者であり
    自分のクラブの師匠でもある
    竹林隆光(たけばやしたかみつ)のことです
 

竹林さんはクラブの数値を全面的に出したクラブづくりをする一方で、
ヒューマンテスト(人間の手によるテスト)を何より大切にしていました。

竹林さん自身も日本オープンのローアマなど、
トップアマとしても輝かしい戦績を残していた人なので、
「人間の感覚の重要性」を身にしみてわかっていたんでしょう。

ゴルフクラブも最終的には人が使うものです。
打ち手がよくないと思わないものは駄目、机上の理論だけではダメ、
といったところでしょうか。

実際、人が使う時にどう感じるかをないがしろにしていると
「なんかいまいち打ちづらいな」「結果が出ないな」
ということになってしまいがちですから。
 

 「メリットのあるなしは、最終的にゴルファーが決める」
 

その視点は自分も忘れないでおきたいと思います。
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

「シャドースイングの影響か?
 ドライバーの飛距離が少しずつ伸びてまいりました。

 今年の頭には180~200ヤードぐらいだったドライバーが
 現在は220~230ヤードぐらいに…

 スコアも100切りをしたことはありませんでしたが
 安定はしませんがまぐれで90台のスコアも
 3回ほど出すことができました!

 梶川プロ、ありがとう!」

そんな梶川プロの真骨頂、
『シャドースイングを極める』の案内はこちらをクリック!

http://g-live.info/click/sdw170228/

※期間限定のキャンペーン。お早めに

【やってはいけない】コースでNGなスロープレー3選

2017.03.01
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

今日から3月。
ようやく暖かさを感じる季節が近づいて来ましたね!

先日、小原さんのメルマガにありました通り、
女子開幕戦もあと数日ですので、
ゴルフもいよいよシーズンインといった感じです。

さて、今日は

【やってはいけない】コースでNGなスロープレー3選

というお話。

じつは、前からいつかこの話をしようと心に決めていまして、
ちょうどシーズンにも突入するタイミングなので、
今日お話しようと思います。

というのも、やはりこのぐらいの時期から
ゴルフ場がとても活気づきます。

正確には、お彼岸過ぎてからくらいが本番ですが、
そうすると、避けて通れないのがプレー時間。

今更当たり前で恐縮ですが、ゴルフ場は18ホールを多数の人と共同で
使用するいわばベルトコンベアのような流れで進みますよね。

当然、途中で追い越すことも基本的に無理ですから、前が詰まると
そのまま渋滞しますし、どこのゴルフ場も、これからとにかく混雑しますから、
プレーファーストはスコアより重要です。

このメルマガを読んで下さるあなたは、
進行を妨げるようなゴルファーでないと思いますのが、
誰しもが、一度はスロープレーにイラッとしたことがあるでしょう。

そこで、今日はコースでやってはいけないスロープレーを
3つご紹介します。

常に進行を意識する模範的ゴルファーの方も、
今一度再確認して、是非後輩ゴルファーに
禁止事項として教えてあげて下さい。

ではいきます。

1,スコアをグリーン上で数えてはいけない

そのホールにおいて全員のプレーが終わったあと、
スコアを数えるかと思いますが、これを
グリーン上に立ち止まって数える方がいます。

当たり前ですが、これはやってはいけません。

なぜなら、全員がカップインした時点で打てるはずの
後続に迷惑がかかってしまうからです。

これは、忘れないうちにという出来心でやってしまうことが
多く、悪質ではありませんがすぐに改善出来るポイントです。

ホールアウトしたら、すぐにグリーンから離れ、
移動中か次のホールで記入するように心掛けましょう。

特に、コース経験の少ない方は、
打つことに精一杯ですから、
同組でフォローしてあげてくださいね。

2,ティーショットの渋滞中にただただ待っている

やはり、自分達がいかにマナーを守っていても、
ゴルフ場が詰め過ぎたり、前が遅かったりと
どうしようもないことは多々あります。

しかし、そういう時にただ待っているだけでは
後々の時間が非常にもったいないです。

こういった前が詰まっている状況なら、
片手にクラブ、片手にティーとボールを
手に持った状況で、待機することが望ましいです。

いざ打つ順番になってから慌てる方、
わりといらっしゃいます。

慌てて打っても良いことはありませんから、
前が詰まっている時こそ、いつでも行ける準備を
しておくことが重要です。

3,クラブを常にバッグに閉まってから動き出す

これは、各エリアごとのショット後、中でもホールアウト後に多いのですが、
他3人が既に座っていて待っているにも関わらず、
クラブをゆっくりしまっている方、けっこう多いです。

こういう時は、ひとまずクラブを持ってカートに乗って
移動することが最優先です。

そして、次のホールでしまえばいいのです。

ゴルフでは、ホール間の移動時間はどうすることも出来ません。
なので、その間に前のホールの後処理をするようにしましょう。

それだけで、だいぶ変わってくるはずです。

些細なことの積み重ねで・・・

もちろん、この他にもスロープレーに繋がることは
いくらでもありますが、今日は以上の3つを紹介致しました。

この中で、あなたがハッと思うことはありましたでしょうか?

今日挙げた項目を守れば、一人あたり最低でも30秒は確実に
縮める事ができます。

これを4人で実施すれば、1ホール毎に120秒=2分。
ハーフで18分の時短になります。

大体2時間15分以内に収めるのが理想ですから、
今2時間30分掛かっているゴルファーなら、
次のラウンドから推奨時間内に収めることが可能ですよね。

このように、ちょっとしたことで時間は本当に
短く出来るのです。

もう一度言いますが、
ゴルフはホールを多くの人と共有しながら進めるスポーツです。

よって、ゴルフ場においては時間が押すことがとても重いマナー違反です。

これから春を迎え、またゴルフの季節がやってきます。
初めて顔を合わせる方にも気持ちよくプレーしてもらえるよう、
そして、プレーさせてもらえるようにスコア以外のことも是非気にかけていきましょう。

P.S.時短テクニックで重要なのはとにかく前に進むこと。
これを目的におけば、色々なアイデアが浮かびます。
考えてみて下さい。


<本日のオススメ>
ツアー永久シードゴルファー
片山晋呉プロが語るゴルフの真実、、、

「これだけやればいいのに、みんなやらない」
「ゴルフはこれだけやれば、上手くなる」
「ジャンボさんだって、未だにこれをやってる」

今日までなら、片山プロが
語るその真実が見れるのですが…

http://g-live.info/click/ktymezr170223/

先日レッスンプロが入社しました

2017.03.01
miyamoto

From:宮本大輔
千葉のゴルフパフォーマンスより、、、

おはようございます、宮本大輔です!

先週、ゴルフパフォーマンス千葉店が
3周年を迎えました!

こうして3周年が迎えられましたのは 
メルマガを読んでくれている皆様、
レッスンに通ってくれている皆様のお陰と
深く感謝しております。

ゴルフパフォーマンスにも
多くの方がレッスンプロを目指して
応募してきてくれて仲間も増えました。

つい最近もゴルフパフォーマンスに
レッスンプロが入社することになりました。

僕らは積極的に優秀なレッスンプロを獲得していきたい
という思いはあるのですが、

「レッスンプロ」としての
正社員の採用枠は大々的に用意していません。

つまり彼は、
「裏口」入社ということになります。

「裏口」はどこにある?

実は彼は
元々僕らの生徒さんだったのです。

彼は【ゴルフライブ】のメルマガを熱心に読んで下さっていましたし、
「愛弟子養成講座(ゴルフレッスンコーチ認定コース)」にも、
参加してくれていました。

そういったところでコミュニケーションを密に取り、
きちんとゴルフ指導を受けてもらいながら、
人間関係を深めていったのです。

そして、本人からも希望があり、
所定のテストにパスしたため、
ゴルフパフォーマンスの一員になった。

というわけです。

一般には募集はしてないけど、
密にコミュニケーションをしてたからそんな話になった。

「裏口」はこんな感じでしょうか。

彼の他にも、元は生徒さんだった
レッスンプロが何人かいます。

で、彼ら全員の共通点は、
ゴルフのスキルが高いということはもちろん、

ずっと僕らと「会える場所」に来てくれて、
コミュニケーションを取り続けている
ということにあります。

実際彼らは、僕らとコミュニケーションを取るために

平日に別の仕事があろうが(会社員であろうが)、
場所が遠かろうが(九州や関東に住んでいようが)、

経済的に厳しかろうが、夜行バスなどを駆使して、
なんとか駆けつけてくれるのです。

そういった意気込みやヤル気。

そして、「レッスンとは人間関係でするものだ」という
価値観を共有している人であるからこそ、
こうやって一緒にゴルフを教えていきたいと思うのでしょう。

ゴルフコーチを目指すという事は
半端な気持ちでは務まりません。

20数年働いてきた会社を辞め、
家族にも理解してしてもらい、

新しい夢を追いかけて残りの人生をゴルフに捧げる人に
電話やメールでやりとりして済まそうとする人は一人もいません。

これを書いていて、
ふと、少し前のことを思い出しました。

最近ではだいぶ少なくなりましたが、
数年前は僕らのインターネットを通じてレッスンするやり方について、
勘違いしている人がたくさんいたのです。

つまり、「ネットで上達する」のは、
何やら一種「バーチャルな」邪道に感じている人です。

今、こうしてインターネットを通じて
ゴルフ上達のメルマガや
動画を配信させていただいていますが

ネットを通じてレッスンするというのも、
対面でレッスンというのも、
結局は、人が、人に教えるというのは全く同じ。

ネットやパソコンは、
コミュニケーション「手段」の1つに過ぎません。

もしあなたが、インターネットを通じて
ゴルフ上達を目指してをしているなら、
あるいはしようとしているなら、、、

絶対に、「パソコン」とやり取りをしないよう
気を付けてください。

画面の向こうにいる「人」とコミュニケーションをしながら
ゴルフを学んでいるんだ
という気持ちを忘れないでいただきたいなと思います。

決して一人ではありません。

僕達が発信するだけでなく
画面の向こうでレッスンをみてくれている方からも
何かアクションができるような環境をもっと作っていきたいと思います!

おっと、レッスンプロ入社の話から、
ちょっと変わってしまいましたね、、、

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

追伸・・・

ゴルフパフォーマンス千葉店が3周年を迎えたことを記念して
コンペやショートコースと大きな練習場を使った
新しいレッスン企画も実施中です!

興味がある方はぜひ参加してくださいね^^

何卒、今後とも一層のご愛顧、
ご支援を賜りますようお願い申し上げます。


<本日のオススメ>
もしあなたが…

・練習をしているのに上達しない。
・いろいろなことを試してみてもすぐにあきらめてしまう。
・年齢に関係なく飛ばしたい。

ゴルフでこんな悩みを抱えているのなら…
この片山晋呉プロのプログラムがオススメです。

http://g-live.info/click/ktymezr170223/
※本日までのご案内です

腰を回す動作と切る動作…その違いは?

2017.02.28
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「腰を回す動作と切る動作…その違いは?」

について、お話をしてみたいと思います。

前回のメルマガでこのようなことをお伝えしました。

 「腰は回すのではなく、踏み込んで切る」

そうしたところ、下記のような質問をいただきました。

「梶川プロへ」


>
> 申し訳ありませんが、
> 腰を回す動作と切る動作の違いがわかりません。
>
> 日常生活では回すことはあっても
> 切るという動作はあまりないので、
>
> 切る動作の解説がないまま、
> 切ったら良いボールが打てるといわれても
> 全く参考になりません。
>
> わかりやすい解説にしてください。
>
 

このようなご質問をいただき、
どうもありがとうございます。
 
 

ちなみに、このご質問に対して
僕は以下のように回答させていただきました。
 
 



|コメントどうもありがとうございます。
|腰を切る動作については、
|なかなか言葉にするのが難しい動きです。

|私の教材をご覧いただくか、
|もし千葉か愛知にいらっしゃれるのであれば、
|レッスンにご来場下さい。

|レッスンはこのゴルフライブのメールマガジン上で
|案内があります。

|リピーターの方も多数いらっしゃいます。
|お待ちしています。

 
 

こんな感じで、お返事をさせていただきました。

「なんだ、営業か」

もしかしたら、これをお読みになって、
そんなふうに思われたかもしれません(苦笑)。

実際、腰のキレは微妙な動きでもあり
言葉で説明するのが難しいのです。
 
 

ですが、せっかく読者様からいただいた質問ですし、
今回は言葉で「切れ」を説明するのではなく
イメージ的に感じて頂くように書いていきます。
 
 

ところであなたは、
プロ野球は見たことがありますよね?

ここで、野球のピッチャーが
ボールを投げる姿をイメージしてみて下さい。

野球の解説者が、こんなことを言うのを
聞いたことがあるかもしれません。
 

 「ピッチャーの○○切れてますね」
 

こんな言葉を、あなたもよく耳にするのではないでしょうか。
 

この「切れてますね」の言葉の中には、
もちろん球が切れてるという意味合いもあります。

ゴルフでも「ショットが切れてる」といった時に
球筋を見て言う場合も多いです。

何が「切れてる」のか?

ただ、ピッチャーが投げるのも
手首のスナップや指先のしなりだけで
切れてるボールは投げにくいですよね。

ゴルフも、手打ちのような打ち方では
切れたボールは打ちにくいです。
 
 

ここでもう一度、野球のピッチャーが投げる姿を
イメージしてみて下さい。

切れたボールを投げるとき、
下半身の動きは非常に切れています。

その時の腰の微妙な動きを、
ちょっとだけあなたも真似してみて下さい。

おそらくそこで、回っている感じはしないと思います。

もちろん、ゴルフはピッチャーと同じ動きではないのですが、
ゴルフもこのように切れのある動きが出来ると、
切れたボールが打てるようになるのです。
 

僕も前回の質問を受けて
どのように説明しようか考えてみたのですが、
少しは理解して頂けたでしょうか?

ピッチャーはゴルフが上手いと聞いたことがありますが
下半身の使い方も共通点があるのだなと、
書いていて、改めて僕も気づくことが出来ました。

追伸:千葉でのレッスン、3月開催します

最後に、本当のコマーシャルです。

ゴルフライブの事務局からお願いがあり、
3月もレッスン会を開催することになりました。

日程は3/11(土)です。

◆千葉(3/11 土)

ドライバーレッスン(8:00~11:00)

http://g-live.info/click/kl170311_0800pdf/

アプローチレッスン(12:00~15:00)

http://g-live.info/click/kl170311_1200pdf/

 

今回はドライバーとアプローチ、
2種類のレッスンを開催します。
(アプローチについてご要望が多かったので)

定員に達し次第、受付終了となります。
人数限定、早いもの勝ちです。お早めにお申込み下さい。

「腰の切れ」について僕に直接聞きたいという人も、
この機会にぜひご参加下さい。
 
 

それではまた、次回も楽しみにしていてください。

ーツアープロ 梶川剛奨
 

<本日のオススメ>

ゴルフライブによる
新着記事がアップされました!

「あのツアー永久シード選手 片山晋呉プロが
 数々のタイトル獲得後に陥った“罠”」

片山晋呉プロは江連氏の門を叩き、
片山プロの当時のスイングを見て
江連氏が言い放った、意外な一言とは…?

http://g-live.info/click/ktymezr170226cu/

※公開は明日3/1(水)まで

ラーメンに学ぶ”トッピングゴルフ”?

2017.02.28
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

私のメールを
読んでくれているあなたなら、

私の愛してやまない大好物を
知ってると思います!笑

そう!ラーメンです^^(家系)

一人でもよくフラッと
ラーメン屋には立ち寄るのですが、

そのときにふと思いついた、
ゴルフ上達の秘訣を紹介しようと思います。

それはあのラーメンのアレに
とても似ているんです。。。

あなたはラーメンを何から食べますか?

必ず一口目はスープの方、

いやいや、麺から食べます!って方、

大胆にチャーシューを一口!って方も

いると思います。

私は家系ラーメンが好きなので、
必ず入っているほうれん草から食べます!^^

トッピングを追加して
更にほうれん草!

そのくらい好きです!

普通のラーメンも美味しいですが、
トッピングを加えると更に美味しくなりますよね!

それならば、ゴルフにもトッピングしてあげましょう!

基本スイングにトッピング!

基本スイングにトッピングしてみると、

・アドレス中に身体がかたくならないに「ワッグル」を入れる

・アドレスの最後に「大きく腹式呼吸」をしてスイングを始動する。

等でしょうか。

アドレス中に手首の力を抜いてあげるため、
ワッグルをトッピングして上げましょう。
(※ワッグルとはクラブヘッドや手元を縦や横に揺さぶる動作のことです)

さらに、緊張を解すために「大きな腹式呼吸」を
トッピングしてあげましょう。

スイング時に緊張してしまうと、
100%の力を出すことが難しくなります。

これによって、リラックスしたショットが可能になります^^

トッピングであなたのゴルフは変わる

大好きなプレーンのラーメンに、
半熟玉子をトッピングすると、

卵を割ったときに、
中の黄身がとろけだして、

スープと絡まり、
味がマイルドになる、、、

辛子高菜をトッピングすれば、

高菜のしょっぱさと
辛子がスープに溶け出し、

ちょっとスパイスの効いた味になる、、、

こんな風に、あなたのゴルフの中にも
トッピングをしてみてください。

今までとは違った景色が
見えてくるかもしれません!

逆に「自分はこんなときには、
こんなトッピングをしてるよ!」

といった自分のトッピングをお持ちのあなたは
私にぜひ教えてください!^^

またメールしますね。

近藤


<本日のオススメ>

【江連忠×片山晋呉】

ゴルフライブ独占販売!

ツアープロコーチ江連忠と
ツアー永久シード片山晋呉の

門外不出の「ETGAゴルフバイブル」

ついに解禁

http://g-live.info/click/ktymezr170226cu/

※3/1(水)までの限定公開