「体」前腕をねじるとヒンジのパワーが奪われる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.08.07
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「体・前腕をねじるヒンジのパワーが奪われる」

というお話をさせていただきます。

ボールヒットに向かって前腕を左にねじっていると、
肩甲骨の爆発的パワーを使えなくなります。

前腕を左へねじることで5~10yぐらいは飛ぶとも言われます。

でもそれは、もともと手打ちの場合の飛距離アップ効果であり、
本来正しく体を使った場合の効果とはかけ離れています。

ドラコンチャンピオンのスイング

元々グリップがウィーク過ぎてそのまま振ったら
フェースの向きが軌道に対して開いてボールヒットするために、
ボールヒットに向かって前腕を左にねじって
ウィーク過ぎたグリップの補正をしているということです。

世界連続ドラコンチャンピオンの
ジェイミー・サドロウスキー(Jamie Sadlowski)のスイングでも
ボールヒットでは前腕を左にねじるどころか、むしろ左肘を抜いて
フェースのローテーションを極力抑えてフェースの向きを安定させています。

スマホの方、動画が見れない方はこちら
 

サドロウスキーの映像はYouTubeで他にもいろいろありますので、
是非観てみてください。

ドラコンもツアーも当然フェアウエーに
ボールを運ばなければ結果には結びつきません。

そのために、フェースの方向を安定させた状態で
ボールヒットさせます。

そして、前腕を左にねじるという難しいフェースの向きの
コントロールを行うのではなく、右手甲側に折れるヒンジを目一杯溜めて、
ボールヒットで一気に解放する動きを行います。

そして、今回のお話は前腕をねじると
その大切なヒンジを使えなくなってしまうということについてお伝えします。

ヒンジについて

ヒンジは右手甲側へ折れることです。

手首を曲げることに関しては、親指側に曲げるコックは
誰でもすぐに答えられるぐらいよく知られています。

しかし、ヒンジに関してはなぜだがほとんど知られていないというか、
用語としてはほとんど使われません。

なぜでしょう。

ヒンジはゴルフを簡単にするものすごく大切な要素です。
それなのになぜなのでしょうか。

しかも、ボールヒットに向かって自らヒンジをリリースさせる動きは
ものすごく多いのに、なぜだかその動きの用語を知らない人は多いのです。

コックは誰でも知っているのに本当に不思議です。

ま、あえていうなら次のようなことになります。

コックはバックスイングやダウンスイングの胸の高さあたりまでの
比較的ゆっくりと動くときに発生します。

ところが、ヒンジはヘッドが高速に動くタイミングに向かってできてきて、
ボールヒットというヘッドが最高速のときにリリースされるので、
認識されにくいということになります。

ヒンジはボールヒット近辺で一番深くなるので、
ヒンジはコックよりもボールヒットでの主役になれる性質を備えています。

また、コックでは、コックが入るほどフェースは軌道に対して開きます。

しかし、ヒンジではいくらヒンジを深くしても、
フェースは軌道に対して一定の方向を向いたままです。

ですから、軌道を作る肩の向きにセットアップでフェースをきっちり向けていたなら、
ヒンジがリリースしている最中でもフェースの向きは軌道方向をずっと向いています。

ヘッドが高速で動いているボールヒット近辺で
はヒンジだけのリリースが残っているほど、ゴルフは簡単になります。

その理由は、ヒンジではリリース中にフェースの向きが
変わらないこととが第一にあげられます。

第二に、ヒンジをリリースしながらのボールヒットなら
下降軌道であるダウンプロー軌道が手にはいり、
よりボールをクリーンにヒットできるスペースが広くなるからです。

そんな大切なヒンジですが、ヒンジはコックとはちがい、
手先だけの話では終わりません。

ヒンジは左肩甲骨のスライド

ヒンジは、かなり奥の深い内容をはらんでいます。

ヒンジとは右手の甲側に折れることですが、
本当は手首が曲がるだけのことではないのです。

ヒンジの真実は左肩甲骨のスライドにあります。

図・ヒンジと肩甲骨スライドの関係を体験_1024

肩甲骨の存在を知る

そこで、まずは肩甲骨の存在を知ってあげましょう。

肩甲骨をスライドさせてみます。

背中を壁などに押し付けておいて動かないようにして、
左腕を体の前に真っ直ぐに伸ばします。

そこから、左腕だけをさらに体の正面方向へ押し出してみてください。

背中は壁にくっつけたままでも、左腕は結構体の前の方に伸ばせます。

これが左肩甲骨のスライドです。

肩甲骨はものすごく自由な骨で、背中の上に浮いているだけです。

かろうじて鎖骨で胴体とつながっています。

鎖骨は胸の上のあたりで触ることができる本当に細い骨です。

左肩の前あたりを、右手で押さえてみてください。

そして、先ほどの左腕を体の前後に伸ばしたり引っ込めたりします。

肩の前あたりにある横に走る細い骨が斜め前に
動くことが手の感触でわかりますね。

これが、鎖骨です。

鎖骨って、こんなに細いのです。

肩甲骨は骨としてはそんな細い鎖骨だけで胴体とつながっています。

鎖骨の細さを見ただけで、肩甲骨は背中の上で、
左右上下にかなり自由に動き回ることができることを感じられます。

そして、肩甲骨の上に肩関節が乗っかっていて、
腕をグルグル回すことができます。

肩甲骨の動く方向には言葉としてはたくさんあり、
挙上、下制、上方回旋、下方回旋、外転、内転など
本当にさまざまな方向に動くことがわかります。

それはそうですね、肩甲骨は鎖骨にちょっとだけ支えられて
体の上に浮いているだけですから。

この中でもゴルフのボールヒットに向かって働く方向は主に内転です。

言ってみれば左肩甲骨全体が背中側へスライドさせる方向ですね。

そして、肩甲骨の内転で主に働く筋肉は僧帽筋という
首から背中に渡る広い筋肉と、菱形筋という背骨にくっついている
筋肉が主なものです。

菱形筋は薄いので、パワーというよりも関節を安定させる働きですので、
パワーという意味では上半身のなかで大きい筋肉である僧帽筋が主役となります。

背中の後ろの大きな筋肉には広背筋があります。

しかし、広背筋は肩甲骨にはつながらず腕につながっていますので、
広背筋を鍛えても直接的には肩甲骨スライドのパワーアップにはなりません。

そして、腕を背中の後ろ側に動かすとしても、
僧帽筋を使うか広背筋を使うかで肩甲骨の動きが異なります。

僧帽筋を使っているなら肩甲骨が動いて
その上に乗っている肩関節が動いた結果、腕全体も動きます。

広背筋では腕が直接動いて腕を動かし、体と腕の角度が変化することがメインで、
肩甲骨は上腕の骨に連動して動きます。

ゴルフのスイングでは、腕はヘッドに引っ張られてそれに耐えやすいために、
体と腕の角度などはあまり変化させたくありません。

そのため、僧帽筋による肩甲骨のスライドが
上半身でのパワー発揮の主なものとなります。

ちょっと筋肉の話で脱線しそうになりましたが、
要は手打ちになりたくなければ肩甲骨をスライドさせる動きを使います。

ヒンジとは実は左肩甲骨のスライド

肩甲骨の存在とその動きである背中の上で
スライドすることを体験していただきました。

そこで、この肩甲骨のスライドが
ヒンジに直結することをやってみます。

右肘を固定して両手のひらをピッタリくっつけて、
左腕を体の前側に押し出してみてください。

どうなりましたか。
左腕が体の前に出るほど右手の甲側へ手首が折れてきます。

ところが、左手首はそれほど曲がってきません。

実は、右手のヒンジというのは、左肩甲骨のスライドだったのです。

手首に力を入れるとなにが起きる?

ここまでいろいろお話すれば、そろそろ前腕をねじる動きが
なぜヒンジのパワーを奪うのか理解できる下準備ができたことになります。

ここで、もし、スイング中に手首に力を入れてしまうと何が起きるか。

それは、気持ちとは裏腹です。

右手首に力を入れて硬くしてしまうと、
左肩甲骨はスライドしにくくなります。

ということは、手首に自ら力を加えてしまうと、
左肩甲骨はスライドしにくくなることで、
スイングパワーを発揮しにくくなるということです。

ボールヒットに向かって前腕をねじる動きでは、
肩に力を入れて硬くして手首をねじろうとしてしまいます。

意識も手首に集まり、肩甲骨のことなどどこへやら。

せっかくの力持ちの肩甲骨は忘れ去られてしまいます。

そして、前腕のそれほど大きくない筋肉を使って
力ずくでねじってしまいます。

全身は鞭

全身は鞭のように使いたいのです。

鞭は手元を大きく動かしてエネルギーを鞭に与え始めると、
そのエネルギーはしなやかな鞭の先に向かって段々蓄積されていきます。

そして、軽い鞭の先端ではしなりとして溜められたエネルギーが
スピードという形の運動エネルギーに変換されます。

それによって、手元とは比べ物にならない速さで鞭の先端は振られることになります。

ヒトの体とクラブも、この鞭のように下半身が鞭の手元で、
ヘッドが鞭の先端です。

ゴルフのスイングでも、下半身を使って
上半身やクラブをしならせてエネルギーを溜めます。

そして、その溜めたエネルギーは
ヘッドが高速に移動することに集約されます。

まずは、体とクラブが大きくしなってエネルギーをじっくり溜めて、
それを一気に吐き出すことでヘッドは急加速されて、
ボールヒットでエネルギーが集中的に解放されます。

ガスもコンロでちょろちょろ燃やしたのでは、物は吹っ飛びません。

ガスを溜めてそれに一気に火を着けることで、
一斉に燃え上がって爆発して物が飛び散ります。

ボールヒットもガス爆発と同じです。

そして、ボールヒットに向かって自ら出そうとする力で
ヘッドをリリースするということは、手首を硬くしてしまうことになります。

手首が硬いということは、しなりにくいということです。

それではじっくりエネルギーを溜めることができなくなってしまいます。

前腕を左にねじろうとすることで、手首に力がはりヒンジが溜められなくなります。

結局、前腕を左にねじることはウィークグリップのための代償動作であり、
なおかつヒンジの邪魔までしてしまう諸悪の根源だったのです。

ちなみに、片山晋呉プロの握力は左手が27.4kg、右手が26.8kg。

男性の40~45歳での平均は、だいたい47kg、
65歳でも42kgぐらいです。65歳女性で約26kgです。

この晋呉さんの握力が示していることは、
ショットで前腕を絶対にねじっていないということです。
晋呉さんは飛ばないプロではありません。

2014年JGTOツアー、つるやーオープンゴルフトーナメント最終日、
晋呉さんはドライビングディスタンス1位(324ヤード)を叩き出しています。

ドラコンチャンピオンのジェイミーや晋呉さんの結果を見れば、
ボールヒットで前腕をねじらなくても十分飛ぶし
むしろ前腕をねじらないでヒンジのリリースに集約させたほうが飛びます。

そして、前腕をねじらないほうが
十分ボールコントロールもできるということがわかります。

ヘッドはバックスイングでは開きながらあがり、
ダウンスイングでは閉じながらおりてきます。

しかし、そのフェースの開閉は前腕を右や左にねじる動きで行うのではなく、
骨格の構造で右肘とコックを曲げるどうさで自然に発生します。

いずれにしても、前腕をねじろうとすることで、
大切なヒンジの動きがおろそかになってしまうのですから、
前腕をねじらなくても良いスイング技術を身に着けたいものですね。

では、また。

追伸

8/16(火)、千葉でレッスン会を開催します。

1日でみっちりレッスンを受けていただくことで、
10打を縮めた人も輩出している人気レッスンです。

ぜひ、ご参加下さい。

少人数のため枠が少なくなっていまして、
事務局によると、残り枠は「1名」とのことです。

http://g-live.info/click/ohmlg160816/

追々伸

私が監修している教材DVD「JSNX for Golf」が
期間限定価格でキャンペーン中とのことです。

私が股関節変形症になってから
それを克服するまでのことについても、
以下のページでご紹介しています。

まだご覧になったことのない方はぜひ、
こちらを一度チェックしておいて下さい。

http://g-live.info/click/jsnx1608/

※8/10(水)までの期間限定

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ヒンジ, メルマガ, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

「体」前腕をねじるとヒンジのパワーが奪われる」への4件のフィードバック

  1. 芝刈り名人

    大森コーチへ

    本日のブログの『前腕をねじるとヒンジのパワーが奪われる』の内容は、トップでの間が取れないまま右腕がしゃしゃり出て左への引っ掛けボールで自滅している小生のゴルフへの再度のアドバイスとして読ませて頂きました。
    理論的には、コーチのブログでの解説や質問へ回答をいただく中で相当理解が進んできてはいるのですが、いざ実践となると一進一退で、イメージを掴みかけても翌日には儚く消え去ってしまう歯がゆい日々を過ごしています。
    最近の練習では、120ヤードの左右のグリーンにフェード気味に打つことで右前腕をねじってしまう悪癖を改善しようともがいていますが、思い通りフェードの球筋でピンに寄って行くボールは3割程度しか打てていません。
    そんな中、今日の練習でトップからの切り替えし時に、手元が両腕とクラブの重みですーっと自然落下する感覚が何回かあり、ピンに向かって見違えるような球筋のボールを打つことができたのですが・・・
    その時は『力みも無く、とっても気持ちよく振り切れた』という感触が体全体に余韻として残っていました。
    他は以前と何も変わっていないと思いますので、現状ではこの事に特化して練習していきたいと考えていますが、コーチからのアドバイスをお願いいたします。

    返信
    1. 大森 睦弘大森 睦弘 投稿作成者

      Q:「トップからの切り替えし時に、手元が両腕とクラブの重みですーっと自然落下する感覚は正しいのか?」

      はい、そういった上半身は自らは無理に力をださないことが良い感覚です。

      上半身は下半身の動きによってしならされて、それがしなり戻るだけの動きが究極です。トップからの腕とクラブの自由落下も、自らは意識的には力をださないほうがより強烈なパワーを発揮できる上半身にとっては、インパクトの軌道面に早い段階で乗せることと、格好のエネルギー源となります。そんな大切な重力を今まで軌道に乗せることと腕の振りのエネルギーに利用できていなかったとしたら、本当にもったいなかったですね。これからは、重力もどんどん利用しましょう。重力を利用できるところは他にもまだまだたくさんあります。その辺りのお話も順々にお伝えして行こうかと考えています。

      返信
  2. 山口 定男

    いつもお世話になります。大森先生のメールはいつも楽しみにしています。今まで送付いただいた内容は
    大変参考になり、自分のゴルフを再度見直すきっかけとなっています。

    返信
    1. 大森 睦弘大森 睦弘 投稿作成者

      応援、ありがとうございます。

      明快にとことん説明することに努力していることに対して、応援していただけることが私のエネルギーになります。

      返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。