2017年… ツアープロ、天国と地獄

2017.01.03
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

新年あけましておめでとうございます。

今年も試合とゴルフライブでの活動、ともに頑張っていきます。
どうぞよろしくお願い致します。

さて、新年最初の今日は

 「ツアープロ、天国と地獄」

について、お話をしてみたいと思います。

昨年末のメールマガジンでは
僕のQTについてのことを話しました。

その後、年末のレッスンではこのことについて
多くの方が興味を持っていらっしゃったようなので、
それについてもう少し深くお話ししてみます。

コースが違っても公平感を保つ工夫

今回の話は前回ともつながりますので、
前回のメールをご覧になりたい方はこちらから。

http://g-live.info/click/161213_yuukan/
 
 

今年のQTの会場は、三重県の

 「ココパリゾート白山ヴィレッジゴルフコース」

という36ホールのコースであったことは
前回少しお話をしました。

6日間の戦いの中で、4日目までで予選カットがあって、
上位90位タイまでが5~6日目を戦います。

今回の予選カットの「-5」というスコアは、
例年より2~3打よかったのですが、
これはおそらく、天候が穏やかだったためです。
 

当たり前ですが、4日目の上がりの数ホールでは、
予選カットラインの選手はプレッシャーが大きくなります。

ちなみに、予選が2つのコース(クイーンコース、キングコース)で
行われるという事は前回もお話ししたとおりですが
もし難しいホールが最後の方に残っていたらイヤですよね?

基本的にクイーンコースよりキングコースの方が難しいんです。

ですからなるべく2つのコースの難易度を合わせるため
キングコースの数ホールではティーグランドを前にしてあります。

それでも平均するとクイーンコースの方が
やはり好スコアが出ているようです。

リランキングとは?

もちろん、ピンポジションによっても難易度が変わりますね。
そこでも不公平がないような工夫がされています。

初日と2日目、そして3日目と4日目は
同じような所にカップを切ります。

ただ、初日と3日目の後、
カップ周りがどうしても足跡で荒れてしまいます。

ですからそこでも難易度が変わらないように
1メートルぐらいずらしてカップを切っています。
 

さて、今日の本題ですが、
そもそも4日目までの予選を通過するのと落ちるのでは、
その後がどう違ってくるのでしょうか?

まず、予選を通過すると違うのは
「リランキング」の対象になるという事です。

リランキングというのは、
2017年のレギュラーツアーの獲得賞金によって
シーズン途中でランキングが入れ替わるというシステムです。
 

ファイナルQTの予選を落ちてしまい、
それが例えば120位というランキングだとします。

すると一年間、その120位の順位は変わりません。

ですがファイナルの予選を通過して
例えば70位というランキングだったちしましょう。

そうすると、マンデーなどでチャンスを掴んで、
レギュラーツアーに出場し賞金獲得すると
その後の順位が上がったりするのです。

仮にあるレギュラーツアーの試合でベスト10に入り
200万稼いだとしましょう。

すると、そのリランキングで20位くらいまで上がって
シーズンの後半戦に出場出来たりするのです。

もちろん逆もありうる

ですがその逆に、仮にQTで5位だった選手が
前半のレギュラーツアーで予選を通過せず
賞金を稼げなかったとします。

すると、そのリランキングで40位くらいまで順位が下がり
シーズンの後半戦に出場出来なくなったりもするのです。

簡単に言うと、ファイナルの予選を通過すると
ツアーバッチやツアーカードがもらえたりする他にも
多少シードを狙うチャンスがあるという事になります。

しかし予選通過だけでは本当に少ない可能性です。

そこで前回僕が書いた「目標35位」を目指す事になります。

ではなぜ、35位を目指すのか?

知っている方はかなりのゴルフ通だと思うんですが、
ちょっとまた長くなったので、続きは次回お話しします。

追伸

年明け早々のご案内になりますが、
僕のレッスンを千葉で開催することになりました。

オフシーズン中ということで、
ゴルフライブの事務局から開催の依頼がありました。

少人数で毎回すぐに埋まってしまうようなので、
事務局のほうでもいろいろ苦労しているようです。

ご希望の方はどうぞお早めにお申込み下さい。
ちなみに次回の開催は全く白紙です。

◆関東(1/14 土)

ドライバーレッスン(8:30~11:30)

http://g-live.info/click/kl170114_0830pdf/

アプローチレッスン(12:30~15:30)

http://g-live.info/click/kl170114_1230pdf/

※すでに〆切になっていましたらご了承下さい。
 
 

それではまた、次回も楽しみにしていてください。

ーツアープロ 梶川武志
 

<本日のオススメ>

60歳、70歳と、年齢と共に
飛距離が落ちてきてしまった方向け

大森睦弘コーチの
驚くほどの安定感でボールを飛ばす方法…

今なら期間限定、わずか「5分」で
このビデオをご覧いただくことが可能です…

http://g-live.info/click/jsnx1701/

※お正月限定。明日1/4(水)まで

The following two tabs change content below.
梶川 武志

梶川 武志

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。
カテゴリー: ゴルフ業界, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
梶川 武志

梶川 武志 について

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。

 

Facebookでコメントする

2017年… ツアープロ、天国と地獄」への2件のフィードバック

  1. Y_Iwata

    明けましておめでとうございます。
    今年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

    プロゴルファーの世界なかなか複雑なんですね、続きのブログ楽しみにしています

    返信
    1. 梶川 武志梶川 武志 投稿作成者

      Y_Iwata様

      明けましておめでとうございます。今年も頑張っていきましょう。
      僕も自分のゴルフ、ゴルフライブレッスン、メルマガ、頑張っていきます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。