ラインはキャディさんに聞いちゃダメです

2017.10.10
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「ラインはキャディさんに聞いちゃダメです」

について、お話をしてみたいと思います。

僕はコースでのラウンドレッスンのとき、
こんなふうにズバリ、お客様に言ったりします。

その理由は。。。極めてシンプルです。

自分で読む力が身につかないから

今回はグリーンでのラインの読みについて書いてみます。

アマチュアゴルファーの方は、ラインの読みなかなか
上手くいかないと悩んでいる人は多いと思います。

それでお客様には
 

 「キャディさんに聞いたりしていると
  自分で読む力が身につきませんよ」

 

とお伝えします。その理由は。。。
 

1.自分で読むという行為を放棄してしまう

2.外れた時、無意識のうちに自分のせいではなく
  キャディさんのせいに出来るという責任逃れの気持ちが生まれる

3.「読みは鍛錬によって鍛えられる」
  ということを知らずに終わってしまう

 

この3つです。

ライン読みは、トライ&エラーによって磨かれていきます。

自分が
 

 「ここだ!」
 

と思って所に打ってみて、
自分が思ったより曲がったのか曲がらなかったのかを繰り返すことで
打つべき場所がだんだん見えてくるのです。

初心者はどうするの?

ですが、このように書くとラウンド数の少ない方は
 

 「ラインの読みはどのように身に付ければいいのだろうか?」

 「ラインが読めるようになるには
  どれほどのラウンドが必要なのだろうか?」

 

と思ってしまいますよね。

上記のお話は、ラウンド数の多い(経験値が高い)上級者の方には
口を酸っぱくして言う事もあります。

しかしラウンド数の少ないアマチュアの方は
そもそもライン読みの経験が少ないので。。。

なかなかラインを読む力が身に付きません。

キャディさんに聞いても、
たまたまいいキャディさんに当たればラッキーですが。。。

ラインをしっかり読めるキャディさんというのは
正直言って、案外少ないのです。
 

ということで、ラウンド経験の少ない方はぜひ
これをやってください。。。

「練習グリーン」でラインを読む訓練を積んで下さい

言うまでもないことですが、これはもちろん
ラウンド経験の多い方にも有効ですね。
 

コースでは皆ボールの後方にしゃがんでラインを読みます。

人によってはカップの反対側から見たり、
ボールとカップの横から上りと下りを見たりと
いろいろな場所からラインを読んだりします。

しかし、練習グリーンでラインを読んでいる方は
ほとんど見かけません。

コースの18回のグリーンでラインを読むだけでは
経験値はさほど上がりません。

3パットをしたとしても、OKパットもあるわけですから
18ホールでせいぜい「20~30回」ほどしか
ラインを読まないわけです。

おそらく練習グリーンで30回のラインを読んだら
20~30分ほどの時間がかかると思います。

スタート前とラウンド後に20~30分
ライン読みの練習をすれば、普段の3倍の経験が出来ます。

また、コースでは外れたら
同じところからもう一球とはいきませんが、
練習グリーンでは何回でも復習が出来ます。
 

ラインは読もうという気持ちがあれば
必ず読めるようになります。

頑張っていきましょう。

追伸:今日がパターの話だから… ではありませんが

ちょうど今日から、僕のパター教材が
キャンペーン開始しました(これは全くの偶然です)。

「梶川武志のパッティングを極める」

http://g-live.info/click/kjkw_p1710/

 

ココだけの話、僕が若い頃はパターが苦手でした。

当たり前ですが、パターが下手では試合では勝てません。
なので必死で方法を考えて、練習を繰り返しました。

おかげで今では他のプロからも
「パター上手いですね」と言われるようになっています。

僕がここで紹介している方法は、
20年近いプロ生活の中で、編み出してきた方法です。

全て、実地の中で生み出してきたものですので、
プロやアマチュア関係なく、やっていただければ
結果が出せるものだと自負しています。

アマチュアの方は、プロに比べ、パッティングの練習量、
そしてパッティングの知識が非常に少ないと感じます。

パッティングについて知るだけで、
今100を切っていない方なら簡単に10打ぐらいは
縮めることができます。

90切り、80切りを目指す方にとっても、
5打ぐらい簡単に縮まる内容になっています。

是非、このプログラムによって、
パッティングについての極意を知り、
ぜひ、目標のスコアを達成してください。

「梶川武志のパッティングを極める」

http://g-live.info/click/kjkw_p1710/

もちろん、ラインの具体的な読み方についても
この中でちゃんとレッスンしています。
 

それではまた、次回も楽しみにしていてください。

ーツアープロ 梶川剛奨

The following two tabs change content below.
梶川 武志

梶川 武志

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。
カテゴリー: 100切り, 90切り, パター, パッティング, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
梶川 武志

梶川 武志 について

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。

 

Facebookでコメントする

ラインはキャディさんに聞いちゃダメです」への7件のフィードバック

  1. 梶川 武志梶川 武志 投稿作成者

    千葉守様
    こんにちは。
    とてもいい練習です。是非続けて下さい。

    返信
  2. チバちゃん

    アルバハンデトーナメントで富士桜カントリークラブでプレーした時には逆にキャディーさんがいて助かりました。富士山の麓は錯覚が起きて、下りに読んだのが上りだったり、まったく逆に読み違いをしていました。男子プロが戦う舞台さすがに手ごわいコースでした。

    返信
    1. 梶川 武志梶川 武志 投稿作成者

      チバちゃん様
      こんにちは。
      以前メルマガでも書きましたが、富士山麓のコースは特に全体の傾斜が凄いです。
      傾斜を登っていくようにも見えてしまいますよね。
      機会があればまたメルマガで書いてみます。

      返信
  3. 松本孝治

    確かに、ラウンド前にパターの練習はしますが、グリーンの速さと距離感覚に集中していて、ラインは適当にフックか、スライスかくらいにしか読んでいないです。これからはアドバイス通り実践してみます。
    練習場にあるグリーンも、「コースによって芝目が違うから」とあまり熱心ではなかったので「トライ&エラー」をしてみます。
    「梶原武志のパッティングを極める」で研究します。

    返信
    1. 梶川 武志梶川 武志 投稿作成者

      松本孝治様
      「パッティングを極める」ご購入ありがとうございました。
      ライン読みはたくさん練習していただければ必ずラインが見えるようになります。頑張って下さい。

      返信
  4. Y.IWATA

    いつもお世話になっております。

    最近ほとんどセルフラウンドでキャディーさんにラインを読んでいただくこともほとんどなくなりましたが、やはりライン読みは難しいですね。
    ご指導のおかげで打ち出し方向の精度は上がってきているので、ライン読みと距離感を課題に鍛錬続けます。

    ラウンド後も練習できるといいのですが、我々アマチュアはラウンド後バックごとクラブ全部預けてしまうので中々難しいです。他の皆さまはどうなさっているのでしょうか?

    返信
    1. 梶川 武志梶川 武志 投稿作成者

      Y.IWATA様
      ゴルフ場に預けるという事ですね。
      パター練習をする旨を伝え
      一時的にキャディバッグをマスター室前に置いておいてもらい、
      パター練習終了後キャディバッグを預かってもらうといいですね。

      返信

松本孝治 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。