ティーグラウンドでの “おまじない”

2019.11.02
服部hattori

From:服部コースケ
都内のゴルフスタジオより、、、

おはようございます、
服部コースケです。

飛ばし屋のあなたにとってティーショットは、

いかに遠くに飛ばすか、
そしていかに他のプレイヤーより
アウトドライブさせるか、

というのを、
常に意識しているのではないでしょうか?

私ももちろん同じで、
飛ばしの専門プロを
名乗らせてもらっている以上

同組メンバーにティーショットで
置いていかれないように
常日頃からトレーニングに励んでいます。

で、もちろん私が
一番遠くまで飛ばすんですが、
どうしてもたまにあるんですよ。

今日はなんか調子悪いし、
風もアゲインストで飛ばなそうな日が…

強いアゲインストの風だと
15y~20yも
飛距離が落ちることがあります。

でも私には変なプライドがありまして…

どんなに悪いコンディションでも
300y飛ばしたい。

アゲインストの風のときは
もちろん同組メンバーも
同じくらい飛距離が落ちます。

ですが、周りも落ちているからいいや、ではなく、
「周りが伸び悩んでいるときこそ」
ビッグドライブを決めたくなってしまいます。

そんな状況のとき、
私はティーグラウンドで
ある “おまじない” をすると決めています。

その “おまじない” をすると
飛距離が10yほど伸びるのですが、
結構大きなリスクもあります。

1打のペナルティ…

こんな大きなリスクと引き換えに
あなたはプラス10yの飛距離が欲しいですか?

ティーショットの飛距離が10y伸びたとしても
スコアは5縮まらないかもしれないと考えると

リスクのほうが大きいですよね。

でも私は結構頻繁に
この “おまじない” を使います。

やっぱり圧倒的な飛距離が欲しいからです。

しかもそのおまじないは、
一瞬でできてしまいます。

手軽にできてしまうので、
危ないですが
ついつい手を出してしまうのですね。

私がリスクを承知の上で
ティーグラウンドでするおまじないとは、、、

ティーの斜め刺し

ティーをターゲット方向に向けて斜めに刺すと
飛距離が10yほど伸びるんです。

嘘じゃありませんよ。

科学的にも証明されている事実です。

ですがさっきも言ったように、
1打のペナルティを喰らうリスクもあります。

斜めに挿している分
ボールがティから落ちてしまいやすいんです。

スイングしている間に
落ちてしまったらもちろん空振り

私は特にアゲインストのときに
斜め刺しをするのですが、
風があるときはボールが落ちやすくなります。

実際にスイング中にボールが落ちて、
かすった感じで変な方向に
飛ばしたこともあります。

でもやっぱり飛距離が伸びる可能性があるなら、、、
と考えると斜めに刺してしまいますね。

でもなんでティーを斜めに刺すだけで
飛距離が10yも伸びるのか、
それは摩擦力が影響しています。

ティーを真っ直ぐ刺すと
斜めに刺しているときに比べて
ボール初速が落ちるのです。

斜め刺しで飛距離が伸びる理由

ティーとはショット時にボールに触れる
クラブヘッド以外の唯一の道具です。

ボールを適切な高さへセットする
という役割はもちろんですが、

ボールに触れているので
少なからず飛距離に影響があるのです。

ここで少し思い出していただきたいのは、
物理学で習った「摩擦力」

触れ合った2つの物体が接しているときに
相対運動を妨げる力です。

ティーとボールの関係で話せば、
ティーは、ボールが打たれて
飛び出そうとしているのを妨げるのです。

ボールの打ち出される初速が
ティーのせいで遅くなるのです。

これ、飛ばし屋からしたら、
とても許せることではありません。

私たちは一生懸命鍛えて
飛距離を伸ばそうとしているのに、
ティーがボールを飛ばそうとしないのです。

大げさな表現ですが
イメージは間違っていません。

そこでティーを斜めに刺すとどうなるか、
摩擦力がへって、ボールを抑える力が弱くなるので
飛距離が伸びるということなのです。

ティーの刺し方で飛距離が伸びる理由は
摩擦が減ることだけではありません。

ティーをボールが飛び出す方向へ傾けて刺すと、
飛距離ロスの大きな原因の一つ
バックスピン量が抑えられるのです。

これは実際に弾道測定器検証され
明らかにされた事実です。

凄いですよね。
ティーの角度を工夫するだけで
飛距離アップに効果的な2つの効果があります。

あなたもラウンド中、
ここぞという勝負どころで
ぜひ、試してみてください。

アゲインストの風でメンバーが苦戦している中
圧倒的なドライバーショットをすると
凄く気持ちがいいですよ。

その分、ボールが落ちて空振りしたときは
恥ずかしくてたまりませんが…


服部コースケ





追伸:

今日お話した内容は、
ここぞというときの飛距離アップ法

効果があるのは事実ですが、
大きく飛距離を伸ばすのは難しいですよね。

やはり、大きく飛距離を伸ばしたいなら
効率良く力を伝えるテクニックを
身につけるしかありません。

ティーの斜め刺しのように
ペナルティがあるわけもなく

ミート率が格段にアップし、
スライスがドローボールに変わり、
飛距離が30yも伸びる

夢のようなおまじないはこちら


服部流・飛距離アップの極意

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。