アプローチでスピンをかける基本スウィング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.08.11
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「アプローチでスピンをかける基本スウィング」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

前回のメールマガジンでは
このロースピンボールのアプローチでは
 

 「道具の方が重要度が高い」
 

ということをお話ししました。
ですがしかしながら。。。

ロースピンボールのスウィングの基本

スピンのかかるサンドウェッジとボールさえあれば
ロースピンボールは身に着けたも同然。。。
 

というわけには、もちろんいかないわけです。

道具も重要なんですが、
道具と技術の両方が揃わなければ
スピンはかかりません。

ではスピンをかけるためのスウィングの基本とは、
一体どのようなものでしょうか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

(せっかくなので、ちょっと考えてみてください)
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

いかがでしょうか?
 

スピンをかけるためのスウィングの基本とは、

スピンを生み出すクラブの動き

1.ロフトの大きなクラブを少し開いて構えます。

2.球を右に置いて、ダウンブローの軌道で上から
  クリーンに打ちます。

 

こうすることで、一瞬球がフェース面を滑り上がり
その動きがスピンを生み出します。

そして重心の下、ややトウ寄りで
球をとらえることが大切です。
 

ここで、フェース面とボールの位置関係を
補足しておきますと。。。
 

重心の下で打てば、
ギア効果でよりスピンがかかります。

トウ寄りで打てば、飛距離が出ない分
ヘッドスピードを上げられますので、
よりスピンをかけやすくなります。

フェースの溝(スコアライン)で言えば、
下から1~2本目で球をとらえるようにする
イメージで打っていきます。

フェースコントロールの感覚を身に着ける

その前にまずは手始めに
SWで球を拾い上げることから始めることを
オススメします。
 

 1.置いてあるボールを
   片手で握ったSWですくって、
   反対の手で受ける

 

ということをやってみてください。
そしてまた、
 

 2.フェースを寝かせて
   ボールをポンポンと軽く打ち上げ、
   リフティングを行う

 

こうした遊びをしていると、
フェースやリーディングエッジをコントロールする感覚が
磨かれていきます。

スピンをかけるためには、なんといっても
クリーンに球をつかまえることが重要だからです。
さらには、
 

 3.バウンスの小さいSWでフローリングの床など、
   硬い所から球を打てることを目指す

 

これを、最終目標とします。

硬い床の上からでも球が打てるようになると、
打点の高さのコントロールもできるようになるので、
アプローチがうまくなります。
 

そういう意味では、ロースピンボールのためだけでなく、
こういう練習を多くの人に取り入れてもらいたいものです。
 

ということで早速、ロフト58度のSWでのリフティングから
スタートしてみていただくこととオススメします。
 

ぜひ、お試しください。

追伸:お盆限定のご案内

なんでも私が出した教材が、
昨年の販売ナンバーワンだったそうです。

 「エフォートレスパワー」

まだチェックしていないようでしたら
下記のページからチェックしておいてください。

詳細はコチラをクリック
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アプローチ, ウエッジ, ダウンブロー, メルマガ, 上達テクニック, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。