【ビデオ】すくい打ち防止の特効薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.11.22
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「すくい打ち防止の特効薬」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

すくい打ちとは、ボールを地面に置くショットなのに、
ヘッドの軌道が上昇しながらボールヒットすることです。

このすくい打ちが、ダフりやトップを大量生産します。

その諸悪の根源となるすくい打ち防止の特効薬が、
ボールヒットに向かって頭を落とすことです。

え、逆だと言っていませんか。

逆ではありません。

その不思議なメカニズムを理解できれば、
すくい打ちからのダフりやトップを激減できます。

(続きはビデオにて)

すくい打ち防止の特効薬

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

https://g-live.info/click/omrpdf201122/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

ダウンブロー

ところで、すくい打ちの反対がダウンブローです。

良いダウンブローでかっこ良くターフを取りたいなどと、
夢を抱くゴルファーも多いかと思います。

しかし、一般ゴルファーのほとんどは、
すくい打ち傾向です。

ターフをとるとしてもそれは勘違いで、
クリーンにボールを拾ってからのターフではなく、
手前から入ってのダフりが真実です。

本当のダウンブローである軽い下降軌道を手に入れて、
このダフりから解放されるためにも
すくい打ちを撲滅させたいものです。

すくい打ちの原因

そもそもすくい打ちになるのは、
リリースのタイミングが早すぎるからです。

本来はトップヘ向かう切り返しから
ダウンスイング序盤でしならせます。

ところが、ほとんどのゴルファーはダウンスイング序盤から
クラブを自ら出そうとする力で振りにいこうとします。

そうすると、しなるどころか逆にセットアップの形よりも、
ヘッドが先に出るぐらいでボールに向かいます。

本来はボールを地面に置くショットのボールヒットでは、
程度問題はあるとしても手元が先で
ヘッドが後の形になることで自然で適切なダウンブローとなります。

すくい打ち防止の特効薬

そこで冒頭でもお伝えしたように、
すくい打ち防止の特効薬はボールヒットに向かって頭を落とすことです。

頭を落とそうとすれば、その分、
低くなることでダフりやすくなります。

普段、リリースが早すぎていたら即効でダフります。

そうです、最初はしかたありません。

しかし、そのショックは、
正しいダウンブローへの最短路となります。

また、頭を力で落とそうとすると、
色々な調整が入ることでダフります。

上半身の重さを利用して、重力で落とすようにします。

そのためには、上半身をまずはセットアップから
リラックスさせます。

普段は色々な筋肉が働いて、
落ちることを支えようとしています。

それを抜けば良いだけです。

本来は簡単なはずです。

しかし、これが案外できないものです。

それはそうです、ダウンスイングをはじめたら
すぐにクラブを振ろうとしているからです。

それでは、普段普通に立っているときよりも、
落ちにくくなります。

まずは、セットアップから
クラブが落ちないギリギリの力でクラブを支え、
バックスイングでもヘッドが置いていかれないぐらいに
支えるだけの力で耐えます。

手首を親指側へ折るコック以外は自分から何かをしようとしないで、
下半身とヘッドからの力を受けて耐えるだけに徹すれば良いです。

そうすると、バックスイングで動いてきたヘッドの勢いで
案外楽にトップまでいけるようになります。

そこまできたらあとは上半身と両腕とクラブを自然に落としながら、
両脚で地面を踏もうとすることだけを考えます。

このことだけを考えていれば、
上半身はしなりながら頭は自然に落ちてきます。

ダウンブロー軌道はクリーンヒットのマージンが大きい

そうすれば、ボールヒットに向かってリリースが早すぎなくなってきて、
ダウンブローの軌道でクリーンヒットの窓が大きく広がります。

まさに、クリーンヒットできるマージンは大きくなります。

すくい打ちになるほど、
クリーンヒットの窓であるヘッドが地面に当たらず、
トップ状態にもならないための侵入経路は狭くなります。

ちょうど良いダウンブローに傾くことで、
クリーンヒットの窓は広く開けられます。

そして、リラックスして重力を感じるほど、
最適なダウンブローが手に入ります。

しなった形が残るほどヘッドは地面から高くなる

ところで、腕は遠心力で引っ張られると伸びることから、
何もしなければボールヒットでは
セットアップよりも腕が伸びてヘッドは低くなります。

そして、本当は簡単なことですが、
しなった形が残るほどヘッドは地面から高くなります。

そのため、しなりが残っていることが、
ダフらないためのボールヒットでの形です。

そして、しなり戻りながらボールに近くことで、
高い位置から低い位置に向かってヘッドが動いて
ダウンブローとなります。

これは簡単な原理なのに、
なかなか理解できていないものです。

急すぎるダウンブローは逆効果

ただし、急激すぎるダウンブローほど
逆にボールヒットが線ではなく点になるので、
クリーンヒットは難しくなります。

特にダフりやすい状況では、
つい手の力で上から打ち込みにいこうとするものです。

そうすると、ボールヒットという
ヘッドスピードが最も速くなろうとしているタイミングで、
自ら出そうとする力でヘッドの動きをコントロールすることになります。

それでは制御が難しくなることで、
ヘッドの動きは不安定でヘッドのボールへの入射角度は
打つたびにまちまちです。

その結果、上から入っているにも関わらず
ぐさりと地面に突き刺さる大ダフリや、
ボールの頭を叩くトップにもなります。

一番クリーンヒットしやすいのは、
ボールが完全に地面や芝から浮いているなら、
ヘッドがクリーンヒットの高さのまま
地面に平行に走りながらボールを打ち抜く軌道です。

しかし、理想的にボールが浮いていることはありません。

芝に沈んだ分、上から下への軌道にすることで
クリーンヒットの窓が大きくなります。

しなった形はクラブを強く押せる形

ところで、誰でもクラブを自ら出そうとする力で
強く振ろうとするものですが、しなった形のほうが
下半身の力がクラブまでダイレクトにつながって強く押せます。

ボールヒットでの当たり負けを少なくして、
ヘッドスピードを出来るだけ多く
ボール初速へ変換できるほどボールは遠くまで飛びます。

そして、腕などで何か物を押そうとしたら、
伸びきっていてはそれ以上伸びないわけですから
押していく力を発揮することは不可能です。

腕が少し曲がっていなければ、
押して動かすことはできません。

試しにヘッドを練習場のマットの端などに当てて
動かないようにしておいて、ボールヒットの形をつくって
マットを押そうとしてみてください。

どんな形に構えると、一番強い力でマットを押せますか。

その形こそ、通常のショットでも
ボールヒットでつくりたいボールを強く押せる形です。

普段練習場ではクリーンのつもりでもダフっている

そして、恐ろしいことに、
普段練習場ではクリーンヒットしているつもりでも
ダフっています。

マットからだと、少しぐらいダフっても分からないからです。

しかも、ボール手前でヒールが少しマットに接触するぐらいだと、
捕まった気持ち良いボールが出ることがあります。

それは、普段グリップがウィークなどの理由で、
フェースが開いてボールヒットする傾向がある場合ほど
多くなります。

ウィークなグリップではボールが捕まらないので、
捕まえようとしてセットアップからハンドダウンが強くなって
ヒールがマットに当たりやすくなります。

そして、軽いヒールダフりだと、
ヘッドのヒール側にブレーキがかかることで
ヘッドが左に回転して閉じてきます。

そのため、開き気味に入ってきたヘッドが、
ヒールダフりで勝手に閉じてくれます。

この見せかけの気持ち良いショットに惑わされて
同じように動こうとすれば、
軽いヒールダフリを定着させてしまいます。

それが、すくい打ち状態で再現しやすいため、
その悪いすくい打ちの動きを一生懸命に定着させているのが
練習場で多く見られる風景です。

そうなると、実際のラウンドでの芝の上からでは
マットよりも格段に抵抗が大きいので、
まさにダフりの連発になります。

練習場のマットにはこんなにも怖い罠がありますから、
ヒールダフりかどうかをしっかり見極めて練習しましょう。

音は大切

そのためには、ボールヒットでの音を大切にして、
音を強く意識して練習することです。

本来、アイアンでは、ヘッドの溝である
スコアラインの下から2本目となる
ヘッドの重心の下にヒットさせます。

これは案外下になります。

この位置でボールヒットすると、
ヘッドの重心にヒットさせたときよりも、高めの音で
ボールの出だしは低めに飛び出しますが、そのあと浮いてきます。

そして、ゆっくり飛ぶ感じになります。

スコアラインの下から2本目を狙う

ここのスコアラインの下から2本目に狙いを定めるのは、
適正なバックスピンをかけたいからです。

ロフトの大きさに比べてヘッドスピードが速くてダウンブローがきついほど、
バックスピンが多くなりアゲンストの風に負けやすいなどの弊害が発生します。

しかし、ロフトに対してマッチしたヘッドスピードと
自然なダウンブローの軌道の中での、
正しい打点でのバックスピンならちょうど良い感じでかかります。

その最適なバックスピンのためには、
ヘッドの重心より下で当てます。

その結果、当たり負けによってフェースが被りながら
ボールがフェース面から離れていくので、バックスピンが増えます。

このように、当たり負けで
フェースの回転とは反対方向の回転がボールにかかることを
ギア効果といいます。

このギア効果でボールにバックスピンをかけるように、
ヘッドはつくられています。

普段、練習でヘッドの真ん中にヒットさせようとしていると、
重心よりも上に当たることになって
逆方向へのギア効果でバックスピンは解ける方向になります。

さらにはスコアラインの下から2本目でのヒットより
ヘッドが下に2cmぐらい多く出るので、
その分ダフりやすくなります。

本来は無理やり手の動きでダウンブローを強めて
バックスピンをかけようとしなくても、打点さえ意識してショットすれば
安定した良いバックスピンを手に入れることができます。

適正なバックスピンなら空気抵抗は多めなのでゆっくり飛びますが、
ボールは落ちにくくてキャリーが増えて
進行方向とは逆の回転でランは減らせます。

アイアンは通常はグリーンを狙うショットですから、
まさにゆっくり飛ぶ感じで落ちてから
そこそこ止まることでスコアアップできます。

すくい打ちを撲滅して、コントロールしている感じのショットで
楽しくコースを回りましょう。
 

では、また。
 

<本日のオススメ>

先日からゴルフライブ講師の
水柿雅貴プロがご案内している
ドローボールの打ち方をレクチャーした

 「ワン・サード理論」…

もしまだご覧になっていなくて、
ドローボールがラクに打てる方法に
興味があるなら…

どうぞコチラのページを
チェックしておいて下さい。

商品の詳細はコチラをクリック!

明日11/23(月祝)まで。お早めに
 

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: インパクト, ダウンスイング, ダフリ, トップ, ビデオ, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。