体重移動を意識すればスライスはなくなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.02.20
服部hattori

From:服部コースケ
東京の自宅より、、、

おはようございます、
服部コースケです。

本日はスイング時の
「体重移動」のお話です。

ドライバー飛距離を伸ばそうとしたとき、
「体重移動」というのは必要不可欠です。

ゴルフは他のスポーツと違って、
静止した状態からスイングを始動しますので、
できるだけスイングに勢いを付けるために、

ヘッドスピードを上げるためにも
体全体を使った体重移動が必要になってきます。

もしかするとあなたも、
先輩ゴルファーや、ゴルフコーチから

「体重移動を意識して!」

などと、指摘されたことが
あるかもしれませんが、、、

体重移動が大事なことは理解しているけど、
なかなか上手くできないのが難しいところです。

ですが、正しく体重移動できると、
スイングに勢いがついて、ヘッドスピードが上がり
大幅な飛距離アップにもつながるでしょう。

そこで、今日は
飛距離アップのための体重移動について
レッスンをさせていただきたいのですが、

ところで「体重移動」と聞いて、
あなたはどんなことを想像しますか?

ゴルフスイングでは、
テークバックからトップにかけて
右足に体重を乗せ、

ダウンスイングからインパクト、
そしてフォローにかけて左足に
体重を移動させるのが

理想だと言われています。

ですが、これだけで不十分です。
大事なポイントを見落としています。

このポイントを見落としてしまうと、
スライスしやすくなってしまいます。

逆に、このポイントをしっかりおさえれば
スライスしにくい、真っ直ぐ飛んで飛距離も伸びる
理想の弾道で打てるようになるでしょう。

スライスをなくしながら飛距離を伸ばす、
「体重移動」で重要なポイントとは一体なにか?

こちらのレッスン動画で確認してください。



スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



テークバックで右足、
ダウンスイングからフォローにかけて左足、

この体重移動は、
体に対して左右の体重移動です。

本日のレッスンでは、
左右だけでなく、つま先とかかと、

つまり「前後の体重移動」について
お伝えさせていただいたのですが、

ここまで意識できるようになると、
腰が深く、スムーズに回るようになって、

インパクトまでの助走距離が伸び、
ヘッドスピードの向上が狙えるでしょう。

それだけでなく、
つま先に体重が乗って、前のめりになると、
ボールまでの距離が近くなるので、

スライスが非常に出やすい
スイングになってしまいます。

この、前後の体重移動を意識するだけで、
スムーズな回転でヘッドスピードが上がり、
スライスが出にくく飛距離アップに繋がります。

飛距離アップには二重に良いことがあるので、
少し難しい話ではありますが、ぜひ意識して
スイングするようにしてみてください。

この体重移動が出来るようになると、
必ず良い結果に結びつくでしょう。

服部コースケ


追伸:

ゴルフスイングは、
右手の添え方をはじめ、一言で語りきれないほどの
動作・所作が集まってはじめて完成します。

その腕はもちろん、腰、骨盤、膝やつま先まで
体の隅々まで理想の動きをすることで
初めてナイスショットが打てるのです。

その中でも特に大事な、
正しいスイングを補う
欠かせない6つのポイントがあるのですが…

あなたは知っていますか?

https://g-live.info/click/hattori/

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ビデオ, 新着ビデオ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

体重移動を意識すればスライスはなくなる?」への2件のフィードバック

  1. みむちゃん

    いつもご指導ありがとうございます。最近体の回転が悪くなり、ボールがスライスしたり、飛距離も落ちてきました。今回のご指導で、体の回転不足をを補うヒントになりました。また、打ち終わった後、右足が前に出てしまうのも、体重が前過ぎている結果だと思います。ご指導を参考に修正していきます。有難うございました。

    返信
  2. やっちゃん

     服部先生、こんばんは。
     引くとか踵への移動が、回転に大きくつながるのですね。
     有難うございました。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。