【ビデオ】飛距離アップに一番の即効性があるのは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.01.29
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

「すぐに飛距離が上がるいい方法はないですか?」

私が一番聞かれる質問です。
正直一言で答えることは難しいですね、、、

手っ取り早く飛ばしたい気持ちも分かります
私自身も同じことで悩んできたから余計です。

すぐに飛距離を伸ばすには色々な方法が
あるのですがあえて一つだけ答えるとするなら

芯に当てればいい

そう答えます。

まずは身体の使い方を身につける

それほど芯に当てっていない方が多いです。
正確に芯に当てる事は本当に難しいのですが、、、

例えば
ゼクシオ9を買う。
ジムに行って筋肉をつける。

もちろん両方とも
飛距離アップには重要な要素です。

ですが即効性があるかと言ったら
必ずしもそうとは言えません。

私は筋トレが趣味だから
よく分かるのですが筋肉はすぐにはつきません。

ある程度の期間やらないと
身体は変わりませんし、積み重ねが必要です。

ゼクシオ9はいいクラブだと思います。
ですがどんなに品質や性能がよくても
芯に当てれれなければ飛ばすことはできません。

例え、練習場でどんなにいいショットが打ち続けられても
実際にラウンドで使ってみるまで自分に合っているのかわかりません。

しかも数ヶ月単位で使って見なければ
本当の意味で自分にあったクラブなのかは判断しづらいです。

即効性があり、確実に最短で
飛距離を伸ばすにはスイングが一番なのです。

             
            

自宅でできるトレーニング

今回お付けする自宅でもできる
飛距離アップのためのレッスン動画。

ゴルファーにとって今の寒い時期は
なかなかモチベーションを保つのが難しいですが

これを定期的に取り組むことで
確実に飛距離の伸ばすことができます。

ぜひやってみてください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになり

ました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイ

コンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。


<本日のオススメ>

あなたはこんな不安を
感じたことはありませんか?

・テークバックの引き方がわからない

・練習してもスイングを忘れてしまう

・スコアが不安定で、スコアがまとまらない

そんな悩みを全て解決してしまう発明があるんです。

世界各国のスタジオで使用され
初心者でも3日でラウンドできてしまう
上級者なら何度も今日1を連発できてしまう

あなたのスイングを一変させてしまうでしょう。
各国のプロゴルファーが絶賛のわけとは、、、

http://g-live.info/click/p-swing170126/

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: スイング, ビデオ, 動画, 新着ビデオ, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】飛距離アップに一番の即効性があるのは…」への5件のフィードバック

  1. スワローズ

    いつもレッスン動画を参考にしてます。今回のドリルは特に自分に必要な内容でした。ミート率アップのために前傾、捻転差のキープが出来る様に練習しようと思います。

    返信
  2. yue

    右肩が顎の方向に当たってくるイメージ、なるほど凄い理解し易かったです。今回のドリルの他、ゆっくりスイングする中で、チェックしていきたいです。
    ありがとうございます。

    返信
  3. 大森勝彦

     色んなドリルを見させていますが
    このドリルに感銘を受けました。
    早速明日から実践します。
    有難うございました。

    返信
  4. 横浜 ミムチャン

    服部コーチ、早速室内でもできるトレーニングのご指導ありがとうございます。理論がすごくわかり易いです。捻転差がフィニッシュで揃うところがうなずけます。またインパクトからかなり押し込んでいるようにお見受けします。練習に取り入れます。ありがとうございます。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。