【ビデオ】これを知らないと一生ダフります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.08.29
ohmori

From:大森睦弘
神戸の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「これを知らないと一生ダフります」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

ボールを地面に置くショットでは、
体の重心がボールの先にある状態でヒットすれば
クリーンヒットの確率は高くなります。

そのボールの先へ重心をセットできるためにやるべきことを
しっかり認識してスイングすれば、ダフりは撲滅できます。

では、その具体的な方法とは?

(続きはビデオにて)

これを知らないと一生ダフります

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

https://g-live.info/click/omrpdf210829/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

こうすればクリーンヒット量産

スイングの基本的な動きとして、
ボールヒットに向かってしっかり左にターンすることで
重心は左サイドに移動してくれます。

そして、トップに向かう切り返しで
左腰を低く落とそうとすればクリーンヒット量産です。

トップでの状態

そこで、まずはトップとはどんな状態にあるのかを
確認してみましょう。

トップでは腰から首の付け根である体幹の右ターンで
右サイドには手元やクラブ、さらには重いお腹など
多くの重量物が右側に集まっています。

その状態でダウンスイングしてきて、
下半身でパワーを全開できる体勢に入ろうとして両脚で地面を踏もうとしても、
案外、右脚に多く体重がかかります。

右脚で何かしようとする問題

さらに、右脚を使って腰を回そうとすると、
やっぱり右脚でよりしっかり地面を踏もうとして、
重心は左脚に動いてくれません。

特にダウンスイングで手打ちではなく、
脚を使おうとして右脚で地面を蹴っていませんか。

それでは、右脚で地面をとらえようとする本能で、
右サイドに落ちてくることを助長してしまいます。

ボールヒットに向かって左脚主体でターン

そして、左脚に重さが乗らなければ、
左脚を蹴っても単なる空蹴りで
地面に対してパワーを伝えることはできません。

本来は、まずは両脚で地面をとらえて
パワーを発揮しやすい体勢をつくった状態から、
左脚を蹴って両腿をキュッと締めることで腰は左にターンします。

右脚ではなく、左脚を積極的に使うことが重要です。

右脚は、ボールヒットに向かってクラブが振られた反作用で
右に押されることに耐えることで最大のパワーを発揮できます。

腰の左を低く落とすイメージ

そこで、ダウンスイングしてきてしっかり両脚で
地面を踏む体勢に入るために行うべき動きがあります。

それは、トップに向かう切り返しで
ヘッドがまだトップに向かっている最中に、
左の腰を低く落とそうとすることです。

腰の左サイドを低くしようとすれば、
右に集まっていた重さを素早く左方向へ
シフトさせることができます。

さらに良いことにこの動きでは、
ヘッドと左腰の真逆の動きで上半身は伸ばされて
しなりのエネルギーを溜めはじめることができます。

まさに、左手で吊革につかまった状態で左脚の力を抜いて、
左サイドを落とすようにぶら下がっている感じをイメージできると最高です。

切り返しで左の腰を低く落とす意識はダフり防止ばかりではなく、
しなりとそのしなり戻りを使った効率の良いスイングへ導いてくれます。

バックスイングで体重移動は意識しない

また、バックスイングで右に体重を移動させるという
間違った言い伝えで、体幹を右ターンさせるのではなく
右にシフトさせようとする動きのゴルファーは多いです。

回転よりもシフトのほうが出だしでは楽というか、
ある意味簡単そうな動きなので特にそうなる傾向がありますが、
背骨を中心に回転すれば重心は勝手に移動します。

さらに悪いことに、右に体重を持っていこうとすると、
頭を右に動かしてしまいます。

軸の先端の平均的には6kgもある重い頭をバックスイングで動かすほど、
トップのポジションはばらつきやすくなりスイングの再現性は低下します。

体幹の右ターンで体幹の前側にある重いお腹は斜め右上にあがってくるので、
それをセットアップのポジションまで落とす動きで
上半身のしなりをつくり始めるエネルギーにします。

しかし、ターンではなくシフトで行うと、
動きとしては再現性が悪くなりますから注意が必要です。

頭は背骨の前側についているので、背骨を中心にターンしたら
頭の幅半個分程度右に動くまでが頭の移動量の許容範囲と考えましょう。

アプローチでは左に多く乗ることもある

ところで、アプローチショットで、
通常なら両脚均等に地面を踏むセットアップを
私はオススメします。

しかし、ボールがディボットに入っているなどの
クリーンヒットしにくい状況では、セットアップからあらかじめ
左脚に多く乗ってダウンブローを強めます。

左足さがりでは傾斜なりに立つことで自然に左脚に
多くの体重がかかるので、それに任せればよいです。

体重移動を制限する理論もある

体重移動にはさまざまな理論もあり、
例えばスタック&チルトとかではバックスイングではむしろ
左脚に多く乗っていくようにするとしています。

さらに、ジョージ・ガンカスさんのスイングでは
バックスイングで右脚を左に倒して、右腰をむしろ左にシフトさせる動きで
体重の右への移動を止めることも言われています。

しかし、バックスイングで左脚に多く乗ろうとすればするほど、
右脚で地面を踏めないことで、腰の回転のために
右脚を外側へ捻る動きが入りやすくなります。

脚を外へ捻る動きはかなり感覚的な動作となるので、
一度できたと思ってもその動きを再現させることは難しいものです。

さらに、地面を押しつぶす方向への力は
精度よく大きな力を伝えることができますが、
横方向の力では足が滑ったりするばかりか弱い力しか出せません。

体のターンで体重が自然に移動することに任せながら、
脚を地面に対してできるだけ縦方向に力を使う動きにしましょう。

バックスイングで頭の移動量を抑える

また、トップのばらつきを押さえてスイングの再現性をよくするために、
軸の先端にある平均6kgもの重い頭は
バックスイングではあまり動かしたくありません。

そのためには、セットアップで
ボールを後ろから覗き込む感じである体の正面から見て
「逆くの字」となるようにします。

「逆くの字」でバックスイングで
頭の位置が変化し過ぎることを抑えることができれば
スイングはやさしくなるばかりか、ボールを狙っている感じも出てきます。

そこで、逆くの字のつくり方は次のようにすると良いです。

まずは両脚で均等に立った状態から、
頭をトップ近くである右方向へあらかじめ持っていくことで
上半身を右に少し傾けます。

そうすると、重い頭が右にシフトした分、
体重は右脚に多くかかってきます。

そこで、両脚で均等に乗れるところまで、
腰を少し振り出し方向である左へシフトさせます。

そうすると、ターゲットの後ろからボールを覗き込む、
正しい「逆くの字」になります。

また、スタンスの幅が広いほどバックスイング開始で、
まずは右脚で地面を縦に踏みやすいところまで
腰を右にシフトさせます。

これは単に右脚で地面を踏もうとすれば、
普段地面に立っていることが小脳プログラムされているので
自然にシフト動作が入るのでそれに任せれば良いです。

また、サンド・ウエッジで15yキャリーさせるぐらいの場合の
スタンス幅は、両足の母指球の少し後ろの間隔がちょうど腰の幅ぐらいである
だいたい30cmです。

そうすると、バックスイングで腰の右へのシフトなしに、
いきなり脚を伸ばす動きだけで腰がターンできます。

バックスイングでは右足の母指球の少し後ろで地面を踏みながら、
右膝を伸ばし右股関節は上半身の前傾角度を保つ程度には
伸ばしきらない範囲で伸ばします。

そうやって、右のお尻を右後ろポケット方向へ押し込むように
右脚を長くするだけで、バックスイングを下半身主体で
動かすことができます。

そして、スタンスの幅が腰の幅より広がるほど、
セットアップでの「逆くの字」は深くなります。

その分、バックスイングで右脚が地面を捉えやすいポジションに入るために
腰は右にシフトする量は多くなり、バックスイングが進むにつれて
「逆くの字」はだんだん浅くなります。

セットアップでの「逆くの字」により腰の右へのシフト量に対して
頭はそれほど動かず、背骨を中心として右にターンして
頭は右へ頭の幅半個分程度シフトするぐらいとなります。

また、「逆くの字」が大きくなるほどセットアップでの左肩は右肩よりも高くなり、
ダウンスイングで上半身全体を下に落とそうとするだけで
遠心力に耐えやすい体勢ができます。

そして、ボールヒットに向かって左脚で地面を蹴ることに合わせで
頭を振り出し後方へ押し込みやすくなることで、
大きな遠心力耐えることができます。

遠心力とヘッドスピードは相関関係が強いので、
遠心力に耐えやすい体勢を整えるだけで
ヘッドスピードアップに直結します。

「逆くの字」はスイングの再現性を高くするのみならず
飛距離アップにも連動しますから、
しっかりセットアップで正しい「逆くの字」を意識しましょう。

バックスイングでの右脚の傾き

また、ボールを飛ばしたいときほど
ヘッドを勢い良くバックスイングします。

そうすると、普段から地面を踏んでいることからの自然な反応で
重力とクラブが振られる遠心力の合力の方向へ、
右脚を伸ばそうとする動きが自然に入ります。

そうすると、勢い良くバックスイングするほど
腰の右シフトは少なくなります。

ただし、ヘッドを勢い良くバックスイングさせるほど、
しっかり脚から動くスイングを身につけなければ
勢いが増すほどスイングの精度は悪くなります。

そのため、基本的な動きが良くなければ、飛びに直結できません。

バックスイングの出だしの1mぐらいは手元もヘッドもできるだけ低く動かし、
手元は体の右回転で円軌道を描いてインサイド寄りに動くことに任せます。

そして、ヘッドは真っ直ぐに丁寧に動かし始めながらも、
脚の伸ばしでだんだんヘッドを加速させるようにします。

上達してきてヘッドの勢いが出せるようになって、
バックスイングでのヘッドの遠心力に対して右脚が自然に対応できるようになるほど
右脚の右への動きは少なくなります。

そして、トップに向かう切り返しでの左腰を低く落としてくる下半身の先行動作と、
ボールヒットに向かって左脚でしっかり地面を蹴ればダフりとは決別できてきます。

私のウェブセミナー、期間限定で無料公開中

そういえば、私のウェブセミナー

 「力みを取ったら飛んじゃった!」

期間限定で無料公開中ですが、まもなく公開を終了します。

ですのでどうぞ、この週末のうちに
ご覧になっておいてください。

本来は有料でお届けしている内容も多数、盛り込んでいますし
ご視聴頂いた方限定の、無料ボーナスも用意しています。

https://g-live.info/click/datsuriki_op2108/
 

では、また。
 

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: インパクト, セットアップ, ダフリ, バックスイング, ビデオ, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。