最近のブログ

【年末特別編】始まりは全て6番アイアン

2016.12.24
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「始まりは全て6番アイアンからだった」

についてお話しようと思います。

メリー・クリスマス! ですがなんと
今日が年内最後のメールマガジンだそうです!(驚)

でもまあ、そんな話はさておき、6番アイアン。
あなたのゴルフバッグの中には入っていますか?

思えば、モンゴはゴルフの大事なことは
全て6番アイアンから教わったような気もするんです。

そして、モンゴが6番アイアンを手に取ると、
必ず父との「初めてのゴルフ」を思い出すんです。。。

あれは中学生の頃…

日曜日になると、テレビは父親の独擅場でした。

まあ、簡単に言うと、
ずーっと、ゴルフのツアーを見ていたんですね。

中学生のモンゴはそれを見て、
ついこんなことを言ってしまったんです。
 

モンゴ「親父! 普段テレビなんてたまにしか見ないくせに
    日曜日にはつまんねーの見てさあ。。。」

父親 「何だと! つまんないとは何だ!」

モンゴ「だって、つまんねーし。。。」

父親 「なにぃー、頭きた!
    おい、じゃあこれから練習場行くぞ!!!」

 

そう言って、モンゴの耳を引っ張って
ゴルフ練習場に連れて行かれたんです。

でも、モンゴも最初は抵抗しました。
 

モンゴ「おい、ふざけんな!
    そんなジジイがやるスポーツ、誰がやるか!」

父親 「ごちゃごちゃ言わずに、やってから文句言え」

モンゴ「よし、上等だ!」
 

そんな売り言葉に買い言葉に乗って、
最終的には打ちっぱなしに連れて行かれたんです。
 

(父は7番アイアンを手にとって)
 

父親 「いいか、よーく見とけよ」
 

(「バシーン」とボールを打つ)
 

モンゴ「ふーん」

父親 「お前は6番で打ってみろ。オレはこの7番で練習するから。
    散々文句言ってたんだから、同じように打ってみろ」

モンゴ「こんなのジジイのスポーツなんだから、余裕だよ」
 

(父と同じように、マットの上にボールを置く)
 

父親 「ティーアップしたほうがいいんじゃないの?
    初心者のボクちゃんは。。。」

モンゴ「はあ? アホか。オレをナメんな、見とけ」
 

(父と同じように、マットの上にボールを置く。。。)

バーン!!!

そう父親に言い捨てて、最初の第一球。
その6番アイアンを思いっきりマン振りしたら。。。
 

 「バーン!!!」
 

なんとボールではなく、下のマットを2mぐらい、
前にぶっ飛ばしちゃったんです!(泣)

当時の練習場の機材って、あまり整備されていなくて、
土の上にマットが引いてあるだけだったんですね。

で、マットの上のボールを打つつもりが、
マットを叩いて、飛んでいってしまったわけです。

もちろん、ボールではなくマットを打ったので、
手が折れるかと思うぐらいの痛みが。。。

それを見て、父親は大笑い。
ゲラゲラ涙を流しながら、笑っていました。

もう恥ずかしいやら、痛いやら、悔しいやら。。。

悔しくて、そのままボールを打ち続けました。

その時にも父親はさんざん
「ティーアップしとけ」とか言われた気がしたんですが、
負けたのが悔しくて耳に入ってこなかったんです。

もう泣きながら、200球ぐらい。
豆が潰れて血が出るまで。。。
 

 「負けたくない!」
 

きっと、そんな気持ちだったんだと思います。
それを見て父親は
 

 「もうええやろ。そのへんにしとけ。また来よう」

父は意外と飛ばし屋だった

ちなみに、今にして思えばなんですが、
父親は、まあまあ上手かったんだと思います。

最初に父親が打った7番アイアンは、
160ヤードぐらいは、軽々飛ばしていましたし。

実は今でも父親、7番アイアンで
同じぐらいの距離を飛ばしているんです。

(もちろんクラブの変化、道具によって
 カバーされている部分はかなりありますが)
 

で、父親との約束で次に練習場に行った時、
悔しいけど素直にこう願い出ました。
 

 「どうやってやるんだよ。ちゃんと教えろよ」
 

そう言うと父は、こう言いました。
 

 「短いティーでティーアップしてボールを打て。
  そうしたらそのうち、ボールが当たるようになるから」

 「本当は7番でやらせたいけど、
  ワシが使うから、おまえは6番でやっとけ」

 

父親に言われたとおりに、ティーアップをして
ボールを打つ練習をやってみました。

すると、それまでのマットを飛ばしたり、
空振りに近いようなトップボールが激減したんです!(驚)

「これはすげえ!」と。(∩´∀`)∩ワーイ

なんとビジネスゾーンまで…

ただ、あなたもご存知の通り、
6番アイアンというのは決して簡単なクラブではありません。

ただ、今こうしてコーチの立場で考えると、
ティーアップして芯に当たる感覚を養うというのは、
練習としてはとても有効な方法だと思います。

まだ始めたばかりのゴルファーには
身体にいい感覚を味あわせてあげることが必要です。

難しいと思われかねないクラブで、芯に当たる感触を
味わうようにと、父が仕向けてくれたんでしょう。

ですがこの練習、実はこれだけではなかったんです。
父はその後、こう言ったんです。
 

 「ティーアップして6番で
  そのまま30ヤードキャリーで打て」

 

なんとこれは、
ビジネスゾーン練習! ∑( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!

父はビジネスゾーンを昔から、知っていたんです!!!
 

そして、まだ始めたばかりのモンゴに
30ヤードの看板を指差して
 

 「とりあえずそこ(看板)にあててみろ」

 「じゃあ、勝負するか」

 「どっちが先に当てられるか、勝負だ」
 

もちろんそんな高等技術はモンゴにはないんですけど
 

 「先にあてたほうが、ジュースな」
 

と言われて、勝負をさせられていました。
 

今にして思えば、あの中学の頃に打っていた6番アイアンが、
モンゴのゴルフの原点だったと思います。

それが今では、ゴルフを仕事にしている。
 

いやー、人生ってホント、わからないもんですねえ。。。

(↑水野晴郎さん風 笑)
 

今日は2016年の年末最後なので、
ちょっといつもとは違う感じでお送りしました!
 

今年も一年、本当にあなたにはお世話になりました。

モンゴも今年は春に千葉から神田に異動になり、
そして先月からは有楽町にいます。

昨年の暮れには、こうなるなんて
予想していなかったんです。が。。。

これからやってくる2017年も
先が予想できない毎日を楽しみながら、
日々、あなたのゴルフのお手伝いが出来たらと思っています!

それでは、よいお年をお迎え下さい!(^_^)/~
 


<本日のオススメ>

2016年プロにこぞって愛用され
シーズン総額2億1千万円もの
大金を稼ぎ出したアイアンを紹介します。

なぜ、このアイアンは
北田瑠衣プロ、岩田寛プロなど
トップツアープロに愛用されているのでしょうか?

その秘密はコチラ

http://g-live.info/click/ogi161220/

※このアイアン、本数限定です。

【ビデオ】忘年コンペで打ち納め

2016.12.23
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

先日チーム小原総動員で
合同コンペに行ってきました。

寒い中参加していただき
どうもありがとうございました。

始めて来ていただいた方や
いつも来ていただいている方

本当に多くの方が来てくださり
とても楽しい時間を過ごすことができました。

一人一人の方が心から楽しみ
ゴルフに真剣に取り組んでいる姿を見て、

私はとても幸せな気持ちになりました。

来年も定期的に開催する予定ですのでより多くの方と
ステキな時間を共有していければと思っています。

今回一人一人のスイングを見させていただいたのですが
コースの傾斜に苦戦しているなという印象を受けました。

逆に言えばそこさえ克服すれば
スコアはまだまだ伸ばせるということです。

傾斜で上手くショットを打つには
やはり普段からそれを意識した練習をしていなければ
なかなか適応することはできません。

普段の練習に何スイングかでもいいので
傾斜対策の練習を取り入れてみてください。

これをやっておくと傾斜を前にしても
いつもの自分のスイングができるようになります。

これだけでもスコアがかなり変わって来るはずです。
ぜひ取り組んでみてください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになり

ました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイ

コンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。


追伸・・・

私、小原大二郎が
出版した「ザ・ビジネスゾーン」

おかげさまで
大きな反響をいただいております。

そのお礼と致しまして
ささやかながら動画のプレゼントを用意しました。

「300y飛ぶドライブゾーンの秘密」
私自身が飛距離を出すために作ったプログラムです。

一人でも多くの方が上達することで
心からゴルフを楽しんでいただけたらうれしいです。

http://g-live.info/click/obs161222/

_

【問題】110-5-5-10=?

2016.12.22
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「ゴルフライブコンペで改めて思ったこと」

という話をしたいと思います。

今回のメールが、今年最後になります。
(今年一年お読みいただき、どうもありがとうございます!)

ちなみに、冒頭のタイトルの引き算の式に
今回の主張の全てが詰まっています。

先週のゴルフライブコンペで

先週、ゴルフライブコンペに同行させていただきました。

参加者は60名ほどだったんですが、その約3分の1ぐらいの方には、
すでにフィッティングなどをさせていただいていた方でした。

そしてラウンド中は、私は主にモンゴプロたちと一緒に
コースの中でお客様のプレーを見させていただいていました。

そこで感じたのは。。。

 「やっぱりクラブで損をしてしまっている方は多いな」

ということです。

すみません。正直な気持ちを言わせていただくと、
「もったいないなー」と思うことが、本当に多かったです。

もちろん、クラブだけではないところもありますが、
たとえば平均スコア110ぐらいのゴルファーの方であれば、

 ・スイングで5打

 ・マネジメントで5打

 ・クラブで10打

ぐらいは損をしているんじゃないかと。

つまり、クラブを変えるだけでも
100が切れる可能性があるということです。

そこにマネジメント、スイングを変えて、合計10打。

つまり、ちょっとしたことを変えるだけで
今のままでも90近くも出せるということ。

 「ええー、徳嵩さん、さすがにそれは言いすぎでしょう。。。」

まあ、自分はフィッターなので、クラブで10打というのは
クラブフィッター目線で贔屓目すぎかもとは一瞬思ったんですが(笑)

でも、

 「今のままでもスコア90を出せる人、やっぱりけっこういるな」

と、今回のコンペで改めて思ったのです。

ではなぜ、クラブの比重が「10打」なのか?

この場でも何度かお伝えしているように
クラブが変わることでスイングが変わります。

このメールマガジンをお読みの真面目な方であれば

 「やっぱりスイングの方が重要度は上なんじゃないの?」

とおっしゃるかもしれません。

ですが、その今のスイングの不具合が
クラブによって引き起こされているのだとすれば。。。

クラブを変えただけで、スイングの5打、
それが無理でも2~3打ぐらいは稼げてしまう可能性だって
十分にあると、自分は思っています。
 

そして、クラブ(セッティング)を変えることでも
あなたのマネジメントは変わります。

たとえば今までは距離に対して「飛ぶかもしれない」クラブで
無理くり打っていたとしましょう(たとえばスプーンとか)。

でも、パー5でがむしゃらに2オンを狙っても乗らなかったのが
そこそこ打てるウッドが入ったことで3オンがラクラク狙えるとか、

クラブセッティングでスコアの変化を生み出すことは、
十分に可能です。

自分の中でラクに打てるクラブ、クラブセッティングがあれば、
マネジメントにも余裕が出てきます。

こうした可能性を秘めているのが、ゴルフクラブなんです。
(でもやっぱり贔屓目ですかね? 笑)

自分にはまだ早い?

ここだけで正直に白状しますが、
最近もフィッティングをさせていただいて感じるのは、

 「こんなにいいスイングをしていらっしゃるのに、
  どうして今まで100が切れなかったのかな。。。」

そんなふうに思わずにはいられないシチュエーションが
数え切れないほどあるのです。

そしてそれが、クラブによって引き起こされているようにも
見えてしまうのです。
 

これはあくまで予想ですが、
おそらくスコア110ぐらいの人というのは、

 「ゴルフはやっぱり、クラブじゃなくて腕だよな」

 「今のスコア(平均110ぐらい)で
  フィッティングなんて、まだ早いんじゃないかな」

と、どこかで思っているのではないでしょうか?

私もお客様とやりとりをしていて感じるのは、
「やっぱりスイングが先だ」という考えを持っている方が
圧倒的に多いということです。

最近も「卵が先か、鶏が先か?」の議論だと
ある人にも言ったことあるのですが、
どちらが先、後ということは、ないのかなと思います。

ただ、私が言いたいのは、

 「クラブを変えたら、100切れるかもしれないですよ」

 「無駄だなんて思わずに、フィティングに来てほしいな」

ということです。

もちろん、練習しない人はうまくならないのですが、
このゴルフライブの読者さんであれば、
ちゃんと練習はしていらっしゃるはずです。

だからこそ自分は「こんなにいいスイングで。。。」とか、
「もったいないなあ。。。」と思ってしまうわけですし。

練習をしているのなら、今、あなたが持っているクラブで
正しいスイングの動きを身につけようとしているはずです。

ですが、正しい動きをすると当たらないクラブを
たまたま使っていたとしたら。。。

クラブが合っていなければ、たとえレッスンを受けていたとしても

 「あれ、レッスンしたら当たらなくなった」

 「なんだろう、レッスンやってもうまくならないな」

ということになってしまう可能性があるわけです。

これも繰り返しになりますが、自分に合ったクラブ、
正しいアドレスが出来るクラブをお持ちであれば、
そうした回り道をすることはありません。

同じ練習時間、練習量を投下するのなら、

 ・正しい打ち方をすると当たらなくなるクラブ

 ・正しい打ち方をすればちゃんと当たるクラブ

どちらがいいか?
答えは。。。言うまでもないですよね?

今年も一年、お世話になりました

先日のコンペでは

 「いつもメルマガ見てます」

というお声がけをたくさんいただきました。

 「徳嵩さんの記事が一番おもしろいです」

と言ってくださった方もいらっしゃいました。
(お世辞でも嬉しいです! どうもありがとうございます)
 

自分はフィッターなので、レッスンがメインの他のプロとは
違った内容、視点からお伝えしていることで、
かえって新鮮に感じられるのかもしれませんね。

こうして発信して話を聞いてくださる方がたくさんいるというのは、
本当にありがたいことだなと思います。

いつもどうもありがとうございます!

年明けのメールマガジン配信は5日(木)を予定しています。
どうぞお楽しみに。
 
 

それでは、また次回。
良いお年をお迎え下さい!

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

この「ワンハンドグリップアイアン」は
ツアープロが本番前に使用する特別なアイアンです

ツアープロコーチ江連忠氏が開発・監修。
北田瑠衣プロや、松森彩夏プロを始めとして
多くのツアープロが使用中。その性能とは?

http://g-live.info/click/ogi161220/

※前回好評につき再入荷。本数限定なのでお急ぎ下さい。

「パター?そんなもん感覚でやってるよ」

2016.12.21
morisaki_catch

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

じつは今日のメルマガが、僕の
今年最後の配信となります。

どんな話をしようかと色々考えていました。

今年1年を振り返るにしようと思っていましたが、
先日コンペに行った際に気になるワードが
聞こえてきたので、急遽その話をしたいと思います。

それは、僕がコンペの参加者の方をホールで
待っていた時のことです。

参加者の方がホールに来るまでに、
待っていたホールで渋滞が起きていたので、
他の参加者が立ち話に花を咲かせていたんですね。

中でも、先輩とおぼしき方に色々と質問をしていた、
まだゴルフを初めて間もないであろう方に目がいきました。

立場上、初めて間もない方が何で悩まれているのかという
リアルな声は非常に気になってしまうのです。

ということで、ちょっと聞き耳を立てると、
そこは丁度ショートホールだったので、
どの辺りを狙えばいいかとか、どの番手が良いかなど聞いていました。

確かに、ショートホールってパー3なだけあって、
チャンスホールであるのと同時に、ちょっとしたミスが原因で
叩く可能性がある要注意ホールなんですよね。

そんなことを考えていたら、
話が進んでいまして、その方が

「パターって今後どういう風に
上手くなっていけばいいですか?」

という質問をその先輩にしていたので、
どんな答えを返すのかと聞いていたら、
こう答えていました。

「そんなもん感覚だよ」

これ、初めて間もない方には
けっこう危険なワードです。

なぜならこの言葉の裏には、
「ただし、感覚が重要になるのは100を切ってからなんだけどね」
という部分が抜けているからです。

恐らく、ゴルフに打ち込むあなたなら、
パターは感覚という概念を持っている方も多いでしょう。

もちろんそれは正解で、
感覚力を磨くことはパッティングの上達に不可欠です。

ただ、100を切るまでは感覚よりも圧倒的に“型”が重要です。

具体的には、パッティングの一連の動作を
アドレス、テークバック、フォローのように
いくつかのパートに分けて、という流れですね。

始めの内にこれを身に着けておかないと、
後々苦しむ確率が高くなります。

というのも、、、

ある日、ポキっと折れます

じつは、これは僕の体験談です。

20,21くらいの頃でしょうか。
今まで、ポンポン入っていたパターが急に入らなくなったんですね。
本当に、ある日突然です。

体験したことが無い感覚に、僕は非常に焦りを感じました。

味わったことのある方は、今当時を思い出して嫌な気持ちに
なってしまっていたら申し訳ございません。

でもそれくらい、月日が経っても思い出すんですよね。

原因は、僕が理論的な部分をおろそかにしていたせいだと
今は思います。

それまでは、「この辺にこれ位打てば入るなー」で
なんとかなっていましたから。

幸い、周りの友人に助けてもらい、
さほど長引きませんでしたが、この経験を活かして、
これから更にパターが上手くなりたいあなたにお伝えしたいのは、

理論は重要です。
ただ、そのために感覚は殺さないで下さい。

先にも申しましたが、100を切るまでは型が重要ですが、
そこから更にシングルを目指していくには、自分だけの感覚を
磨いていく作業が必要になります。

例えば、家でゴミ箱にゴミを投げ入れる時に
「ここからゴミ箱まで何mだからどのくらいの角度で・・・」
というように考える人はほとんどいないでしょう。

大体の目星をつけて投げても入りますもんね。

言い換えれば、理論的な型を作るのに使った左脳ではなく、
感覚的な右脳を使うイメージです。

もし、型と感覚、この矛盾する2つをコントロール出来た時、
爆発的な加速力でゴルフが上達するでしょう。

すこし抽象的なことを書いてしまいましたが、
時間のある年末年始にちょっとでもいいので、
考えてみてくださいね。

それでは、今年もありがとうございました。
良いお年を。


<本日のオススメ>
【「実録」パターに100万使った男の逆転劇…】

あの頃の自分はまさにイップスにかかっていて
パターに使った額は100万以上。。
なのにほとんど克服できなくて、、、
そして最後の臨みでこれを使ったんです。
そしたら2パットが連発し、スコアは-10打に…?!

http://g-live.info/click/cure161215/
※お急ぎ下さい。限定価格のご案内は今日までです。

【2016最終】こんな店員さんは嫌だ…(ノД`)シクシク

2016.12.21
miyamoto

From:宮本大輔
千葉のゴルフパフォーマンスより、、、

おはようございます、宮本大輔です!

実は本日は2016年最後のメルマガになります。

来週の28日水曜日は、
メールマガジン傑作選をお送りする予定なので
僕のメルマガはお休みです。

今年最後ということで、
何を書こうかな、、と正直悩んでいるのですが

先日、ゴルフショップに立ち寄ったときに出会った
店員さんのことをお話しをしたいと思います。

その日、僕は妻の買い物に付き合っていたのですが
毎度のことながら長くなりそうだったので

「ちょっとその辺見てくるね~」

と声をかけ、近くにあったゴルフショップに入りました。

ゴルフ好きな方なら僕と同じように、
クラブを眺めるだけでも楽しい
といった方もいらっっしゃるかと思います。

クリスマス、年末が近づき
店内もかなり込み合っている様子。

大体、忙しいときの店員さんって
あまり相手にしてくれない。(ですよね?)

でもその店員さんは、僕がドアを開けようとした時から
とてもニコニコしていて、
ガラス越しに会釈をしてくれていました。

ドアを開けて入ると、
「ご来店、ありがとうございます!」
と、笑顔で声をかけてくれます。

年齢は大体、50歳前半といったところでしょうか。

白髪が混じり、
丸いメガネをかけた優しそうな人です。

「いらっしゃいませ、店内込み合っていて申し訳ないのですが
どうぞ、ごゆっくりご覧になってくださいね!」

「はい、ありがとうございます。」

「へ~、こんなのが出たのか~」

メーカーも次から次へと新商品が出るので
ぶつぶつ言いながら見ていると
先ほどの店員さんが声をかけてくれました。

「お客様、こちら試打できるのでいつでもお声掛けくださいね!」

「ありがとうございます。
 今日は混んでるみたいなのでまた今度打たせてもらってもいいですか?」

「はい、もちろんです!
 このクラブ僕も気になっているんですけど・・・高いんですよね~」

「確かに・・ちょっと高いですね 笑」

「他にも新商品が入荷しておりますので
 何か気になるものございましたら、ご案内させていただきますね!」

と、少し会話をかわし、店員さんは他のお客様に呼ばれ
僕も店内ふらふらしてクラブを眺めていました。

20分後・・・

妻から電話がかかってきたので
ショップを後にしようとドアに向かいました、、、

「本日はご来店頂き、ありがとうございました!
 またお時間あるときお気軽にお立ち寄りください。
 足元、段差がありますので注意してお降りくださいね。
 ありがとうございました!」

なんでしょう、
ただフラッとゴルフショップに立ち寄っただけなのに
とても気持ちがいい!

店員さんとはほとんどしゃべっていません。
最初と、最後だけです。

それに、上の会話のやり取りは「普通の」やりとりです。
(お喋り好きな店員さんでもありませんでした。)

が、、、彼の笑顔や雰囲気。

丁寧で、言葉の上辺だけでなく、
本当にこちらを気遣ってくれてる感じ、、、

なにも買いませんでしたが気持ちのよい店員さんだったので、
今後はグローブでもここに買いに来ようかな!
という気にさせられました。

とはいえ、彼のような店員さんがいる一方、
無愛想で態度の悪い店員さんもいますよね。

例えば、、、

こちらが買う気がないことを素早く見抜き、
適当にあしらったり、何とか売るように仕向けてきたり

「気に入らないのなら結構ですよ」

と上から目線でやる気ない店員さんがいたりもします。

確かに商売なので「売ること」が最重要なのはわかります。

しかし、このような接客に
人と人との温かみのある信頼関係は存在しません。

ただ買うだけ。誰でもいい。次もここで買わなくてもいい、
と思われる方には気にならないのかもしれません。

しかし、僕は気に入ったものを
気に入ったお店で気に入った店員さんから購入させて頂き、
気持ちよくお店をあとにしたいんです。

つい買っちゃったーと笑って帰りたいんです。

みなさんもそういう気持ちで買い物したい
という方が多いのではないでしょうか?

とはいえ、
最初の一生懸命な店員さん、そうでないやる気のない店員さん、

高い給料を受け取るのはどっちでしょうか?
→店舗によって異なるので、どちらとも言えません。

ゴルフショップから評価されるのはどっちでしょうか?
→もしかすると、満足したお客様の中の
ほんの一部の人からゴルフショップに電話があって、
「あの店員さんよかったわ」という報告があるかもしれません。

それが何件か重なると、
ちょっとしたお褒めの言葉をもらえるかもしれません。

が、、、確率は高くないでしょう。

しかし、、、毎日が楽しいのはどっちでしょうか?
充実しているのはどっちでしょうか?
お互い気持ちがいいのはどちらでしょうか?

人間味のある接客、豊富な商品知識、工房の技術、スピード
店舗の外まで見送ってくださる気持ちの良さ。

あー買ってよかった、
また遊びに行こーという気にさせてくれる心地よさ。

目の前の仕事や役割を一生懸命やろうが、
手抜きしようが、労働時間は一緒かもしれません。

金銭的な報いは一緒かもしれません。
社会的な評価は一緒かもしれません。
(誰も見てないから、とか、どうせ1回だけの取引だし、とかね)

でも、、、その仕事の充実感は全然違うはず。

そしてその充実感は、
自分自身の心の持ちよう一つで決まります。

「どんな仕事をするか?」ではなく、
「どういうふうに仕事に取り組むか?」で決まるのです。

改めて考えさせられた
素敵な店員さんとの出会いでした。

はじめにご案内したように
本日は今年最後のメルマガです。

今年もレッスンやコンペで
多くの生徒さんに声をかけていただき
とても楽しいゴルフができました!

来年も
「どんなゴルフをするか?」ではなく、
「どういうふうにゴルフに取り組むか?」を考えて
みなさまの上達のお手伝いをさせていただけたらと思います。

1年メルマガを読んで下さったみなさま、
暖かいコメントありがとうございました!
次回のメルマガは1/4(水)にお送りする予定です。

来年も良い年でありますように♪


<本日のオススメ>
2016年の大ヒット商品!
累計1万名以上の方にお使い頂いた感謝としまして
キュアパター特別割引30%OFFセールを実施中。

平均2パットが簡単に出る全面スイートスポットの秘密とは?

http://g-live.info/click/cure161215/
※本日12月21日まで