【ビデオ】ありの~ままの~ショット見せるのよ~♪

2014.11.26
obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

本日はウィークリーレッスン動画を配信します。

先日2014年 新語・流行語大賞のノミネート50語が発表されました。
今年もこの季節がやってきましたね。

ちなみに昨年の年間大賞って4つもありました。
覚えていますか?

それは…

『今でしょ!』
『お・も・て・な・し』
『じぇじぇじぇ』
『倍返し』

なんと!
もうあれから1年も経ってしまったとは。
驚きですね。

生徒さんには、「練習するのは今でしょ!」ってことで、
みなさんに練習するキッカケを与える言葉として大活躍をしていました(笑)

そんなあなたのゴルフを応援する
今年の流行語の候補とは…?

今日もあなたに上達するための
言葉とレッスンを紹介します。

今年の流行語候補は、
アナ雪の「レリゴー レリゴー」や「妖怪ウォッチ」。

アナ雪は、映画を見た人も見ていない人も
その曲を必ず1度は聞いたことがあると思います。

「レリゴー レリゴー」は、
日本語では、「ありのままの姿見せるのよ」
という意味。

ゴルフのショットも
ありのままのショットで
理想のスコアが出せれば完璧ですが、

練習場で出せる100%の実力を
コースで発揮することは難しいですよね。

練習場で上手くいくのに、
コースではミスショットが出る。

こんな方の多くの原因というのは、
練習場とコースとで、スイングが大きく変わってしまっているからです。

今から紹介する練習を取り入れていただくことで、
練習場のままの、「ありのままのショット」でコースに臨みましょう!

「ありの~ままの~ショット見せるのよ~♪」

スマホの方、動画が見れない方はこちら

<本日のおすすめ>
小原大二郎の新商品が出ました!

「小原式・ダウンブローマスタープログラム」

http://g-live.info/click/dblow141120/
*本日までの限定販売です

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: コース, スイング, ビデオ, 動画, 小原大二郎, 練習 | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】ありの~ままの~ショット見せるのよ~♪」への6件のフィードバック

  1. あきつぐ

    この練習はどの段階にいるゴルファーが行うと効果があるのでしょうか? 最初に、自分の位置を確認し、それに見合った練習をしないといけないと言われましたが、ビデオを見ていても、どの段階の人に適しているかは何も仰っていません。

    返信
  2. 近藤晴雄

    小原プロのスイングをまねようとしたのですが、①全然ゆっくりスイングできていません。自分のスイングは速すぎる。(いい意味ではなく)。②べた足を維持できていません。③打った後、その姿勢にとどまっているということが、まずできません。どうしたもんでしょうか?
    肩から肩のスイングになっていないのかもしれません。力が入っちゃっているんでしょうか?

    返信
  3. 近藤 久也

    小原プロのレッスンは何時もレベルが高く、実に効果的で為になるもので素晴らしいのですが、映像の撮影技術のレベルが低いので折角のレッスンが完全ではなくなるのが残念です。今回も、プロの頭の上にまだ十分空間が空いているのに、下のボールが写っていません。従ってスィングのインパクト部分が見えません。このレッスンはインパクトが重要な点ではないとは言うものの、常識で考えてもアドレスの際ボールが見えている構図にすべきなのは当然です。ゴルフライブ社の映像は、これまでにも、幾つかカメラワークや編集技術に稚拙な部分が多々見られます。小原プロの指導内容が素晴らしいだけに、映像技術が低すぎることは本当に残念です。技術陣の奮起を促します。

    返信
  4. 別所 章

    まさに目からうろこです。私はご指摘のような経験が多くあります。早速明日から練習に取り入れます。ありがとうございました。

    返信
  5. 盛田英孝

    基本動作をもう一度確認したような感じがします。更に意識してスイングに取り入れてみます。
    有難うございました。

    返信
  6. にがたぶんいち

    良く理解できます.ありがとうございました。
                   80歳の老ゴルファより     

       

      

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。