ショットの成功を左右する、グリップ性能

2015.04.10
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

去年の12月某日、
私は沖縄にいました。

ゴルフのイベントが沖縄であって
そこでレッスンも一緒にすることになったんです。

沖縄でゴルフなんてあまり機会がありませんから
その日は初めてのコースで私も少し緊張(笑)
(あなたも新しいコースはドキドキ・ワクワクですよね)

12月といえども
沖縄は本州と比べて雨も多く
その日は残念ながらの雨日和。

でも東京みたく冷たい雨ではありませんが
楽しくレッスンが出来ました。

ただ、そのレッスンで生徒さんを見ていて
気になったポイントがありました。

これができていればもっと
いいショットが打てるのにもったいないなあ
と思って生徒さんを見ていたので

今日はその点をあなたにもシェアしたいと思います。

雨のゴルフはスライスが増える

雨の日のゴルフといえば、
とにかくグリップが緩みやすかったり
レインコートで厚着になってしまって打ちづらかったり

これが、ゴルフのスコアに関わってきます。

雨ということで
皆さんスコア作りに苦しんでいたのですが

特にスライス球が多かったのが印象的だったんです。

でも、1つ変えるだけで
そのミスってかなり減るのに…

グローブ1枚で変わるショットの秘訣

グリップを甘く見ている人は
グローブも甘く見ている傾向があります。

沖縄での生徒さんもお一人を除いて
グローブを1枚しか持っていませんでした。

雨の日にスライスが多いのは
水を含んだグローブのせいで

ウィークグリップになってしまったり
緩んでしまってスライス球が増えてしまうから。

ゴルフで重要なグリップ部分が
水による影響を受けることで
ミスが多くなってしまうんですね。

これは、真夏でもそうですし汗っかきの方が
グローブにたくさん汗をかいてしまっても
同じような事が起こります。

だからこそ、あなたにすぐやって欲しいのが…

グローブは何枚も持っておく

ということ。

1枚だけ持って行くなんて勿体無い!

アウトとインでグローブを変えてもいいし、
グローブは2枚携行しておいて

アウトの半分回ったらグローブを交換するなど
それくらいの頻度でグローブは変えてもいいでしょう。

ボウリングでプロボウラーが
手を乾燥させることに気を使うように

ゴルファーも自分のグリップ感に
気をつけるだけでも

ショットの質というのは
変わってくるでしょう。

『良い手袋をすると、良いゴルフができる。』

これは間違いではありませんが
もっと言うと、

『グリップ力の高いグローブを付けておくことで良いゴルフが出来る。』

というのが真ですね。

手元が緩んで、スライスボールが出やすくなっているのであれば
グリップからあなたのゴルフは大きく変わります。

ゴルフにおいては無くてはならない必需品。

常に新品も一緒に携帯して
良いグリップの状況でラウンドするようにしましょう!

ー服部コースケ


<本日のオススメ>
アプローチをすぐに良くする方法を公開

もしあなたが、
・PWでのアプローチが苦手なら、
・最近、カップに上手く寄らずにスコアを損しているなら、
・そして、もっと簡単にスコアを伸ばしたいと思うなら、

http://g-live.info/click/approach150106/

■[6名限定]服部プロ、1日で飛距離が変わるレッスン​会

詳細はこちらをクリック
The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

ショットの成功を左右する、グリップ性能」への1件のフィードバック

  1. romaro

    雨対策は、グローブ、
    私は、逆に、左飛び、フック
    スライスもあるけど、左がおおい
    何で、ですかね

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。