シャドースイングで飛距離UPするメカニズム

2015.04.21
2009100816315916780

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

今日はあなたに

「シャドースイングで飛距離がUPするメカニズム」

についてお話ししたいと思います。

特に60歳、70歳になって飛距離が落ちてきたなんていう人には
ぜひ知っておいてほしい内容です。

その話をする前に、先週の日曜日、
4月12日はゴルフライブの会員さん向けの
シャドースイングレッスン会でした。

鉄板のアプローチ練習も…

もちろんシャドースイングのレッスンなので、
僕が実演して、みんなにシャドースイングを
やってもらいます。

ですが正直シャドーを2時間やっているのは
アマチュアの方にはキツイ場合もあるので、

今回は少しアプローチのレッスンを
間にはさみながらやっていました。

というのも、実は先日
以前から懇意にしている某・ゴルフ雑誌の担当者と
会う機会があって、その時にこう質問されました。

「梶川さんが調子が悪くなった時には
 これをやるっていう“鉄板の練習”って何ですか?」

ちょっとした取材も兼ねての質問でした。

もちろんシャドースイングは調子がよかろうが悪かろうが
迷わずやるんですが、それ以外にとなると
僕は迷わず「アプローチ」をやりますね。

SWで低い弾道で、スピンを軽く入れて
打つような練習です。

この打ち方だと、ランも出て、
いい感じのアプローチができるようになります。

僕はコースでもこのアプローチをよく使うんですが、
このアプローチがちゃんと打てると
調子も戻ってくる感じがするんですね。

その担当者にも、そんな話をしたこともあり、
今回はシャドースイングの他にアプローチも組み込みました。

もしあなたがちょっと調子が悪いなと思ったら、
このアプローチ、やっていただくと効果が実感できるはずです。

シャドースイングと同じぐらいに、オススメですよ。

シャドースイングで可動域アップ

そういう練習もレッスンに混ぜ込んみながらやったんですが、
最後にはみなさん結構身体に来てたみたいです。

それでもけっこう長い時間、僕のレッスンについてきてくださって、
参加者のみなさんの熱心さには、本当に頭が下がります。

そんな中、比較的年齢が上めの方が
レッスン会に参加されていました。

その方、やはり年齢的なものもあって、
シャドースイングが可動域の影響で
初めは思うようにできていなかったんですね。

ですが、ここで無理をしてはケガをすることもあるので、
僕は「無理しない程度にやってくださいね」と伝えました。

そんな感じで、無理ない程度にシャドーを続けてもらったんですが、
その方の可動域が、やっていくうちに徐々に広がっていったんです。

僕がシャドースイングのレッスンをしていて、
よく生徒さんたちから言われるのが、

「身体が硬いから、シャドースイングができません」

というセリフなんですが、それは実は話が逆で、
シャドースイングをやることで
可動域を広げることが出来るんですね。

シャドースイングはスイングに対する
ストレッチの効果もあるので
無理しない程度にやっても、可動域を広がります。

そうすると当然、スイングも今よりも良くなるのは、
想像していただけると思います。

シャドースイングで飛距離UPのメカニズム

身体が硬くて、可動域に不安がある人は、
シャドースイングでゆっくり振ってみて下さい。

バック、フォロー、フィニッシュ、、、
自分の身体がきつく感じるところがあると思います。

でも、そういう身体の硬さ、きつさを感じるということは
まさにその部分でストレッチの効果があるということです。

無理しない程度に負荷をかけて続けるうちに、
だんだん可動域が広がってきます。

そうすると今までよりも少し大きなトップとか、
フィニッシュとか取れるようになってきます。

当然、スイングが大きくなってきます。

そんな具合にスイングアークが大きければ
ヘッドスピードもアップして、高く球が上がるようになります。

そして、飛距離も伸びてくるというわけですね。

最後に。

今回のレッスンに参加していただいたIさん、Kさん、Mさん、
これからも頑張ってくださいね。
(最初からハプニングですみませんでした)

レッスンではみなさんのゴルフ一生懸命やりたいという
気持ちが伝わってきました。

またレッスンは開催すると思うので、ぜひいらしてください。
来週の中日クラウンズ、僕も頑張ります!

ーツアープロ 梶川剛奨

追伸

シャドースイングについてよくわからないという方は
こちらに教材の紹介があります。

http://g-live.info/click/kaji-s150421/

The following two tabs change content below.
梶川 武志

梶川 武志

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。

 

Facebookでコメントする

シャドースイングで飛距離UPするメカニズム」への6件のフィードバック

  1. Y_Iwata

    中日クラウンズ予選通過おめでとうございます
    前回報告した90のあとは2ラウンドほどしましたが、昔の悪い癖が頭をモタゲまだ中々結果に結びついていません。
    ただ、ロングドライブはまだまだ不安定ですが、ショートアイアンがなんとなく締まってきた気がします。
    このままシャドーをつづければいずれロングドライブにも成果が出ると期待しています。
    最近プロの「鉄板?アプローチ」も日々の練習に取り入れていますが、まだ買い置きのディスタンス系ボールを使っているせいか実践ではまだなかなか成功しません。

    せっかくの応援メールが何となくネガティブになってしまってすみません
    とにかく明日以降の決勝ラウンドも頑張ってください

    返信
    1. 梶川 武志梶川 剛奨 投稿作成者

      Y_Iwataさん、こんにちは。応援メールありがとうございました。

      中日クラウンズでは固く速いグリーンに大変苦戦しました。
      4日間精一杯がんばりましたが、最終日スコアを崩してしまったことは残念でした。

      Iさんはショートアイアンが良くなってきたということで、すごくいい傾向です。
      長いクラブの方がクラブを身体で引っ張る体力が必用になりますので、続けて頂くことで良くなっていくと思います。
      アプローチはスコアにすぐに直結してきます。Iwataさんの努力が実るよう応援しています。

      返信
  2. toshi

    シャドースウィングとても気になり、自分でもとりいれて行こうと思いますがなかなかきつくて長続きしませんでした。
    でも体の動かし方が、(動ごいている形が)客観的に実感できイメージとのギャップにただただ愕然としています。
    とても素晴らしい宝物を手に入れた気分です。

    あと、コメントの中の”アプローチ”とても気になり仕方ありません。
    機会を見て教えていただければ、幸いです。

    返信
    1. 梶川 武志梶川 剛奨 投稿作成者

      toshiさん、シャドースイングは本当に奥が深いので、初めはちょっときつくても見よう見まねでいいので続けてみて下さい。必ず成果は出ます。アプローチのレッスンは、どこかで紹介しますね。よろしければレッスンのほうもお待ちしています。

      返信
  3. Y.KASHIMA

    4月12日、梶川プロのレッスン会に初めて参加させていただきました。参加者は3名。梶川プロのシャドースイングはDVDで何度も見ておりましたが、実際に目の前で色々な角度からお手本のスイングを見れたこととプロの体を手で触らせていただいて、シャドースイング時の上半身と下半身の力感についても教えていただきました。すごく理解が深まりました。レッスンの目玉は一人ひとりへのシャドースイングの実技指導です。トップ前後の下半身の動きの中で、左足の動かし方がポイントになるのですが、プロが太ももを掴んで動かす角度を教えていただきました。あまりに密度の濃いレッスンに驚きました。この日は、シャドースイングの実技で体がきつくなると、合間にアプローチのレッスンも入れていただきました。プロの実技を目の前で、何度も見せていただき、そのあと実技指導。いままで教わったことのないアプローチ練習でした。生徒さんの中には3月のレッスン会にも参加された方がいらっしゃり、毎日40回シャドースイングを実践されているとのこと。確かに左足の動かし方に力感があふれていました。現在、私も自宅で毎日30回のシャドーをしっかりやっております。このレッスン後、ボールの掴まりが明らかに良くなり、飛距離が各クラブとも約10ヤード伸びました。梶川プロのレッスン会に今後も定期的に是非、参加したいです!梶川プロ、中日クラウンズ頑張ってください!応援しています!!

    返信
    1. 梶川 武志梶川 剛奨 投稿作成者

      KASHIMAさん、うれしいお便りありがとうございます。先日のレッスン会にご参加頂きありがとうございました。、Kさんのゴルフがうまくなりたいという情熱は強く伝わってきました。シャドースウィングを毎日続けてくれているのでボールに力が伝わるようになってきていますね。素晴らしいです。シャドースウィング、アプローチ続けて頂ければスコアが10は縮まってくると思います。頑張ってください。僕も自分のゴルフ頑張ります。またレッスン会にご参加下さるということでKさんの進化したスウィングを見るのを楽しみに待っています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。