アイアンショットの裏側

2015.07.08
gan

From:がんちゃん
大阪の練習場より、、、

こんにちは!!
PGAティーチングプロの岩本肇(いわもと はじめ)
通称:がんちゃんです!!

ゴルフショットの裏側には
たくさんの真実が隠れています。

今日は、わかりやすく
アイアンのショットの結果を
あなたがどう評価すればいいかについて説明していきましょう。

まず、あなたがプレーをしているところを想像してください。
今、梅雨真っ最中で、ちょっとジメジメして
今にも雨が降りそうな天気のコース状況。

芝はちょっと濡れています。

そんなフェアウェイ右、
ラフどまんなかにボールが
転がっていってしまいました。

PAR4、第二打。
あと150yほど。

安全策であなたは7Iを握っています。

ラフの長さはボールと同じくらい。
ボールは見えていて、芝の上に浮いているので
それなりに打ちやすそうに見えます。

自分より飛距離がでなかった友人が
フェアウェイからショットするのが見えました。

グリーン周りにつけています。
パーが狙えるかもしれません。

さあ、私の番です。

振りかぶって・・・

ショット・・・

結果は・・・?

少し、ラフがめくれて
土が上がったのが見えました。

どうもダフってしまったみたいです。

「ちょっとやってしまったなぁ。」

そんな反省をした一コマを
あなたは振り返っています。

・・・
・・

このときショットを
あなたはどう評価するかで、
自分のスイングをどう直せばいいか変わりますよね。

自分のスイングをどう評価するかで
あなたの練習方針を
大きく変えることにつながります。

自分のスイングの評価

プレー中にこだわりすぎてはいけませんが、
自分のスイングを評価するという作業は
あなたの今後の練習をどう変えるのでしょうか。

自分が綺麗に打てているのかどうか?
今のショットは正解かどうか?

ショットを判定するときには
2つの捉え方があります。

1つは、あなたがみた結果。
たとえば、あなたにとってダフって
ボールが飛ばなかったというショットの事実。

そして、もうひとつは
ダフっているスイングの事実です。

どういうことかもう少し
噛み砕いて説明しますね。

ほとんどのゴルファーは
前者のダフったという事実を見て、

あぁ、自分は
ダフってしまう人なんだ!
と判断して自分のスイングを評価しています。

あなたがもしダフらなければ
自分はいいスイングをしていると思うし、

もしまっすぐ飛んでいれば
それは最高の状態で
今日はチャンスだ!と捉えるでしょう。

確かに、その日はまっすぐ飛べば
スコアはまとまるでしょうし、

ダフる日はスコアがまとまらないでしょう。
それも真実ですね。

全ては、その時のショットの
結果ばかりを見て
自分のスイングを評価してしまっているのです。

僕らのほとんどは
スイングしているときは

自分のスイングがどうなっているかなんて
気にもしたくないかもしれませんね。

本当に大切であなたが
取り組まなくてはいけない練習は、
その事実を材料にして、

自分でスイングを練習するということ。

自分のスイングは、常に自分で作っているということです。

逆に考えれば、あなたはいつでも
自分のスイングを作り替えられます。

なぜなら、タイガー・ウッズ、石川遼だって
いつも同じスイングなわけではないのですから。

その年によってどんどんスイングが変わっていくわけです。

覚えておいてください。
あなたがいいショットをしたければ、
自分のスイングをコントロールするために
何ができるか、ということに。

普段の練習の習慣からあなたのスイングは
変えていくことができますよ!

ー岩本肇

<オススメ>
高精度でよく飛ぶアイアンセット『ライギリ』
PWの感覚で全ての番手が簡単に打てます(6Iでさえも)。

この高性能アイアンを
プロフィッター筒康博が、あなた専用にフィッティングし、
10打減らす武器へと仕上げます。

http://g-live.info/click/raigiri150702/
※あと1本です

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>