見るだけでゴルフが変わる3つのあれ

2015.08.01
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

数年前のことだったかな、私の地元のとあるゴルフ場が潰れてしまったんです。ゴルフ場も中々不景気な時代に突入したと騒がれてきていて、ゴルフ場の再利用について経済界が提言とかを出していて、私もこのゴルフ場はどうなるんだろう?と興味津々でした。

そんなゴルフ場にはちょっとした思い出があって、ゴルフが趣味の友人とよく通っていたんです。でも、彼とゴルフするといつも100が切れないことを、しょげていて、ついにはレッスンを頼まれて、私のスタジオにまで後ほど通うことになりました。

しかし、彼は上達したいと口には出しても、次のゴルフで成長を感じられなくて、彼にこんなアドバイスをしたことがありました。

そういうワケで、今日は、当時彼にアドバイスした3つの数字についてあなたにもシェアしようと思います。ゴルフライブを読んでいるあなたなら、当然できていることかと思いますが、基本に返って念のため復習して下さい。

ゴルファーが見るべき3つの数字

このアドバイスはまず、100を切れていない人か、100を行ったり来たりする人に向けて書いていますから、そんな人に特に参考にしてほしいと思います。

1.1ラウンドでのOBの数
1ラウンドあたりのOBや罰打数がどれくらいなのか?ということです。

OBがあれば、1罰打。
同じ位置から3打目として打ちます。

これだけで2打損してしまいますから、スコアアップしたいなら特に改善しなければいけないポイントです。100が切れていないという人には、知らず知らずのうちに2回連続OBなんて打ってしまっている時も。ティショットは冷静にラフでもいいので、前に進めることが大事。狭いコースでは得意なクラブで少しでも前に進めるという気持ちが、スコアを作っていきますよ。

ドライバーばかりに頼ってはいけません。もちろん、自信があるときもコンパクトに、高いミート率で飛ばして行きましょう。

2.1ラウンドでの平均パット数
パット数は、ラウンド全体で何回パターを使ったかということ。パターの理想は2パットで上がること。とにかく1パットで寄せて、2パット目で上がること。そのためにはショートパットだけでなくロングパットの練習も多少は必要。コースに到着したら、ショートパットの練習から始めて、最後に軽くロングパットの練習を行いましょう。

18H全体での平均パット数がもし2.8よりも多いようでしたら問題です。3パットが減れば自然とスコアは上がって行きます。飛距離アップも大事ですけど、たまにはパターの練習もね。

3.トリプルボギーの数
100切りであれば、まずはダボペースを目指しましょう。ダボで18H回っても108。108を平均して回れるようになれば次に目指すのがボギーペースです。高すぎる目標を前に、難しいショットでグリーンを大きく外すのではなくて、確実性の高いショット選択が、初心者には大事。自分から難しいショットでスコアを崩すのはもったいないですよね。

いつも繰り返しいうことですが、飛距離を出すことと、本番でむやみにマン振りするのは違います。気持よく飛ばすためには、最適な力感が必要です。そのためにはまず堅実なゴルフを学ぶことが良いゴルフのきっかけですから。

気持よくゴルフを上達していきましょう!

ー服部コースケ


<オススメ>
カップまで何ヤード?
正確な距離を知りスコアアップに役立つ
アマチュア上達に特化したスコープが登場!

http://g-live.info/click/scope150731/

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。