8割のゴルファーが知らない距離感の磨き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.03.08
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

天気が悪い日が続きますが、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

雨の日のホームでは
ついつい傘で素振りしたくなってしまう方も
いらっしゃるのではないでしょうか。
(傘での素振りは周りに注意してくださいね!)


こうした
「ちょっとした毎日のゴルフ意識」というのは
とても大切だと思います。

ゴルフは時間とお金がないと上達できないと
思われがちですが、効果的なのは
「ちょっとした毎日の積み重ね」です。

実際、毎日ゴルフの練習をすることは
難しいと思います。

しかし、忙しく時間のないの方でも
シングルの実力を持つ人たちを多く知っています。

休日レッスンに訪れた方は

「直立している時、電車の中、駅のホーム、
そして会社での朝礼も
常にクローズスタンスで、重心を確認しています(笑)」

とお話ししてくれました。

私も信号待ちの時はついつい
アドレスを取ってしまうことがありました。

実は横断歩道の白線は1ヤード間隔。

だから横断歩道を渡る前に
この横断歩道は○ヤードある
と考えてから歩いたり

目測とのズレをチェックしたり…

スイングをしてみたり…

小さいことですが
これを毎回やっていると
距離感がとても磨かれます。

考え方次第では、
信号待ちも交差点を渡るのも練習になります。

上手なゴルファーは
練習時間もレッスンを受けるお金もある人
というわけではありません。

ゴルフが練習できるのはゴルフ場

という考えではなく
どんな場所でも考え方次第で練習場にできます。

一日の中で
あなたの自由な時間は限られています。

しかし、ゴルフ上達に「時間がない」というのは関係なく
すべての方が成長するチャンスがあります。

ただ、ちょっとした練習法を
知っているだけで時間を活用できます。

ぜひ、毎日時間がないという方は
このちょっとしたアイディアを活用してみてくださいね。

もし、横断歩道で白線の部分だけを
何か考えながら歩いていたら
私のブログ読者の方かもしれません。

ちょっとした努力とアイディアが
確実に上達につながります。

またメールします。

小原大二郎

<本日のオススメ>
「ビジネスゾーンの練習」+α で
あなたの飛距離はさらに20y伸ばすことが可能です。

120%の飛距離を引き出す
軽視されがちな”大穴メソッド”とは?

http://g-live.info/click/srr160302/
※明日までの特別価格キャンペーン中

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アプローチ, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。