ゴルファーが陥る罠

2016.06.12
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

先週、ゴルフと健康に関しての記事を書きましたが、

あなたはゴルフレッスを受けた時に、
こんなことを言われたことはありませんか?

「ダフリ・トップが多く出ていると思いますね。
 それを直したければ、まずは軸ブレを直す必要がありますよ。

 まずは、そこから直していきましょうね。」

ほとんどのレッスンプロは
生徒さんと話をしながら、

こんな風に改善策を提案していますが、

生徒さんからしたら、
「えっ、軸ブレ?
手の使い方とか、バックスイングの上げ方じゃないの?」

って感じている方が多いと思います。

これって、例えば
最近、頭痛がひどくて病院に行った時に
お医者さんの診断を受けた結果、
「噛み合わせが原因ですね」と言われるような衝撃かもしれません。

「えっ?そんなこと??」

という、関係ないような部分が原因だったと言われたことはありませんか?

頭がいたいなと思って、頭痛薬を飲んでごまかしごまかし、
ストレスが多いと思って安静にしているのに直らない…

でも、原因は、かみ合わせだったら
ちょっとショックですよね。

ほとんどの人は、この頭痛の例のように
目に見える部分や、
感じている部分が大事だと思いますよね。

目に見えたり、感じられなければ
私たちは行動したり、改善したりできません。

実際、ゴルフスイングでも
こんなことが起きてしまっています。

インパクトの時に
何故か手が痛くなりやすかったり、
ダフリ・トップが大きい時に

多分、手先の動かし方が悪いとか、
インパクト付近の動かし方が悪いんじゃないか、
と仮定したくなると思います。

これは、ゴルフスイングの
目に見える部分や、感じやすい部分に注目してしまっているからです。

ゴルフスイングで最も感じやすいのは
腕の動き、手首の動きだからです。

感じづらい部分が最も大事

しかし、ここであなたに断言します。

ゴルフ上達に最も大事なのは
あなたが、全く感じづらい部分を意識することなんです。

腕の動きや、手先を改善しても
一向にショットがよくならないということであれば、
手・腕以外の部分を意識してみてください。

例えば、下半身と、背中です。

背中であれば、一本の筋があるようにバック・スイング・ダウンスイング。

下半身であれば、どっしり。
安定さを保つ。

と言ったシンプルなイメージで構いません。

この2つを意識するだけでも、
ショットの安定性が高まり、
練習の質を高め、スコアにも左右してきます。

より良いスイングを目指すなら、
普段感じやすい、身体の前面ではなく、
背面や下半身などの隠れた部分に注目することが大事です。

でも、そこは普段感じづらいもの。

見えない部分を努力出来るゴルファーの方が、
見えやすい部分ばかり練習しているゴルファーよりも上達するとあなたも思いませんか?

ショットが上手くいかない原因を目に見えやすい部分に求めてばかりいると
いくらたっても改善しないかもしれません。

そういう時は、
普段意識しづらい部分を
もう一度見なおしてみましょう。

ー服部コースケ


追伸:
私の飛距離アップ理論をお手軽にまとめた
新しいDVDがリリースされています。

もし、私のプログラムを試して頂いたことがない方は
こちらをためしてみてください

http://g-live.info/click/ldp1606/
(初回購入者様限りの70%OFF!)

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。