「小さいクラブは加減すればOK」は大ウソ!

2016.02.11
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、

 「小さいクラブは加減すればOKは大ウソ!」

ということで、あなたにお話ししたいと思います。

小さいクラブ、いわゆるウェッジと呼ばれるクラブ(PW、AW、SW)は、
ハーフショットなどの小さいショットで行うことが多いです。

ですので、こうしたクラブの距離感の加減は
誰でもある程度できると思いがちです。

ですがハッキリ言って、その考えは真逆です。

実は「1.5番手」空いている

その話の前に。。。

最近のアイアンの流れとしては、
かなり「ストロングロフト化」が進んできています。
(これは以前にもどこかでお話ししましたね)

※「ストロングロフト化」=ロフトが立ってきていること

最近のメーカーさんのアイアンセットですと、
PWで44度ぐらいのものが入っています。

たとえば、某メーカーさんが公開している
アイアンセットのロフト角は、こんな感じです。

 6I 27°
 7I 30°
 8I 34°
 9I 39°
 PW 44°
 AW 50°
 SW 56°

この数字、ちょっとよーく見てみて下さい。

長い番手は3~4度の間隔なのに、
PW、AW、SWは、6度の間隔になっていますよね。

これはつまり、PW~SWの間は、
「1.5番手」も開いている状態なわけです。

なぜこのようなことになっているのかについては
ちょっと話が長くなるので、別の機会に話をゆずりますが、

他のメーカーも、一部の特殊なメーカーを除けば、
このロフトの間隔というのは、
ほぼ似たり寄ったりの感じだと思います。

プロのウェッジのロフト間隔は?

プロの場合ですと、いろいろな方がいらっしゃいますが、

 ・PWが47度
 ・AWが52度
 ・SWが58度

ぐらいの感じの人が、多いかもしれません。

だいたいアイアンのロフトというのは、
1度につき3~4ヤードは違うと言われています。

ですのでこの場合、6度間隔と3~4度間隔で比べると、
だいたい10ヤード前後は違ってくるということです。

つまり、ロフトの間隔が6度も空いてしまっていると、
本来はクラブでできる、この前後10ヤードの打ち分けを、
自分でコントロールして作る必要に迫られるわけです。

ですが。。。

たとえば100切り目指していらっしゃる方が
「アイアンで前後10ヤードのコントロールが得意」
ということは、ほとんどないと思います。

そもそも、その打ち分けが本当にできていれば、
80台ぐらいは出せているはずです。

これからは「ウェッジ4本」が常識?

では、100切り目標のゴルファーの方に
私ができる提案としては

 「ウェッジ4本セッティング」

です。
つまり、先ほどのPWが44度の方であれば、

 ・PW  44度
 ・AW① 48度
 ・AW② 52度
 ・SW  56度

といった具合に、4度間隔で4本入れる、ということです。

実は私の師匠である株式会社フォーティーンの創業者
故・竹林隆光氏は、雑誌などで

 「ウェッジ4本を浸透させたい」

と書いていたことがありましたし、
実際にフォーティーンでは42度から60度までの
2度ピッチ(間隔)でウェッジを展開しています。

最近ではタイトリストのボーケイなどでも
2度ピッチで商品を出しています。

ウェッジ4本セッテイングは、
私もフィッターとして浸透させたいのですが、
まだ当たり前にはなっていないかもしれません。

ロフトがきちんと4度間隔になっていれば、
クラブの選択だけで、
10ヤードの出し入れが出来るわけですから。。。

これはもう、スコア70台の人がするような
前後10ヤードのコントロールショットができるのと
理論的には同じになりますね。

 「自分でできないのなら、クラブに仕事をさせる」

このことを、再度強調しておきたいと思います。

それでは、また次回。

徳嵩力一

追伸

来週は東京お台場のビックサイトで、
年に一度のゴルフフェアが行われます。

http://g-live.info/click/golffair2016/

日程は2月19日(金)・20日(土)・21日(日)の3日間です。

ゴルフライブさんも出展するそうなので、
私もそのブースにいるかもしれません。

またゴルフライブさんからもアナウンスがあると思いますが、
あなたにお会いできたら嬉しいです!
 
 
 
 
<本日のオススメ>

ゴルフライブの人気商品の一つ、

 『ショートゲームシングル達成の3ステップ』

の石井忍プロの新刊本の出版を記念して、
期間限定のキャンペーンを実施中です!

http://g-live.info/click/ishi160209/

※安心の返金保証付き。

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
カテゴリー: 100切り, ウエッジ, クラブ, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

「小さいクラブは加減すればOK」は大ウソ!」への2件のフィードバック

    1. 徳嵩 力一徳嵩 力一 投稿作成者

      井上和彦様

      井上さん、コメントどうもありがとうございます。今後、井上さんのような選択をなさる方が多くなるように、自分もがんばります!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。