60y前後のアプローチを乗せられない…

2015.06.13
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今回は、

 「60y前後のアプローチを乗せられない。。。」

というテーマでお話をしたいと思います。

アプローチが得意だという生徒さんがいて
「得意な距離は?」と質問するとたいていの答えは
10yとか20yとかいう返答が返ってきます。

その距離が得意というのは大きな武器になりますが、
もう少し長い距離が得意になると、
ゴルフの幅がグンと広がりますよ~!

今日は、そんな話をしたいと思います。^^

難しい60ヤード。。。

さて、いただいたのはこんな質問です。

> 60y前後のアプローチを乗せられない。
> 練習場ではできるのに、
> アイアンのフルショットが恐い
> (上手く振れない)

60yの距離というのは確かに、
ちょうどいやらしい距離なんですよね。。。

この距離を攻略するのが苦手という人はおそらく
こんな状態になっているのではないかと思います。

 「足が動きすぎている」

どういうことかというと、
いわゆる「ベタ足スイング」で振れていない、
ということです!

おそらく、フルショットの時と同じぐらいの
足の動きになっているのではないでしょうか。

もしそうなっているのなら、、、
ベタ足で振って下さい!

これだけでもだいぶ、これぐらいの距離が
ラクに打てるようになるはずです。

60ヤードは長い? 短い?

あなたはもしかしたら、60yというのは
アプローチといては長めに感じるかもしれませんね。

たとえばサンドウェッジで打つということであれば、
意外と振らないといけない状況のはずです。

そうするとけっこう振りすぎて、
足を広げる左右の動きが大きくなりますから。。。

結果、体重移動が大きくなるわけですね。

短いクラブでそれをやると引っかかりが多くなります。
左に行って、距離が出てしまうことが多いですね。

それを避けるための、ベタ足スイングというわけです!

クラブにもよるでしょうけれど、
もしベタ足60yの振り幅であれば、
せいぜい肩から肩のスイング程度でしょう。

モンゴの場合は、このへんの距離感を作るために、
徹底的に覚えた距離があります。

それは。。。。。。。。

カギは30yと50yの距離感!

この30yと50y。
2つの基準を自分で作りました。

なんでこの距離かというと、
練習場で看板があったのがこの距離だったからです。

もう、この看板に向かってバンバン打っていました(笑)。

 「30yはこのくらいか」

 「あ、これぐらい振れば50yいくのか」

で、この2つの距離感を覚えたら、
かなり応用が利くようになったんです!

そこで気づいたことは、

 「30yと50yは、それほど振り幅が変わらない」

ということです。

多少クラブのスピードは変わったりするだろうけれど
おそらく10~20センチぐらいの違いのはずなんです。

それを「20yだから」と思って大きく変えない
なんて思ってしまうと、失敗します。

そして、質問にあった60yはおそらく
この50yの応用でいけます。
ほんの数センチの振り幅の変更でOKのはずです。

おそらくこのへんの60yで迷うのは、
大きい基準がないから迷ってしまうんですね。

モンゴのオススメの基準は30yと50yです。
安心して打てるようになります。お試しあれ!

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!

モンゴより

追伸:

あ、ゴルフライブオープンコンペ、
まだ若干枠が空いているみたいです。

枠に達し次第締め切りなので、お早めに!^^

http://g-live.info/click/compe150625gen/

<オススメ>
飛距離が伸び悩んでいる原因はもしかしたら、
あなたのスイングが悪いのではないのかもしれません。

のびやかなスイングを邪魔する
誰にでも起こる◯◯を、
6つのポイントで二度と出てこなくしてしまいます。

http://g-live.info/click/rikimi150609/
※6月15日(月)までです。

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: 100切り, アプローチ, ウエッジ, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。