「富士山から順目です」はウソ?ホント?

2016.06.28
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
福岡のホテルより、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「『富士山から順目です』はウソ?ホント?」

ということで、お話しをしてみたいと思います。

前回は砲台グリーンについてお話ししてきましたが、
その話の続きで「芝目の対策」についてのお話です。

と、その話の本題に入る前に…

前回の復習。そしてボールの位置

もしかしたら前回の内容を
聞いていない方もいると思うので、簡単に復習です。

砲台グリーンへのアプローチで
「左足上がりはピンが遠い場合は勇気を持って突っ込む」
という気持ちが大事でしたね。

という事はボールは上がりやすく、
止まりやすいという事になり、寄せやすいです。

注意点は傾斜の度合いにもよりますが
あまりにも右足体重になりすぎると
アッパーが強くなりダフりやすくなります。

普通に立った時「左3:右7」くらいになる傾斜なら
「左3.5:右6.5」というように
少しだけ傾斜に逆らって体重配分してしてください。

また、ボールポジションはスタンス中央にしましょう。

右足寄りにした方がダフりにくいですが
ライナーになりやすく近いピンには寄せにくくなります。

スタンス中央に置いて
少し高めのボールで寄せていきましょう。

※(注意)左足寄りにボールを置くのはダフりやすいです。

芝目には2種類がある

次に芝目です。
芝目のきついグリーンには主に2種類あります。

 1.本当に芝目の場合

 2.山などからの大きな傾斜(目の錯覚)

1については、高麗グリーン等は
ボールが芝に持っていかれる感じがしたりしますが、
それでも傾斜に逆らって曲がっていくことはほとんどありません。

今回は2について話していきます。

富士山の麓にあるコースなどでは特に顕著ですが
近くに小高い山があるコースは、
山からの大きな傾斜があります。

あなたもよくキャディさんから

 「富士山(ほかの山でも同じです)から順目です」

 「海に向かって順目です」

というアドバイスをもらったことがあると思います。

ですが、これは本当の芝目ではなく
大きな傾斜があるための「目の錯覚」なのです。

ですから例えば、富士山を左に見て、
右からの傾斜があるように見えたラインで
左に曲がると思ったら実は右に曲がった。。。

という事が起こるわけです。

こういうコースは慣れが必要

こういう時、打った本人にはあたかも
傾斜を登って行ったように見えるわけですから、
訳が分からなくなります。

でも、こういうコースは特に慣れが必要で
初めてラウンドするとプロでもなかなか入りません。

このようなコースで試合が行われる事も、多々あります。

それでもプロが入れるのは
練習ラウンドでグリーンを調べているからなのです。

さて、皆様への対策としてご紹介するのは
山の大きさや近さにもよりますが、とにかく

 「グリーンの目に見えている傾斜より
  全体の傾斜のほうが大きいと思っておく」

このことを強く意識してください。

2メートルくらいのパットなら
1カップから1ボールくらい山側に狙いを決めてください。

とにかく自分がイメージしているラインと
違うところに打つのはプロでも難しいです。

でも是非、自分のラインが当たるかどうか
楽しむぐらいの感覚でいることをおすすめします。

追伸

冒頭にもちょっとだけ書きましたが、
現在、福岡に試合で遠征中です。

そんな中、ゴルフライブの事務局からお願いされまして、
今週末の日曜日に千葉でのレッスンを開催します。

シャドースウィングのレッスン、
よかったらぜひ、いらして下さい。お待ちしています。

シャドースウィング(9:30~11:30)

http://g-live.info/click/kl160703_0930pdf/

 

それではまた、次回も楽しみにしていてください。

ーツアープロ 梶川剛奨
 
 

<本日のオススメ>

「ドライバーのヘッドスピードに自信がありません」

そんなあなたでも飛ばせるようになるのが、
モンゴプロの「トータルドライビングプログラム」です。

ゴルフ仲間との飛距離の差なんて、
ヘッドスピードを無理に上げたりしなくても、
あっという間に埋まってしまいますよ。

http://g-live.info/click/mgdr1606/

※明日6/29(水)までの期間限定。お早めに。

The following two tabs change content below.
梶川 武志

梶川 武志

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。
梶川 武志

最新記事 by 梶川 武志 (全て見る)

カテゴリー: アプローチ, パター, メルマガ, 傾斜, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
梶川 武志

梶川 武志 について

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。

 

Facebookでコメントする

「富士山から順目です」はウソ?ホント?」への4件のフィードバック

  1. NHCINC

    確かに、いろんな要素があるようですね。キャディーさんに聞くと、富士山と箱根の間に平地があり、目安として富士山側の斜面にあるゴルフ場はやはり富士山から順目だそうですが、箱根側の斜面にあるゴルフ場は逆目だそうです。

    返信
    1. 梶川 武志梶川 武志 投稿作成者

      NHCINC様

      全くその通りですね。どうもありがとうございます。

      返信
  2. Y.IWATA

    梶川プロいつもありがとうございます。

    前回ラウンドでボールが斜面を登って見えたのは大きな斜面による目の錯覚だったのですね。
    次回山岳コースに行くときはより慎重に傾斜を見るようにしてみます。

    最近仕事の関係でなかなかラウンドに行けませんが、次回の千葉レッスンにはぜひとも参加させていただきたいとおもいますのでまたご指導よろしくお願いします。

    返信
    1. 梶川 武志梶川 武志 投稿作成者

      Y.IWATA様

      ラインの読みもゴルフの実力の一つです。
      頑張って下さい。
      レッスン会お待ちしてます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。