フック、スライスが出るときこそ、思い切り曲げるチャンス?

2016.08.30
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

先週に続き、今週も台風が接近してますね。。

今日が最も東京地方に接近するそうなので
怪我や事故などにはお気をつけください。

さて今日はショッピングの話をしようと思います。

「えっ、ショッピング?」と思ったあなた。

安心して下さい。
もちろんゴルフ上達にも役立つ話です。

特にフックで悩んでいる方には・・・

「地味すぎる!!」

先日久しぶりに妻とショッピングに行きました。

妻の付き添いで行ったのですが、
新しいシューズを買おうと思い、
妻に一緒に見てもらっていたのですが、、、

僕が選ぶシューズがどれも地味だそうで。

なので今回は妻をも唸らせる、
カッコいいシューズを選ぼうと決意しました!

色々悩んだ末、
今回妻に見せたシューズの結果・・・

やはりどれも地味だったそうです。

なので靴紐の色を変えてみました。

でも、まだ何か足りない様子。

そこで堪らず妻から一言・・・

「いつもシンプルすぎるから、思いっきり派手なのにしてみたら?」

妻曰く、
「いつも自分が手も伸ばさないような物にしろ!」
というのです。

それはいくらなんでも派手すぎだろ・・・
と思いつつも渋々従うことに。

すると・・・

(あれ?な、中々いい感じ・・・♪)

意外としっくり来てかっこいい。

そう、妻が言ってることは正しかったのです^^;

自分の中で潜在的に決まっていることって
色々ありますよね。

そしてそれを変えたいと思った時
どうしても元を軸に動いてしまいがちです。

思い切り変えることで変化が生まれる

実はこれはゴルフにも言えることなのです。

インパクトの際に身体が左へ突っ込む人は
少し意識して右に残そうとしても
やはり左へ突っ込んでしまいます。。

これを、
右に倒れてしまうんじゃないか?
というくらい右に残すと
意外とちょうどよかったりします。

また、インパクトの際に
身体が起き上がってしまう方は
思い切り前のめりになる様意識してみると
いい感じになったりします。

潜在意識の中でインパクトの際の
基準が決まってしまっているからなんですね☆

フックで悩んでいる人の例を上げてみると。。。

フックに悩んでいる人は
とにかく真っすぐに打とうと意識します。

丁度いい場所を探そうとするのですが、
なかなか真っすぐ飛んでくれないんですよね。

こんな時はわざと思いっきり
右へ打ち出してみましょう。

わざと右へ打ちだすために
グリップやフェースの向きも
思いっきりスライス仕様にします。

すごい反対に曲がれば大成功です!!

そして逆に思いっきりスライスを打つ
練習もしてみるのも効果的です。

なぜ思い切りが重要なのか?

これは人間の構造上、
感覚と実際の動きにギャップがあるからです。

自分では意識して修正を行っているつもりでも、
実際の動きというのはなかなか変化が起こらないものなのです。

フックに悩んでいる人というのは
どうしても真っすぐ打ちたいと思ってしまいます。

丁度いいところを目指すと変化がないんです。

ですから、自分の意識以上に身体に変化を起こすことによって、
感覚と実際の動きのギャップを埋めてあげることが
上達への第一歩だと思います。

ただ、これもやっていくうちに
オーバードゥ(やり過ぎ)になる時期が来てしまいます。

ですので、
どこが適正な位置かというガイドラインを
知っておくことが重要だと思います。

大きくやると変化がでる。

ショッピングでの妻に思い出させられた一コマでした。

またメールします。

近藤

<本日のオススメ>
【大人気「新 脱・力みで飛ばす」好評販売中!】

自分の望む飛距離が得られていないと
思っているゴルファーへ

もしあなたが、望む結果が得られていないのは
「自分にはまだまだ筋力が足りないからだ」と思っているのなら…
コレ、実はゴルファーの才能をダメにする
もっとも致命的な思い込みなのですが…
↓↓
http://g-live.info/click/omr_smn1608/
*8月31日(水)で販売終了

The following two tabs change content below.
近藤 雅彦

近藤 雅彦

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、神田店、新宿店の店長を兼任している。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。
カテゴリー: スライス, フック, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
近藤 雅彦

近藤 雅彦 について

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、神田店、新宿店の店長を兼任している。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。