フェースがスクエアなのに、なぜ曲がるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.05.05
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「フェースがスクエアなのに、なぜ曲がるの?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

フェースをまっすぐ向けて構えているのに、
どうしてボールが曲がってしまうのか?

特に、右にスライスしてしまうのか?

こんなお悩みの方は多いと思います。
 

そもそも、ボールが曲がってしまうのは、
どうしてなのでしょうか?

スクエアでもまっすぐ飛ぶとは限らない

そもそも、フェースをスクエアに
合わせたからと言って。。。

球がまっすぐ飛ぶとは限りません。
 

インパクトでフェースが右を向けば、
球は右に打ち出されてしまうからです。
 

あるいは人によって、シャフトの種類や硬さ、
スウィングプレーン、ヘッドスピードなど。。。
 

それぞれ、違いますよね?

ということは、スウィング中のシャフトのたわみや
ねじれ具合、そういったたわみ・ねじれの戻り具合も
人によって様々なのです。

いくらアドレスでフェースをスクエアに合わせても、
インパクトでスクエアに戻る保証はどこにもありません。
 

 「江連さん、そんな身もふたもないことを。。。」

 「それだって、フェースをスクエアに構えた方が
  インパクトでもスクエアになりやすいのではないですか?」

 

そんなふうに思いますかね?

「本当にスクエアか?」を確認

では、本当にスクエアなのかを確認するには
どのようにすればよいのでしょうか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

その前にまず、
ちょっと以下のことをやってみてください。
 

 ①5番アイアンでいつも通りにアドレスする

 ②右目をつぶり、左目だけで
  フェースがスクエアかどうか確認する

 ③左目をつぶり、右目だけで
  フェースがスクエアかどうか確認する

 

目で見たものは意外といい加減

やってみて、いかがでしょうか。
 

たとえば、左目で見た時はスクエアだったのに、
右目で見たらいつもより被って見えたなら、

左目が利き目と考えられます。
 

つまり、利き目と利き目でない方の目で見るのとでは、
フェースの向きが違うのです。
 

自分ではスクエアにしているつもりでも、
目で見たものは意外といい加減だと言えるでしょう。
 

極論かもしれませんが、構えた時のフェースの向きは
あまり重要ではないという事です。
 

それよりも大切なのは、
スウィング中にフェースの向きをコントロールして
自分にとってのまっすぐを見つけることです。

追伸:スライスを手っ取り早く解消したいなら…

 「江連さんがお話になっていることはわかりますが。。。」

 「何かもっと簡単にスライスを解消する方法はありませんか?」

そのようにおっしゃる方には、
私も少し関わって、ゴルフライブで紹介している

 スライスキラーアイアン

こちらをお試しいただいてもよいかもしれません。

コチラをクリック

本数限定&特典あり。残りわずか
 

 「え、なんでアイアンでスライスが直るの?」

そのようにあなたが思ったとしても、
百聞は一見にしかず、お試しいただくのが一番です。

ちょっとでもご興味のある方は、
早めにコチラからチェックしておいて下さい。

コチラをクリック

ご用意できた数が少ないようなので、お早めにどうぞ。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: スライス, フック, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。