ゴルフやめてやる!と思ったら読んでください。

2016.09.26
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

現在発売している書籍の執筆に行き詰ったら
気分転換に喫茶店で作業することがありました。

静かな店内ではBGMが流れ
集中して書き進めていたのですが
ふと手を止めると隣の席のカップルが、こんなことを話していました。

女性「ああ、もう嫌だ!こんな仕事辞めたい!」
女性「転職したい…」

彼女の方は、医療関係の仕事をしているらしく
人間関係が複雑で、体力も精神も限界ということ。

「もう、なんでも良いから転職しようかな。アパレル店員とかどうかな?」

彼女の職場はよっぽど大変なようで、
「ああ、たしかに。それだったらやめたいよね…」と
ついつい共感してしまうような環境だったのです。

そして、、、
気づけば20分が経っていました。

男性のほうは、長い間閉じていた口を開き、
こう言いました。

やめてもいいと思う。でもね…

「そうだね。そんな仕事は辞めた方が良いね。」
「辞める理由は、ネガティブでも良いと思う。」

「でもね。」

「新しい仕事を始めるときは、ネガティブな理由じゃダメだと思う」
「新しいことを始めるときには、ポジティブであるべきだと思うんだよ。」

彼は、真剣な面持ちで、ゆっくりと彼女に伝えました。
この言葉は、私の心にも深く刺さったのです。

「もうゴルフやめる! 」

たまに同伴者の方で、なかなか思い通りのゴルフができず、
イライラし、もうゴルフやめる!
と言い放つ人に出会ったことはありませんか?

いや、長年ゴルフをしているなら
誰もが一度は考えたことがあるかもしれません。

一生懸命に練習をして真面目に取り組んでいるのに、
なかなか思い通りのスコアが出ない。

自分はゴルフが向いていないのかなと思い始めてしまい、
もうゴルフやめると口走ってしまうんだろうと思います。

私も色々な練習をして、朝から晩までトレーニングをして、
真面目に取り組んでいるにも関わらず、
なかなか思い通りにいかなかった頃はネガティブになったこともありました。

ゴルフというスポーツが嫌いになったわけではないのですが、
楽しいことよりも苦しいことが多いと感じることがあったのです。

「うまくいかないから辞める」

やめたければやめればいいし、
また始めたければ始めればいい。

少し言い方が冷たいようかもしれませんが
私はこう思います。

丸1年やめてた時があってゴルフを再開して
またゴルフの楽しさを発見できる方も多くいらっしゃいます。

極論、
「うまくいかないからやめる」とか
「センスがないと思うからやめる」というのでも、良いと思うのです。

ゴルフをやめてやると思った理由が怪我や病気じゃなければ、
しばらくゴルフから離れてみるのも良いかもしれないですね。

でも、、、
もう一度ゴルフを始めるタイミングは違います。

少なくとも、「もう一度やってみよう!」
というポジティブな動機が必要なのです。

「やっぱり他にやることがなかったから…」と、
そういったものは断固間違いだと思うのです。

「久しぶりにやったらやっぱり楽しい!いいスコアが出せそう!」
というような確信めいた根拠が必要だと思うんですよね。

ただ・・・

ただ、ゴルフをやめる!
というような人は、けっこう粘り強い根性があったりすると思います。

自分のゴルフを分析して、
かなり練習をしているのに上手くいかないから悔しくてゴルフをやめる!
となるわけです。

悔しさがあるうちは、
まだまだゴルフを頑張れると思います。

つまり、ゴルフをやめると言い放つ人ほど
ゴルフに熱心だということです。

熱心だからこそ、
熱くなってしまって思わぬ言葉を吐いてしまうのかもしれませんね。

そういえば喫茶店の彼女も愚痴を言いながらも

「もっとこうすればよくなるのに」
「わたしだったらこうするのに」

と真剣に仕事に取り組んでいるからこその発言もありました。

ゴルフを辞めようと思ったときこそ、
もういちど自分のゴルフを見直す時期なのかもしれません。

使っているクラブが合ってないとか、
体力的な問題でスイングが弱っているとか、
昔のナイスショットを今でも無理に打とうとしているとか

ちょっと見直してみるのもいいかもしれません。

良いことを聞きました。

「辞めるときは、ネガティブだろうが、なんだろうがOK」
「でも、始めるときはポジティブじゃなきゃだめなんだ」

あの男性は良いことを言っていたなぁ。
私も、そういう良いことを言える指導者でありたいものです。

「ゴルフをやめてやる」と思ったことのある私ですが
今では歩けるうちはゴルフをするつもりですし、
歩けなくなっても指導者として頑張りたいと思っています。

共に頑張りましょう。
わたしも日々、精進がんばります。

またメールします。

小原大二郎


追伸・・・

ゴルファーにとって「健康」は
永遠の課題ですよね

生涯健康で身体の心配をすることなく
ゴルフのスコアを伸ばし続けたいと
心から願うあなたへ…

わたしも実践している
トレーニングがオススメです

http://g-live.info/click/eg160920/

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: メルマガ, モチベーション, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

ゴルフやめてやる!と思ったら読んでください。」への5件のフィードバック

  1. 宮沢

    ゴルフレッスンを始めて3ヶ月になります。
    週一回でレッスンを受けています。
    始めた理由は興味本意でした。

    ボールが右ばかりに飛んで全然上達しません。
    現在、レッスンを続ける気持ちとやめたい気持ちと
    半々です。

    中途半端な気持ちだったらやめた方が良いかなと
    思ってますの

    返信
  2. 鈴木敦子

    明日1年振りにラウンドしますが、なかなか上達せず何度もゴルフを辞めようと思いました。
    明日も憂鬱です。
    でも、上手くなりたい気持ちはいつもあります。
    いつか続けていて良かったと思える様に頑張りたいです。

    返信
    1. 小原 大二郎小原 大二郎 投稿作成者

      鈴木さま
      コメントありがとうございます。
      「上手くなりたい気持ちを常に持っている」というのは素晴らしい志ですね。
      季節の変わり目で体調を崩しやすいですが無理しない程度に一緒に頑張っていきましょう。

      返信
  3. 田沼 宏之

    73歳の何度もゴルフをやめようろ思った老人より
    素晴らしい若者です。日本も捨てたものではない。
    また、自分もsのような指導者になりたいと思った小原プロ素晴らしい。
    大変、良い話でした。
    有難うございました。

    返信
    1. 小原 大二郎小原 大二郎 投稿作成者

      田沼さま
      お褒めの言葉をいただき大変うれしく思います。
      今後のゴルフ業界をぜひ一緒に盛り上げていきたいですね。
      コメントありがとうございました。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。