ミーティングをクビにされて思う事…

2017.01.16
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

先日、スタッフからクビを宣告されました。

とある研修会のチームのリーダーに

「小原さんがミーティングに参加されると、
 みんな(間違ってたら指摘してもらえると)甘えるんで
 来週から僕達だけでミーティングしてみたいんですが。」

とうまく乗せられて、
研修会のミーティングメンバーから外されてしまいました(笑)

このチームは
1年未満の新しいレッスンプロで構成されている数人のチーム。

毎週、研修で学んだことを共有することで
さらなるレベルアップを目指します。

もうすっかりレッスンプロとして独り立ちしてきたな
と思ったタイミングでリーダーからこのオファー。

しかもさすがレッスンプロとして
コミュニケーション学を学んでいるだけあって、
ストレートに「もう来ないでください」と言わないところがまた抵抗できません…

というわけで、
この研修ミーティングを一時的にクビになってしまいました。

そして私なしでも順調に進んでいるミーティングを横から眺めているとき、
ふと、以前ゴルフライブのブログで紹介した言葉を思い出しました。

それは、
「ほとんどの人は目標が低すぎる」
という会社を経営する方から聞いた言葉です。

「自分だったらこれくらいかな」と、
現実的な目標を設定してしまったり

あるいはそこそこの自己ベストの結果が出たら、
そこで満足してしまったり、、、

「私は、あなたがもっと大きなことができると信じている」

というゴルファーにカツを入れる言葉でした。

今見てもグッと来るものがありますね。

あなたはどうでしょう?

ゴルフライブ読者のみなさんなら、
勉強熱心な方でしょうから
他のゴルファーに比べていいスコアを出しているかもしれません。

でも(あなたは密かに)、、、
本当は「自分はもっとやれる」んじゃないかと思ったことはないでしょうか?

ゴルフのモチベーション

私もよく生徒さんから
「ゴルフのモチベーションになるものが見つからない」
と相談を受けることがまたにあります。

ですが、きっとその原因は、
高いレベルでスコアが安定してしまってるがゆえに
「退屈」してるんだと思います。

当てるのも精一杯。
1yでも遠く飛ばすので精一杯。

あるいは、
目標とする100切りを達成したくて一生懸命。。。

という「不満足な状況を脱したい」という感情が、
私も含め多くの方の最初のゴルフのモチベーションじゃないかと思います。

でもひとたび目標だった100切りを達成し
安定したスコアを出せるようになると

「今は練習しなくてもいいや」

という風に
モチベーションが下がってしまいます。

その状態からさらにもっともっと
上級のゴルファーになるには
別のモチベーションが必要です。

それは何なのか?

それは競技ゴルフに挑戦するすることかもしれないし
シングルプレーヤー、片手シングルプレーヤーを
目指していくことかもしれません。

それを見つけることができれば
もっともっとゴルフに熱中することができるかもしれません。

私の場合は(悩んだあげく)、
やっぱりモチベーションは
「ひとりでも多くの方にゴルフを楽しんでほしい」

そのためには私一人では限界があり、
チーム小原のスタッフの力が必要なんだということに行き着きました。

そういう意味で言えば、僕がクビになった件は、
ベリーグッドニュース、ということになりますね。

まぁ、本心はかなり寂しいのですが(笑)

あなたも
自分のゴルフってこんなもんだから…
と自分自身で可能性にフタをしているということはありませんか?

私達は常に上を見て、成長を続けなければいけません。

もし、モチベーションがあがらないなら

「いついつまでにやります」
「スコア10アップを達成します」

と宣言してみてください。
やらざるを得ない状況を作れます。

私も少しでもみなさんを上達に導くために、
学び続けたいと思います。

今年から、全く知らない新たな分野の学びを1つ、
始めようと思います。

ゴルフは楽しいですね。

またメールします。


追伸・・・

ゴルフライブがプロと共同開発した
「着るだけでゴルフが上達するゴルフセーター」が
50%OFFキャンペーン中のようです。

私も愛用しているのですが
ゴルフが上達してしまう秘密が詰まっていて驚きました!

今日までのセールですので
気になる方はぜひチェックしてみてください。

http://g-live.info/click/bs_knit_170110/

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: メルマガ, モチベーション, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。