平均パット数が5も減りました!

2018.02.09
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「平均パット数が5も減りました!」

というテーマでお話をしたいと思います。

これからお話をする内容は、
生徒Oさんの実体験になります。

水柿プロ!この方法を教えてもらって、
実際に続けてみたら平均パット数が・・・
5も減りました!!!

と嬉しいご報告をいただいたので、
シェアしたいと思います。

ゴルフでパターが一番大事なことは
あなたも感じているのではないでしょうか?

ドライバーで300y飛ばそうが、
1cmのパットだろうが同じ一打です。

そんな大事なパターの中でも
方向性を抜群に良くするためのシンプルで
かんたんな方法をご紹介します。

第一に、方向性を良くするためには、
狙う方向に対してクラブフェースを真っ直ぐに構える
ということが非常に重要になります。

ボールセットの仕方

あなたは、グリーン上でボールをセットする時に、
どのようにボールを置いていますか?

最近のボールには、
あらかじめ目印がプリントされている
ボールをよく見ますよね。

ボール①

ボールのセットは、まず、ボールに引いたラインや
ブランドロゴなどが真上になるように置きます。

ラインの位置が横にずれてしまうと、
きちんと構えることが難しくなってしまいます。

ラインを打ちたい方へ向けたら、
ラインにシャフトを合わせてみて、

本当に正確に打ちたい方向に
ラインが向いているかチェックしましょう。

このメルマガをお読みの方であれば、
グリーン上でターゲットラインに向けて

ボールにプリントされている目印を合わせる
ということは既にされていると思います。

それでも生徒さんを見ていると
スコア120オーバーの方の中には
そんなの気にもしていない。

という方も実は結構いるんですね。

もらったボールが救世主

生徒Oさんももちろん、
ボールの目印をターゲットに合わせていたのですが、
ラウンドをしていたある日の出来事。

その出来事をきっかけに
ボールラインマークに対する意識が変わったそうです。
それで十分だと思っていたからです。

キッカケは、ボールを立て続けにロストしてしまい、
終盤にマイボールが切れてしまったことでした。

仕方なく同組の友人からボールをもらって
ラウンドをしたそうです。

そのボールには、マーカーで
分かりやすくラインが引かれていました。

そのボールを使ったのが、
OUTの上がり3ホールからだったそうで、
7H、8H、9Hと3連続1パットで決めたそうです。

パット数1、1、1とスコアカードに
記入する時は気分が良いですよね。^^

そのボールに線が引かれていることで、

・打つ時にラインをイメージしやすい
・転がっているボールの軌道を確認しやすい
・自信を持って打つことが出来る

などなど、
とてもパッティングだけに集中出来たそうです。

ボール②

実際にトッププロの、
石川遼プロや、松山英樹プロ、片山晋呉プロ
なども実践してしまうほど効果があります。

ラインを信じて打つ

ボールをセットした時の印象と
実際に構えてみた時の印象に違いを感じることがあります。

ボールの真後ろから見たときの傾斜やラインと、
ボールに対してアドレスした時の見える景色の違いです。

ポイントは、ここで違和感を修正して打とうとしないこと。
ボールのラインを信じて打っていきましょう。

ボールの後方からの“視点”と
アドレスの姿勢からの”視点”では、
カップを見るときにズレが生じます。

この“ズレ”を脳が感じ取り、正しいアドレスにも関わらず、
アドレスで再調整してしまう癖が出てしまいやすいんですね。

これは、パットだけでなく、
ショットにも言えることです。

つまり、

正しいボールの置き方ができて

正しいセットアップができたのなら

そのアドレスを信じて打つ

ということ。

微調整をしているうちは、ラインの読み方が悪いのか、
セットアップが悪いのかの区別が付かないのです。

知ってはいるけどやっていない。
という方がほとんどなのではないでしょうか。

ボールラインマーカー。
本当に馬鹿にできません。

今回は、改めてその重要性を
お伝えできたら嬉しいです。^^

現在、100切りや90切りを目指されている方であれば、
3パットは絶対に避けなければいけません。

ゴルフショップなどに行けば、
ラインマーカーはどこでも安価で
販売していると思います。

ロングパットの距離感も大事ですが、
簡単なショートパットを簡単に外さないために
是非ボールにラインを引いてみてはいかがでしょうか?

ボールラインマーカーの使い方

あなたは、日頃のパター練習では、
ラインマーカーを使っていないのに、
ラウンド本番では使用してはいませんか?

練習もラウンドも同じようにしなければ、
ゴルフはなかなか上手くいきません。

パターの練習で使用しているボールにも
きちんとラインを引くようにしましょう。

ラインを引くのはちょっと手間のかかる作業ですが、
練習とラウンドではなるべく
同じ状況を作るように意識していきましょう。^^

今回ご紹介したラインマーカー。

とても原始的な方法ですが、
パッティングに自信の無い方には、
効果抜群です。

面倒くさがらずに、ぜひお試しあれ。^^

それではまたメールします。

ガッツパー水柿

 

<本日のオススメ>

先日から公開している服部プロの大人気プログラム
「ロングドライブプログラム”ドローボール”」
はもうご覧になりましたか?

このまま予注文が入り続けた場合
急遽公開を終了する可能があります。

ぜひお早めにご覧ください

http://g-live.info/click/draw180208/

 

▼ガッツパー水柿コーチのスイング動画

The following two tabs change content below.
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。
カテゴリー: 100切り, パター, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。

 

Facebookでコメントする

平均パット数が5も減りました!」への4件のフィードバック

  1. KenKen

    ガッツパーさんいつもありがとうございます。
    今回、記事を書かれた内容には、自分も同じような経験をしました。
    ボールの後ろからピンに向けてとったラインとスタンスしたときのラインでは、
    かなりの違いがあります。
    目印をラインに向けてとり、スタンスすると、どうも右を向きすぎている感がします。
    しかし、しかし・・・信ずる者は救われる!
    自分が決めたラインどおりに打つことで、きちんとカップの方向にボールが転がってくれます。
    目の錯覚なのか、感覚の違いなのか??
    ボールにきちんとラインを記入し、ラウンドでもラインを信じてプレーしています。
    まだまだ、練習不足で距離が合わなかったりしますが、
    練習でもラインを記入したボールを使っていきたいと思います。
    今年こそ、ベストスコア!!

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      KenKen様

      コメントありがとうございます!!
      目の錯覚はゴルフの中で色んな部分で影響がありますね。

      その中でもこのパッティングに関しては、
      ボールのマークや線という『もの』で
      ミスを防ぐ事ができるので、ぜひ活用していきたいところです!

      そして気持ちの中でもしっかりと決める事が重要ですね!

      また、練習時にはボールが転がっていく際に
      この線が真っ直ぐ一直線に見えると、

      転がり方も真っ直ぐ回転している証拠になりますので、
      その点にも注目してみてください。^^

      ぜひベストスコア更新を目指して頑張りましょう!!

      ガッツパー水柿

      返信
  2. blackrojiroji

    ここ2年余りショートパットが入らなくて、平均スコアも落ちてきたので、早速ラインを引いて練習してみます。
    ボールをセットした時とアドレスした時の印象の違いありますね。つい見直したり、微調整することもしばしば…
    次のラウンドではアドレスを信じてみます。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      blackrojiroji様

      コメントありがとうございます!!

      そうですね、線をまっすぐにセットできても、
      いざ打つ時になるとまっすぐに見えないことがありますね。^^;

      それでもセットした線を信じて打つことを
      普段から練習してみてください!

      打ち出していくボールがまっすぐ出ていくと、
      それが違和感なく自信を持ってストロークできるようになってきますよ。^^

      ガッツパー水柿

      返信

KenKen にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。