手首はリリースすべき? するべきでない?

2018.03.27
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は
 

 「手首はリリースすべき? するべきでない?」
 

について、お話をしてみたいと思います。

前回のメルマガに、いわゆる手首のリリース、
手首を返す動きについて、こんなご質問をいただきました。

非常にいい質問だと思ったので、
このメルマガをお読みのあなたにも
ぜひシェアしたいと思います。

ご質問をいただきました

> Y.IWATA
>
> 梶川プロ、いつもお世話になっております。
> 今回のメルマガとは関係ないのですが
> 一つ質問があります。
>
> プロがいつもご指導くださるように
> 鉄板アプローチ(下半身を使ったアプローチ)の延長に
> フルショットがあるというのは理解しているつもりです。
> 下半身の動きに関しては何となくわかってきましたが、
> 上半身の動きが今一しっくりこないところがあります。
>
> 鉄板アプローチの場合逆くの字維持のため
> 手首の角度固定が原則と思いますが、
> ドライバーなどのフルショットの場合
> ヘッドが手首を追い越して
> 回転にて加速することが必須となると思います。
>
> そのため手首を返す動きが加わると思うのですが、
> 鉄板での手首固定と、フルショットでの手首の返しの移行を
> どのあたりのショットから(ハーフショット、スリークォーターなど)
> 意識していけばいいのでしょうか?
>
> またアプローチでも10y以上の距離を狙うときなど
> ある程度手首が返っても良いのでしょうか?
> ご教示いただければ幸いです。

 
 

Y.IWATA様、いつもレッスンご参加や
メルマガへのコメント、どうもありがとうございます。

非常にいい質問でしたので、
他の読者の方にも共有してもらおうと思い
このメルマガ上でお答えすることにしました。

リリースする vs リリースしない

さて、この質問をくださったIWATA様は
すでにご存知と思いますが、他の読者様方のためにも復習です。
 
 

 フルショットのように
 手首がダイナミックに返っていく使い方を
 「リリースする」
 

 アプローチのように
 手首の角度をほどかない使い方を
 「リリースしない」

 
 

と言います。
まずはこれを是非、覚えて下さい。
 
 

そして基本的な考え方としては
 
 

 リリースする → 飛距離が欲しい
 

 リリースしない → 方向性を重視したい
 
 

と思って下さい。
 
 

方向性が大事な時はリリースしない方が有効です。

方向性が大事ではないような場面は
ゴルフでは基本的にありませんが(^_^;)
プロは100Y以内では、ほとんどの場面でリリースしません。

先ほどもお話ししたとおり
「リリースしない」方が、方向性には有効だからです。
 
 

ですので、スコアが90を切るような方は
「リリースしない」を覚えることは重要です。

でも何故「リリースする」かというと
(これも先ほども述べたとおり)
飛距離を得るには「リリースする」方が有効だからですね。

スコア100以上なら「リリースする」を覚えましょう

「リリースする」を上手く使えると
ヘッドスピードが上がります。

スコアが100を大きく上回ってしまう方は
「リリースする」がうまく出来ずに
 

 ・ヘッドが走らせられない

 ・フェースが開いて当たる
 

などの症状に悩まされていることでしょう。

ですから僕も、スコア100以上の方には
「リリースする」を教えることが多くなります。
 

ですが、スコア100以上の時に「リリースする」を覚えて
上手くいくようになると。。。

「常にリリースするが正しい」と思ってしまいますね。

すると「リリースしない」は間違いだと思ってしまうか、
「リリースしない」を知らないまま100を切り、
90を切るかもしれません。

そういう方には、今度は「リリースしない」を
覚えてもらうことによって
レベルアップを計っていただきたいと思います。
 
 

さぁ、今のあなたは
 

 「リリースする」

 「リリースしない」
 

どちらの練習をしてみますか?

レベルが上がってくると技術的に新しい技、
少し難しい技も覚えてもらうと、楽しさが広がってきます。

あなたのゴルフがもっと楽しくなるように願っています。(^_-)-☆
 

追伸:4月のレッスン会のご案内

ゴルフライブの事務局からもお願いされて、
4月のレッスン会を以下の日程で開催することが決定しました。

先着順となっています。
毎回すぐに埋まってしまうので、ご希望の方は
どうぞお早めにお申込み下さい。

(すでにお申込みをされて、案内が行っている方は
 お席は確保されています。どうぞご安心下さい)
 

◆千葉(4/21 土)

アイアンレッスン(8:00~11:00)
日時:4月21日(土)
場所:ジャパンゴルフ(千葉市若葉区)

満員御礼につき受付終了
 

アプローチレッスン(12:30~15:30)
日時:4月21日(土)
場所:ジャパンゴルフ(千葉市若葉区)

満員御礼につき受付終了

※事務局より:
今回定員に達しましたので受付終了しました。
次回の開催は未定です。申し訳ございません。

 
 

それではまた、次回も楽しみにしていてください。

ーツアープロ 梶川武志
 

<本日のオススメ>

使うだけで10打縮まる秘密兵器

 「ベタピンスコープ2」

実際に、この正確な距離を測れる武器を
手に入れた100切りに悩むゴルファーは、
見事100切りを達成しました。

間違いなく、あなたのスコアアップに
欠かせないアイテムとなるでしょう。

http://g-live.info/click/btpin1803/

※なくなり次第終了

The following two tabs change content below.
梶川 武志

梶川 武志

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
梶川 武志

梶川 武志 について

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。

 

Facebookでコメントする

手首はリリースすべき? するべきでない?」への6件のフィードバック

  1. harara

    毎回、既読しております。毎回の的確なアドバイスに、感銘を受けております。今回の『リリース』ご意見には、目から鱗…‼️でした。ありがとうございます。

    返信
  2. Y_Iwata

    梶川プロいつもお世話になっております。
    クリアカットな解説ありがとうございます。

    100yリリース無しはウェッジでは私には難しいと思われます。
    以前ご指導頂いたライン出しがリリース無しのLong Shotと考えていいのでしょうか?

    まずはアプローチでのリリース無しの徹底と、Long Shotでのリリース有り無しの使い分けを意識しながら練習してみたいと思います。

    返信
    1. 梶川 武志梶川 武志 投稿作成者

      Y_Iwata様
      その通りですね。^_^
      ライン出しとリリース無しはイコールで考えて頂ければいいと思います。

      返信
  3. yasu119

    手首のリリースは、距離・方向性の選択ですね。ありがとうございました。先回の手首のリリースのメルマガを
    もう一度お願いします。拝読しておりませんでした。

    返信
    1. 梶川 武志梶川 武志 投稿作成者

      yasu119様
      どうもありがとうございます。先回は手首の話とは全く別の話で(質問だけありました)手首の話は今回が初めてです。
      手首のリリース、少しでも参考になったらうれしいです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。