上達できる人、できない人の差とは?

2018.04.10
02-150x150

From:近藤雅彦
神田のドトールより、、、

おはようございます、近藤雅彦です。

今日のメールマガジンは一部の人にとって
不快な気持ちになるかもしれません。

でも、真実の内容と思っています。

上達できる人とできない人の差は
一体何なのでしょうか?

あなたの上達するヒントになれば
とても嬉しく思います。

その内容はというと、、

なぜ6ヶ月でベストスコアが出せるのか?

僕たちが密かにやっている
「トップガン」という上達プロジェクトがあります。

6ヶ月でベストスコアを達成するという高い
目標を達成するための内容です。

僕と、小原プロ、モンゴプロで作った
独自カリキュラムのレッスンです。

もちろん全員が100%達成できるわけではありませんが、
かなりの確率でベストスコアが出ます。

平均スコア110だった方でわずか3回の
レッスンで88を達成した方や、、

全くの初心者の52歳の男性で
3ヶ月で100を切った方、、

旦那に内緒でプロジェクトに参加して
6ヶ月後には旦那さんのスコアを
大幅に超えて「76」を達成した女性など、、

もちろん彼らは最初からセンスや才能が
あったわけではありません。

むしろ、

「自分にはゴルフのセンスがなくて、、」

「昔から運動が苦手で、、」

そんな方がほとんどです。

では、なぜ彼らは結果を出すことが
できたのでしょうか?

この理由を考えたときに
インターネットで面白い話を知りました。

なぜ、圧倒的な差がつくのか?

こんな例えを話していました。

例えば、遠くにある目的地にたどり着くための
レースがあるとします。

頑張ろうと思った人は家に自転車があれば
すぐに乗って必死に走り出すでしょう。

でも、「どうやって遠くに行こう」と考えた人は
原付の免許を取りに行きます。

そして1週間だけ頑張って働いて
稼いだお金で原付を買います。

そしてスロットルを握り、
目的地に向かいます。

確かに、自転車で先に向かった人より
1週間は出遅れてしまうわけですが、
3日も経てば抜いてしまうでしょう。

そして、原付に抜かれた自転車の人は、
もっとガムシャラに走るしかなくなります。

「寝ずに走り続けよう!」
「休憩する間もなく走ろう!」

そんな風に思ったとしても
原付の人には勝てません。

ただハンドルを握っているだけで
1ヶ月も経った頃には、
とんでもない差がついてしまいます。

これはゴルフを上達するためにも
全く同じことが言えます。

闇雲にゴルフ雑誌や本の練習方法を
やればいいわけではありません。

スイング理論を完璧に理解できれば
いいスコアが出るわけでもありませんよね。

むしろ、そんな時間はないのです。

そして、100人アマチュアがいれば
100通りの目標や夢があります。

必死に練習するって響きはかっこいいかもしれませんが
そのせいで怪我をしたり、体を痛めたら
何の意味もありません。

あなたにあった効率の良い練習の仕方が
絶対にあるはずなんです。

一度落ち着いてどうやってやるべきか、
どう頑張るべきかを考えるのが
本当に大事になってきます。

私もプロになるために
「必死に」やっていました。

でも、それだけでは、
ツアーで稼ぐ結果は出せませんでした。

何がいけなかったのでしょう?

考えるだけで本当に涙が出てきます。
でも、ダメだったことは、事実なのです。

なので、ぜひこのメルマガを読んでいる
あなたにもお伝えしたい。

「頑張ってるけど全然上手くなれません」

残酷なことを言いますが、
それは当たり前です。

頑張ったら結果が出るという
考えを捨てなくてはなりません。

それよりも、
どうやれば結果が出るかを
考えることに比重を置きましょう。

その「考え方」を知るのが大切です。

僕の考えが全て正しいとは思いませんし
色々な結果の出し方があります。

でも、僕はあなたに絶対に上手くなってほしい
と毎日本気で思いながらメルマガを
書いて言います。

もし不快にさせてしまったなら、ごめんなさい。

あなたのゴルフ上達を心から応援しています。

それではまたメールしますね!

近藤

The following two tabs change content below.
近藤 雅彦

近藤 雅彦

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。
カテゴリー: メルマガ, モチベーション, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
近藤 雅彦

近藤 雅彦 について

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。

 

Facebookでコメントする

上達できる人、できない人の差とは?」への1件のフィードバック

  1. まーよこ

    近藤プロ

    いつもためになるメールありがとうございます。

    「頑張ったら結果が出るという
    考えを捨てなくてはなりません。
    それよりも、
    どうやれば結果が出るかを
    考えることに比重を置きましょう。」

    確かにそうでした。今年の冬は練習場で必死に練習して、シーズンインしたらすぐにでもベストを更新すると思っていたのですが、いざコースに出たらシャンクが出始め、全ての調子が狂ってしまい、シャンクはようやく治りつつあるものの、未だにその後遺症に悩んでいる状況です。
    この冬頑張ったんだから結果が出るという思い込みや勝手な期待があったように思います。
    考え方を変えて、これから先のシーズンを楽しみたいと思います!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。