ゴルフ上達の秘密基地

2018.04.23
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

あなたは、自分だけのゴルフ上達の秘密基地ってもっていますか?

広くて大きな個室の話をしているわけではありません。

例えば、自室の中に
ゴルフクラブを飾ったり
ゴルフの写真や、ベストスコアを出したときの
スコアカードを飾ったり

今年のゴルフの予定を書き込んだ
カレンダーを飾ったり

そんな、あなただけの「ゴルフの空間」
それを私はゴルフ上達の秘密基地と読んでいます。

なんでそんな話をするのかというと、
楽しいことでも、毎日24時間そのことだけを
考え続けることは非常に難しいからです。

ゴルフ上達の天敵はモチベーション

どんなに楽しいゴルフのことでも
ふとしたきっかけで忘れてしまうことがあります。

しかし、遊びや趣味だったら
他の旅行や、家族との余暇だったりに
取って代わられた瞬間に

ゴルフが頭の片隅に追いやられて
プレー頻度がおちたり
ゴルフの楽しさを忘れてしまったりするからです。

私は、それが最も
ゴルフ上達のチャンスを逃している
のではないかと考えたのです。

ゴルフ上達の秘密基地を作りさえすれば
あなたが上達するチャンスを作り出すことが出来
自分のゴルフのモチベーションを維持することができます。

だから、ゴルフの楽しさだったり
ゴルフ上達の喜びを忘れないように
あなただけのゴルフの秘密基地を作って欲しいのです。

「上達するぞ!」と思っていても
家族がゴルフに反対していたり
ネチネチ悪口を言われていたら
逆に、やる気も下がってきてしまいます。

ゴルフの練習に行くことやレッスンを受けること
DVDプログラムを見て練習場に行くことも大切ですが
あなたが上達しやすい環境を作ることも重要です。

ゴルフのことだけを考えられる
ワクワクできるような環境です。

ゴルフグッズを身近に置く

最初に出来ることは、
自分のお気に入りのゴルフグッズを身近に置きましょう。

例えば、お気に入りのウェッジ・パターを
自室にボールと一緒に置いておくだけでも
なんだか、可愛くなってきたりワクワクします。

そのまま急に打ちたくなるかもしれません。

51y29muZG1L-500x375

img-contents-02

ただ置いておくだけでも良いです。

その他には、コルクボードで
ゴルフの結果やスケジュールを張り出すのもいいですね。

今までゴルフで撮影した最も思い出に残っている写真はなんですか?
せっかくですから、写真屋さんで現像して
コルクボードに貼ってみましょう。

見ているだけでニヤニヤして笑ってしまうような写真がベストです。

今まで行ったことのあるゴルフ場のマーカーを集めて
コルクボードに貼る方もいらっしゃいますね。

marker1

生活空間にゴルフが入り込んでくると
奥さんも、段々呆れてくるかもしれませんが、
本当に好きなのねと許してくれるかもしれません。
(日頃の行いや、その日の機嫌にもよるので責任はとれませんが(笑))

ご自宅でゴルフクラブを振ってショットできるようなスペースがある方
大きなお庭や、ガレージが空いているという方は
そのまま練習場を作ってしまうというのも手ですね。

結構お金はかかりますが、練習場代の節約にもなりますし、
自分だけの練習環境はプライスレスです。
(予算感は数十万円~数百万円)
t-up580

例えば、
自宅を改装して、私のゴルフスタジオや
シミュレーションゴルフのように作り変えたいという方はいますか?

もし興味がある方は、
懇意にしている業者さんを紹介することも可能です。

・シミュレーション
・鳥かご
・パッティンググリーンを作りたい

そんな声を叶えられるかもしれません。

興味がある方は、下記から問い合せてみてください。
スタッフが紹介できる業者さんがないか探してみます。

https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=winedge&formid=632

もちろん、DIYでパターグリーンだけ買ってきたり
Amazonなどで売られている安いアプローチ練習器具も使えるでしょう。

大切なのは、あなたの生活に近い空間で
それを置いておいたままにするということです。

使用するたびにしまっていると
まず、取り出しません。

それこそ、やる気があるときにしかやらなくなってしまうので
やる気がないときも自然とやる気が出てくるような環境が
「ゴルフ上達の秘密基地」です。

あなただけのゴルフのやる気が出る
上達できる環境を作ってみてください。

小原大二郎

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

ゴルフ上達の秘密基地」への1件のフィードバック

  1. 御手洗政則

    私のゴルフ基地は、自分の個室にパターマットを敷き、パターとボールをいつでも気が向いたときにすぐできるように、おいている。ゴルフのレッスン書をおいており、DVDが、いつでも見れるようにしている。また、素振りのできるマットを、庭に設置しており、クラブもそばに、そろえております。毎日、ノルマを与えずに、気軽にどれかをやるようにしております。
    でも、なかなかゴルフは、上達しません。一歩一歩ステップを踏んでやればいいのでしょうが、なかなか集中して、やれません。
    なんとなくやってるうちに、改善点が見つかったときは、うれしくなります。そんな時は、ゴルフの練習場でも熱が入り
    練習量も増えます。いつまでも発展途上で、楽しんでおります。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。