64歳、Nさんの涙の理由

2018.07.11
miyamoto

From:宮本大輔
神戸の自宅より

悔しくて涙が出ました。

Nさんという生徒さんがいます。

64歳の男性で100切りが目標、
ベストは15年前に出た86ですが
最近は随分100を切っていないといいます。

情けないやら、悔しいやらで、
僕のレッスンに駆け込んでくれました。

Nさんは本当に熱心で、
毎日200球のビジネスゾーンの打ち込みを
半年も続けています。

腰から腰を100球、肩から肩を100球。

これだけやっているのですから
当然スイングがメキメキ進化しています。
もう100を切る実力は十二分です。

そして2か月ぶりのラウンド。

隠れて特訓した成果を出してきます!
と張り切っていました。

この日はNさんにとって記念すべき
1日になる予定でした。

予想外の惨敗・・・

しかし、、

結果は最悪だったそうです。

左から右へのアゲインストで、
ドライバーはほとんどいい球が出ず
スライス、OBが連発。

いつも得意なFWもダフりで、
気持ちが折れてしまったと。

バンカーでは5~6打叩く場面もあり
結果的にスコアは126。

あれだけ練習していたので、
本当にショックだったと思います。

ラウンド終了後その足で
僕の元にやってきました。

「教えてもらったことを
ちゃんと出来ないダメな生徒で申し訳ない」

そんな言葉がNさんから出ました。

何をおっしゃるのですか。
むしろ僕のコーチとしての実力が
まだまだ足りていないのです。

間違いなく実力は付いています。

コースマネジメント、メンタル、
本当にあと一歩で必ず100は切れます。

そのような言葉をかけさせていただきました。

すると、なんとNさんは
その場で号泣されたのです。

60歳を過ぎた男性が大きな声で
泣いているのを初めてみました。

本当に、心から悔しかったそうです。

そして、
「絶対にもう一度100を切る」
「自分に足りていないことを教えてほしい」
と熱い気持ちを明かしてくれました。

今後の練習プランを再構築すべく
2人で1時間以上語り合いました。

気付けば僕も話ながら泣いていました。

涙が出るほど悔しい経験

Nさんと話し終わったあと
僕はしばらく放心状態で、考えました。

最近、涙が出るほど
悔しかったことってあるかな?と。

プロを目指していた頃は
試合で負けてしまうたびに
悔しくて頭が爆発しそうでした。

もうゴルフをやめようか。
自分には才能がないのかも。。

いや、そんなことはない!
絶対に見返してやる!

そんな熱い気持ちがありました。

今の仕事、コーチをやっていても
もちろん悔しい時はあります。

生徒さんが思うように上達しない、
スタッフが思うように育たない、
そんな時は悔しさと虚しさを感じます。

でも、泣くほど悔しいかと言われると
正直違うような気がしました。

常に泣くほど悔しいと感じるほど
もっと本気にならなければ
結果は出せないと改めて思ったのです。

結果が出なかったとしても
その時に泣くほど悔しいと感じることは
絶対に無駄にはならないのだと思います。

あなたもゴルフで結果を出したいから
このメルマガを読んでくれていると思います。

今一度考えてみてください。

もし結果が出ても、出なくても、
その時あなたは涙を流すでしょうか?

宮本大輔

<本日のおすすめ>
世界最新テクノロジーが実現した
パッティング上達システムが遂に完成・・・

自宅にいながら最大15mのロングパットが
自動的に身につく驚きの仕組み。

ゴルフAI時代の先駆けを今すぐチェックしてください。

http://g-live.info/click/ib_pm1807/
※売り切れの場合、予告なく終了します。

The following two tabs change content below.
宮本 大輔

宮本 大輔

千葉大学教育学部卒。身長166cm、飛距離は約280y。 大学卒業後ゴルフの道を志し、2008年からレッスプロとして活動。 小原大二郎プロと出会い、2014年からはゴルフパフォーマンスにて小原プロの元、レッスンを学び、レッスン活動をスマイラックの講師として行う。千葉大の教育学部で培った『人に伝えること』に長けた指導と、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップの指導により、多くの生徒から信頼されている。ハキハキさ、持ち前の明るさがレッスンの特徴。 現在は、三宮店店長を務める。
カテゴリー: スライス, ダフリ, メンタル, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
宮本 大輔

宮本 大輔 について

千葉大学教育学部卒。身長166cm、飛距離は約280y。 大学卒業後ゴルフの道を志し、2008年からレッスプロとして活動。 小原大二郎プロと出会い、2014年からはゴルフパフォーマンスにて小原プロの元、レッスンを学び、レッスン活動をスマイラックの講師として行う。千葉大の教育学部で培った『人に伝えること』に長けた指導と、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップの指導により、多くの生徒から信頼されている。ハキハキさ、持ち前の明るさがレッスンの特徴。 現在は、三宮店店長を務める。

 

Facebookでコメントする

64歳、Nさんの涙の理由」への4件のフィードバック

  1. AG修太

     小生もゴルフライブのコメントから刺激を受け、ゴルフの上達に役立たせていただいています。この度の宮本コーチによるNさんの悔し涙のお話には感激しました。126のスコアによる悔し涙直後に話し合われた結果は、どうなったか知りたいものです。きっと今度は、うれし涙の祝杯となったのではないでしょうか?このコメントにより、6年前のあることを思い出しさせてくれました。その年の春先横浜で行われた女子マラソンで、若い中里選手が今までの自己ベストを10分も短縮させ、第2位でゴールインしたことです。なんと6%の改善でした。その頃小生の生涯ベスグロは、80でしたから6%(5打)の短縮は不可能ではないと思い直し、生涯ベストの考え方を改めるきっかけをつくってくれたんです。それまでは週2~4回、300球の練習、多い年は年5万球、6年間で約100万円のボールを打っても、80が切れませんで、70台は諦めていました。その日を境にして、練習方法とコース戦略を180度転換し、練習のためのDVDを購入し、自宅で毎日素振りを欠かさず、練習場は月1回、毎回100球に減らし、コースの攻め方も前半・後半ともスタート直後の2ホールはパーオン・バーディを狙い、3ホール目以降は、ヨセワン狙いを続け、1m以下のパットはしっかり打つというゴルフに改めました。その結果3ケ月後には、ラウンド8打の短縮、72の生涯ベスト(エージシュート)を達成できました。「努力と工夫の積み重ねは、必ず良い結果が待っている」ということを信じてその後もゴルフを続けています。

    返信
  2. 笹谷誠二

    本日7/11のサンロイヤルゴルフクラブでのラウンドレッスン本当にありがとうございまさした。
    ラウンド前の練習から、ラウンド内での心配りは本当にありがたく思います。いつもユーチューブでしか見ていない
    生・近藤プロにもお会いできましたし、各プロに褒めて貰おうと思い今日一日過ごしました。
    ・・・CMではありませんが
    20数年前にゴルフを初めてやったりやらなかったりが続き、2年振りにコンペに参加し、スコアは108となり
    3年半前から人生一度は70台をと!、ゴルフに対し本気で取り組もうと思い、ネット上で見た100切りレッスンプロのCMに、当初は、意味がわからず疑いながら(すいません)、メルマガを見るだけでしたが、ご縁をいただき、大阪での初レッスンを受けたことにより、その後4回も目標も達成し、ゴルフパフォーマンスさんに関られている、各プロやコーチの姿勢やアドバイスの一環性には本当に関心致しますし、小原プロを筆頭に本気で喜んで貰えるように日々努力されている事が、お会いし教えていただくことでよく理解できました。ゴルフ上達の為の色々な情報は日々あちこちで取り上げれていますが、各プロの一環したアドバイスが超シンプルであることや、本当にわかりやすく、親身になられることもよく理解できます。私は人に負けたくないとかは無く、自分の目標に負けたくないので少し趣旨は違いますが、人の環境によって受け止め方は変わるので、今後私も自分に対しての目標を明確にして取り組みます。私は小さいビジネスゾーンができなければ、フルショットは無理であると本当に思いました。過去それなりに野球をしていましたが、ミートしたヒットの延長線上がホームランと同様にお思っています。宮本プロのご活躍を期待し、今後も宜しくご指導お願い申し上げます。本日は本当に楽しい企画をありがとうございました。次回も必ず参加します。8/29の小原プロの企画も参加したいのですが(悲)重要ラウンドとバッティングで申し訳ありません。

    返信
  3. おふくの親父

    私も昨年秋から通風でどうやってクラブを振ってよいかわからなくなって、このビジネスゾーンに
    着目させていただきました。
    先日丸の内ゴルフクラブコンペに参加させていただきまして、皆さんのスイングを見ると、コースではビジネスゾーンとかけ離れ
    思いっきり振り回していました。
    人の振り見て我が振り直せで、肩から肩のビジネスゾーンを実施して92球で回れました。
    ドライバーからショートアイアンまですべてやってみました。
    思いっきり振りたいですが、一度ためしてみてはいかがでしょう。

    返信
  4. 越前禎彦

    僕がゴルフを始めた時からですからもう6年ゴルフライブさんの各コ-チの色々なブログやアドバイスを参考にしています。
    北海道在住の為、直接レッスンを受けに行くことが出来ていませんが、必ず自分のスイングを見て頂こうと日々ビジネスゾ-ンを練習しています。宮本コ-チの泣くほど悔しいのブログを拝見して自分のゴルフにはまる原因を思い出しました。
     何をやっても負けない仕事仲間にゴルフを勧められ、アウトレットでセットのクラブを購入にし、3週間ほど練習して、初ラウンドしました。奴は108点 僕は137点で勝負になりませんでした。その時にゴルフをなめるな、お前には負けることはないな!と言われ、ゴルフ熱に火がつきました。それからゴルフライブからDVDを購入したり、練習道具を購入したりと練習にあけくれました。結果2シ-ズン目に100は切ることが出来ました。3シ-ズン目の終わりにはシングルになることが出来ました。
    今でも365日クラブを握らない日はありません。ボ-ルを打たなくても、素振りだけでスイングを作ることは可能だと思っています。宮本コ-チの泣くほど悔しいの話ですが、僕は初ラウンドの帰りの車の中で、大粒の悔し涙を46歳の時にながしました。

    返信

越前禎彦 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。